テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットとは何か?【ネットの基本01】/「テレビとの接触状況」アンケートその2 2012-04-27

受講生アンケートその2(放送特殊研究V 2012-04-27実施)
テレビとの接触状況(N=17)

Q26 いまの住まいにテレビ(家族用含む)はあるか? (ある 15 / ない 2)

Q27 【Q26で「ある」と答えた者のみ】自分専用のテレビはあるか? (ある 7 / ない 8)

Q28 パソコン(以下PC)でテレビを見ているか? (見ている 0 / 見ていない 17)

Q29 ワンセグ放送を受信できるか? (携帯でできる 11 / PCでできる 0 /できない 6)

Q30 平日(月~金)平均のテレビ視聴時間は?
 (ほとんど見ず十数分以下 0 / 1時間未満 3 / 1~2時間未満 5 / 2~4時間未満 7 / 4時間以上 2)

Q31 土日平均のテレビ視聴時間は?
 (ほとんど見ず十数分以下 0 / 1時間未満 3 / 1~2時間未満 5 / 2~4時間未満 6 / 4時間以上 3)
 →大学生だから、平日と土日のテレビ視聴時間がほとんど変わらないのだろう。勤め人やパートの主婦などであれば、大きく変わるものと思われる。

Q32 毎朝、テレビをつけるか? (つける 10 / つけない 7)

Q33 【Q32で「つける」と答えた者のみ】毎朝、合わせるチャンネルは?
 (日テレ 4 / フジ 3 / NHK総合 2[朝ドラ視聴者はゼロ] / TBS 1[はなまるのゲストがつまらなければ日テレ] ※日テレとフジの数字は要再質問)
 →数年前に同じ質問をしたら、ほぼ全員がフジと答えた。局や番組の勢いは、こんな簡単な調査でもある程度わかる。

Q34 帰宅後すぐ、テレビをつけるか? (つける 6 / つけない 11)

Q35 【Q34で「つける」と答えた者のみ】帰宅後すぐ、テレビをつける理由は?
 (家族が視聴中なのでついている 2 / 一人暮らしで寂しい 2 / 夕方情報ニュースの店・グルメ情報を見る 1 / 7時頃に帰宅しゴールデンの番組を見る 1)

Q36 テレビ番組を録画できるか? (できる 12 / できない 5)

Q37 【Q37で「できる」と答えた者のみ】録画機器の種別は?
 (VTR 0 / ブルーレイ含むDVD/HDD録画機 9 / テレビ内蔵または外付けHDD 3 / PCのHDD 0)


インターネットとは何か?

※以下、準備中

【坂本 衛】

コメント

テレビとの関係

私はCMを専攻しているので、TVCMを見る為にほぼ毎日テレビを一日中つけています。
他の専攻の人も、多かれ少なかれ放送に関連する勉強をしているので、てっきりもっと周りもテレビを見ているものだと思っていました。
しかし実際には、テレビ自体を見ないという人が半数ちかくもいるという結果にとても驚きました。
放送学科はテレビ関係や演出、制作などを専門的に学ぶ授業がほとんどなのに、実際に放送されている番組をチェックしない人の方が多いということですよね。
とても不思議な結果だと思いました。

コメントありがとう

今年度の初コメントです。ありがとう。
小堀さんは、当授業の受講生? 助手さんが水色の紙をもとに受講生リストを作っている最中で、こちらで名前を確認できないものだから。
ところで、小堀さんのいう「テレビ自体を見ないという人が半数ちかくもいる」というのは、受講生アンケートのどの質問・回答によるデータですか?
「テレビを見るのは1日平均せいぜい2時間以下という人が半数近くいる」結果だったが、「テレビ自体を見ない」という人は一人もいなかったと思うけど。

>小堀琴絵さんへ

私もそう思いました。私は356日テレビを見ていますし、平日だけにしても1日6~8時間はドラマやバラエティー番組など、テレビに関したものを見ているものなので、ほかの人もテレビを毎日見ているだろうと勝手に確信をしていましたが、あのアンケートをしたとき、ほかの専攻の人が、テレビに興味がないから見てないという話を聞いてだいぶびっくりした覚えがあります。
「放送学科の人はみんなテレビ好きだよなー」と勝手に確信して、それを標準化していた自分自身が少し恥ずかしかったです。そして、テレビをもっとたくさんの人に見てもらえるよう私も頑張りたいと思いました!

白(ぺク)さんへ

私の場合、平日の視聴時間は平均しても4時間越えないですね。
全体からみれば4時間も多い分類に入りますが、お二人に比べると少ないです。
お二人の、テレビから何か学ぼうとする姿勢には関心しました。

観るジャンルは殆どが映画で、たまに音楽番組です。映画は、HDに撮り溜めたものを夕食後(19~21時)に観るって感じです。

同じ放送学科でも観る番組が異なるんだと驚きました。
ほかの皆さんはどんな番組をいつ観るんでしょうか。気になります!

〉小野さんへ

見るジャンルがほとんど映画ということで、逆に私は映画は避けるので、違いが面白いなと思いました。(洋画を字幕で見たいのと、映画の間にCMがくると待ちきれないため)

でもHDに撮り溜めて見るのは、時間を有効に使えて良いですね。CMも飛ばせますし。今度その方法で映画を見てみます。

「○○さんへ」は宛名。タイトルじゃない!!

安易に「○○さんへ」とやっとるな。
「○○さんへ」って、宛名じゃん。
タイトルじゃないじゃん。
名指しされた者も迷惑だよな。
名指しされた以上、コメントを返すべきだろうからね。

タイトルをつけるって難しいことだったんですね

>坂本 衛 先生

インターネットの書き込みでも新聞のヘッドラインでも本のタイトルでも、何を書くにもやっぱりタイトルは大事なものなんでしょうね。

私は普段携帯メールを送るとき、あまりタイトルをつけていませんでした。
タイトルをつけるとしても挨拶の一言くらいだったのですが、あれはよくない習慣だったのでしょうか。

タイトルの重要性だけでなく、メール作法についてももっと詳しく知りたいと思いました。
ちょうど、メール入門【ネットの基本03】の授業を欠席してしまったので、後日先生のまとめを読んで授業内容を掴みたいと思います。

テレビがないなんて

授業でこんなにも時間を使って学生にアンケートを取るというのは今までけ経験したことがなく、なんだか楽しかったです。

僕が驚いたのは、Q26の「いまの住まいにテレビ(家族用含む)はあるか?」という質問に対して、NOと答えた人が2人いたことです。
ここで今僕が「2人もいた」ではなく「2人いた」という言い方をするのは、その数に驚いているわけではないからです。この質問をされたときに、「テレビなんてどこの家にもあるでしょう」と勝手に思い込み、必ず全員YESで、NOは0人だと決めつけていました。無いというケースが存在していたことにたいへん驚きました。
その後の「ワンセグ放送を受信できるか?」という質問で「携帯でできる」が11人いること、「平均のテレビ視聴時間は?」という質問で「十数分以下」が0人だったことから、その2人は携帯でワンセグ放送を受信して番組を楽しんでいるのだと予想がつきました。

普段人と話していて、番組の内容がどうだったかの話題はあったとしても、視聴習慣まで話すことはほとんどありません。
テレビとの接し方がこれだけ多種多様ならば、番組作りにおける視聴者のニーズが特定しにくくなるのも当然だと言えるのではないでしょうか。

自分が恥ずかしいです

私はあまりテレビを見ておりませんが、
あまり見ていない人がそこそこいるとは思っていませんでした。
「見たくない」や「見る必要性を感じない」と思っているわけでもないので、
何故見ていないか、と聞かれると正直自分でもよくわかっていません。

しかしコメントを拝見させていただくと他の受講者の方の中には、
自分の専攻に活かすために毎日長時間テレビをつけている方がいると知り、
その方たちの学ぼうとする意欲に感心するとともに自分が恥ずかしくなりました。

最近はテレビどころかネットも頻繁には繋がなくなってしまっていたので、、
色んなことから少しでも何かを学べるようにもっと意欲的にメディアに接したいです。

テレビが当たり前の時代に

〉小倉さん
テレビ環境の多様化は、確かに視聴環境の特定は難しくなりそうです。
サイマル放送の開始から何年か経ち、これからどのように普及、変化していくのでしょうか。
テレビがあって当たり前の時代に、テレビがなくてもやっていける環境がある。
今後のスマートホンの普及とともに、注目したい問題ですね。

私の場合は

>小野さんへ
私はテレビを見る時間帯は特に決めてないですが、テレビ、パソコン、携帯、ipadなど、テレビが見られるものを全部利用して場所と時間に限らず見ております。
別に。。。ちゅ。。中毒されたわけではないですよ!(笑)

携帯メールのタイトルにつき(金未利さんへ)

> 私は普段携帯メールを送るとき、あまりタイトルをつけていませんでした。タイトルをつけるとしても挨拶の一言くらいだったのですが、あれはよくない習慣だったのでしょうか。【金未利さん】

いや、そうともいえない。携帯メールは頻繁に、たとえば2、3分~十数分間隔で何通もやりとりすることがある。同じテレビ番組を見ながら、ああだこうだと何人かでやりとりすることだってあるでしょう。そのときはメールのテーマを互いに了解しているから、タイトルなんかいらない。

ただ、同じ調子で坂本宛にタイトルをつけない質問メールを送ると、スパムメールと見なされ、私の受信トレイには入らない。だから、届かない恐れがある(スパムフォルダはなるべく一瞥《いちべつ》後に空にする習慣にしているので、スパムの間から発掘されることはありうる)。

だから、メールのタイトル有無も時と場合によるわけよ。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。