テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

第3回 放送(とくにテレビ)とは、どういうメディアなのか? 2017-04-28

第1回で、報道のさまざまな問題を「日本語表現」という切り口で考えていくと話した。第2回で、日本語とはどんな言語かを駆け足で解説した。第3~4回では、放送・テレビとは、そのなかの報道とは、を見ていく。

●放送(とくにテレビ)とは何?──と学生に聞くと

学生A「公共に向けて送る映像」
坂本ツッコミ「公共って何? 私人向けは? すべての人? みんな? 映像だけ?」
学生A「えーと、公衆向けの電気通信(by 本橋せんせい)」
坂本ツッコミ「電話は公衆向け(公衆を対象とする)電気通信だが、不特定多数に送るって意味? テレビ・ラジオ以外のツールで緊急警報を不特定多数に送ったら放送に含めるわけ?」 

学生B「放送局が、映像と音声を視聴者に‥‥‥」
坂本ツッコミ「ちょっと待った! 放送を定義するのに『放送』って言葉使ったらダメじゃん。視聴者も『放送を見聞きする人』だから、放送の説明には使えないよ」
学生B「えーと、電気通信(電波?)事業者が映像と音声を人びとに送り伝える手段」

学生C「だいたい同上かと」

《坂本意見》

●ある概念を説明する(定義する)ときは、その概念とレベルが異なるやさしい/基本的な/一般的な/みんなが意味を知っている言葉だけを使わなければダメ。自分の使う言葉の意味・レベルをわかっていない学生が非常に多い。説明を求められたら「使う言葉を吟味する」癖をつけよう。よい方法は、自分のよく知っている子ども(弟妹とか甥っ子姪っ子とか)や年寄り(祖父母とか)に対して、この説明をしたとき通じるだろうか、とつねに意識することである。

●レベルが同じ言い方を「トートロジー(同義語反復)」という。
例)忘却とは忘れ去ることなり

例は、ラジオドラマ「君の名は」の冒頭ナレーション。修辞学(レトリック)技法の一つで、あえてくどくいう印象づけ・強調表現としてありうるが、説明にはなっていない。

●なくてもよい言葉を「冗語」といい、トートロジーもその一つ。「馬から落ちて落馬する」「白い白馬にまたがって」「頭痛が痛い」の類い(重語、二重表現)も冗語。おもしろ表現だが、そうとは知らず使われることも少なくない。

例)「わが巨人軍は永久に不滅です」(長嶋茂雄、現役引退スピーチで)※不滅は永久に滅びないという意味だから、実は「巨人軍は永久です」または「巨人軍は不滅です」だけでよい。
「クーポン券」「チゲ鍋」※外来語+同じ意味の日本語。

●「同じ言葉を重ねる」トートロジーや重語と対照的なのが、「正反対の言葉を重ねる」撞着語法。※撞着≒矛盾

例)負けるが勝ち、小さな巨人

●放送(とくにテレビ)とは──坂本による定義

「テレビとは、見えるものや聞こえるものを電気信号に変換し、離れた場所に送って、多くの人が見たり聞いたりできるようにするシステム」

※この定義は、現在、放送やテレビ(の制度)に含まれないインターネット放送(テレビ)も含んでしまうことに注意。厳密には、上記の言い方に「のうち、多くの場合は国単位で放送制度として認められ運営されているもの」とでも付け加えればよい。

詳しくは以下を熟読のこと(比較的若い放送局員むけに話した内容)。

テレビの原理と放送局
(テレビとは? 地上放送局とは?)


キモは、電気信号(映像・音声)への変換、みんなに送信。

●放送(とくにテレビ)とインターネットとの違いは?

両者の違いを吟味することは、放送やテレビを知るうえで、また過渡期にあるネットの報道を考えるうえで、おおいに役立つはずだ。

《学生意見まとめ》
テレビは一方向(1対多)、ネットは双方向(多対多)。
テレビはプロがつくる、ネットは誰でもつくれる(コンテンツ)。
テレビは大規模、ネットは大~小規模さまざま(施設、コンテンツ)
テレビはターゲットが広い・あいまい、ネットは狭い・細分化。
テレビは一回きり、ネットはSNSなどで拡散。
テレビは免許あり、ネットは免許なし。
テレビはコンテンツ数が少ない、ネットは膨大。

詳しくは以下を熟読のこと。

インターネット(パソコン)と放送(テレビ)何がどう違うか?

【坂本 衛】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)