テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推奨ソフトウェアについて【ネットの基本02 コンピュータ入門の番外】オマケ:次の二つを一生、忘れんな!! 2012-06-08

推奨ソフトウェアについて

※駆け足でパソコン(以下PC)の基本的な話をした。ホームページ、ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS=Social Networking Service)などの回に進む前に、受講生諸君のPC環境が整っていないと思い直し、必要なことを追加で伝えておく。


OSとアプリケーションのおさらい

OS=Operating System……土台となる基本システム(をつくる基本ソフトウェア)。PCを買うとついてくる
 ・MAC OS(よく知らん)/Windows(世代により95、98、98SE、ME、XP、Vista、7、8)
 ・OSを頻繁に変えるのは迷惑。アプリケーションこそが個人の蓄積財産だから。物理的に持っているだけでなく、その使い方に習熟していることが肝心。その「購入+習熟」コストは個人でも数十万円になることはザラ。新しいOSで古いソフトが使えなければ、数十万円分どうしてくれる、という話。
 ・この意味で、WindowsのMEやVistaはクソOS。8が早すぎれば同様。7の次はX(10)くらいでいい。なお、坂本のメインPCは、いまだにXP(あと約670日でマイクロソフトのサポートが終了予定)。ノートは7だが、使いにくくてかなわん。

アプリケーション・ソフト=application software……OS上で動くソフトウェア。自分で新しく入れる。たいていのものはネットからタダで手に入る


PCを起動したときの(OSに入っていけるか、そのPCを使えるかについての)パスワードについて

 ・受講生は、設定している4、設定していない9(理由は「やり方がわからない」など)
 ・複数の者が使用または接触できる職場や家庭のPC、置き忘れや盗難の恐れがあるノートPCは、パスワードを設定すべき。
 ・設定方法(Windows)は、スタート→設定→コントロール パネル→ユーザー アカウント
 ・自分専用のPCならば、自分を管理者(Administrator)とする。PCはふつう、複数の者が使えるようになっている。複数のアカウント(アクセス権や口座の意味)を設定でき、たとえば各人が好みのデスクトップを使えるわけだ。うち一人を管理者とし、その者だけにソフトをインストール/アンインストールする権利を認めるようにしておく。そうしないと、いままで使っていたソフトが突然なくなったりして困る。
 ・Winnieによる自衛隊・警察などの情報漏洩を知っているか? 極秘データを自宅で作業するため家族で使うPCに入れたところ、子どもが勝手にWinnieをインストールしてしまい、漏れ出す事件が頻発した。パソコンは「個人用コンピュータ」の意味。子どもと共有するなど愚の骨頂で、絶対にやってはダメ。子どもにも、中古でよいから個人専用PCをもたせるべき。
 ・スパイ映画なんかに、PCにUSBメモリを指したりディスクを挿入したりして情報を盗むシーンが出てくるね。気の利いた情報企業や役所の機密データを入れたコンピュータには、そもそもUSBもディスクも挿入できないから、あんな阿呆なことは起こらない。米国務省ではできないが、同じ情報を共有する米軍ではできた、アホすぎだ、と前・米国務省高官から聞いたことがある。


アプリ・ソフトの種類(……以降は、受講生のPCに入っているかと聞いた簡易アンケート結果。N=13)

 ・アンチウイルス……あり6(ウイルスバスター2、アバスト1、不明3)、なし3、わからない4
 ・メーラー……PC外10(Yahoo9、Gmail5、Hotmail1、以上重複あり)、あり2、わからない1
 ・文章作成(ワープロ)……あり13(全員Word。情けない!)
 ・表計算……あり10、なし3
 ・パワポ(スライド)……あり8、なし5
 ・画像
 ・動画
 ・音声
 ・ユーティリティ(一般管理)


アンチウイルスは、すぐ入れよ!!

 ・「アンチウイルス 三大」で検索。AVG、Avira、avast!(わりと評判がいい)のどれかをさっさと入れなさい。デスクトップとノートには、違うものを入れるとよい。
 ・自分のPCにどんなソフトが入っているか「わからない」者はマズい。調べよ。
 ・調べ方(Windows)は、スタート→設定→コントロール パネル→プログラムの追加と削除。インストールしてあるソフトの一覧表が出るから、名前を片っ端からGoogleに入れれば、何をするソフトかわかる。


メーラー

 ・プロバイダのメアドを持っている者でも、Yahoo、Gmailなどのメアドを持って損はない。仕事と遊びの使い分けなんかができる。
 ・坂本の設定は以下。すべての送受信メールがGmailに残るから、PCでバックアップする必要がなくなる。
  1)プロバイダのサーバーが受信する(デスクトップに入る)全メールを、プロバイダ段階でGmailに転送。
  2)デスクトップから送信する全メールを、BCCでGmailにも送信。
  3)デスクトップ以外(Gmail)から送信するメールは、必要に応じてプロバイダのメアドにも送信。
 ・たとえば「ojooo」で検索して出てくるフリーメールはドイツで最近始まった。日本人は誰も使っていないから、いまなら自分の名前******で「******@ojooo.com」が登録できるはず(mamoruは、もう使えない。あと素性がわからんから、当面は仕事に使わないほうがよさげ。サーバーも貧弱っぽい)。

ワード、エクセル、パワーポイントを持っていない者は

 ・さっさとOpen Officeを使いなさい。Open Office

※買ってきたPCに、Office2010など統合ソフトが入っている場合は、以下に注意。
 ・そのソフト代は、PC価格に上乗せされている(安いけど)。
 ・2年限定ライセンス版で、2年後以降の更新時に数千円取られるのが一般的。
 ・このビジネスモデルはGillette(ひげそり)なんかと同じ。ひげそり本体は、1000円くらいのものを新橋駅頭でサラリーマンにタダで配る。切れ味が悪くなり、ドラッグストアで替え刃を買おうとすると、5枚1500円とかいう価格。毎月1枚使うと3年で、たかがひげそりに1万円も支払うことになるわけだ。

 ・たまたまPCに入っていたのを見せた平川一臣・北大名誉教授のパワーポイントから。次の二つを一生、忘れんな!!
  1)初期微動カタカタが始まったら秒を数えよ。大揺れユッサユサが始まるまでの秒数×8(キロ)が、震源からの距離だ。東京都心で10秒なら80キロ、関東直下か相模湾か房総沖と思え!
  2)揺れた秒数×2(キロ)が、破壊地域の長さだ。1分続けば120キロ、M8級。5分ならM9級、10分なら人類史上最大のM9.2以上と覚悟せよ。M8級以上と思ったら、ただちに海岸線から離れよ(必死で走れ! 気象庁やNHKをボケッと待っていると、死ぬぞ!!) 
 

その他のソフトウェア

 ・画像……Picasa 3
 ・動画……RealPlayer、GOM PLAYER(韓国)
 ・ユーティリティ(一般管理)……CPU-Z、CCleaner、BeMem、Auslogics Disk Defrag、ID Manager、+Lhaca、BunBackup、HTML Project2、FFFTP、M電卓、Dropbox、DAEMON Tools Liteなど


参考

後から入れたフリーソフト(アプリケーションその3)(すべてを疑え!! MAMO's Site)
EeePC 1015PEM/ネットブックの主な仕様(すべてを疑え!! MAMO's Site)※「以下はすべて無料ですから、ネットブックやノートPCを使う人は」で始まる10行くらいを読んでおきなさい。
ソフトニック(ソフトウェアの紹介・ダウンロードサイト)※ダウンロードする前に、レビューや使い方をよく読むこと。


※この授業内容に基づいて、新しくソフトを入れた者は、使い勝手などをコメント欄で報告してくれ!

【坂本 衛】

コメント

ケアの大事さ

アンチウイルスソフトを見て、普段自分がケアの大事さについて考えてきた内容が思い出したので書きたいと思います。
現代人は自分のものをケアする事がどんだけ大事なのか感じていないと思います。
たとえば、髪の毛を染めすぎたり、パーマをかけすぎてしまってケアをしなければいけない状況だとしましょう。ここで生じる疑問。なぜ今までケアをして来なかったのか?
染めるお金やパーマをかけるお金はあるのに、ケアをするお金はなかったのか?
おそらく、ケアをしながらやってきたのだったら、同じ数で染めたりパーマかけたりしたとしても、ケアをしないよりはいい結果だったはずでしょう。

病気の場合も同じです。
1年1回くらい健康診断をするのがそんなに難しいことなんでしょうかね。
他に使うお金を少なくして、1年1回は自分のためにケアをするべきではないでしょうか?
なぜ病気がかかったことを後に知って、その後からケアをしようと思ってるのですかね。自分を飾るためにお金を使うよりも、これからは自分のケアをするためにお金を使うべきだと思います。

パソコンの場合も同じであります。
現代人はパソコンをほぼ毎日使っているはずでしょう。
しかし、パソコンのケアを気にしている人はわりと少ないです。
しかも、パソコンの調子が悪くなっても、どこがどう悪くなったのか知りません。知識がないからです。
服、靴、食べ物、ダイエットなど自分を飾るものにはお金を簡単に使ってるのに、なぜ自分のものをケアすることには甘いのか疑問です。
皆ケアをする大事さについて一度考えてみるべきだと思いました。

講義を受けた後、PC起動時でパスワード入力をする設定へ変えました。

家族が自分のパソコンを開くことに関し、ためらいはありませんでした。しかし講義を受け、自分はうかつだったと気づきました。泥棒が家に入ってPCを盗むことなど考えたことがありませんでした。

最近になり、ビジネスマナーについての本を読むようになりましたが、そこでもパスワード設定のことが書かれていました。会社のPCならより一層ウィルスや盗難に警戒しないといけませんよね。
今のうちから学ぶことができて良かったです。

【先のコメントの訂正】タイトル追加

タイトルを付け忘れていたことに先ほど気がつきました。

先のコメントのタイトルは「パスワード設定の大事さ」です。

6月15日のコメントを訂正した直後に気づきました。
3回目は無いようにします。送信前に入念にチェックをするよう気をつけます。


売り方上手

パソコンの価格にはOfficeの値段も含まれている…
考えてみたら当たり前のことですが、ちょっと残念にも思いました。
購入した時に色々なソフトが付いているとお得に思いますが、ソフト込みでの価格では得も何もないですもんね。
上手い売り方だなと思いました。
ところで坂本先生に質問です。「アプリ・ソフトの種類」の項目で文章作成は全員Wordということですが、なぜ情けないのでしょうか?

なぜWordは情けないか

1)日本人が、日本語で文章を書くとき、アメリカ製のソフトウェアに頼らなければならないことが、情けない(アメリカ製の機械を使わなければならないことは、もちろん、もっと情けない)。

2)日本語ワープロソフトとしては、一太郎のほうがWordより明らかに優れている。たとえば日本語は20字×20字といった原稿用紙に書くが、英語の原稿用紙というものはない。Wordは英語用ソフトだから、単語間空白処理や行末処理なんかが英語向き。日本語用ソフトの一太郎は日本語向き。その違いに多くの日本人が気づいていないことが、情けない。

3)とくに日本語変換ソフト(キーボードでローマ字を打ち込んだとき、日本語候補を出すソフト。一太郎はAtok、WordはWindowsに最初からついているMS-IME)の出来が違う。そのことに多くの日本人が気づいていないことが、情けない。

4)一太郎は、四国の小さな会社ジャストシステムがつくっている。いつか同社を松下電器産業(現パナソニック)が権利侵害で訴えたことがあった(たしか認められなかったはずだが)。政府や自治体や大学サイトには、マイクロソフト社製のエクセル、パワポ文書があふれている。日本社会(の大企業や役所や大学)にソフトメーカーを育てる戦略も知恵もないことが、情けない。

私も気づいていない日本人の一人でした

坂本先生、回答ありがとうございます。
今まで初めからパソコンに入っていたWordを何も考えずに使っていました。
以前一太郎を使っていた時もあったのですが、今はWordに慣れてしまっています。
恐らく多くのWindowsユーザーは初めから入っているOfficeで十分だと思っているのではないでしょうか。
利用してみるのが一番ですが、Officeが浸透している現在では一太郎との違いを伝えることは難しいのかもしれませんね。

使いやすかったです

近々パソコンをリカバリーするつもりだったので、バックアップをしなければいけないなあと思っていたところ、この記事を思い出して早速ダウンロードしてみました。

今回バックアップに使わせていただいたソフトは、本文の一番下にある、
●参考
後から入れたフリーソフト(アプリケーションその3)(すべてを疑え!! MAMO's Site)のリンク先に乗ってある無料ソフト「BunBackup」です。

使い方はとても簡単でした。
バックアップしたいフォルダと、そのパックアップ先、バックアップの名前を指定して、開始ボタンを押すだけ。
設定次第では、自動的にバックアップを行ってくれるそうなので、これなら安心できると思いました。
今回は使い勝手の良いソフトウェアを教えていただきました、ありがとうございます。
他にも、あれば便利なソフトはないか検討してみます。

無料ソフトで十分

授業中に先生が挙げられた無料ソフトを3つ(avast!,CCleaner,Dropbox)入れてみましたが、クオリティの高さに驚きました。
とくにノートPCに入れたavast!に関しては、デスクトップに入れていた有料のセキュリティソフトとなんら遜色ない動きで、今まで払ってきた更新料はなんのためだったんだろうかとがっかりしました。
CCleanerとDropboxもそれぞれとても使い勝手がよくて重宝しています。

パソコンを守れ!

私は小学生のときからパソコンを利用していますが、その時から初期設定等は父親にまかせっきりです。
家族で一台を利用していたときに父が家族それぞれのアカウントを作ってくれました。
そのときにそれぞれパスワードを設定できるということを覚えました。
それが当たり前のことだと思っていたので、自分のパソコンを持つようになってからも、パスワードは設定しています。
パスワードを設定していない人が意外といて驚きました。
アンチウイルスソフトも同様に入れるのが当然だと思っていました。授業内ではウイルスバスターと答えましたが、他にも複数入れてます。

また、Wordで特に大きく不便を感じたことがなかったので、先生が情けない情けないと言っていて驚きました。
今まで脚本を書くときWordを利用していたので、もっと早く一太郎のことを知りたかったです。存在は知っていましたがスルーしていました。

今まで使ってきたパソコンのOSはME→XP→7でしたが、慣れてくると7でも使いやすいですよ。でもわざわざ変えるほどではないかもしれないですね。

無料のOffice

家のパソコンは父が管理していましたし、自分のネットブックは 2年間無料のものが入っていたので、
何も考えることはなく、無料でOpen Officeがダウンロードできるなんて全く知りませんでした。

機能がほとんどないのかと思いきや、私が使うくらいなら十分すぎるくらいだと思いましたし、
通常のOfficeとも互換性があるようなので驚きです。

最近家のパソコンでOfficeが使えなくなったのでこの機会にダウンロードしてみようと思います。

無料に感動

AVGとBunBackupをダウンロードしました。
アンチウイルスソフトは必要な出費だと諦めていましたが
無料で良いものがあって感動です。

バックアップもマイドキュメントが一瞬で出来て驚きです。
簡単なんだろうけど
説明を読むのが苦手な私には少し難しかったです。
ituneの曲をバックアップしようとしたら
ファイルの形式が違うのか「見つかりません」となり
今日のところは諦めました。

これからもっと勉強して頑張ります!

二機使い

自分専用はMacのノート、2日に1度くらいの頻度で家族共有のWindowsのデスクトップを使います。
時々どっちがどっちだか分からなくなります。キーボードの違いが一番いらっとします。

OpenOfficeは一年の時に受講した情報の授業で知りました。
Macを買ったのも同時期でWordっぽいソフトをちょうど探していたので、家に帰って即行でインストールしました。
wordに近い文書作成ソフトが無料で手に入れられるなんて世の中便利になったものですね。
ただ私のパソコンはプリンターに接続していないので、OpenOfficeで作ったものをDropBoxに上げて、Windowsで印刷しているのですが、Windowsにはwordしか入っていないので保存する時が少し面倒です…。まずこのやり方で本当に使いこなせているのかどうかというところ。まだまだですかね。

あ、今日中にアンチウイルスソフトを入れなければ!

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。