テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

【あなたにとってテレビは必要か?】のアンケート(授業ノートby永坂実希) 2011-06-03

・【あなたにとってテレビは必要か?】のアンケート

横山さんのアンケートのまとめ

・CMは情報を得るのに必要
・バレーの中継はネットでしか見れない
・ネットができない人もいる

永坂のアンケートのまとめ、疑問

・ネットは検証しきれていない
・マイクロメディアとは?
・Ustしてると本当にバランスが取られるのか?
・会見、講演会などしかUstできない
・Ustは言いたいやつが言いたい放題になっている
・ネットにはジャーナリズム機能がない(全体としては)



あたたにとってテレビは必要か?

<必要>

・情報源(世の出来事)
 災害(速報)→命にかかわる
 共有情報(流行のモノサシ)
 垂れ流し情報(CM情報)

・娯楽(ドラマなど)
 スポーツ、お笑い、バラエティ
 テレビの娯楽には新しいもの、流行中の旬のものばかりである。
 時間がたっていない、同時であることにみんな期待している。
 逆にネットには古いもの、アーカイブがある。

・ドキュメンタリー
(・モニターとして)

<不要>

・PCで可(ネット情報)
 例)USTREAM
   新聞サイト

【永坂実希】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)