テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本式「地デジ」ブラジルが採用 2006-06-24

 《朝日新聞 6/24土曜日 朝刊13面》

 ブラジル政府は、地上デジタル放送で、日本の規格を採用するすることを決め、首都ブラジリアの日本大使館を通じて22日、日本政府に通知した。海外で日本方式が採用されるのは初めて。
 日米欧の3規格から選定を進めていた。同じ周波数帯域で米国方式より多くの情報を伝送でき、周波数帯域を分割することで、携帯電話でも地上デジタル放送でテレビを受信できるなどの点が支持された。
 日本の電機メーカーは、南米大国ブラジルで規格が採用されることで、経済的な結びつきの強い南米各国にも日本方式の採用が広がる可能性もあるとみており、新たな市場開拓に期待を高めている。


 《私が思ったこと》

 日本の規格が南米の大国ブラジルで採用されるということが大変うれしいことであると思います。
 「南米大国ブラジルで規格が採用されることで、経済的な結びつきの強い南米各国にも日本方式の採用が広がる可能性もあるとみており・・・」と新聞記事内にありましたが、日米欧の3規格から日本のものが選ばれるということが、すばらしいと思いました。


 そこで、2011年にアナログ放送が終了し、地上デジタル放送が始まるわけですが、アナログ→デジタルへ変わることによって、報道にもたらす影響とは、どういったものがあるのでしょうか。

 たとえばデジタル化により、新しい機能がいくつかあるわけですが、まず、いくつかの番組を一度に表示することが可能である、という点。それが、ニュース番組にとって利益(視聴率が上がるなど)となるものはあるのでしょうか。私は、一度にいくつかの番組を表示できることによって、視聴率競争が激化し、さらに視聴者は、どの番組をみようかと考える時、ビジュアル面で選択することが増えるかもしれない、と思います。

 たとえば、セットの華やかさ、ライトの明るさや、出演者の雰囲気、衣装・・・などです。


 今後、テレビ放送における報道が、どのように変わってゆくのかが楽しみではありますが、事実を伝えることという根本的なものは変わらないでほしいと思います。(そこが変わってしまってはニュースではなくなってしまいますが・・・)

 【高濱 綾乃】

コメント

やり方はいろいろ

本題に入る前にお願いがあります。新聞記事について触れる際は、該当記事をページで示すのではなく、「経済面」というようにカテゴリーでお願い致します。同一新聞社とはいえ本社毎に編集は異なりますし、同一本社エリアでも例えば朝刊と朝夕刊統合版とではページが異なる場合がありますので。「本来日大学生向けだからそこまでしなくても」というご意見もありましょうが、それならそのためのガイドラインを整備するほうが先です。

 さて、デジタル放送だと、ハイビジョン1ch分として放送するか、現在と同じ「標準画質」を3ch分放送するかが選べるわけですが、今のところはハイビジョンか、標準画質を3chとも同じものにするかが圧倒的に多いですね。しかしニュースにも影響は出てます。NHK総合の夕方のナイター中継で、3chのうち2ch分はアナログと同じく18:45-19:30はニュース(ローカル&全国)で中断しますが、1ch分のみ引き続き中継を続けています。
 これ以外では、関東独立Uの一部やテレビ愛知でごく一部の時間帯に別番組を設けている程度です。一部には「3ch分は同一でいく」という方針があると主張する人もいますが、たぶん「デジタルを見てる人が少ないのに別放送をやったって効果が小さいから」というのがホンネでしょう。民放だと、まったく別番組ならスポンサーを別々につけねばならないかもしれないわけで。
 報道への影響の話に戻りますが、もしかすると有効活用する局が出るかもしれないですね。「もし系列がなくなってもウチは独立だろう」と言い切っている(『2000年のテレビジョン』角川書店)宮城のTBC東北放送なんて、デジタル完全移行後に、今の日テレニュース24やTBSニュースバードのように、ローカルで24時間リピートニュースをやるかもしれません。となると、開局直後にはニュース専門局に近いスタイルだった東京MXテレビも、娯楽番組を放送する一方で「東京NEWS」復活もあるかもしれません。「日本で最初に開局した民放」とうたっているCBC(実は「初の民放」はNHKの前身かもしれないが)も同様です。むろん、報道以外の番組が3ch分をどれくらい生かすようになるかによっても異なってくるでしょうけど・・・。

テレビ報道の「本質」が変わるか?

> ビジュアル面で選択することが増えるかもしれない、と思います。たとえば、セットの華やかさ、ライトの明るさや、出演者の雰囲気、衣装・・・などです。【高濱 綾乃さん】

それらのことは、「テレビ報道」にとって本質的なことだと思いますか? それは見栄えの話ですね。たとえば新聞が、新聞紙でなく上質のアート紙を使い、カラー写真もいまよりずっと鮮明にいっぱい載っているように見栄えを変えたとして、奈良の母子放火殺人事件の報道やイラク報道やそのほかさまざまな報道が、深まるとか充実するということが、ありうるでしょうか。私は、報道の見栄えと中身はあまり関係がないと思います。

> 一部には「3ch分は同一でいく」という方針があると主張する人もいます【かじかさん】

一部ではなく、総務省・放送局・メーカーが集まって、そのようにすると決めています。地上デジタル放送の「第一次行動計画」(2002年7月)がそれで、「テレビ局は、サービス開始当初は一週間の放送時間中50%以上の時間で高精細度放送を流し、その後その比率のプライムタイムでの拡大を目標とする」との内容。つづめていえば、「ゴールデンやプライムなど視聴率が高い時間はハイビジョン1チャンネルでいく」と。「デジタルを見てる人が少ない」からそうするのではなく、デジタル放送を見る人が多くなれば、ますますそうする、という方針です。

主たる理由は、視聴率の分散を恐れる、3チャンネル分のソフト(番組)がない、の二つ。テレビ局は、現在の報道を流すだけでいっぱいいっぱいで、もう1チャンネル分の報道番組をちゃんと作る余裕はない。系列ニュースを集め、ニュース本編ではカットした映像を使い(たとえば記者会見をハイライト1分だけでなく15分流すとか)、リピートありで、現在CSで流しているようなニュースを作るのが精一杯。それは視聴率が取れず儲からないから、地上放送でやらずにCSその他でやっている。地上デジタル放送に全面移行しても、視聴率が取れず儲からないという事情は変わらないから、ハイビジョンドラマをやめてドラマ+ニュースでいくという話にならないわけです。(視聴率と収入が関係ないNHKだけは、ナイター中継+ニュースでいける。これはご指摘の通り)

ところで、「TBS報道@地上アナログ+ニュースバード@CSデジタル」が、「TBS報道@地上デジタル+ニュースバード@地上デジタル」になるだけなら、TBS報道もニュースバードも中身はあまり変わらないというべきでしょうね。どの媒体で出すか、というだけの話ですから。

中身より外身に凝り出したら・・・

坂本先生、視聴者のビジュアル面(など)に対する欲求に応えようとするあまり、
局がニュースの在り方を、今よりもっとバラエティーよりにすることは考えられないでしょうか。

高濱さんの危惧していることもここらへんかなと。
(高濱さん、全然違ってたらごめんなさい...)

断然大きな問題は、

その心配は、当然ありますね。

見栄えを気にする単純な例を挙げると、画面横縦比4対3のスタジオニュースのキャスターは男女2人でいいが、画面比16対9のスタジオニュースにいつも映っているのが2人だと、明らかにすわりが悪い(妙に左右が空く)。3人でやると、サイマル放送の落ち着きが悪いとかね。現行放送は、すでに妙な具合になってきています。

エンターテインメント系のきれいで音のよいニュースを増やしたくなるなんてことも、あるかもしれない。ま、ニュース23は今でも筑紫哲也の趣味でやってますが。

ただ、見栄えのこだわりからニュースが変わるかも、という問題より断然大きな問題は、デジタル投資が過剰なあまり、投資に耐えられない放送局が潰れたり、地方局二つが一つになったり、地方局が東京依存を強めたり、地方局が中央局の地方支局に成り下がって独自性を失ったり、制作費が削られたりして、報道が貧弱になることです。すでに、制作費はガンガン削られている。以上書いたことも、本当に心配されていることです。テレビも新聞も、みんなバラ色の未来しか語らないけれども。

民放はカネがないから公的資金(国と地方自治体のカネ、つまり税金)を入れてくれと頼んでいる。カネをもらえば、ひも付きになって、国や地方自治体を批判的に報道すべきところ遠慮し自粛するということも起こりうる。

だから、テレビが横長になろうが、画素数が増えようが、そんなことはどうでもいいの、テレビ報道にとっては。

驚きました。

*投資に耐えられない放送局が潰れたり、
*地方局二つが一つになったり、
*地方局が東京依存を強めたり、
*地方局が中央局の東京支局に成り下がって独自性を失ったり、
*制作費が削られたりして、報道が貧弱になることです。

すご・・・いや、怖いですねこれは。
確実に報道が偏りそうな・・・。
見る側としてはいっそう注意しなくてはなりませんね。

デジタル化

報道が貧弱になるというのは恐ろしいですね。。
ますます偏った報道で事実が捻じ曲げられ
視聴者側が何が信じたらいいのか分からない状況
になったら・・と考えると本当恐ろしいと思います。

そんな事態を避けられるよう、デジタル化によるサービス(双方向で情報のやり取りが可能になる事)でニュース報道についての視聴者側の意見などが尊重されるようになればいいなと思います。

現行制度崩壊は悪か

村瀬さん、山口さん

・・・いや、私は別の意味で驚きました。
大学という研究の場(いえ、教育も研究との関連でやってますが)で、今更そんなことで驚く人がいようとは。
 まあ、放送を批評する世界において、全国的なマスコミのあり方というのが、批評分野の一部分でしかない(いくら関東以外にとって大きな問題でも)という構図があるのである意味仕方ないのですが、こんなことは70年代からずっといわれてきてますよ。それに、光ファイバー回線(ちょっと前までマイクロ回線だった)がなければ、関東広域局なんて単なる関東ローカル局でしょうに、どうしたら関東の番組が全国に流れるのかすら分かっていないとは。皆さんがどちらの出身か分かりませんけど。
 日本では、5系列と呼ばれる局では、プライムタイムとニュースの大半、及びそこに付随する時間帯というのはたいてい、製作局(多くは東京)が一括してスポンサーに売るんです。売るときに、いちいち「高知県では週末の昼、熊本県ではネットしません」なんてやってたら煩雑なので、その「系列」に属する局は原則として同時ネット。70年代に確立したこのシステムを使うと、いかに開局したての局であろうと、いわゆる地方局は一定の収入を得られるんです。あまり経済力のない県になると「何もしないほうが儲かる」と悪口をたたく人すらいます。ムラ社会にならざるを得ないシステムですね。
 アメリカだと、都市単位でテレビ局が存在しますので、都市から離れると難視聴がたくさんあるのですが、都市では系列数に関係なく局数があるので、4大系列局に入る競争が常に起きているんです。日本での、キー局やその背後にいる新聞社と郵政省(現・総務省)とがつるんで系列局を増やす、というあり方とは大違いです。
 70年代後半になって放送衛星(今でいうBSです)が打ちあがる話が出たとき、「地方局は炭焼き小屋になる」という危機感あふれる話が出ました。しかし、番組もそのセールスも東京をはじめとする大きい局からのものに依存しようとした挙句、今になって大慌てするよりは、この際つぶれるところはつぶれたほうがいい、と私は思っています。具体的には全国ネット番組をBSに上げる「べき」だと思うのです。
 いえ、地方局なんてなくなってしまえ、ということではありません。やる気のあるところだけ残り、そこがBS局にニュース素材や番組を売ればいいんですよ。そんなことで地方局がやってゆけるかって? 関東独立Uやサンテレビだって充分やってゆけているでしょう?
 BSがますます東京一極集中になるという恐れはあります。しかし、地域毎に放送免許があるはずの現状ですら、東京の放送現場は東京一極集中、自分たちが標準という今のあり方を改める気がないことは坂本先生もご存知でしょう。現行制度で改善を求めても、百年河清を待つに等しいですよ。そんなことより、編成権がキー局にガンジガラメにされている現状のほうがよっぽど害悪です。
 もっと事情を知りたい人は
・『メディアのしくみ』(南條岳彦著、明石書店)
・『放送ってなんだ?テレビってなんだ?』(伊藤裕顕著、新風舎。Ⅰ・Ⅱがあります)
・『テレビは変わる』(岡村黎明著、岩波ジュニア新書)
・『テレビの明日』(岡村黎明著、岩波新書)
・『テレビの21世紀』(同上)
をどうぞ。『メディア・・・』『テレビは・・・』は絶版かと思います。私には『メディア・・・』はメチャクチャ面白かったですけど。

言い訳はしません

いや、お恥ずかしい。放送学科に所属していながら。
いかに自分が無知か思い知らされます。

今後も浅学ぶりを披露してしまうかもしれませんが、どうかご容赦下さい。とても勉強になりました。
紹介して頂いた本を探すとします。

地上デジタル放送

村瀬一路さん>そういうことでした。見栄えに力を入れることにより、バラエティー化してしまうということです。しかし制作費が削られているのだから、そうもいかないのでしょうか。

坂本先生>「カネをもらえば、ひも付きになって、国や地方自治体を批判的に報道すべきところ遠慮し自粛するということも・・・」

より視聴者側の目を光らせなければならないと思いました。「テレビに騙されちゃいかん」という思いで見ることが大事になってくるかも知れないな、と思いました。事実を事実と受け取った上で意見し、考えなければならないのは、視聴者であることには変わりはないのですが・・・

山口乃絵さん>「視聴者側が何を信じたらいいのかわからない状況」に関してですが、同感です。視聴者の意見までもが偏ってしまう、という事態にまで陥ってほしくないものです・・・

でも実際・・・

日本の多くの視聴者は、制作側のそういった事情に無頓着なんじゃないですかね。勿論、もし民法に公的資金が入る、ということになれば全国に大きく報道されると思います。だけど、それによって番組内容が制限されている(かもしれない)という事にまで、視聴者が気づくでしょうか。

かじかさんの言うとおり、放送を勉強している我々学生(私は単に無勉強なだけなんですが)もテレビの裏側まで見れていない状況で、他の一般視聴者が制作側の事情なんてわからないと思うんです。

インターネットが普及しているとはいえ、まだまだテレビの報道は力を持っています。特に報道の真偽を見極めるような力を持たない人(報道にあまり興味のない人とか?)は、報道を見るのがテレビだけになったりすると思います。

視聴者側が気をつけるっていうけど、テレビ側は「こっちは間違った事を伝える可能性ありますから注意してください」とは言わないだろうし、難しいですよね。

勉強しろ!

と、デカルトもいった。
悪いけど、以下のページから読むことができる下記リストの坂本執筆論文に、必要なことはすべて書いてある。タダだ。読めというほかない。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv.html

* 「ネットと放送の融合」という幻想(放送と通信の融合、ライブドアvs.フジ、楽天vs.TBS問題) ←NEW!!
* まもろう!放送法――元政府高官の番組干渉はなぜダメか? ←NEW!!
* NHK報道局「絶対匿名」座談会 聞いてくれ! これがNHKの報道現場だ!!
* 「感情増幅」装置としてのテレビ――テレビは、なぜ感情を増幅するか?
* テレビの原理と放送局(テレビとは? 地上放送局とは?)
* 東京新聞「からむニスト」
* 東京新聞「からむニスト」(2002年執筆分)
* Nステ所沢ダイオキシン報道 最高裁判決を撃つ!
* 「テレビは数字がお好き!?」症候群
* 乱立!テレビ情報誌の功罪
* 放送評論の地平――「自閉」から自立・自省・自己拡大へ
* 横澤彪――テレビの“突破者”たち
* 澤田隆治――テレビの“突破者”たち
* 「番組終了」を決めるもの
* これでいいのか!? 北朝鮮報道/メディアへの提言
* 戦争と報道「テレビ10の陥穽」から
* 「地方局、生き残りへ知恵」へのコメント(朝日新聞記事へ)
* テレビ朝日「ザ・スクープ」終了へのコメント(毎日新聞記事へ)
* TBS「筋肉番付」などへのコメント(Yahoo!TVのAP配信記事へ)
* 【Q&A】風評被害
* 米テロ・戦争突入をテレビはどう伝えたか
* 政治とテレビ
* TVニュースの価値判断――テレビ報道のなにが問題か!?
* 規制論者に染みついた“愚民思想”
* 「クイズ・ミリオネア」へのコメント(CNN.comのAP配信記事へ)
* テレビ東京「火曜イチバン!」スーパー潜入番組の教訓
* Studio Briefing for August 9,2000(上の要約記事へ)
* 夜ニュース戦争、勃発す!NHKニュース10新設の狙いとは?
* 【Q&A】BSデジタル放送
* テレビとの付き合い方
* テレビ高収益の構造
* 氾濫する字幕番組の功罪
* 椿発言その後――政治介入を阻止せよ
* 参院選直前 政治の「テレビ脅し」を許すな!!
* [検証ポケモン事件] ピカチュウからの警告
* ビデオジャーナリストとは何か?
* MXTV(東京メトロポリタンテレビ)の憂鬱
* 青少年問題
* 世紀末を彩るテレビ界「破廉恥」の自家中毒症
* 【Q&A】Vチップ
* NHKはだれのもの 50年目の曲がり角
  曖昧・受信料をどうする
* ポケモン・ナイフ…作り手も招き 子供とテレビ、親たち討論
  ↑小学校PTA会長のときのシンポジウム(朝日新聞98年3月17日朝刊)
* GALAC新創刊宣言
* 蝕まれてゆくMXテレビ(東京メトロポリタンテレビジョン)
  ↑OH, MY GOD!! WHAT SHALL I DO?
* TBS坂本弁護士テープ問題
  揺れるTBS 8つの論点「日本的”反省ごっこ”」
* TBS坂本弁護士テープ問題
  バッシングに興じたマスコミの罪
* カリスマ――日テレ「氏家齊一郎」社長の民放経営術
* 東京メトロポリタンTVの課題 経営陣を悩ます問題山積
* 放送批評「NEWSコラム」
* 阪神大震災報道の記録<後編>NHK&東京キー局
* 阪神大震災報道の記録<前編>神戸局・大阪局
* 検証!阪神大震災テレビ報道戦争の現場
* ローカル放送風土記1
  「静岡」東海道と太平洋が育んだ”情報感度”
* テレ朝と郵政省の”キャッチボール”
  ――郵政省に添削された報告書こそ「やらせ」である
* 「久米宏」論 ←HEAVY!!
* 制作プロダクションの現実
* 椿証人喚問の茶番
* ”椿発言問題”に異論あり(準備中)
* 椿発言問題 言論機関・新聞の”見識”
* BSは本当に必要か(準備中)
* 未曾有のテレビ不況の中でTBSの賭け
* 選挙と報道'92 選挙予測報道規制案
* カネ喰いハード、伸び悩む普及
  ……WOWOW、CS放送の前途多難(準備中)
* 生き残りをかけた”民放衛星”(民放BS)構想
* 呉越同「星」JSB(日本衛星放送=現WOWOW)の
  ソフト戦略と経営展望

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/digital.html

放送デジタル化
(地上デジタル放送、BSデジタル放送、CSデジタル放送)

* デジタル放送に関する文献を調べる
研究者・学生のみなさんへ ←NEW!!
* 放送デジタル化ページのご案内
* デジタル放送の呼び方について
* 地上デジタルテレビ放送開始にかかる問題点(長野県の提言) ←ご参考(長野県ホームページ)
* ぎゃらく式放送未来図(チャート×2、デジタルCS論考) ←NEW!!
* 2011年にアナログ放送停止は無理
地上デジタル放送は計画を見直すべき ←NEW!!
* 地上デジタル放送現行計画
「すでに破綻」の決定的な理由10 ←必読!!
* 【Q&A】ここがわからん?? 教えて!! 地上デジタル放送
* 地上デジタル放送【政策提言】
日本国はこの修正提言を採用する以外に道はない
* 緊急国会シンポ「地上テレビのデジタル化を考える」参考資料
* あと8年で、テレビが粗大ゴミ?
* 私、デジタル化に納得していません
* 放送デジタル化計画をめぐる諸問題
* テレビ放送デジタル化は失敗する
* テレビが”ただの箱”になる?――地上放送デジタル化を考える
* 絶対破れない―デジタルの「掟」 ←必読!!
* 2011年アナログ地上波停止は不可能である
* 地上波のデジタル化
なんのためにやるのか きちんと説明を
* TV to go digital -- like it or not! (上の記事の英語版サイトへ)
* 1000日1000万台が絶対不可能な数学的証明
* BSデジタル放送
* BSデジタル放送 1000日1000万台が”絶望的”な10の理由
  ↑必読!!
* 日本のテレビが危ない (「サイゾー」2000年09月号サイトへ)
* どう育てる? 揺籃期CS文化
* 地上放送デジタル化に公共投資350億円はなぜだ!?
  ↑必読!!
* 体験!CSデジタル多チャンネル
 ――パーフェクTV!と暮らす
* 郵政省デジタル化のゴリ押し
* 日本放送行政の歩みと問題点
* マルチメディア時代の放送ビジネス(郵政省の動向)
* 123兆円市場に群がる商社たち
* 郵政お得意 ビジョンなき「ハイビジョン見直し」発言のドタバタ
* BS-4電監審答申 地上民放首脳陣の”評価”
* BS-3b打ち上げ成功で走り出したハイビジョンへの道
* PCM音声放送デッドヒートのゆくえ(St.GIGA開局前夜)

無知ですね…

本当に放送学科にいながら難しいこと避けています。
すいません。。。

公的資金が入り、もしテレビ局が放送内容に自粛したり、ねじ曲げたりという事が増える可能性がある。これは考えうる事態ですね。
こういった話を聞くとテレビ報道をやる意味があるのか、とどうしても思ってしまいます。お金や力や立場そんなものが邪魔する中の報道になんの意味があるのか…
真実を伝えるのが報道ならば、もっと独立した立場に位置したいものですね。
真実をありのまま伝えるのってやはり難しいことですね。

では、真実って何? 独立って何?

はい、質問。「真実」って何? 「事実」とどう違うの? 米山明李さんのところにテレビ局が来たとして、彼らは「米山さんの真実」を伝えるのが仕事? 「真実をありのままに伝えるのは難しい」というが、米山さんが? それともテレビ局が? あと「もっと独立した立場」とは何? 日大学生は親からも大学からも日本国からも独立していない立場だね、通常の言葉遣いでは。「独立」ってどういう意味?

難しいことを避けずに、考えてみようじゃないか。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-07 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。