テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

受講生へ(【超重要】成績の件) 2011-01-28

【超重要】成績の件

注:このページの記載内容は、2010-12-04付けの内容と基本的に同じ(受講生は12月に読んでいなければおかしい)。タイトルや投稿日の日付けは2011年1月28日になっているが、サイトアップしたのは1月26日午前10時40分。

●放送特殊研究Vの成績は、授業への出席回数、授業での発言(回数と内容)、当ブログへのコメント(回数と内容)を総合的に判断してつけます。

●2010年11月13日の〈報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会〉への出席は成績をつける際の必須条件です(欠席事由を書面にて申し出た者のみ考慮する)。条件を満たす者の氏名は、2010年11月19日付けの記事に記載。そこに名前のない者で、どうしても単位が必要な者は、坂本に連絡しなさい。

●著しく出席回数が少ない者、および当ブログへのコメント回数が少ない者に、そのまま単位を与えてしまうと、まじめにやっている者の不満が大きい。なので、出席・コメント回数が少ない者には、以下の課題を与えます。この課題をクリアした者には、少なくとも単位がつきます。

【課題】……単位を与える最低の条件(全員共通)

【1】当ブログのコメント欄に、少なくとも15件のコメントを書き込むこと(授業冒頭の自己紹介コメントを含めて15件)。欠席して映像を見ていない者は、You Tubeその他で映像を探して見てからコメントする、映像以外の関連事項につきコメントする、などせよ。

【2】4年生は12月17日(金)の記事に、3年生は2011年1月28日(金)の記事(この記事)に、1年間の授業全体をふり返ってのコメントをつけること。その際、各自、自分が書き込んだコメントの件数を数えて、それが20件であればコメントの末尾に【20】というように、忘れずに書き込むこと。これが最低【15】でなければアウト!! 残念!! わかった?

【締め切り】

4年生……2010年12月19日夜24時(20日0時) ※20日昼までに成績を付け、21日16時までに教務課に提出しなければならないので。
3年生……2011年1月31日夜24時(2月1日0時) ※31日が教務課への提出締切日だが、1日に速達で出すので。

●卒業を予定する4年生は、とくに注意のこと。授業を取っているのに出席したのをあまり見たことがないという友だちには、ちゃんと伝えるように。

●坂本が今年度、当ブログに書いた記事の件数は35本だ(左の「月別の記事」のカッコ内の数字を足す)。その半数以下のコメントしか書き込まない受講生に単位を与えるのは、いくらなんでもヒドい、甘やかしすぎだという気もするが(日大のどの教授が、受講生の書くレポートの倍以上のボリュームがある文章を受講生向けに書くってんだ!?)、まあ、オマケしておく。

コメント

一年間を振り返って

1年を振り返って、
私は自分が常識知らずだと知らされました。
受講生の多くは「常識」をわかっていると思いますが、私は先生がおっしゃっていた常識をほとんど知らなかったのです。
情けない自分に気づき、勉強に奮起しました。
常識を知らずして、これから世界に何が言えるだろうかと思いました。
現在就職活動中ですが、その力が発揮できています。
自分の状況と、中にある考え、物の見方に気づかせてくださって、ありがとうございました。

また、最初シラバスを見て受講を決意したのですが、
私は広島出身だったので、思っていたよりも多くの戦争物の映像を見ることができて、とても心に響きました。
これもまた、一つ私の力になったと思います。

コメント数は【16】です。

ありがとうございました。

放送学科三年冨田奈央子

おもったよりコメントしてたなぁ

授業を受け始めた最初は「うわ、ポケモンの動画見たくてとっただけなのに、なんか右翼がすきそうな動画ばっか見せられるし、オリンピックばっかり見せられる、おまけに書き込め書き込め言うくせにブログ更新おそい」と正直嫌悪感ばかりの授業でした。しかし、後半は日本の社会が普段触れないようなタブーにも割りと踏み込んだ映像を見ることが出来たので満足のいく授業を受けられたという実感、充実感がありました。
いやいや受けた授業のわりにはコメントしてました(笑)。一年間ありがとうございました。[22]

授業を振り返って

 この授業には自分が普段好んで手に取る映像とは違った映像が見れると思い受講したのですが、思っていた通りほとんが見たことのない映像でした。そしてまた、自分は歴史についてあまりにも無頓着すぎるとこの授業で痛感しました。
 
 尖閣諸島映像流出やウィキリークスなど報道に大きく関わる出来事があった時期にこの授業に参加できていてよかったです。 

 先生には本当にご迷惑をおかけしました。1年間ありがとうございました。

コメント数は【17】です。

すべてを疑え!

先生のHPにも大きく書かれているこの言葉。
一年間授業を受けて一番考えたのは、このことです。
様々なドキュメンタリーをみてきて、やはり、メディアは、人が運営しているということもあり、全くの「透明」であることはないし、どんなに注意深くしていてもそれはできないということがわかりました。

情報の受け手である私にできるのは、まずすべてを疑い、ためつすがめつして注意深く内容を咀嚼すること。偏っていないか?かたよっているならば、それはなぜ?どのように?

これから、放送を学ぶ者として、この、疑う心を忘れずに精進していこうと思います。
一年間ありがとうございました。
コメント数は、【15】です。

一年を振り返って

この授業で一年間学び、感じたことは、自分の持つ知識の少なさです。

映像を視聴した後の坂本先生の解説を聞く度に、その知識量の多さと、一つの作品からここまで深く物事を読み取れるのかと、いつも圧倒されていました。

これから勉強を続けて少しでも先生に近づけるように頑張りたいです。

コメント数【15】です。

ありがとうございました。

無知のままでいることの怖さ

今世の中でおこっていることを知ろうとしないこと、知らないままでいることの怖さを、改めて感じました。
ただテレビで報道されていることを鵜呑みにするのではなく、史実に基づいて自分はどう思うか、それをニュースに対して持つことの大事さを感じました。
普通に暮らしているだけでは絶対に見られないであろう昔の記録映画を見ることができて楽しかったです。

1年間ありがとうございました。

コメント数「16」

僕は戦争に関する映像が観たくてこの授業をとりました。

戦争に関する映像は貴重なものも多く、卒業研究でも活かせそうです。ありがとうございます。

戦争の映像以外にも、特に印象的だったのが、田原総一郎の遺言で、これから作り手を目指す僕には創るということがどういうことかを思い知らされました。
この授業を受けなければ気付けないこと、わからなかったことが沢山ありました。本当に受けて良かったです。

1年間ありがとうございました。

コメント数「18」

何らか、は得た・・・かな?

色々番組が見られるとのことだったので、あまり番組を見ていなかったからと軽い気持ちでこの授業を取りましたが非常に興味深い内容が多く、また坂本先生の考えも確固たるものが感じられ、自身の価値観に大きく影響したと思います。

特に、時折出てくる人のこと、雑誌の紹介等々、先生が授業中に話される雑談(と、言うと失礼かも知れませんが)が一番楽しかったです。
その度ちょこちょことメモを取ったり、検索しながら授業を受けていたのでテキストファイルで1MB近くの文章が溜まっており、全部をコメントしきれなかった(ないしする必要が無いと自己完結してしまった)分が多かったですが、この雑然としたメモ、データは私の大切な“糧”で、“宝”になっていると、特に就活を考えはじめて、実感しています。感謝致します。

また気がついたら成績等関係ない時期でもコメントさせていただくかも知れません。

総コメント数は【16】コメントです(長文や、対象が複数のため分割した分は【1】コメントとして計算しています)。


※ハッシュタグについて。
基本的に「#cNQuMPVU」が私ですが、間違えた、ないし通信環境の不安定なところや、授業中その場で書き込んだせいか、
・6/11の記事に付けた「#BWgGc7Fk」
・10/8、11/13の記事に付けた、ハッシュが消えているもの
・10/29の記事に付けた「#db8THd6g」
も私です。お手数をおかけします。

知識の無さ

1年間ありがとうございました。
私はこの授業受けて
自分の知識の無さにショックをうけました。
先生が当たり前だろという事がわからない。
本当にビビりました。
しかし、それと同時にもっともっと
勉強しようと思いました。
本当に色々考えさせられた授業でした。

戦争について
もっと勉強して皆が知らない事実を
伝えていきたいと思います。

コメントは【16】です。
本当にありがとうございました。

ありがとうございました

無知でした。
知ろうと思っていなければ知れない。
当たり前のことではありますが知ろうとしていなかった自分が恥ずかしく、また、恐ろしくなりました。
今後、少しでも話題になったことに関心を持つよう意識していこうと思いました。
そんな機会を与えていただいたこの講義に感謝します。

コメント数は【15】です。

知らないという自分を知れた

疑うには物事を知らなければ疑う事もできなくて、さらにその物事に至った理由や流れを知らなければ討論なんて意味を持たない。
社会にでる為の心構えがまた一つできました。ありがとうございました。
コメント数は【15】です。

★以上の者に成績をつける★

はい、お疲れさん。

現在、2月1日午前7時40分すぎ。以上の者(この「受講生へ(【超重要】成績の件) 100128」ページの坂本コメントよりも上にコメントを書き込んだ者)のうち、このページ記事冒頭に掲載した条件を満たしている者に、成績をつける。

採点表には学生証番号77から始まる者の氏名が6名、同87から始まる者の氏名が16名記載されている。以上22名のうち最多で11名に100~60点(合格)をつけ、残りの者には555(採点対象外=不合格)をつけることになる。

ヒマになったら、みんなのコメントに対して書き込みするかもしれん。読んで、また書き込んでくれ。

なお、私は「単位を取るためのコメント」など最低だと思っている。ほかに受講生を評価する手っ取り早い基準がないからやっているだけのこと。だから、締め切りをすぎて書き込むこともあるわけよ。当ブログは、まあ、坂本が死ぬくらいまでの間(今後10年とか20年とか)はそのまま残る。「自分の名前 日大 」とGoogleに入れりゃ、このブログが出てくるだろ。10年くらいたって、自分のコメントを読み直し、あれこれ考えるのもまた一興。

じゃ、そーゆーことで。

※最近、ID Managerというフリーソフトを入れて、パスワードを整理したとき、このブログ用のパスワードも消しちまった。なので、新しいパスワードを使い、新しいトリップがつくが、坂本本人だ。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)