テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

FIFAの答え 2006-07-21

雨の被害は広がるばかりのようですね。
ついに死者が21名になってしまいました。天竜川の鉄塔も崩れるかもとか…。
早く非難警告が解除されますように。


さてジダンの頭突き問題、処分が決まりました。
20日FIFAのアンドレアス広報官が会見をしました。

処分はジダン選手3試合の国際試合の出場停止と7500スイスフラン(約70万円)の罰金。選手は現役引退しているため、出場停止に関しては、3日間の社会奉仕活動に変更される。一方のマテラッツィに関しては、人種差別的ではなかったものの、挑発的な発言をしたとして、2試合の国際試合出場停止と5000スイスフランの罰金処分が下された。マテラッツィはこの処分により、2008年の欧州選手権(ユーロ2008)予選のリトアニア戦(9月2日)、フランス戦(9月6日)を欠場する。

マテラッツィのジダンへの発言に対してメディアは様々な憶測を繰り広げ、ジダンの母や姉を侮辱した発言だったとか何か人種差別的な発言だったとの噂が流れていた。
しかしFIFAの会見では“マテラッツィの発言は確かにジダンの名誉を傷つけるものであったが、人種差別的な発言ではなかった”と発表したがはっきりとしたことは何も明らかにしていない。マスコミの考えすぎか?また先走ってしまったのか?
私は何かしゃっきりしないものが残った。早く自体を収束させたい、この件を早めに人々の記憶から薄れさせたい、FIFAのそんな気配を感じました。しかしこのジダン、マテラッツィどちらもスポーツ選手らしからぬ行動をしたことにはどちらも変わりないのでけんか両成敗的な処分はとりあえず妥当だったのではないかと思います。

            【米山 明李】

コメント

知らないほうがいいこともある

既に何度か話題に上りましたが、
新たな騒動を引き起こす可能性がある場合は
ハッキリさせないのもやむなし、といったところですね。
今回の事件、こういった「大人の事情」が露骨によく分かるケースだと思います。
皆によく分かるぶん、これで終息しても問題無いかな・・。

それと、俺も両成敗的な処分は気に入りました。

テレビ報道について考える記事ではない。

ここは「テレビ報道を考える!!」というブログです。

今回の米山さんの記事は、新聞報道だけを読んでも、ウェブ報道だけに基づいても、書くことができる。そして、米山さんが「テレビ報道」の何をどう考えているのか、あるいは考えようとしているのか、わからない。つまり、テレビ報道について考える記事ではない。

これではダメです。ちゃんとテレビ報道に関係したことを、追加でお書きなさい。(たとえば、いつどの番組で、誰がどのように、FIFA処分を伝えており、コメンテータはこういっていたが、それに対して私はこう考えた、というように)

足りなかったです、すいません

FIFAの会見は「今日発プラス」を見て書いたものです。
FIFAがマテラッツィの挑発的発言を明かさなかったことに対して番組出演者は”早く収めるためか?”との疑問を残したまま締めました。私も同じように感じました。しかし聞くところによるとイタリアなどの試合ではこういった出来事(選手同士のもめごと、暴力)は比較的日常らしいです。それがワールドカップという世界的戦いだったからこそコトが大きくなりすぎてしまったのかもしれません。というかマスコミが大きくしたのですね、きっと。
FIFAがテキパキと処理をして、あまり多くを語らないのはそういう理由かもしれないな、と改めて思いました。

●番組データ
番組名/今日発プラス
放送時間/月曜~金曜 10:50~
放送局/TBS
出演者/メインキャスター:恵俊彰、山田五郎、長岡杏子(TBS      アナウンサー)
     レギュラーコメンテーター:荻原博子

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)