テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

大局観を身につけよう(NHKのいま) 2013-11-15

大局観を身につけよう(NHKのいま)

●「大局観」という言葉を知っているか?

知っている者0人。がーーーん!!(唖然)。解説しよう。

「局」は、将棋の一つの対戦のこと。「対局する」……将棋の対戦をすること。「局面」……ある対局における一つの場面のこと。「この局面では、すでに先手が有利だ」などという。「一局の将棋」……指されなかった手を検討した結果、形勢不明のよい勝負になるとき、「これも一つの(別の)勝負だ」という意味で使う。

「大局」は(将棋などの)勝負の全体をいう。「大局観」は、その全体的な(物事を俯瞰した)見方。将棋は、部分的な形勢が不利でも、最終的に王様を詰めれば(どうやっても次に取れる状況に持ち込めば)勝つ。駒損といって味方の駒をたくさん取られた状況でも、敵の攻め駒である飛車・角が自陣にハデに攻め込んできても、ギリギリで勝てばよい。部分的で細かい有利不利にとらわれず、全体状況を把握して、勝ち(または負け)と見極めるのが「大局観」。

大局観で「勝ちだ」と思えば、将軍格の飛車でも角でもどんどん犠牲にして攻め続けやっつける。逆に、大局観で「不利だ」と思えば、攻めるのをやめて自陣を堅くする。そんな戦略を決める判断力が大事。

●「大局観」がなぜ重要か?

左右の分かれ道で、右に行くか左に行くかという大きな判断をするのが大局観。ここで間違えずに正解の左を選べば、その先の細かい分かれ道で間違えたとしても、目的地に近づくし、ちょっと後戻りするような修正がきく。しかし、間違えて右を選べば、行けば行くほど目的地から離れてしまい、後戻りがきかなくなる。

ようするに「だいたい合っている」という大雑把な判断力が大局観。大局観が合っていれば、間違いが少ない。間違いを減らすには、大局観を身につけることが重要。

●「大局観」を養うにはどうするか?

大局観を養うには、物事の流れをつかむことが大事。流れをつかめば、次はこうと予測がつく。流れをつかむには、流れをさかのぼることが大事。広い河口でボケッとしていても、その川のことはわからない。どんどん上流にさかのぼり、節目節目で大きな曲がり角を見つけ、源流をたどる。別の言葉でいえば、社会で起こっていることを大局的につかむには、歴史を知ることが大事。

【例】
ユーロ危機とか、ギリシャ・スペインなど南欧諸国の経済がよくないとか聞く。なぜか? 全体像(全体的な構造)を理解するには、歴史を学べばよい。すると、ユーロの前にEU、その前にEC、その前にECC、その前に第2次世界大戦、さらに前に「欧州大陸における仏独の対立」があることがわかる。早い話、仏独の対立で欧州を分断させない仕組みがECC。それが欧州統合のEU・ユーロに発展した。だから、どこかに無理がある! ECCに入れない田舎ヨーロッパを入れたのが、その無理だ。欧州南北問題ともいうべき構造問題が、ユーロ危機の背景にあるわけだ。イギリスがユーロ・EUと距離をおきがちなこと、依然として仏独の対立が問題であることも、歴史的背景から理解できる。

●NHKのいま──放送の歴史でも、同じことがいえる

以下、後送
【坂本 衛】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-04 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)