テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

発言の曖昧さ 2006-07-14

今日は「報道ステーション」について述べたいと思う。トピックと時間(約)は以下のとおり。
1、中国・ロシア「非難決議案」“日本制裁案”大ピンチ。(13分40秒)
2、無職男が元妻を刺殺・・・幼い子供たちはそのとき。(4分4秒)
3、高校生9人死傷の事故、“危険運転致死”で懲役16年。(3分35秒)
4、清志郎さん喉頭がん。(1分)
5、偽造免許で1000万円荒稼ぎ。(3分40秒)
6、泥沼連敗中の原監督、渡辺会長と緊急会談。(2分)
7、ミスター「頑張って」王監督をお見舞い。(30秒)
8、プロ野球速報。(1分)
9、フィギアスケーター集結、久々魅せた氷上の舞。(45秒)
10、日本FIFAランク急落、W杯優勝イタリア急上昇。(1分45秒)
11、「頭突き」の直前に何が....ジダンがはじめて語った。(11分                            20秒)
12、神秘の島“西表の夏”一夜だけ咲く幻の花。(12分5秒)
13、お天気情報。(4分)
14、“八時半の男”宮田征典氏が死去。(49秒)

今回は1(北朝鮮問題)のトピックについて触れたい。

まず中ロ非難決議案についての説明がなされる。次に麻生外務大臣の外務省玄関口でのコメント

麻生外務大臣「第七章は入っていましたか?入っていないでしょう。じゃあ意味がないでしょう。決議文とは制裁を含めて拘束力があるかないかが一番というところですから。それがなければ意味がありません。」

        Q「中ロが歩み寄った評価もある」

麻生外務大臣「それはあなたの評価ですね。違うと思う、歩みざるを得なかったということ。」


このインタビューは流れからして中ロ決議案について問われたものであろうが、質問あっての答えなのでインタビュアーが最初に何を質問したかはっきりさせ、質問はちゃんと入れるべきであると思う。

次に、外務省内部で妥協の流れが出てきているという報道の中で外務省幹部(実名は明かさず)が以下のように述べたとある。


外務省幹部「大臣だって官房長官だって公式には“七章を入れなければならない”とは言っていない。」


“公式”には言っていないというのは、いざというときの単なる妥協のための屁理屈に私は聞こえた。

また安部官房長官の会見にて。

      
      Q  「譲歩の余地はあるのか?」

安部官房長官「先ほど申し上げたように制裁を視野に入れた決議案を迅速に採択するべきであるという考えに変わりはない」


確かに麻生外務大臣の発言は外務省の玄関で述べられたものであり「公式」とは違う。安部官房長官の制裁を「視野」に入れた決議案を迅速に採択すべきという表現も少々曖昧だ。

曖昧な表現で逃げ道を作るというのは、政治を行う上での常套手段だと思うが、私はすっきりしないものを感じた。


           
          
     《番組データ》
番組名/報道ステーション テレビ朝日系/月曜~金曜夜9:54~11:00放映/司会/古舘 伊知郎・河野 明子



             【正留 英一】

コメント

出る杭は打たれる

確かに政治家の発言て基本的に曖昧で断定しない言い方が多いですよね・・・。それは確かにいらいらする。
これってやはりメディアへの対策?日本のメディアは批判が主であまり政治家を評価しているふうではないですよね。政治家に限らず、テレビも雑誌も新聞も粗探しがうまい。だからめったな事は誰も言いませんよね。
しかし、逆に批判のないメディアというのも怖い。戦時中とかはまさにそうだったんじゃないでしょうか。統一思想を植えつける、植えつけられる可能性を秘めているだけに恐ろしいです。
論点ずれた気がします、すいません。

7月14日授業内容まとめ

■■■7月14日授業内容■■■

 生徒が先生にメールをする際、メールの作法がなっていないのが目についたため
今日はメールの作法について話をしました。


 ~メール(P.C)の作法~

①送られてきたメールに返信する時。
 送られてきたメールの本文をそのまま残し、その後に自分の意見などを書いて
送る。→×

メールの内容が大量に増えていくので、いつか容量を越え爆発してしまうおそれがある。

 正しくは、必要な部分(例えば質問された内容)だけ貼り付け、その後に自分の
意見を書くなどとなるべく分かりやすく、だらだら長いメールにしないこと。


②自分のメールが相手に届く時、文の脈絡関係なく30字+αで改行されてしまう。
 自動改行という。
 
 改行なく長い文を作るのは避け、ことばの区切りや意味などで改行をすべきである。
③文章の内容など、よりわかりやすくするため適度に空白のスペースを入れる。
改行をしたときに、もう一度改行をすれば空白ができる。

④署名を最後にする。
 名前、メールアドレスくらいは載せるべき。
 グーグルにて「署名」で検索すると見本がたくさん出てくるので参考にすべし。

⑤件名を必ずつける。
 パソコンはファイヤーボール(防火壁)でメールチェックされている。
件名がついてないものをはじく場合がある。
パソコンによってはメーリス、迷惑メールなどを自動的に選別してゴミ箱に
入れるように設定してあるのもある。

・迷惑メールが使うような一般的なタイトルも避ける。
 「こんにちは」「どうも」「○○○です」など。

件名はできるだけ具体的かつ個人的な書き方にする。

【補足】
・メールに「夜分遅くにすみません」と書く者がいる。
 それはメールの仕組みがわかっていない証拠だ。送ったときは夜中かもしれないが、
届いた人、見る側がいつ見るかはわからないので関係ない。
 サーバーにメールがたまっていて、それを見に行くというのがパソコンのメールなので
時間帯を気にするのはおかしい。ので書くのはやめること。

・世界共通でみんなが読めるテキストファイルは○△○△.txtのみである。
 これは文字だけのテキストファイルであり、メモ帳を使用する。

 .txtの拡張子の部分でパソコンは開くファイルを判断する。一太郎やエクセル、ワード
でも良いが、送った側がそのファイルを持っていないと見れないので、なるべく
これを使用する。

・○△○△のタイトルの部分だが、英・半角の8文字以内でつけること。
あまりタイトルが長いと拡張子の部分が表示されず、ウイルスであると判断されかねない。
・ウイルスなどの安全性を考え、添付ファイルは使用しないほうがいい。
メール本文はテキストなので、本文に貼り付ける形にすること。


就活の問い合わせやメールの書き方、社会人の基本なので、今から身につけるようにしよう。


○○本日出席者○○
正留英一 鮎川ゆき 山田健人 山本彩子 座間康平 荒川貴子 米山明季
森智徒勢 十河亜弥


▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)