テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会 2010-11-13

-----------------------------
報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会
----------------------------
※どなたでも入場できます。坂本担当の日大芸術学部放送学科「放送特殊研究V」受講生は出席必須(出席した者または書面にて正当な欠席事由を提出した者以外には、成績をつけない)
◆日時:2010年11月13日(土)13:00~17:00(開場12:30)
◆場所:日本大学藝術学部江古田キャンパス(西武池袋線各駅停車にて江古田駅下車 北口より徒歩3分) 東棟2階 E207教室
◆入場無料(定員100名) ※事前申込み不要。どなたでも入場できます。
◆主催:放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門委員会(委員長/碓井広義 副委員長/市村元 委員/今村庸一 小田桐誠 加来由子 兼高聖雄 鈴木典之 鈴木嘉一 中村正敏 堀木卓也 宮前周司)
◆後援:日本大学藝術学部放送学科
【プログラム】※局から来ていただいた6名以外は、放送批評懇談会の報道活動部門選奨委員(ただし2010年6月に任期が終わり退任した者を含む)
12:30 開場/受付開始
13:00~13:05 開会あいさつ
13:05~14:15(part1)
◆北海道テレビ「議会ウォッチ」上映
◆札幌テレビ「聴覚障害偽装事件における一連の報道」上映
◆ディスカッション《終了後10分休憩》
北村稔(北海道テレビ)、眞鍋浩史(札幌テレビ)、麻生千晶(作家)、山田健太(専修大学)
14:25~15:35(part2)
◆伊那ケーブルテレビジョン「上伊那の戦争遺構シリーズ」上映
◆朝日放送「NEWSゆう+ 追及!終わらない年金問題」上映
◆ディスカッション《終了後10分休憩》
伊藤秀男(伊那CATV)、天本周一(朝日放送)、露木茂(東京国際大学)、坂本衛(ジャーナリスト)
15:45~16:55(part3)
◆AMラジオ災害問題協議会「関西発いのちのラジオ 災害への備え」試聴
◆鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE~オンナたちの小さな挑戦・20年」上映
◆ディスカッション
谷五郎(ラジオ関西)、石神由美子(鹿児島テレビ)、鈴木典之(放送批評家)、小田桐誠(ジャーナリスト)
16:55~17:00 閉会あいさつ
----------------------------

以下、坂本サイト「日録メモ風更新情報」2010年11月14日付の記事を転載

●13日は、日大江古田校舎までカメラバッグを転がしていく。控室にて、放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門・前委員長として一言ご挨拶。「遠路はるばるありがとうございます。私たちが、2009年度、日本でいちばんすばらしい報道活動だと6本を選ばせてもらったのが、今日お出でいただいたみなさんの作品です。改めて見て活発に議論し、楽しい集いにしたいと思います。よろしくお願いします」とかなんとか

●で、part1で早速トラブル発生。北海道テレビさんのDVDが認識できず、札幌テレビさんのDVDがカクカク一瞬止まりつつの上映(終わりのほうで止まっちまった)。現・委員長で司会の碓井広義が「生放送みたいですね。よくあることです」とつなぎ、ディスカッションに移行。現・委員の兼高聖雄・日大教授とスタッフ学生が汗だくで、異なるプレーヤー二台とPCに接続を換えて試すも、北海道テレビDVDは認識不能。あとで別のDVD(応募時の1時間もの)を流すことに

●part2は私も登壇したので、やや詳しくレポしておきましょう。伊那CATVの伊藤秀男「戦争関連の報道といえば、とかく終戦の8月15日や東京大空襲の3月10日にからめてとなるが、そういうものではないだろうと。毎週1人を取材し番組にしていった」。朝日放送の天本周一「きっかけは年金の不正免除(収納成績を上げるため勝手に免除世帯にしてしまう)の取材。それを進めるうち、年金受給の窓口で『記録が消えている』という人が多いとの話をつかんだ。5~6回放送した後、テレビ朝日・報道ステーションが伝えて大反響に。これが2007~08年。その後、政権交代があっても問題は依然として解決していないから報道を続けた。東京キー局に言っても『年金じゃ、数字取れないからなぁ』といわれる」。露木茂「東京キー局と地方局の違いが如実にわかる。東京では『A面・B面』という。A面は全中(全国中継)の大きなネタで、キー局はそれを全国発信し、数字を取ろうとする。伊那CATVも朝日放送の報道は、そうではないからこそ貴重であり、高く評価できる」。坂本「いま露木さんが、キー局の大きく強い反省を込めて解説されたことに、あまり付け加えることもない。伊那CATVは小さい。どのくらい小さいですか?」。伊藤「2万6000件加入」。「東京では町の人口にすぎない。しかし、戦争責任の問題は、そんな地元にこそある。65年前に日本人は平和主義だったが、軍部によって戦争に巻き込まれたみんな被害者だ、なんてバカな話はない。日本人一人ひとりが戦争をやった。長野の教育界は戦争協力者どころか戦争推進者だ。そんな問題を地域で一つひとつつぶしていくことが重要だろう。それを伊那CATVはやろうとした。キー局は『折折の報道』以外、やっていない。たとえば差別問題。新宿で学区撤廃をしたとき特殊学級(若竹学級)のある小学校に子どもを通わせたくないという親たちによって、小学校が一つつぶれた。差別は厳然といま、ここにある。しかし、これを報道した東京の放送局は一つもない。伊那CATVの報道は、昔のエラい人の責任を追及することになるから、地元ゆえの難しさもあっただろう。それに挑戦した意欲を買う。大阪朝日も消えた5000万の年金記録問題を、まだ3000万は消えたままではないかと、しつこく報じた。海保映像流出報道を見ても、キー局は『集中豪雨型報道』『瞬間湯沸かし器的報道』で、ワーッと過熱しスーッと冷めてしまう。そうではない、しつこい報道を高く評価する」。例によって、ICレコーダを聞き直すなんて面倒なことはしてないので、こんな感じの話だったということで

●part3は、照明を落とし、まずラジオを聴く。阪神・淡路大震災のときの現場レポートで記者「どうされました?」「いま家から逃げてきた。自宅は丸焼けだ」「たいへんな目に……」「息子が家の下敷きになった。足を引っ張ったが出せなかった。息子は『オヤジ、逃げてくれ』と言った」「えっ!? 息子さんが下敷きに? おいくつですか」「30、ええと38かな(←30代は間違いないが、聞き直していないので、34だったかも。オヤジさんはちょっと考えて年を言った)。火が回ってきて」「……(絶句)」。まさに言葉を失う生中継です。これもキー局には絶対、報道できない。テレビにもできず、機動力あるラジオにしかできない。記者側も何と言ってよいかわからず、かろうじて年齢を聞いた。なお、この息子を亡くされたオヤジさんは、このラジオ中継をまったく記憶していないそう。余談ですが、NHKラジオは震度5以上だとラジオ・テレビともに同じ全国向け総合放送になる(ラジオでテレビの音を流す)ので、神戸市長田区でラジオを聞きながら逃げ惑う人に役立つ情報を伝えることができない(いまもその体制かどうかは調べていません。私はこのことを繰り返し批判的に書いています。教育テレビの安否情報もクソの役に立たないから止めるべきだとも、繰り返し書いている。当時のNHK経営企画室の若手は「あれはただの視聴者対策。実効性は皆無で役に立たない」と断言した。いつかNHKの災害報道は反省が足りないとGALAC巻頭で書いたら、NHK広報が「取材せずに、何てことを書くんだ」と抗議電話を寄こしたので、「ふざけんな! あんたが広報に来る前に、さんざん広報を通じて取材した」と怒鳴りつけたことがある。海老沢会長時代の話ですけれども)

●最後に、北海道テレビDVDをしばらく流し、質疑応答。朝日放送・天本周一(32)の学生向けコメントを紹介しておきます。「みなさん、放送局に入って一緒にやりましょうよ。『自分はこういうことをやりたい』と『自分は放送局に就職したい』という人では、気持ちが全然違う。何かやりたいという強い気持ちがあれば大丈夫。東京の記者は夜討ち朝駆けばかりでドキュメンタリーなんて作れない。大阪なら作れる。テレビの将来がどうといろいろ言われますが、全然大丈夫です。あと15年は大丈夫。自分の嫁にもそういっています。20年後はわからないけど(笑)。大阪まで受けに来てください。お願いします」

●終了後、江古田駅南口、郵便局そばのカフェテリア「レガロ」で懇親会。感慨深かったのは各局のみなさんから、ギャラクシー賞をもらったのは名誉なことでうれしかったという以上に、局内で番組や報道活動への評価が高まり、番組見直しの声を抑えたり、企画を通しやすくする効果があってありがたかった、という声を聞いたこと。この現場の声は、審査員に対する最大のねぎらいの言葉で、皆やっててよかったと思ったはずです。今日はお台場で泊まるという伊藤秀男と飯田橋で別れ、もー吉。小林英美も来る。矢来町の長崎ちゃんぽんで26時まで。赤ワインを飲み過ぎ、久しぶりに酔っぱらいました

コメント

聴覚障害偽装事件における一連の報道

聴覚障害偽装事件を聞いたときにあることを思い出しました。それは大阪の知人のことです。
その人は医者にでうつ病と診断され傷病手当金というものを市から貰っていると言ってました。でも実際はうつ病ではなくごく健全です。そしてその母親も市から生活保護をうけていました。でもその母親は基準を満たしていないとのことでした。

私は一つの家庭に二つもの偽造手当てが存在していることにとても驚きました。

大阪では生活保護の申請が多くて、審査が甘くなっているとのこと。

大阪市内には低所得者が多いという理由だけで片付けられる問題ではないなと思います。



今年も

かなり興味深い内容のものばかりで
ぜひ直接ディスカッションを見学したかったです。

地方が頑張れば中心はもっと頑張る。
影の力持ち。

私の故郷
宮城県がいつかギャラクシー賞に選ばれる日を
願っています。

体験したからこそ、わかること

私がこの報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会で一番印象に残っているのは


AMラジオ災害問題協議会「関西発いのちのラジオ 災害への備え」


です。特にラジオの内容で「普段からのご近所付き合いが災害にあった時助けになる」というアドバイスをしていたことです。

私含めみんな遅くても小学校の時から何かしら災害について学んできました。

お・・・おさない
か・・・かけない
し・・・はしらない

や災害が起きた時の行動(地震が起きたら机の下に隠れるetc)、避難場所など。

この教えのなかに、「普段からのご近所付き合いが災害の時の助けになる」というアドバイスは聞いたことがありませんでした。
それは学生だから、というのもあるかもしれませんが、周りのみんなは災害のことも常に考えているとは言わずとも、どこか心の片隅に置いている人はいないのではないでしょうか?
また、普段何気なく付き合っている人付き合い、近所付き合いが災害の時に役に立つと思っている人はいるのでしょうか?

このアドバイスは体験したことで生まれた特徴的な1つだなと思いました。

また震災時の音源や震災でのアンケート等のデータを多く盛り込み、最も説得力のあるラジオ番組でした。

この番組を関西地区だけでやるのではなく、全国でやるべきではないかと思いました。

また、阪神大震災が起きた日には連日各局で特集や特別ドラマが組まれていますが、それにくわえてこのラジオ番組のような世間に災害に備えての準備や予防を促すような特別番組を組むべきではないかと思いました。

阪神大震災は私が年長か年中のころに起きた事件です。私の世代でももう20代に突入しています。どんどん生き証人が年老いるうちに、災害に備えての準備や予防を促すような特別番組をキー局には制作して欲しいです。

過程と姿勢

作品自体素晴らしいものばかりで魅力的でした。
作品を作る過程や姿勢などはそれ以上に魅力的でした。
キー局の報道は瞬間湯沸かし器と言うのは、私自身も感じています。
数字にばかりこだわるキー局には、今回見た作品のような粘り強い報道というものはできないと思います。
視聴者の心に響くのは、今回見た作品のように粘りに粘った作品だ。
こういった作品が増える事を期待しています。

集中豪雨型

“報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会”には、所用のため参加できませんでしたが、part2の『海保映像流出報道を見ても、キー局は「集中豪雨型報道」「瞬間湯沸かし器的報道」で、ワーッと過熱しスーッと冷めてしまう』ということには頷けました。視聴率が取れそうな話題はどのチャンネルにしてもそればっかりというぐらい放送するのに、次の話題があがれば報道はそちらに流れていっている気がします。

学んだこと

私は長野出身です。なので、スケジュールを見たときから
伊那CATV「上伊那の戦争遺構シリーズ」は気になっていました。
地域1つ1つに歴史があって、真実がある。
長野で18年間過ごしてきたが、歴史について
考えたことがあまりなかったです。
自分が過ごしていた土地で昔なにがあったか、
それを探っていったら今まで知らなかった事が
わかるかもしれない。
それはどの土地でも一緒だと思うし、
これからそういった考えを頭におき、
過ごしていきたいしこれから少し
勉強したいと思いました。

集中豪雨型報道

朝日放送の天本さんの、「年金じゃ数字がとれないからと言われる…」という、悔しそうな顔がとても印象的でした。
ひろく報道されるべきことが、つまらないしがらみで引っかかってでてこないことは許されるべきでないと思います。
「この賞をいただいたので、また取材が続けられます」と仰っていたので、これからも頑張ってほしいです。

少ししか出れなかったのが悔やまれる

Part 1しか居られなかったのですが、北村氏の言ってた、政治家報道に関する話がすごい気になりました。

政治家と親密になって電話番号Getしたりすることで情報もらうのが政治部のやりかただった。だから議員の告発(政務調査費の不正利用等)は上からストップがかかることも。とのこと。
私のイメージする政治部とはちょっと違って、むしろそんなのよりずっと深くて、そんなこともあるのか。と素直に驚きました。

そしてそれ以降のパートでも何だか興味深いコメントが・・・
最後まで居られなかったのが、今になって惜しい。

伊那と戦争

伊那といえば昆虫料理。
イナゴ、ざざむし、蜂の子、蜂(成虫)。そんなイメージしか持っていなかったけれど、今回のシンポジウムで恥ずかしながら、伊那の戦中事情について初めて知りました。伊那を訪れた際は蟲料理だけでなく、戦争遺構を訪問したく思います。
印象的だったのは、戦中と戦後の教師の態度の急変といった件でしょうか。教師警察、公務員はお上にゃ逆らえぬ。それは今も昔も変わらないかもしれないけれど、逆らわなくちゃいけないときもあったはず。戦争、諍いはどれだけ肯定しようと悪事です。POSO関連の動画などを観ているとそう思います。

地元ならでは

上伊那の戦争遺構シリーズを見て驚きました。
いつも一緒にいる友達の出身地でもある長野県が、
このような戦時中の事情があったことを始めてしったからです。
番組自体、わりと心情に訴えかけてくるものだと思いました。
やはり地方が制作する番組と、地方意外が主体となって制作する番組は、密着力や着眼点が違うように思えます。
私は広島出身で、県内では広島の過去をドキュメンタリー番組にしたものが多く放送されていますが、それを見ても思うことはやはり、その県内の人間がみたいと思っているもの、求めているものが、番組に表れていると思います。

「地方局」だからこそ

朝日放送の「東京ではいわばB面の部分。そこに全力をかけているし、その地域に特化した放送局だからこそ、6年もかけて事件を追っている」という言葉を聞いて、地方のテレビ局だからこそ出来る報道、エンターテイメント番組があるし、それをこれからも大事にしていく地方局は強いと思いました。東京はどうしてもグルメなどの特集になりがちな気がするので、地方に負けないような番組作りをしていってほしいと思いました。

地方局だからこそ出来ること

僕は鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE~オンナたちの小さな挑戦・20年」の石神さんの話に一番興味を持ちました。
地方だと製作費もキャスト陣もなかなか満足出来る人達が使えないと思います。そんな中、地元の方達と一緒に創っていくテレビは、こっちには無い良さである、アットホームな感じや、地元色が濃い番組になっていました。
このシンポジウムに参加して、僕は鹿児島をはじめ、地方局も修勝で受けてみようと思うようになりました。

報道に対する姿勢

参加させていただきました。
「報道=その日のニュース」と捉えていた私の考えは打ち砕かれました。
問題を見つめ、それを人々に知らせるために長期間粘りに粘って真実をつかみ取る。そんな姿勢を見せつけられ、ただ頭を下げたくなりました。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。