テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dropboxのススメ(日大NG祭記念) 2012-11-02

突然だが、本日はNG祭(日藝祭の略記)で休みだから、Dropboxの話でもしておこう。

クラウドを使ったことがない人には、クラウド入門としてDropboxを推奨する。理由は、シンプルで、システムを直観的に理解でき、余計な機能がなく、わずらわしい操作もいらないからだ。

坂本はSugarSync、GoogleDrive、PCのオマケについてきた500GBのASUS WebStrage(注:もう一つオマケにMicrosoft Office 2010もついてきたが、両者の年間使用料合計よりPC価格のほうが、はるかに安い! ちなみにDropbox500GBは年間500ドル)なども使っている。しかし、パソコン(以下PC)に向かうたび、つまり毎日必ず使うのはDropboxだけである。

Dropboxの基本容量は2GB
 2GBのUSBメモリだって、300円やそこらするだろう。Dropboxはタダなのだから、使わない手はない。次のリンクから導入すれば、500MBの追加容量を獲得でき、2.5GBからスタートできる(同時に坂本のDropboxも500MB増えて、気持ちうれしい)。
Dropbox

Dropboxの基本動作(Windowsの場合)
(1)My Document内にDropboxフォルダができる。
(2)これに自分で作ったり集めたりしたフォルダやファイルを入れる。
(3)入れた瞬間から「ネット上Dropbox」フォルダを「PC内Dropbox」フォルダと同じにする作業(同期)が始まる。最初だけは全内容のアップロードに時間がかかる。
(4)以後は、PC内Dropboxとネット上Dropboxの一方に変更(追加や削除)があったとき、他方を自動的に同じものにする。
(5)ノートPCや実家PCなどにDropboxをインストールすると、「PC内Dropbox」フォルダを「ネット上Dropbox」フォルダと同じにする同期が始まる。最初だけは全内容のダウンロードに時間がかかる。以後は(4)と同じ。

Dropboxの便利な点
 たとえばデスクトップPCとノートPCを使う人は、どちらのPCで文書を作成しても、PC内Dropboxに保存すればネット上Dropboxが変更される。次にどちらのPCを起動しても、直後にPC内Dropboxがネット上Dropboxを参照して変更される。
 だから、これまでのようにUSBメモリを介して移す必要はない。外出先でのノートPCの作業を、帰宅後に自宅のデスクトップPCで、ストレスなく継続できる。
 同じものが3か所に保存されているわけだから、バックアップの必要もない。ただし、Dropboxのパスワードは複数のPCの外(たとえばアメリカ)に保存しておかなければ、災害などで複数のPCが全滅したとき困る。

Dropboxのヒント
(1)Dropboxのデータが大規模に流出したといったトラブルは聞かないし、セキュリティはDropboxの生命線だから、万全が期されているはずだ。しかし、坂本は本当に漏れたら困る情報はDropboxに入れないし、Dropboxの共有機能(Dropbox内の特定フォルダを自分以外の人にも共有させる機能)も使わない。100%絶対安全なシステムなどないのだから、当たり前の話だ。共有が必要なときは、他のクラウドを共有専用とすべきである。
(2)Dropboxは容量が少ないから、デジカメ写真の大量保存には向かない。他の大容量クラウドを使ったほうがよい。たとえばMediaFireは容量無制限でタダだ。
(3)Dropboxには友だち紹介・FacebookやTwitterで紹介・Camera Uploadsなどで容量が増えるボーナスがあり、3GBくらいまでは簡単に増量できるはずだ(最大16GBまで)。100GBにしたければ有料サービスに乗り換える。
(4)PC内Dropboxの場所は、いつでも移動できる。CドライブでなくDドライブでもかまわない。
(5)携帯やスマホでDropboxを使う人は、2段階認証プロセスを必ず利用すべきである。
(6)Dropboxを使いはじめるついでに、フォルダを整理するとよい。最後の黒丸を読むべし。

オマケのヒント
 取扱説明書やマニュアルは、製品のサイズによって大きさがまちまちで、非常に始末に困るもの。最近は、PCやソフトウェアのマニュアルはたいていpdfファイルなど電子データになっている。
 これをクラウド上におけば、PCがトラブルに見舞われたときやPCにOSを入れ直すときに、別のPCから参照できるので便利だ。ただし、薄型テレビなどのマニュアルはボリュームが大きいから、すぐDropboxの容量を圧迫してしまう。
 そこで坂本は、容量5GBのSugarSyncをマニュアルフォルダ専用として使っている。マニュアル以外にネットで拾った使い方・ヒントなども入れてあるが、全部で2.5GBほどだから充分対応できる。SugarSyncは次のリンクの「5GB Free お申し込み」から導入できる。
SugarSync

フォルダ整理のコツ
(1)1フォルダ内に作るフォルダの数は、原則として7前後とする。ヒトが瞬時に存在を把握できる対象の数は七つくらい、とされているからだ。
(2)例外として、必ず時系列に並びいちばん新しい一つ二つしか使わないフォルダは、1フォルダ内に何十あってもよい。たとえば坂本の単行本フォルダには、2001年以降に書いた本別に50近いフォルダが入っている。
(3)フォルダ名の冒頭に必ず01、02、03……という半角2ケタの番号をつける。もちろん番号順に並べるためだ。
(4)適当な場所に「空のフォルダ」という名のフォルダを作り、そのなかに「01フォルダ」「02フォルダ」……「09フォルダ」を作っておく。新しいフォルダを作ったとき、コピペするだけで、一気に10個の空フォルダができるから便利だ。あとは名前を変更すればいい。

コメント

アカウントは持っているのですが・・・

使いこなせていません。
ごくたまに知人と動画の共有をする程度です・・・。
先生が書かれている、「マニュアルの保存」という使い方は便利そうだと感じました。
試してみようかと思います。

これって第3ドライブですね!

おおっ!!
あんなサイトがあるとは思いませんでした。
あれって、USBがなくてもパソコンさえあれば外で資料見られるんですよね!
うっかり子たちにはいいサイトになると思います^_^*
いい情報ありがとうございます!!!

頭を使う

私はクラウドもDropboxも使っていません。
Dropboxは今回初めて知りました。
これらは人と共有できるということが少し不安で敬遠してきましたが、
共有しないこともできるのですね!

課題でレポートを書く時はNetBookで書いてUSBに入れ、
家のデスクトップパソコンに移してプリントアウトしていましたが、
先生のオススメのDropboxを使ってみようかなと思います。

何も知らないでただただ敬遠するのではなく、
頭を使って便利なものをうまく使っていきたいです。

データ化すること

私も今までクラウドを使ったことがありませんでした。
しかし先生のお話にあった、PCが複数ある場合や、
マニュアル等の保管には便利そうです。(特にかさばるもの等)
今までネット上にデータを保存するということがセキュリティ面で不安でしたが、
使い分けを上手くすれば問題なさそうです。
ネットワークや提供している側に問題が起きなければずっと使っていけそうですね。

サービス乱立

Dropboxはネットワークストレージの先駆けとして有名ですが、
登場以降たくさんの類似サービスが乱立してきましたよね。

現在の有名所で言えば、
Google:Google Drive
Apple:iCloud
Microsoft:SkyDrive
Yahoo!Japan:Yahoo!ボックス

大手もどんどん参入してきています。
ただ、それぞれ操作性が大きく異なる上、連携サービスも違ってきます。
上手く利用するならば、最初は数を絞って使うのが良いのではないでしょうか?

ネットワークストレージの力を大きく発揮するのは、
スマートフォンやタブレット、ノートPCを持つようなマルチユーザーだと思います。

ちなみに僕は迷いに迷って3年間ノートPCを買えないでいる男です。

データ化の不安もあります

すごく便利だし、クラウドの良さもわかるのですが、
やはりデータ化することに不安があります。

上のコメントでもあるように、旅行に行ったりした時
いちいちUSBを持ってPCがある所を探して…という
手間は省けるのですが、サーバーがお釈迦になったら
全部ダメになるし、ウイルスや情報流出の心配もあります。

バックアップを取ればいいのですが、いまいちネットに対して
あまり信用していないので実際に利用することはないかな、と思います。

ちょっと違った使い方

僕もDropboxをたまに利用していますが、本来の用途とは少し違った使い方をしています。
地元の友達複数人で一つのアカウントを取得し、それぞれが写真をアップロードして共有しています。
その仲間で集まって遊んでいるときの写真から最近撮ったおもしろ写真まで、
全員が自由にアップロードし、何か写真増えてるかなー?とたまにチェックします。
なかなか面白いし思い出に浸ったりできるのですが、
最近はみんな忙しいのか更新が停滞気味です。

自分のデータ管理としてはいつもUSBで賄っているのですが、
万が一のときのバックアップ用としてDropboxも使えるので、これから活用していきたいです。

ちなみに最近見つけて便利だなーと思ったクラウドは、「mSpot Music」というサービスです。
パソコン上のiTunesと同期してネットにすべての曲を保存し、スマホのアプリでいつでも聴けるというもの。
外出時に、iPod忘れた!となってもスマホで同じアルバムやプレイリストが聴けるので便利です。
ネットを利用するので電波のあるところで、みなさんもぜひ使ってみてください。

飴箱

Dropboxは主に友達とのファイル共有用に使用しています。
初めて使ったとき、友達がDropを飴(サクマドロップをイメージしたそうです)と訳したので、友達との間では飴箱と呼んでいます。
画像やワードで作成した文章など、手軽にアップロード出来てとても便利です。
手間も時間もかからないのが、面倒臭がりな私にはとてもありがたくて重宝しています。
別のアカウントでは、自分の資料の保存・バックアップ用にも使っています。
以前パソコンのデータが突然全て消えるという苦い思いを味わったので、それ以来いろいろなところにバックアップを取るように気をつけていて、その中のひとつにDropboxがあります。
セキュリティー面の心配があるので個人情報書類のような重要な資料は入れませんが、取っておきたい資料はここに保存するようにしています。
最近は紙資料もスキャンしてここに入れています。

無料でここまで便利なソフトが使えるようになるとは。
侮れないものですね。

クラウド利用

単純に便利だなと感じます。

わたしはiPhoneユーザーなのでiCloudを利用しています。
主にパソコンでブックマークしているページや写真を共有することに目的としていますが、記事内でも書かれているUSBやSDカードを媒介する手間がないのがとても便利です。
これまでパソコンのハードディスクを二度ほど吹っ飛ばしたことのある身としては、重要ではないにしろ必要なデータやファイルをサーバーに上げることで簡単にバックアップになるのも助かります。

またGoogleが提供しているクラウドでは友人と写真の共有に使用しています。
facebookでも写真や動画を簡単に共有できるシステムとして気楽に活用できるので、今後もサーバー上でのファイルのやり取りはわたしにとっては欠かせないものです。

小倉さんのコメントで紹介されている「mSpot Music」というサービスも説明を読むだけで非常に便利に活用できそうなので、ぜひ使いたいと思いました。


ただやっぱり、これらは基本的に娯楽や消えたらショックだけどまあ大丈夫、程度のデータにしか使わないようにする方がよさげですね。
前述の通りハードディスクをふっ飛ばしているので、最終的には形あるものに焼くなり保存するなりというアナログな方法をが一番信頼できるんじゃないかなーと思います。

使い道はたくさん

以前この授業でDropboxの紹介があったときに、ノートPCとデスクトップ間のデータ移動に便利そうだと思って使い始めました。
USBを使うのもそれほどの手間ではありませんが、面倒といえば面倒な作業だったので手間が省けてうれしいです。
機能もシンプルなので使いやすいです。
でも個人情報やそれにつながりそうなデータを預けるのは少し不安があるので、他の人との共有はしていません。
今まではこんな限られた用途でしか使っていなかったし、それ以外の活用方法もとくに思いつかなかったのですが、マニュアルを保存するというのはいい案だと思いました。
自分なりの使い道を探してもっと使いこなしていきたいです。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-07 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。