テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田興毅世界タイトル戦の一件 2006-08-09

今日は当初、スーパーニュースを取り扱う予定で、あれこれ記事を書いていましたが、TBSでなんと今話題の「亀田興毅世界タイトル戦」特集をやるというので、急遽テーマを変更することにしました。
この試合には皆さん意見は色々あると思いますが、既にこのブログの趣旨から脱線することが予想されるようなテーマだけに亀田興毅、一家の個人的な事柄ではなく、あくまでテレビ報道という観点から今回の問題を考えてみようと思います(ヤクザや主催者、スポンサー、テレビ局などが絡んだ゛黒いウワサ゛が某掲示板ではたくさん出ていますがw)。
たくさんの意見お待ちしております♪



「バースデイ
 ~日本を揺るがした世紀の一戦、舞台裏密着!死闘の裏に隠された親子の真実~」


▼番組データ
番組名・バースデイ
放送局・TBS系列
放送日・8月8日火曜日深夜
放送時間・毎週火曜深夜24時25分~24時55分
番組ジャンル・ドキュメンタリー
ナレーター、司会:東山紀之
制作:TBSテレビ
プロデューサー・総合演出:菊野浩樹
制作プロデューサー:吉崎隆、樽秀人

番組ホームページ↓
http://www.tbs.co.jp/program/birthday.html


★番組内容

8月2日横浜アリーナで行われた亀田興毅VSファン・ランダエタ(ベネズエラ)WBA世界ライトフライ級王座決定戦当日の試合開始前(控え室での練習風景)から試合直後までの亀田一家の様子を撮影したドキュメンタリー。昔の映像などはほとんどナシ。あくまで試合当日だけを追った内容となっている。
しかしドキュメンタリーとはいうものの、その内容はほとんどが試合に終始(放送時間はCMカットして約25分、そのうち約14分がリングの上)。
これはドキュメンタリーとしては異例である(過去にボクサー高橋ナオトのドキュメンタリーを見たことがあるが、試合内容に終始した点では極めてそれに近い構成)。記録ドキュメンタリーに近い。
舞台裏、控え室まで取材できるのは放映権を獲得したTBSの特権かと思われ。




★局が作り上げたスーパースター
亀田興毅の人気を作り上げたのは間違いなくテレビ局(TBS)であると考えています。今回の試合の平均視聴率はプロボクシング至上歴代2位の42.4%、瞬間は52.9%!(もはや紅白歌合戦と大差ない数字)
この結果だけを見てもみんなテレビ局の策略にまんまと乗せられてしまった、といってもいいのではないでしょうか?(まあ、亀田一家はメディアが大きく取り上げなくてもそこそこの人気は出ていたでしょうが)
いずれにせよTBS、その他マスコミが亀田人気を長い間コツコツ積み上げて作り上げてきた結果なのでしょう。
もちろんこれまでのスポーツスターなんかもほとんどがテレビ局、マスコミなどが作り上げてきたものですよね。イチローや松井、宮里藍などのスーパースターはー過性のものではありませんが。
例えば琴欧州のテレビ報道。横綱朝青龍との優勝決定戦を演じたときなどには、各局こぞって琴欧州特集を組み、バラエティなどにもたくさん出演していましたが、人気が落ちるとポイッと捨てる。マスコミの悪い部分です。自分たちで持ち上げておきながら、必要が無くなったらまたすぐ次を探す。
こんなようでは真のスーパースターは生まれないと思うのです。
亀田興毅にしても、確かにヤツは強い!しかし本当に強いのか?一部報道では今までTBSが弱い相手としか試合をセッティングせず、「亀田圧倒的強い伝説」を作り上げてきたとも言われる。
いずれ亀田一家も飽きられてポイッと捨てられるのでしょうか?


ドキュメンタリーの最後に、試合直後の控え室での亀田興毅本人と父親、史朗のコメントが少しだが紹介されていて、明らかに不満を口にしていた(判定の内容ではなく自分の試合内容に対する)。
史朗の「(こんな結果)想像してなかったやろ?」のコメントにはやっぱり本人たちが一番試合内容についてよくわかっていることを教えてくれた気がして、少し安心しました。

私の意見になりますが、別に亀田一家は悪くないんですよね。
悪いのは公正な判定をしなかったジャッジであり、それを買収したとされる主催者その他。ホーム有利を騒がれ「ボクシングは終わった」なんてコメントも聞かれますが、それならボクシングはいっそエンターテイメントにしてしまえばいいんじゃないですか、WBAさん?
かつてアメリカプロレスの最大手WWEのオーナー、ビンス・マクマホンは「これはエンターテイメントで全て脚本がある!」と爆弾発言をしていましたが、このようにはじめから「これは演技ですよ~」と言って置けばここまで大きなことにはならんかったでしょう。もっともボクシングが現状でいいならね。

興毅は練習も人一倍してきたし、そりゃ周りから色々と文句を言われても自分たちのやってきたことの結果なんだからこの態度は当然でしょう。試合後の涙も決して偽りではないでしょう。
今回の一件で大人たちが子供を金の成る木に仕立てあげることに、私は強い反感を感じました。


【山田健人】

コメント

「興行」っていうくらいですから

山田さん、お疲れ様でございます。
判定をめぐって5万件も電話がかかってきた疑惑の一戦を、言い訳の舌の根も乾かぬうちに取り上げるTBSも、したたかですねえ。
> 内容はほとんどが試合に終始(放送時間はCMカットして約25分、そのうち約14分がリングの上)。
山田さんは、史上最強につまらない試合の再放送を、14分も見せられたのですね。お察し申し上げます。
『バース・デイ』はちゃんと観たことないのですが、真面目なつくりのスポーツドキュメントだと思ってました。その番組が、史上最強につまらない試合を14分も再放送してまでいいたいことはなんだろう。やはりこれはガチ対戦だった、と言い訳の補強でもしたいのか。
わたしは亀田興毅のビッグマウスが大嫌いで、世界戦も興毅ボコられちゃえ、と思いながら観てました。素人目にも、あの判定はインチキに見えます。ただ、興毅があれだけ筋骨隆々とした肉体を築くには、並大抵のトレーニングじゃ無理だと思います。亀田興毅を唯一擁護するとしたら、あのカラダにはウソはない、ということでしょうか。それすら筋肉増強剤だったりして。

1484@H7卒さん、ありがとうございます。

>やはりこれはガチ対戦だった、と言い訳の補強でもしたいのか。

そのとおりだと思います。
今朝もう一度内容を確認していたら、ある事に気付いたので上の文章に少し追記

それは「バースデイが極端に亀田を擁護している内容」だったいうことです。判定についても最後の史朗のコメントについて少し触れているくらいで。
試合のダイジェストでは
ナレーション「序盤、世界戦への緊張からか興毅に硬さが見える。 
~1ラウンドのダウンが効いたのか、興毅はなかなか前に出られない。父の言葉が興毅の耳に届いた。するとようやく冷静さを取り戻した興毅が反撃ののろしを上げる。強烈な左ストレートが相手の顔面にヒット。この一撃をきっかけに、興毅が試合のペースを握り始める。
~最初は押され気味だったがラウンド後半は興毅が優勢に試合を進めた。
~さらに鋭いカウンターも決まり始める。今回の試合はラウンドマストとよばれる採点方法で、ジャッジは極力、ラウンドごとに優劣を付けなければならない。ここまでの両者を比べると手数を出しているのはランダエタだが、有効打として的確なパンチを出しているのは興毅。 
~さらに8ラウンドには相手をダウン寸前まで追い詰める。
~11ラウンド、急に興毅の運動量が落ち始めた。ここまでポイントでリードしているが、ダウンすれば逆転されかねない場面。何が何でも倒れるわけにはいかない。夢への執念、それだけで興毅は立ち続けた。
~そして最終12ラウンド。最後の気力でパンチを繰り出す両者。興毅は最後まで戦い続けた。
~誰にも負けない圧倒的な練習量をこなしてきた興毅。それが最後の粘りにつながった。
判定直後
~そこにいたのは真っ直ぐで純粋な少年だった。」

ナレーションからもわかるように、TBSは完全に亀田サイド。日本人だから当然なんでしょうけど、試合ではいいとこしか見せないで亀田勝利に一切の疑問を投げかけていない。実際の12ラウンドなんかほとんどランダエタしかパンチを繰り出しておらず、フラフラで倒れそうだったやんけ!とツッコッミを入れたくなるような。
これだけしか見ていない人は絶対に亀田興毅を応援してしまいますな。
亀田を擁護するのと同時に、自分たちの正当性を押し通しただけの内容で、バースデイは個人的に今まで好きな番組だっただけに、この偏った内容にはちょっと失望しました。

番組を作らされた?

お疲れ様です。

私も一瞬ですが番組を見ました。
あのような判定になり、TBSに抗議の電話が多くかけられたにも拘らず番組を制作した所には、やはりTBSが亀田親子を視聴率稼ぎにとことん使った結果といっても過言ではないと思います。
バースデイだけではなく、朝から晩まで月曜から日曜まで、TBSの番組に出ずっぱりの彼らを見ていると、どこまでテレビ局と絡んでいるのか分からなくなりますね。

【【【重要な注意】】】山田さんへ

一つおいて上のタイトルなしのコメントの最後2行は、あなたが実名を出して、責任をもってそういえる冗談なのか? その組長がここを読んでも大丈夫、間違いなくあなたが個人的に責任を負える内容なのだね。

私(坂本)は、毎日新聞に載った坂本コメント(実は他人の発言)を読んだ右翼(前科のある人物)から、「以後外出するときは気をつけろ」というメールをもらったことがある。田原総一朗は、長崎市長を狙撃した右翼に面会を求められ、警備をつけていたことがある(坂本も心配なので、わざわざ田原と同じ新幹線に乗り、東京駅で警備[2人いたが1人は現職の刑事]にバトンタッチしたことがある)。

この種の発言を公でするときは、そのようなことがありうると想定し、覚悟のうえで発言せよ。責任が持てない(その組の若い衆が怒鳴り込んできたりしたら怖い)という場合は、直ちにコメントを削除せよ。

確かに

>坂本先生へ
誰が書いたのかわからない文章で匿名性が保たれるならまだしも、実名が出てしまってはそういう危険がゼロとは言えませんね。
今後このサイトが攻撃される可能性もありますし。
削除します。
実名スタイルを貫くというのは大変なことなのですね。
そういうものに屈するのは少し悔しい気もしますがw

別に屈するわけではない

削除した箇所に★ここにあった2行は削除しました★というようなコメントを付記しておいて。

> そういうものに屈するのは少し悔しい気もしますがw

いや、違います。責任もてない発言を削除するのは「屈する」ことにならない。慎重に、責任もてる発言だけを公開する、という態度を貫くだけのこと。責任をもてる発言なのにある圧力を受け入れて削除する場合、これを「屈する」という。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。