テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

「地上アナログ放送の終了延期=地デジ難民のゼロ化」を求める記者会見3月4日参院議員会館★全映像★ 2011-03-06

●はい、お疲れさん。日藝放送学科講師である坂本は、意を同じくする仲間たちとともに3月4日、「地上アナログ放送の終了延期=地デジ難民のゼロ化」を求める記者会見というものを開いた。OurPlanet-TVさんが取材し、記者会見の映像をYou Tubeにアップしてくれたので、参考資料として掲げておく。ノン編集完全版で長いが、見てテレビ報道について考えるように。





●「地上アナログ放送の終了延期=地デジ難民のゼロ化」を求める記者会見

●日時 2011年3月4日(金)昼12時~14時

●会場 参議院議員会館1階「講堂」(定員約200名)

●主催 地上アナログ放送「終了延期」プロジェクト

より詳しい記者会見のお知らせ

●要求書の発起人

岩崎貞明(『放送レポート』編集長)
小林潤一郎(編集者)
坂本 衛(ジャーナリスト)
清水英夫(青山学院大学名誉教授、弁護士)
砂川浩慶(立教大学社会学部准教授)
なだ いなだ(作家、医師)
原 寿雄(元共同通信社編集主幹)

●記者会見への出席者(登壇予定者)

上記発起人で出席できる者のほか、ゲスト登壇者数名(高齢者、障害者、共同住宅管理組合関係者、電器店関係者など、実際に地デジ移行の困難をかかえている方)。なお、国会議員のみなさんにもできる限り告知しますので、会場には議員・議員秘書の方がお見えかもしれません。登壇予定のない方(議員・研究者・放送関係者など)に、会場内から発言を求めることはあります。

●参考リンク

地上アナログ放送「終了延期」プロジェクトのサイト

地上アナログ放送「終了延期」プロジェクトのブログ

地上アナログ放送「終了延期」プロジェクトの掲示板

コメント

本日のスマートフォン向けニュース

終了延期の提言、本日docomoのスマートフォン用(Galaxy S、Galaxy Tabの標準搭載ウィジェット)のニュース一覧に毎日新聞の記事を引用する形で載ってました。1時間くらいで更新されてしまいましたが。
http://mainichi.jp/universalon/clipping/news/20110305ddn008040027000c.html
こちらの記事でした。ご報告まで。

又、別件ですが本日これから映画『GONZO』の田原総一朗氏、上杉隆氏らによるイベント討論会に参加(?)してきます。
http://news.walkerplus.com/2011/0303/31/

最近田原氏をはじめ、「ジャーナリスト」に興味が湧いてきました。きっかけを与えてくださった先生の講義に感謝致します。

そうか。そりゃよかった。かな?

 
情報ありがとう。

いろいろな人やものに興味を持ち、顔を出して実地に見聞するのは悪くない。ただ、みんな海千山千で口もうまいからな。やっぱり「すべてを疑え!!」だよ。

迷ったり、わからなくなったりしたときは、歴史に戻れ。過去に何をしてきたか、経緯や来歴を調べるといい。人でも、ものでも、何でも。
 

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)