テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

テレビは必要か……といってるうちにアナログ終了迫る(授業ノートby中川美幸) 2011-06-17

*お知らせ(7/15、22は授業有り)
*「地デジ化」の大問題 誰も書かなかった「アナログ停波」のカラクリ (知的発見!BOOKS)[単行本(ソフトカバー)]
坂本衛(著)参考文献として読むように。


『アナログ放送終了とTVの話』

・2011年7月24日に地上アナログ放送が終了する。
しかし、現在建設中のスカイツリーは2012年の春から開業予定。
この空白の期間は昼間東京タワーから電波を出す。
そして深夜は、電波状況確認のため東京タワーのアナログ電波を止めて、試験用のデジタル電波を流す。その為、深夜にTVが見れない地域が出てくる。TVが24時間ではなくなるのだ。一気に地上デジタル放送に切り替わるのは、2013年3月頃。
そもそも地デジに対応する為の準備期間は全国一律で公平なものでは無かった。
2001年に電波法が改正。東京、名古屋、大阪の主要都市は2003年11月から地デジ電波配信開始。地方は後回し。


『デジタル放送とは?』

・デジタル→断続的に変化する数字の量(例 CD)
・アナログ→連続して変化する数字ではない量(例 レコード)

・デジタル放送は、伝送路をデジタル化(放送の信号を数値化して配信)するため、[素材が劣化せず、複製し易く、妨害に強く、何でも表現出来る]という利点がある。

【中川美幸】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)