テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変遅くなりましたが… 2006-07-23

日曜日に諸事情で新潟へ行く為書き込みが出来ません。
オンタイムで報道番組やニュースが見れませんので、古びないネタということで今回は「裁判員制度」についてやることにしました。
夜中にたまたま見たドキュメンタリーです。あわててビデオを撮ったのですが初め10分くらいが欠けてしまいました。しかし非常に考えさせられました。

番組内容
 刑事裁判の審理に一般市民が参加する裁判員制度が、2009年5月までに導入される。
 原則としてくじびきで選ばれた6人の裁判員と職業裁判官3人で構成され、有罪・無罪や有罪の場合はどの程度の刑にすべきか(量刑)を多数決で決める。
 対象となるのは殺人や放火、強盗傷害などの重大事件で年間約3,000件の見通し。
しかし、内閣府による世論調査(平成17年度2月)によると、
「参加したくない」 … 70%
その理由は
「人を裁くということをしたくない」 … 46.5%
「人を裁く」ということに伴う責任の重さ…。

 番組では、実際に現場の裁判官、検察官、弁護士、被害者、加害者、全ての関係者にあたり、現実にある個別ケースの判決にいたった経緯、事情を取材することで、現実に「人を裁く」ということがどういうことなのか。そこからみえてくる現状の矛盾点・問題点をあぶりだす。さらに、そのケースに裁判員制度を導入すると、判決が変わるのかどうか、実際に模擬裁判を番組で行う。
2009年5月までに開始されてしまう裁判員制度、実現するのでしょうか?もし選ばれたら学校、会社、みんなそれぞれの生活を中断して法廷に行かなければならない。そして、法律の知識なんてほとんどない私達が人を裁けるのか?「判決」に一般市民の感覚を取り入れるという主旨のもとに動き出した裁判員制度であるが、本当に実現は可能なのだろうか?「裁判」の重要性・注目度が増してきている中、一般の人が報道されている「判決」に疑問を抱くようになっているのも事実だ。新鮮な意見を取り入れたら、今までの判決も違う結果になった可能性が多分にあるのでは?と言われている。弁護士も裁判官も私達より少し法的知識があるだけで、事実認定、この人が本当に犯罪を犯したかどうかは同じ目線、同じ証拠に基づいて評議するのである。今回この番組での模擬裁判の内容は、光市母子殺害事件についてだった。犯人は18歳、未成年だ。評議の結果、死刑を求刑した人が多かった。人の命を奪うということ…その可能性を自らが生むということ。

参加した坂本裁判員からのメールに”どんな矯正教育が行われているのかも知りませんし、どういう状況にある少年がどの程度の割合で更生するのかも知りません。それでどうして判決が下せるでしょうか?“とあった。全くその通りだと思った。私達は普段テレビの前で「こんな奴死刑だ!」とか「刑が軽すぎる!」とか勝手な事を言っているが、実際に犯人を目の前にし、あ、この人も同じ人間なんだと気づいてしまった瞬間何かが変わるのかもしれない、と思った。なんとか死刑にせず更生の方向へ…と。そしてそれに日々向かい合っている裁判官はすごい。一般人が裁判を体験してみることは良いことなのかもしれないが、その判決が実際に犯人に下ってしまうというのは何かとてつもない恐ろしさを感じる。

みなさんは自分がくじびきで裁判員に選ばれたらどうしますか?またどんなことを思いますか?

●番組データ
番組名/NONFIX
司法シリーズ 裁判員制度(仮)
放送時間/2006年7月20日(木) 02:28~03:28 

1週間私のつたない文章にお付き合いただいてありがとうございました。
私は普段から本当に報道を見ないもので、この1週間本当に自分にとっては良いキッカケになり、さらに勉強になりました。これからはもっと、もっともっとアンテナを張ってたくさんのことをみていこうと思いました。
お疲れさまでした。

P.S 先生がアップしてくれるという話でしたが、昨日帰ってきてチェックしたらなかったので、せっかく記事を書いたので担当週間は終わってしまっていますが、自ら載せさせていただきます。
23日の分です。

【米山 明李】

コメント

学生諸君へ

米山さんへ

ありがとう。このところ狂ったように忙しく、ヒマがなかった。で、次のヤツが何もいって寄越さないものだから、そのままにしてしまった。ごめんなさい。

学生諸君へ

ところで、飲み会は8月3日にやります。午後5~10時(終わりはテキトー)。場所は西早稲田「かわうち」会費は2500円。詰めれば20人くらい入る座敷を押さえた。ワイワイやろうぜ。むろん途中からの参加もOK

出欠は、以下のページのコメント欄に書いて。
http://htkv.blog68.fc2.com/blog-category-5.html

逃げたい・・・。

米山さん、お疲れ様でした。

私もこの番組を実際に見ましたが、とても難しい問題だと思いました。
番組の中でも、事件を起こした少年が今後どのような更生のプロセスを辿っていくのか執拗に尋ねている場面がありましたが、
今の私にはあまりにも知識がなさ過ぎます。また同い年の息子がいるお母さんが裁判員役で出ていましたが、彼女と同じように私も情が入ってしまい、容疑者をどのようにさばくのが1番良いのか考える事が難しいです。そして、職業裁判員との温度の差がとても気になりました。やはり仕事で裁判員をやっている方とは知識の差も否めませんし・・・。

無責任ですが、あの番組を見ていて、この裁判員制度から逃げたい気持ちにかられました。出来るならば、一度も関わらずに終わりたいぐらいです。しかし、現状ではNONFIXのように詳しく報道した番組は少ないと思います。
あの番組をもっと早い時間・・・ゴールデンタイムなんかで流せると良いのですが・・・。

常識への迎合

既に7年くらい前に、KBS京都が「あなたが裁く!」というタイトルでシミュレーションドラマを制作しています。一度MXで見たことがあるのですが考えさせられました。同様のドラマはその後テレビ朝日も作りました。
 実は私、裁判員のことでこんな記事を書いてます。
 http://www.janjan.jp/living/0607/0607050299/1.php
いまの時点で思うのは、かえって何も考えてない人のほうが発言権が強くなるのでは、という危惧です。すなわち「あんな奴がそんな軽い刑だなんておかしいじゃねえか、そこを法律でつじつま合わすのがオレたちの役目だろ?」みたいに信じて疑わない人の前に無力と化す人々たちです。彼らに例えば、むかし尊属殺人が法的に問題になったという話をしたところで、聞いてくれるでしょうか。むしろますます常識とやらを振りかざしそうに思います。なんか戦前の五人組のような息苦しい世の中になりそうです。多数に迎合しがちなマスコミがそういう世の中づくりを助長する役目を果たすのも、目に浮かんできそうに思えます。いや、裁判員制度の本当の目的はむしろそこにありそうな気すらします。政治家がほくそえんでそう・・・。

現実感が沸きません。

一年くらい前に、NHKで同じような番組を見ました。(調べたらNHKスペシャルで、「あなたは人を裁けますか?」というタイトルで二夜連続で放送していて、私が見たのは第一夜のドラマでした。第二夜は弁護士や大学教授が視聴者の質問に答える形式の番組だったようです。)
それを見たときは(ドラマチックすぎたからか)どうも現実感が沸きませんでした。というか、今でも現実感が沸きません。

もし選ばれたとしたら・・・。おそらく、自分なりに法律について勉強すると思います。
ただ、多数決で重い判決になった時は果たしてよかったのだろうかと悩み、苦しむでしょう。ある意味人生が変わる可能性もあるのではないかと。。そんな制度がいつの間にかできてしまっている事が怖いです。

それにしても、討論が日常でない上周囲に合わせる国民性なので参加するのを嫌がる人が多いのは当然と思いますが・・・みんなが嫌々やっていたらあまり意味がないような気もします。(かくいう私も典型的日本人ですが)その点で、マスコミが関連番組を作り関心を高め、なぜ必要なのかを詳しく伝えることは重要だと思います。ますますマスコミの責任が重くなってきそうですね。

お疲れ様でした。

遅くなりました。米山さん、一週間お疲れ様でした。
陪審員制度、もし自分が人を裁く立場に立たされたとしたら・・・かなり苦悩すると思います。やはり、一般人ですから、法の細部まで熟知しているはずありませんし、何だかんだ言ってその事件の経緯や背景ではなく、被告人自身のことを考えてしまいそうです。情に流される事があってはならない。分かってはいるけれど、実際にその現実に向き合ったときの決断力に不安を覚えます。

坂本先生へ

今週から担当の者です。3~4日前にメールを出しましたが、まだパスワードなどの返信を頂けないので投稿ができません。もしかしてメールアドレスは先生のHP「すべてを疑え!」にリンクされているものではなかったのでしょうか?

座間康平さん、誠に相済まぬ

日曜深夜(月曜未明)にパスワードを送るつもりでいたが、ちょっと仕事がはかどらず遅くなった。ごめんなさい。31日午後1時すぎに、パスワードを変更し、新しいものをメールで送信した。よろしくね。

なお、坂本サイトの全ページ末尾についている以下の表示

Copyright © 2002-2006 [Mamoru SAKAMOTO] All rights reserved.

の名前部分をクリックすると、坂本宛のメールが開きます。坂本は、ここから届くメールに、遅くとも1~2日後までには目を通します。

ただし、大多数のメールはスパムフィルターでゴミ箱行きトレイに入るので、捨てる前に一覧をざっとチェックはするが、ちゃんとした件名がついていないと漏れて捨てちゃう。ご注意!!

裁判員制度

今テレビでは 「何でこんな裁判員制度なんか作ったんだ 人を裁くなんてやりたくない 云々」安っぽいキャスター 安っぽいコメンテイター(有名な芸能人 評論家 ・・・)がブツクサ言っているのが毎日のように流れます
裁判員制度が何でできたかって それってテレビが騒いだからじゃないの 判決 判決文に対して「何でこんな判決になるんだ 裁判官は一般の常識や気持ちが分からないんだ 裁判所に籠もっていて外の世界を知らないんだ 被害者の気持ちも国民の気持ちも分からないんだ・・・一般人を入れて裁判をやればいい アメリカのように陪審人が裁けばいいんだ・・」と あっちのテレビもこっちのテレビも 例の安っぽいキャスター達がヒステリックに騒いでいたんだよな わずか数年前に    これに国会議員が乗っかったてなところか 「国民(実際はテレビのあほどもなんだが)がそう言うなら 希望するなら」ってな訳で国民の信任を得るために立法したんだろう
いざ 裁判員制度成るとなると 一斉に「何てことしてくれるんだ」ってなもんで手の平を返したようにテレビが騒いでいるわけで 主義主張 信念 哲学 何にもねーテレビのあほども ただ権力に反発するのみ それがメディアの務めだと言わんばかり これはもうほとんど病気
それはさて置き 裁判員制度はすごくいい制度だと思います 心ある人は1度は考えたことあるんじゃないかな 最高裁裁判官の新任不信任の投票があるが この司法への国民の関与が三権の中で一番低いと思うんだ 裁判に直接一般国民が参加することによって他の二権(立法 行政)とのバランスが良くなる まあ次善の策というところか 
多くの人が裁判員制度を嫌がっているようだが 「裁判なんか裁判官にやらせておけばいい」という考え 所謂「臭い物には蓋をしておけ」的な関わりたくないに通ずる 卑怯者である なんと情けないことか
先日 産経新聞に**氏の論文に「裁判員制度これでやっと民主主義が完成する」 私はなるほどと感心した
裁判員制度すごくいいです ことに罰則があるのがユニークです
あなたが裁判員に選ばれたらデスか?
私は選ばれたらいいなと心待ちしていたのですが 残念!
裁判においては極論中の極論をすれば 居眠りをしてても何とかなるってことよ 評決は鉛筆を転がして白黒つければいいってことよ 一人当たり八分の一の寄与率だし 刑事裁判は担当検事と被告人及びその弁護人との戦いでありディベイト合戦の場なのでもあるから  評決に当たっては条件付多数決で判決が決まるのだから そして周りの人間 意見に流されず 各々自身の主義主張 信念 哲学 倫理観を基に評決を下せばよい (これができることによって民主主義が成熟する)  
有罪無罪と無期と死刑を自分自身で決定しなければならない 誰にも相談できない 冤罪と成ることもありうる ここいら辺が嫌で逃げたいところなんでしょう
判決に対して検察ないし被告人が不服があれば上告するだろうし 二審三審が有る事だし 心配ない心配ナーィ!
ただ欠点は会社学校仕事が中断することだね
それにしてもテレビは嫌だ厭だの一点張り バカの一つ覚え ほんとにテレビはバカだねー   

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。