テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKとテレビ朝日の靖国報道 2006-08-15

今日は、小泉首相の靖国神社参拝の問題におけるNHKとテレビ朝日の報道の仕方について書きたいと思います。

~前日・8月14日~
★両局、関連番組の放映
NHK
「いま考える2006夏『どうして人は戦争をするの?』」(午後19:30~20:45)
「NHKスペシャル『日中は歴史にどう向きあえばいいのか』」(午後10:00~11:30)

テレビ朝日
「ビートたけしのTVタックル(『小泉総理最後の公約靖国参拝の前夜祭SP』)」
その他、報道番組内で特集を組む(遺族のインタビューを交えながら放送)


~今日・8月15日~
<参拝前>
★過去の発言と参拝の様子を並べるといった報道の仕方は共通

NHK「おはよう日本」(午前4:30~8:15)
・トップニュースで「靖国神社 参拝か」
しかし、4時、5時台はいくつかあるトピックのトップとして伝える。
各地のニュースや昨日の停電のニュースレバノンのニュース、天気を交え放送
6時台に入って天気と交代で繰り返し報道。中国・韓国の反応は各国のメディアの反応を伝え、中継はせず。


テレビ朝日「やじうまプラス」(午前4:25~7:30)
・同じくトップニュースで報じる
・その後も最新のニュースのコーナーになる度に同じ映像を繰り返す。
・そして靖国から中継→韓国から中継→中国から中継・・・レポーターも夜が明けてきました位しか言うことがない。「警備に使われるコーンが運ばれてきました!」とか。そのうち中国・韓国だけでなくアメリカとも中継。


<参拝中>
NHK「おはよう日本」テレビ朝日「スーパーモーニング」(午前7:30~10:55)
ヘリで車の追っかけ→NHK・テレビ朝日 共に有り
服装・参拝形式・献花料の報道→NHK・テレビ朝日 共に有り
参拝の経路の報道→NHK・テレビ朝日共に有り(テレビ朝日は模型が登場!)
参拝を終えた小泉首相の表情→
NHK「厳しい表情にも安堵の表情にも見える」
テレビ朝日「紅潮しているようにも見える」
音声→NHK…アナウンサー・コメンテーター共に落ち着いた声テレビ朝日…レポーター興奮気味で叫ぶ

<参拝後、小泉首相会見後>
★参拝の様子と会見の様子を報道
NHK ニュース(午後12:05~12:25)
・コメントは各党の代表者→ポスト小泉の三氏
・政治部記者・赤岩勇二がコメンテーター

テレビ朝日 「ワイド!スクランブル」(午前11:25~午後1:05)
・総裁選・中国韓国への影響にスポットを当てた報道
・コメントはポスト小泉の三氏→中国・韓国の抗議の反応
・ゲストに東条英機元首相の孫、東条由布子さん(首相の参拝賛成派と反対派の意見を両方報道しようとする試み?ただ、1対3になっていた気が・・・)


二つの局の報道を比較すると、NHKは比較的「終戦の日」に参拝した、ということを強調し、他の終戦記念式典などと並べて報道していましたが、テレビ朝日は「小泉劇場の最後の舞台」として一種のイベントのように報じていました。私は特にテレビ朝日の報道に疑問を感じました。そんなに何度も中継は必要なんだろうか?ヘリは必要か?大げさすぎるのではないか?神社に殺到するマスコミを見てうんざりしてしまいました。
たぶん、こう報じた方が「面白いから」と思ってやっているのでしょうが…
今日ってそんな騒がしくするような日だっけ?戦争のことを静かに考える日じゃなかったっけ?という疑問符が沸いた1日でした。

≪番組データ≫
番組名:NHKニュース おはよう日本/放送局:NHK総合/放送時間:午前4:30~8:13/司会:塚原泰介
番組名:NHKニュース/放送局:NHK総合/放送時間:午後12:05~12:38/司会:登坂淳一
番組名:やじうまプラス/放送局:テレビ朝日/放送時間:午前4:25~7:30/司会:松井康真、堂真理子
番組名:スーパーモーニング/放送局:テレビ朝日/放送時間:午前7:30~10:55/司会:渡辺宣嗣、野村真季
番組名:ワイド!スクランブル/放送局:テレビ朝日/放送時間:午前11:25~午後1:05/司会:大和田獏、大下容子

【神田絵里】


*追記
署名を書き忘れていたので付け足しました。

コメント

終戦の日の大事件

参拝前日と当日、両局の番組構成を調べるなんて凄いですね。
とても面白いです。

僕が思うに、NHKは「終戦の日の様子」を伝え、テレビ朝日は
「小泉首相が終戦の日に靖国神社を参拝した」事件を伝えたのでしょう。

扱っているポイントが違う以上、
報道の仕方が異なるのも僕はわりと納得がいきます。
ヘリまで登場したことは、ちょっと疑問に思いますが。

>戦争のことを静かに考える日じゃなかったっけ?
とはいえ、首相が参拝するという出来事があった以上、
そうも言っていられないでしょう。
騒ぐこと(参拝問題を取り上げること)は必要であったと、僕は思います。

>村瀬くん
ありがとう。そう言っていただけるとこっちもやったかいがあります。

>NHKは「終戦の日の様子」を伝え、テレビ朝日は
「小泉首相が終戦の日に靖国神社を参拝した」事件を伝えたのでしょう。

スタンスの違いの表現が適切でなるほど、と思いました。

>とはいえ、首相が参拝するという出来事があった以上、
そうも言っていられないでしょう。
騒ぐこと(参拝問題を取り上げること)は必要であったと、僕は思います。

確かに、参拝問題を取り上げることは必要だと私も思います。ただ、ヘリ中継やレポーターの逐一の報告なんかをずっと見ていると、なんかちょっと過剰な気がしてならないのです。(まあ、ずっと見ることがめったにないからかもしれませんが)それで疑問符が沸いたというわけなんです。

坂本サイト日録08-09記事再掲(ちょと長い、ご参考)

●小泉純一郎が8月15日に靖国神社に参拝することは、その筋では3か月ほど前から確実視されています。「適切に判断する」「公約は生きていますね」のサウンドバイト、「お、しょうこりもなくその質問ね。また同じ答えなんだな、これが。ウフフ」って感じで、とってもうれしそうでした。

それにしても若い記者たちは、なぜ、もっと一歩前へ踏み出す質問を思いつかないんでしょうね? たとえば

◆靖国神社に祀られる兵士は「国のために死んだ人」だが、その国のためとは「明治新政府のため」だ。戊辰戦争・佐賀の役(佐賀の乱)・西南の役(西南戦争)その他で同じ日本人をさんざん殺した挙げ句、戦死した兵士も祀られている。現在の日本国民のひい爺さんやひい爺さんを殺した兵士を神として拝むことを、その日本国民(殺された日本人の現存する遺族)はどう感じると思うか?

◆昭和13年5月末日までの靖国神社の祭神総数(戦死戦病死者数)は17万9400柱(明治2~昭和13年まで70年間で。出典は大阪毎日新聞社『神社日本史』昭和15年11月10日刊。なお、この本では合祀に「がっし」とルビを振っています。昔はそう読んだのかも)。現在は246万柱だから、たった7年間で230万柱近く増えた。この間の日本の指導者、政治家の責任を、あなたはどう思っているか?

◆靖国で神様になっている太平洋戦争の戦死・戦病死者200万以上のうち、実際に彼我の戦闘行為中に亡くなったのではない病死者や餓死者は、数十万人以上と見積もられている。彼らは華々しい名誉の戦死者ではなく、たいへん惨めな死に方をしたと思うが、彼らの霊は靖国で神と祀られて喜んでいると思うか?

◆昭和20年8月の敗戦直前、総兵力80万以上といわれる極東ソ連軍が越境して満州に攻め込んできたとき、新京(長春)あたりにいた日本人の逃げ出した順番は、関東軍(関東軍は満州駐留日本軍の名)上層部、その家族、関東軍兵士、同軍属、以上の関係者、その他軍と関係の深い日本人、一般の満州開拓民やその他の在留日本人。早い話が日本軍は、民間の日本人を見捨てていち早く逃げ出した。靖国神社には、そのような日本軍人にあるまじき軍人も少なからず神として祀られていると思うが、そのような者まで十把一からげに神として崇めるのはいかがなものかと思わないか?

◆靖国神社は対馬丸の乗船者(沖縄の疎開学童のうち同船撃沈時の死者)も祭神としているようだが、学童は軍人ではなく、これは明らかに戦死者ではないだろう。疎開学童のうち空襲を受けた者は祀られず、対馬丸に乗っていた者は祀られるというような、恣意的な合祀対象の決定をどう思うか?

マスコミの凄い盛り上がりよう

神田さんお疲れ様です。
先週自分も体験したので、この情報量の多さが大変だということはイヤというほどよくわかりますよw

私も朝から中継見ていましたが、テレ東以外全部ブチヌキ特番扱いでやってましたね。どこの局がイイポジション取ってるのか気になって各局ザッピングしまくるという、そんな楽しみ方してましたが

>今日ってそんな騒がしくするような日だっけ?戦争のことを静かに考える日じゃなかったっけ?という疑問符が沸いた1日でした。

まったく同感です。戦没者を悼み、平和を願うはずの日が小泉の一人舞台で終わってしまったような感じがします。そのために他の終戦祈念のニュースがカットされるのはどうなんでしょう。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。