テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメンテーターって、どうなのさ 2006-08-31

またも日付が変わってしまいました。・・・反省します。
以下は8月30日ぶんの記事です。

 ちなみにまだ書き物も終わって無かったりするんですね、これが。
 多分いま、これまでの人生で一番多く何か書いてる気がします・・・


今回もスーパーJチャンネルの話題です。
この番組では曜日毎にコメンテーターを設けています。

・轡田隆史 (月)
・大谷昭宏 (火、水)
・萩谷順  (木)
・川村晃司 (金)


同じコメンテーターという立場ながら、
四人ともかなり個性的な人物です。恐らく同じ話題でも、
四人はそれぞれ全く違うコメントをするでしょうね。


既に書きました通り、
スーパーJチャンネルはVTRがメインのニュース番組です。
スタジオが映っている時間のほうが、全VTRの合計時間よりずっと短い。

キャスターの小宮さん、坪井さんは共に存在感のある方ですが・・・
「NEWS23」の筑紫さん、「報道ステーション」の古舘さんと比べると
そこまで番組において、強い存在を誇示しているわけではない。
ある意味、一般的なキャスターとでもいいましょうか。

代わりに、スーパーJチャンネルで個性的な発言を飛ばすのが、
四人のコメンテーターなのです。


まず、月曜の轡田さん。彼は大らかな人物。
一方で、感情的な発言が特に多く見られます。
そしてあまり難しいことを言う方ではない。
例えば先に取り上げた「飲酒追突3児死亡」 事故では、
涙ながらに飲酒運転を糾弾していました。
ちょっと、オーバーな印象があります。しばしば小宮さんも
圧倒されて、話題の切り替えに困っているような事もあるくらいで。

火・水の大谷さんは、轡田さんよりずっと落ち着いた物腰。
独自の分析で事件を評することを、かなり熱心に行います。
口調にしても、視聴者にベテランという印象を強く与える人物です。
一週間に二度登場するコメンテーターだけに、尚更イメージが強い。

木曜の萩谷さん、金曜の川村さんは上の二人ほど
出張ったイメージは無いのですが、独自の視点というのを
やはりお持ちのようです。時折むずかしい話が出ます。


さて、ここから僕の疑問なのですが・・・
四人のコメンテーター、彼らが番組にとって本当に必要なのかどうか。
それがよく分からないのです。


番組の”御意見番”といったところですが、
もともとスタジオでのやり取り(←いい言葉が見つかりません・・・)を
重視しているとは思えないスーパーJチャンネルにおいて、
主観的な意見を妙にどしどしと言う。このときはスタジオに
活気が出るのと同時に、番組のテンポも幾分ずれるわけです。

要するに、VTRとはベクトルが違うんですよ。
コメンテーターの発言の内容が。
僕は違和感を感じることが少なくありません。

とまぁ、説明が非常に多くなりましたが、
スーパーJチャンネルのコメンテーターについて大雑把に紹介すると
このような感じです。コメンテーター、発展すれば
「NEWS23」の筑紫さんのようなポジションになるのでしょうが、
このような存在って、番組にとって必要なのでしょうか。
時として、番組を乱しているような気もするのです。


≪番組データ≫
番組名:スーパーJチャンネル
放送局:テレビ朝日(ANN)
放送時間:16:54~19:00(地域によっては18:17まで)
キャスター:小宮悦子、坪井直樹


【村瀬 一路】

コメント

う~ん・・・

>主観的な意見を妙にどしどしと言う。このときはスタジオに
活気が出るのと同時に、番組のテンポも幾分ずれるわけです。

と、ありましたがコメンテーターってそもそもどういう役割があると村瀬さんは考えますか?バラエティ番組の中のタレントの楽しいコメントや、お笑い芸人のギャグくらいの扱い??

そして、この番組のコメンテーターは、いつも自由かつ主観的(この言葉を使うほどの判断材料がない気もしますが)にコメントを言ってるんですか?

コメンテーターの方々について少し調べてみましたが、皆さん肩書きはジャーナリストや元新聞社勤務とあります。様々な活動もしているようだし、他の報道番組でもコメンテーターをしています。ってことはニュースで毎日とりあげられるような問題・話題について一生をかけて取り組んでることになりますよね?

肩書きやプロフィールは、参考材料の一部にしかなりません。でも、「スーパーJチャンネル」のミスキャストとまでも思えないし、私にはそんなにコメンテーターが不必要には思えませんが・・・。

山口さん、コメントありがとうございます

>バラエティ番組の中のタレントの楽しいコメントや、
>お笑い芸人のギャグくらいの扱い??
どうして引き合いに出されるのがタレントや、
お笑い芸人の言葉になってしまいますか。

必要か不必要かの話であって、僕がコメンテーターという
職業自体を軽んじているわけではありませんよ。
一応補足しておくと、芸人についても同様です。

>いつも自由かつ主観的にコメントを言ってるんですか
僕はそう見ています。むしろ、コメンテーターとは
そういうものだとも思っています。
山口さんの言葉を借りるならば、一生かけたその知識で
自分の考えをアピールし、視聴者に聞かせるわけです。

特にスーパーJチャンネルのコメンテーターは
自分の意見について積極的です。
そんな力をもったコメンテーターの言葉だからこそ、
プラスのみならず、マイナスに作用してしまう可能性だってある。
必要か不必要かを考えてみる価値があるのではないでしょうか。

>私にはそんなにコメンテーターが不必要には思えませんが・・・。
なるほど。それも意見として正しいでしょう。

ただ僕は、立場のある人だから喋らせて大丈夫、
きっとよいことを言ってる、とは必ずしも思いません。

>村瀬さん

誤解が少しありますね。
立場や肩書きがあれば大丈夫だとは私も思っていませんよ。私が重視したいのは、そのプロの立場ゆえの経験の多さです。一生かけて、と使ったのはその為で。その人たちの言っていることには本当にそんなに不必要な部分なのかなぁ?と疑問に感じたわけでして。

私が一番疑問に思った?「コメンテーターの役割」について、
          ?どうして必要かどうかを疑問に思ったのか、
を納得するのに説明が少し足りないように感じます。もちろん、村瀬さんの言っていることも、ニュース番組を見ていると時として感じることではあります。でも、具体的にどんなコメントが違和感があるのか、そもそも違和感を感じるのはなんでなのか、は私が推測しても追いつけないところなわけでして・・・。もう1回説明してもらえると嬉しいのですが。

私のコメントも説明が足りない故の誤解ですね。すみません。

いえ・・・

元はといえば、僕の言葉足らずが原因ですから。
失礼しました。変に決めつけてかかったことについても謝ります。

>「コメンテーターの役割」について、
>どうして必要かどうかを疑問に思ったのか、
>を納得するのに説明が少し足りないように感じます。
分かりました。では、可能な限り詳しく書いてみます。

まずJチャンネルとは、既に紹介したようにVTR中心のニュース番組です。
当然のことながら、VTRの内容にも方向性はありますよね。
被害者に極めて同情的だったり、容疑者に冷酷だったり。

僕の場合、VTRを見終わったあとは、自分なりに内容をゆっくり考えて
整理したいと思うのです。ところがJチャンネルだと、
VTR後には内容についてコメンテーターの言葉が入ってくる。
整理しようと思っているところに、
人の意見・感想がまず先に出されるわけですね。
単純にこれがけっこう嫌だったりします。

で、しかも、コメンテーターの言葉をキャスターの小宮さんは必ず肯定します。
「なるほど そうですね ありがとうございました」と。 これって、
番組のほうでVTRの見方を提示しているようなものじゃないかと
僕は邪推してしまうんですよ。偉い人の発言だから、余計にね。
何だか考えを強制されてしまうような気がして・・・
山口さんはどう思いますか?

>具体的にどんなコメントが違和感があるのか
これも紹介しましょう。では、轡田さんのものを。

上の記事で、コメンテーターである轡田さんが
涙ながらに飲酒運転を糾弾していた、と書きました。
ここまで感情を見せることに、僕は既にいくらか疑問を感じるんですけど、
さらにそのコメントの中身です。要約してみます。

飲酒運転なんて、いくら罰則を強めても駄目だ!
酒を出す店に駐車場があるなんて、そもそもそれが間違ってる、
社会の矛盾だ、そんな店には酒を出させないとかさ、
わたしたちみんなが三人の子供に謝りながら、
社会の構造を根本からみんなで変えていかないと・・・

轡田さんは本当にこういった口調でものを言う方ですが、
内容はどう感じます? 内容にまず飛躍があり過ぎると
僕は考えます。ここまで感情的に発言するのは轡田さんだけですが、
大谷さんも「犯人像はこれだ」 「こうすれば事件は解決するのに」
と、かなり決めつけな発言をしたり。あとの二人も、
多かれ少なかれこういった感じはあります。

コメンテーターの意見を聞いて、ああそうか!と思うより、
この人は自分の意見にご熱心だな、ふぅ~ん。
としか思えないことのほうが、実際多いですね。

もちろん、鋭い見方に感嘆させられることだってありますよ。
特定の人物がどんどん意見を言うようなニュース番組も、
そういう番組なのだと割りきれば楽しく見れますし。
(JチャンはVTR重視だから、そうではないだろという想いが強いけど)

だから、どうもコメンテーター必要か不必要なのか、
自分でもよく分からないんです。

こんなところですが、だいたい伝わりましたでしょうか?
自分がよく分かっていないだけに、
説明するとなるとなお難しいですわ・・・

多くの日本人は 分かりやすく 伝えてくれればそれで良し
村瀬氏の言い方は 理屈が多過ぎる。

それぞれのコメンテイター 勉強していると思いますが。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。