テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジダン引退について 2006-07-11

今日は(FNN)スーパーニュースについて触れたいと思う。
取り上げられたトピックは下のようになっている。

・ 小泉首相最後のG8。
・ 当日グラビア撮影。
・ 大阪で火災、宿泊客が緊急避難。
・ 高級犬捨てた男女逮捕。
・ 2006年『丑の日』事情。
・ バイク連続泥棒「配達用」のみ56件。
・ 豪憲君殺害現場で検証。
・ ナイジェリア人逮捕。ぼったくりで荒稼ぎ。
・ 眞子さまホームステイ。
・ クォン・サンウ、1500人が歓迎。
・ 三遊亭円楽(73)脳梗塞から復活。
・ 釈由美子(28)恋人とバカンス
・ 中国と北の親密関係。
・ トヨタ車欠陥放置で5人怪我。
・ 小泉首相、G8出発。
・ ミサイル発射の夜佐賀県担当者「しゃぶしゃぶ」
・ ジダン頭突きの訳。
・ 台風3号韓国直撃。
・ 福岡で乗用車10m転落
・ 激安「ローマの休日」販売差し止め却下。
・ 女性を背後からけり現金強奪。
・ 中口が議長声明案を提出。
・ 「やずや」が誇大広告か。
・ 衝撃!シロアリの被害。
・ ジダン真相語らず。イタリアでは60万人が歓喜。
・ イチロー明日出発。
・ オシム明日にも決定へ。
・ 天気予報。
・ 母子焼死火災。首絞められた疑い。
・ 壁ごと破壊両替機窃盗団。

トピックスの数は全部で30。昨日の「とくダネ!」は5。放送時間はほぼ変わらないがトピック数の差は歴然だ。
「スーパーニュース」はニュースの数が多く「とくダネ!」はコメンテーターとのやり取りに時間を割いていた。無論コメンテーターの数は「とくダネ!」のほうが多く、様々な角度からニュースを見れて、そのトピックについて考えを深めることができるという点では「とくダネ!」のほうがよいと思うが、ニュースの本来の目的である、情報伝達の点から考えれば、ニュースの数が「とくダネ!」より勝る「スーパーニュース」のほうがよいと思う。

さて本題だが、W杯での暴力行為によるフランス代表ジネディーヌ・ジダン退場の件について考えたいと思う。

W杯決勝戦、後半五分にジダンがイタリア代表マルコ・マテラッツィ選手に暴力行為を行いレッドカードで退場になった。W杯最後の大舞台でのスーパースターの起こした事件に対し各種メディアはジダンに対し様々な批判を浴びせた。

「スーパーニュース」でもこの事件は二回に分けて伝えられた。そのどちらもジダンに対して同情的な報道であった。番組では推測ではあるが相手選手がジダンに対し人種差別的な言葉を浴びせたのではないかという各国の新聞の報道を紹介した。
しかしジダンの行為は、ルールとスポーツマンシップに反する行為であり、それは許されるべきものではない。その行為自体は客観的に見ても遺憾なものと考えられるが、そうした論調の意見が番組内では聞かれなかったことに私は疑問を感じた。感情論により過ぎているように感じたので、もう少し中立的に報じたほうがよいと思う。
ましてやジダンがそのような行為にいたった経緯がまだわからない状態で、様々な推論を並べ立て、その上で、同情的な報道をするのはおかしい。
ジダンのこれまでの功績は輝かしいもので、尊敬に値するものである。だからこそジダン自身が公の場で会見を行い、事の真相を早く明らかにするべきではないだろうか。

《番組データ》
     番組名/スーパーニュース/フジテレビ系/
     月曜~金曜 16:55~19:00放送/司会・西山 喜久恵 須田                          須田 哲夫
                   木村 太郎

【正留 英一】

コメント

はい、お疲れ。

はい、お疲れ。おっ、トピックを丁寧にチェックして、いいですねえ。ただ、そのトピックをあつかう時間が「(1分30秒)」とか付いていると、もっといいね(とても長い、長い、普通、短い、とても短いと分類し、ABCDEの記号をくっつけて、A=5分超と書いておくとかさ)。CMの入っている箇所・秒数まで示してあると、もっともっといいねえ。ヒマがあったらよろしくね。

ジダンの会見ねえ。ま、世界の子どもたちに、「あんなことは絶対にするな」というのはいいが、マテラッツィが何といったとは、いわないほうがいいんじゃないかな。イスラムに関係するようなことをいい、イスラム世界で憤激したヤツが、刺客としてマテラッツィを狙うなんてことになったら、目も当てられんからね。

とくダネ!の一長一短

正留さんはじめまして。
 きのう・きょうと文章を拝見したのですが、このブログって報じられた内容について議論するためにあるんじゃなくて、テレビによる報道というものを考えるブログじゃないでしょうか。報じ方とか局の背景事情の影響とか。運営されてる坂本先生がどう判断されるか分からないのですが。
 それと、きのう「とくダネ!」が優れていると書かれていた理由がきょうのブログでようやく分かったのですが、両方を見ることで「スーパーニュース」を見ても視聴者が自分で「とくダネ!」のようにいろいろ考えられるといいと思いました。あと、きょうの「とくダネ!」では、北朝鮮がミサイルを発射してから日本まで7分しかかからないということが、なぜか「迎撃じゃダメ」という話に飛躍していており、誰もそのことを指摘できていなかったので(もちろん客観的にみて迎撃できないという場合もあるけど、それならそうきちんと言うべき)、「とくダネ!」にしても限界はあると思います。

朝ニュースと夕方ニュースのスタイルの違い

> テレビによる報道というものを考えるブログじゃないでしょうか。

それは、かじかさんのおっしゃる通り。ただ、これは報じ方、これは中身と、必ずしも分けられるものでもないし、形式と中身が不可分なものとしてのテレビ報道を考えてもいいし、ある者は中身にずんずんこだわっていっても、別にいいんじゃないかと思いますね。

テレビ報道の「要約」「あらすじ」とか、単なる「感想」「好き嫌い」では困りますけれども、とりあえずフジの朝ニュースと夕方ニュースのスタイルの違いが、浮き彫りになりつつあるわけで。

なぜ、その時間帯・想定視聴者に、そのような作りでニュースを伝えるのか? 違いはどこから生じるか? 関わっているスタッフはどう違うのか? それは、夕方の正統(報道正規軍の)ニュースと、午前中の(制作・芸能セクションの)モーニングショーの違いという系譜の延長線上にある話だろうか? 他局と比較すると、どうだろうか? 夕方ニュースにも特集ネタ(グルメ、生活、健康ものその他。10分とか長い。だから時間を書けと注文した)があるのは、必ずしも細切れになっていないわけだが、その意味はどう考えればいいのか?──などは、今後の課題ですね。この研究だけで、卒論が1本書けるわけです。

早ければいいのか

>正留英一さん
記事本文にほぼ同意です。

マテラッツィが 故意にジダンを挑発したのが事実なら、
ジダンよりの報道をしても良いと僕は思いますが、
なんにせよ論じるのが早いですよね。
分からないことが色々あるのに。

ニュースとしてはいち早く情報や主張を伝えたいのでしょうけど、
今回も慎重さには欠ける気がします。

感情的な報道。

正留さんが言うように、この問題は感情的に論じているようにしか思えません。
その上、マテラッツィがなんと発言したのかに注目が集まりすぎて、読唇術の先生を招いたり、イタリア語の先生を招いたりと、どこも似たり寄ったりの報道をしていると思います。
(スーパーニュースがこのような報道をしたのかわかりませんが)

ただ、私も坂本先生と同じで、マテラッツィが何を言ったのか、明らかにすべきではないと思います。FIFAが調査を始めましたが、それはFIFAの中で処分を下し、表には出さない事が一番だと思います。それを報道して起こる暴動のほうがよっぽど怖いです。今後、テレビ局がどのように報道するかも注目ですね。

実はジダンの映像リアルタイムで見ていませんでした…。
けれど今、現段階で曖昧な部分があるにも関わらず、推測で報じるのは危険が伴いますね。
テレビというものの影響力がでかいだけに不安を感じます。

感情に流される報道

>坂本先生
私個人としてはやはり退場の真相を知りたいという欲求があるのは事実です。それは私だけでなく世界の人たちも同じなのではないでしょうか?

しかし後で起こりうるリスクの事を考えるならば、たしかに退場の理由について公の場でコメントすることは差し控えた方がよいかもしれません。

そういっている間に会見が数時間後に行われるという速報が先ほど「SPOLT」(フジテレビ系)でありました。一体ジダンは何を語るのか、気になるところです。

>かじかさん
私はニュース内容について言及した書き込みもありますが、ニュース報道の仕方についても言及したつもりです。「とくダネ!」における番組側が呼んだ専門家のコメントに対する疑問、「スーパーニュース」におけるジダンに対する同情的な報道への疑問を深め、その筋で話を進めていくとニュースの中身についての意見を言うことになりました。

>「とくダネ!」にしても限界はあると思います。【かじかさん】
その回に出演していたコメンテーターとは違うコメンテーターなら違う意見があったかもしれませんよ。《「とくダネ!」に限界がある》という言い方は少し違う気がします。

>村瀬さん 
まだはっきりしていないことが多いのに推論だけで報道しすぎですね。もっと慎重な報道を期待したいです。
>森さん
感情に流され推論ばかりでものを言うのは報道としてどうかと思いますね。もう少し中立的に報じた方がよいと思います。
>米山さん
テレビの影響力を考えればもっと慎重に報道した方がよいと思います。

ジダンの説明(参考資料)

以下は、共同通信サイトからの引用。日付は7月13日
-----------------------------------------
母や姉への侮辱が暴力行為の原因 ジダン
【06:15】 【パリ12日共同】サッカーのワールドカップ(W杯)決勝で退場処分を受けたフランスのジダン選手は12日、フランスのテレビ、カナル・プリュスのインタビューに応じ、自分の母親と姉についてイタリアのマテラッツィ選手が「非常に激しい言葉で何度も」侮辱したのが暴力行為の原因だと述べた。
-----------------------------------------
もちろん、本人がこれ以上詳しく語る必要はない。
早い話が、ジダンのヘディングについての感情的な報道なんてどうでもいい。もっとはるかに深刻な感情的報道が、世の中を、テレビを覆い尽くしている。私たちは、それについてこそ語るべきだと思う。

ジダンの説明(参考資料その2)

以下は、共同通信サイトからの引用。日付は7月13日
-----------------------------------------
母や姉への侮辱が原因 ジダン選手がテレビで説明
【09:04】 【パリ12日共同】サッカーのワールドカップ(W杯)決勝で退場処分を受けたフランスのジダン選手は12日、フランスのテレビ、カナル・プリュスのインタビューに応じ、自分の母親と姉についてイタリアのマテラッツィ選手が「非常に激しい言葉で何度も」侮辱したのが暴力行為の原因だと述べた。
 ジダン選手は、具体的に何を言われたのかについては「母と姉に関する非常に個人的なことだし、それに非常に激しい言葉だ」として、明言しなかった。
 また、決勝をテレビなどで観戦していた子どもたちやファンに対して「おわびしたい」と述べる一方、「侮辱の激しさ」を理由に「(暴力行為を)後悔はしていない」と強調した。
-----------------------------------------
学生諸君は、坂本の最初のコメントと比べてみなさい。

インタビューする前に、どんな話をするかは、だいたい予測がつくものなのだよ。それを的確に予測して会見に臨み、相手が思い通りのことをいわなかったら、それについて質問し、必要な言葉を引き出す。相手が言いすぎたら、ある部分はカットして報じる。それがインタビューという仕事。それが取材。

いいか。ただマイクを向けて「どうですか?」と聞き、そのまま右から左に流すのがインタビューだと思ったら大間違いだぞ。そのように右から左に流れている映像を、私たちは日々目にしているだろう? それじゃ、全然ダメなのよ。

ポロッと洩らした部分

> 相手が言いすぎたら、ある部分はカットして報じる。

活字媒体は確かにそうですね。

だけど,テレビの場合は,相手が言いすぎたり,ポロッと洩らした不規則発言(場に合わない発言)を,ことさらにピックアップして伝える傾向がありますね。しかも「資料映像」として,後々の「振り返り」「これまでの経緯」の報道の際にも,嫌というほどリピートでオンエアしたり。

今回の独占インタビューは「CANAL+」だけに,映像の放映権料も高そうなので,繰り返し使用はできそうにないですが。

余談:
坂本さんが指摘されているように,「マテラッツィが投げつけた言葉」にかんして,ジダンは政治的配慮込みで語っている気がします。

政治的背景、宗教問題がからむと・・・

ジダンの頭突き問題がこんなにもニュースになっているのを見てびっくりしました。相手が正確に何を言ったかは分かりませんが、ヨーロッパのほうでは試合中にひどい言葉で相手チームの選手の罵り合いをするとテレビで言っていました。

純粋に競技だけで戦ってほしいけど、政治的背景、宗教問題が絡んでいると、そういうわけには行かないのでしょうか。

衝撃ニュースはいまが旬

私もにわかファンながらジダンが名選手であることは知っていたし、それだけに頭突きの理由は一刻も早く発表してほしいと思っていました。でも実際容易に発言できることでないことはわかっていたので、憶測報道でも比較的冷静に「ほうほう、そういう説があるのね」と一線引いて見れたように思います。

これって私だけじゃなくて日本の多くの視聴者がそうだったのではないでしょうか?視聴者はそんなにばかではないと思うのです。

誰もが早く情報を知りたいと思っている最中、テレビだけが正確なことがわからないといって報道をしないと、視聴者はインターネットなどの他のメディアに逃げてしまいます。
あ、だからといって憶測報道を容認するつもりではないですが、ただ視聴率をとるのに躍起になるのがテレビならば、こんなに視聴者の関心が高まっている絶好のネタを報道しないわけにはいかないと思うんです。

しかしちょっとしてから思い返してみました。

私はなぜか起きてしまってこの事件が起こる瞬間を中継で見ていました。ジダン退場の次の瞬間から、フランス側サポーターはイタリアチームがボールを持つだけで大ブーイング。その後のPKでもそんな騒然とした雰囲気が続いていました。

日本でこそ推測で報道しても視聴者が冷静に見れますが、フランスやイタリア、推測に出てきたイスラム系の人達が見たらそれこそ恐ろしいことになりそうですよね。愛国心が妙に高まっているいまだからこそ余計に。

でも、ニュース見てると、ロイター通信とか世界的にも有名なところもジダンの発表を待たずに推測報道をしているみたいだし、これって問題にならないのかな?

山本彩子さんへ

上で坂本先生に書いて頂いた内容に答があるのでは。
>インタビューする前に、どんな話をするかは、だいたい予測がつくものなのだよ。

さすがにジダン選手も、理由無く頭突きはしないでしょう。
マテラッツィが先に何かやらかした可能性は濃厚だったわけです。

僕は、各局がジダン問題について扱うのを早かったな とは思いますが、推測を込めて報道することに疑問は持ちません。

今後どこまで公式声明が出てくるのでしょう。
ジダンが真実を全て語るとは限らないし、
推論する余地があるというか、むしろ必要に迫られる話題じゃないですか、これは?

日本は鵜呑みにしないのか

>ロイター通信とか世界的にも有名なところもジダンの発表を待たずに推測報道をしているみたいだし、これって問題にならないのかな?【山本彩子】

確かにこの報道が世界的になされているというのは問題があると思います。日本はフランスほど移民問題などの差別問題に比較的敏感ではないので感情的になる人は少ないでしょうが、世界では推論であったとしても反発する人たちがいるかもしれません。

ただ日本の視聴者はバカじゃないのでこの推測を鵜呑みにしないという意見は違うと思います。私自身この授業を取ったことでニュースを疑うという姿勢が身につきましたが、やはり鵜呑みしてしまう人はいるんじゃないでしょうか。




「自己検証なし」の弊害

高畑さん、それは無理ってもんでしょう。古くはモスクワ五輪の西側ボイコットなど、政治なんて放っておけばからんでくるもの。だいたい、参加するのに意義があるなんていいながら、選手強化に税金使っても誰も怒らないんですから。私だって政治や宗教はからんでこないほうがいいですけど、あまりに安易に望むことはそれこそ平和ボケですよ。

正留さん、私も鵜呑み説に一票入れます。

鵜呑みしまくりで、差別しまくり

> 差別問題に比較的敏感ではないので感情的になる人は少ないでしょうが、(正留さん)

本当? 鈍感だから、感情的になる人が多いんじゃないの?

だって、みんな北朝鮮問題や中国・韓国問題で感情的になっているじゃないですか、日本人は。

たとえば、学生諸君で下宿・アパート・ワンルーム暮らしをしている人も少なくないと思うが、東アジア、東南アジア、南米、欧米の学生や出稼ぎ労働者が、「日本人ではない」というだけの理由で、安アパート一軒借りるのにどれほど苦労するか、知っていますか? 日本社会の至るところにヒドい外国人差別が氾濫している。マテラッツィが何やらかしたか知らんが、ヤツくらいのことを、口にしないまでも漠然と思っているアパート経営者や大家は、腐るほどいるわけですよ、この日本に。

ペルー人と聞いただけで、広島のあいりちゃん性的暴行・殺害事件を連想し、絶対にアパートを貸したくないと思う大家(アパート経営者)は、日本の大家(アパート経営者)の多数派だろうと私は思う。みんな、別に悪い人じゃない、普通の、どこにでもいる日本人が、ですよ。

それは、「自分たちに差別意識がある」ということに鈍感で、だから敏感に、知らず、自然と「差別してしまう」ということでしょう。

そのような大衆が日本には何百万とか千何百万という数で存在し、センセーショナルなアジアに関する報道を鵜呑みにして、極めて感情的に反応していると思いますね。

ある程度の条件。

>インタビューする前に、どんな話をするかは、だいたい予測がつくものなのだよ。(坂本先生)

この件に関しては、予測は付いていたと思います。
実際、ジダンが頭突きした理由は、私にもなんとなく分りました。
それは、ジダンがアルジェリアからの移民の子であり、
以前から人種差別の問題がサッカー界では頻繁に起こっていましたし。
(W杯中も人種差別に関して、宣誓していましたし・・・。)

ジダンはマスコミを利用して、人種差別の問題を大きくしているのではないかと思います。少なからず、日本人も差別(される)対象になっているという話を聞いたことがあります。
(坂本先生の話とは逆になりましたが)
マテラッツィは血祭りにあげられてしまったのではないでしょうか。

ん? 何が逆になりましたか?

> 少なからず、日本人も差別(される)対象になっている

ジダンが、それらしい発言でもしたの?
世界で日本人が差別されているという話?

後者なら、別に私の「話の逆」ではありませんよ。私は、日本人の一部は外国人差別をしていると書いたが、日本人が差別されてないとは書いていない。そりゃ日本人は、差別されまくってますよ。中国人や韓国人(の一部)が差別してないとも書いてない。差別しまくってますよ。

差別されないのは、差別しないヤツだけに決まっているでしょう。

あと、人種差別の問題が、「やってはいけない」という方向で大きくなれば、結構ですね。その方向で大きくする人は、イイ。「ガンガンやっちまえ」という方向で大きくなれば、これは困る。その方向で大きくする人は、ダメ。ジダンはどっち?

日本人が差別の対象であるということ。

すいません。書き方が曖昧でした。
後者の『世界で日本人が差別されているという話』です。
坂本先生が「日本人は差別されまくってますよ」と書かれていますが、当の日本人はそれを感じて居ないと思います。
今回はジダンが頭突きをしたから、日本でも問題になっていますが、海外に行かない日本人ならこの問題はわからないと思います。

ジダンは人種差別の問題が「やってはいけない」という方向で大きくしているのは確かだと思います。しかし、この事件ももうそろそろ消え入りそうですね・・・。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-11 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。