テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

われわれにテレビは必要か?(論文課題ほか) 2011-11-27

【超重要】論文課題ほか

●放送特殊研究Vの成績は、授業への出席回数、授業での発言(回数と内容)、論文(当ブログで公開)を総合的に判断してつけます。

●出席回数が著しく少ない者は「大論文」を書いて挽回するように。

●12月の授業は補講を含めて3回あります。2日、9日、16日。

●久しぶりに時間が取れたので、ブログデザインを変え、upがまだだった記事もup中。



【課題】……以下の二つとも、単位を出す最低条件。3年・4年共通。

【その1 論文課題】
論文「3.11東日本大震災とテレビ──私の体験から考える」を書き、坂本までメールすること。論文執筆にあたっては、以下の条件を熟読せよ。

【1】次の4部構成(4章立て)とし、それぞれに適当な小見出しをつける。

(1)3.11の大地震の瞬間、自分はどこで何をしており、どう行動したか。何を考えたか。周囲の状況や、家族・友だちなどの様子はどうだったか。家に帰ることができたのか。その後しばらくの様子、などなど。
(2)3.11(または発生2~3日間の)のメディアとの接触状況。テレビ、ラジオ、携帯などを、どう使ったか。うまく使えたか。どう役立ったか。とくにテレビ放送は何を伝えていたか。それをどう評価するか。
(3)その後の原発報道、被災者報道、救援報道、さらに今日までの放射能汚染の拡大報道、復興報道など、主としてテレビ放送の報道を、どう評価するか。どこがよく、どこがダメか。
(4)以上を踏まえて災害報道の視点に立つとき、「われわれにテレビは必要か」という問いにどう答えるか。ネット、ラジオ、新聞、書籍その他のメディアの役割、その評価や批判を交えながら、自分の考えをまとめる。

【2】文字数は6000~8000文字(全角換算。400字原稿用紙15~20枚)。ワープロソフトで数えよ。この範囲にない論文は、単位を出す対象としない。ブログ掲載を前提とするので、段落冒頭は全角1字下げ、段落と段落の間は1行アキ(改行)、数字は半角文字を使うこと。

【3】送り先……坂本のメールアドレスまで(坂本サイトの全ページ末尾からメールを打つことができる)。必ずテキストファイルを添付のこと(メール本文への張りつけでなく)。ファイル名は半角小文字で「htkv+月日+自分の下の名前」とせよ(例 htkv1127mamoru.txt)。

【4】締め切り(成績を教務課に提出する締め切りによるので厳守!)
 4年……2011年12月19日夜24時(12月20日0時)
 3年……2012年1月31日夜24時(2月1日0時)

【5】論文は、届いた日付けで当ブログ記事として掲載し、タイトルに執筆者名を記す。ある程度長い文章だから、ちゃんとワープロソフトを使って書き、念入りに推敲や校正を重ねること。日時、場所、局名・番組名などを具体的に、わかりやすく書くこと。とくに考えでなく体験を書く部分は、ディテール(話の細部)を大切に。たとえば「高層ビルにいた」ではなく「新宿西口にある何階建て高層ビルの何階の窓際にいた」と書くとか、携帯がつながらなかったらどこの携帯か書くわけだ。

【6】質問があれば授業中に。坂本から下書き段階のものを読んだ意見を聞きたい者は申し出よ。



【その2 ブログへのコメント】
4年は2011年12月16日(金)の記事に、3年は2012年1月27日(金)の記事に、1年間の授業全体をふり返ってのコメントをつけること。なお、ヨイショは無用。

●卒業を予定する4年生は、とくに注意のこと。授業を取っているのに出席したのをあまり見たことがないという友だちには、ちゃんと伝えるように。

【坂本 衛】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。