テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣漁船衝突映像を考える 2010-11-12

2週間、諸君の顔を見ていなかったので、今日は話・議論をしよう。

●配布資料に関して

○報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会(案内チラシ)

→テレビ部門があるのに、なぜ報道活動部門なのか。
→13日に江古田に来る、つまり2009年度に高く評価された報道活動は地方局ばかりだ。なぜか。一昨年、昨年と同様の催しをやっているが、見た学生はみな「おもしろい」という。だから、諸君も見なさい。で、東京で見る報道とどこが違うのか、考えてみよう。

○毎日新聞2010-10-25記事

→見出し「情報途絶、許されない 実態調査の手法に問題点」の例は、たとえば……(以下略)。
→興味のある人は、次のページを読むとよい。
「地上デジタル放送完全移行の延期と現行アナログ放送停止の延期を求める」記者会見・提言発表

●尖閣漁船衝突映像を考える

○先週11月5日の授業では「みずきとの衝突」(3分32秒)を流した。その前日4日午後9~10時頃にYou Tubeにup、朝にはアカウントが消えていた。それを午前10時40分からの授業で流すてのは、なかなかエグい。日本の大学でほとんど最速だぜ。もう一度見てみよう。

「よなくに」船尾にぶつけた最初の衝突(11分25秒)
「みずき」右舷にぶつけた二度目の衝突(3分32秒)

→十数人の受講生中、この映像を見たことのある者がほとんどで、ネット(You Tube)で見た者とテレビ(ニュースなど)で見た者がほぼ半々。この授業で初めて見た者が二人(感想A:もっとドーンと衝突したと思っていたので、それよりは大したことのない衝突だ。感想B:黒煙が上がったので、思っていたよりヒドい衝突だ)。なお、黒煙はディーゼルエンジンからで、加速して離脱を図ったためだと、別の受講生の指摘あり。

○これは「事実」を撮影した映像だが、この映像だけで、感情的に反応したり、判断したり、行動を起こしたりすることは危険だ。次のような考え方が必要だろう。

→流出したのは、十数時間分ほどあるとされる映像のうち44分だけ。これがすべてではない。たとえば、中国漁船(映像音声中の「該船」)船長を逮捕するとき、ぶん殴ったりしていないとも限らない(撮影中はやらないのが普通だが)。そういうことはありうると思っていたほうがよい。
→ぶつけてきたのは中国漁船側。逮捕は当然だ。日本の領海外(公海上)でも、ぶつけてくれば逮捕する。この教室内で誰かがナイフを振り回したら、俺やほかのみんなでぶん殴って逮捕してよいのだ(現行犯人は、逮捕状なしに誰でも逮捕できる)。日本の領海に海上保安庁にぶつけたら、暴走族がパトカーにぶつけるのと同じで、逮捕されて当然だ。逮捕どころか、相手が軍艦なら、撃沈されても文句は言えない。問題はその先である。
→逮捕されて当然の中国漁船のしょうもない行動を、どう処置するかは、この映像(が伝えていること)とは別の話である。たとえば、

・過去の同じまたは似ている事例と比較して、どうすべきか。(2004年上陸事件の対応は?)
・他の領土問題の事例と比較して、どうすべきか。(北方領土、竹島と比べてどうか?)
・日中関係全般と事件を比較して、どうすべきか。(互いに世界1位の輸入先、互いに米に次ぐ世界2位の輸出先というような日中関係は?)

などを考慮して対応するのは、当たり前。「映像を見れば明らかに悪辣な漁船だから、船長を逮捕、勾留、起訴、有罪に持っていくのは当然」なのではない。その政治判断をするのは内閣だ。外務省(外交の事務方)ですらなく、首相以下の官邸の判断だ。ところが、今回はそれがブレた。最初は起訴しようとし、中国が猛反発すると、船長を釈放した。で、衝突映像を見せないことにした。だから、そんなのあるかいと、海保職員が流出させた。
映像はつねに主観的、一方的、断片的なものだ。断片的とは、空間的(視覚的)・時間的にだ。どんな映像を見るときも、「その映像だけ」で映像の意味や価値を考えたり、判断材料にしてはいけない。

多くの政治家も、マスメディアも、多くの国民大衆も、以上のことがまるでわかっていないか、ほとんど忘れているように、私には見える。

→(以下は、授業ではハッキリとは言わなかったが)私は、別に親中派でも何でもないが、想像力を働かせれば、彼らが次のように考えたことは間違いないと思う。すなわち、

小泉政権は、2004年に7人の中国活動家が尖閣に上陸したとき、逮捕の後すぐに強制退去(送還)とした。6年後の菅政権は、2010年に酔っぱらいの船長が船を海上で日本のコーストガードにぶつけたとき、逮捕の後、勾留・起訴・有罪に持ちこもうとしているように見える。前原外相は対中批判を繰り返し、問題をことさら大きくしようとしている。なんでだ? 活動家の上陸と酔っぱらいの衝突、どっちが大事件なのだ? 日本政府は6年間に、対中政策をどう変えたのだ? 船長が有罪になれば、われわれの面子は丸つぶれ。国内の反日ナショナリズムを抑えられなくなったら、どうしてくれるんだ。

──日中間に非政府の太いパイプがあれば、そのルートでこれに近いことを言って寄こしたかも。それがなく、面子だけは気にする大国だから、在北京の日本大使を夜明け前に叩き起こしたりしたわけだろう。

→「外交というのは、相手があることだから『100対0』という結果はない。それを目指すと必ず失敗する」と田中均が、7月に琵琶湖塾に呼んだとき言っていた。その通りだろう。こっちが100のときは「60対40」くらいを落としどころにして、相手の逃げ道を作ってやるのが常道。ブッシュはイラクに対し「100対0」をやって失敗した。アフガンも失敗は明らか。日本の対北朝鮮政策が全停止中なのも「100対0」を求めているから。

コメント

YouTubeの力

今回の衝突事件の映像をちゃんと見たのはニュースで少しみただけだったので、ほぼ初めてでした。
しかも、どうやって見るのかと思ったら、先生が普通にYouTubeで検索されて、私たちがすぐに見ることができたので、とても驚きました。
YouTubeは今や世界中の人が見ることができ、世界中の人の顔を見ることができるツールです。
自分の歌を公開したり、踊りを公開したり、家族を公開したり…
そうやってコミュニケーションをとるためのものだと勝手に(浅はかに)思っていました。
今回の映像がそんなYouTubeで見ることができるということで、YouTubeの活用方法の幅広さを実感したように思います。しかも今回の映像が、神戸市内のネットカフェから投稿されたということで、もはや「いつでもどこでも」といった便利さが、このような問題までも生み出してしまう時代になってしまったのです。
もちろん、流出映像を見て、日中関係や政府に対する考えなども自分の中で持ちましたが、今回この映像を見て一番に感じたことは、YouTubeの存在の大きさです。
調べたところ、Youは「あなた(視聴者)」、Tubeは「テレビ(ブラウン管)」という意味でありYouTubeは「あなたが作るテレビ」という意味合い。「個人が番組を作り、配信して楽しんでほしい」という願いが込められているというそもそもの目的から、大きく反れてしまっている映像が多い現状。
違法動画の削除活動が、どれほどなのだろうかと、今回の流出映像を見て深く思いました。
YouTubeで何でも見れる時代・・・
そうすると、いつかテレビは無くなってしまうのではないかと少し不安に感じます。

頑なに公開を拒む理由は?

youtubeで世界中に尖閣映像が公開されたが、政府は正式に国会に映像を提出する運びに至っていない。
ここまで頑なに公開を拒んでいる様子はとても滑稽に見えます。
政府のお偉いさんは「冷静な対応」とか「対話と圧力」などとしきりに発言しているが…私には「冷静な圧力=自分の主張より相手の意見を極力受け入れること」の図式になっている気がしてなりません。
世論に反中の感情が高まっていた時だからこそ、最低でも国内法に則って処罰して欲しかった。・・・と思います。

尖閣諸島問題

私は尖閣諸島問題で日本が逮捕したことはあたりまえのことだと思っています。 尖閣諸島は日本の領土であり、日本領内で起こった事件は日本の法律にてらされるのは当然のことです。この行為に対し、他の国から非難されるようなことがあるでしょうか? 
 しかし、日本のあやふやな態度は損害のみを残す結果となってしまいました。 日中関係の悪化を気にしたのか、、、はたまた親米を推し進めようとしたのか、、、この結論に至った経緯は分かりません。 

国が明確な意思表示を持つ重要性を知らされた事件であったと私は思いました。

映像の力

映像の力はすごいですね。
何十時間あるうちの約40分でも
こんなにも2つの国を動かせるのですから。

それにしても映像を公開した海保職員は
本当に偉いと思います。
日本は言っていることとやっていることが
違いすぎて、どうしたいのかわからない。

ぶつけてきたのは中国
証拠を見せろ
見せられない

とはどうゆうことなのでしょうか。
やっぱり日本にも非があるんですか??
そして、領土問題はいつ解決するのでしょうか??
解決する気はあるのでしょうか…

影響力

今回見た映像はテレビのニュースなどでも取り上げられて多くの人が目にした物だ。
しかし、全ての映像記録を見た人などはいない。
ほんの一部分だけを見て討論し結論を出すのはどうなんだろう?と疑問に思いました。
テレビのコメンテーターなども数十分の映像しか見ていないのに全てを知っているかのような口調で話をしている。
今回流失した映像だけで全てを判断するのはどうなのだろうと疑問に思いました。

完全にいいこととも言い難い

海上保安庁の職員がこの映像を流出させた時、私はよくやったと思いました。そして日本の国民の多くがそう思ったでしょう。隠しているのは都合の悪いことだからだと考えるのが普通です。そして現に映像は中国漁船が日本の漁船にぶつかってきているものでした。
流出してからの国の反応は、犯人の職員をどうするかということばかりで映像の内容について特に触れられず、そのため国民感情は「政府が、きまりが悪くて隠していたものを見せてくれた」となり、職員は日本中からヒーロー扱いされました。
しかし冷静に考えると、この職員は日本政府のやり方を無視して勝手に国交に水を差したことにもなります。それを日本国中の人が支持したという状況は正しくもあり危険でもあると感じました。

進路が曲がったのは船だけか

尖閣映像を見たのは授業が初めてでしたが、見た感想は正直なところ、衝突ってほどの衝突じゃないじゃないか……でした(授業内映像を見た限りでは)

その前評判とイメージが違った映像以上に、この事件を巡る無駄の多さに驚きました。尖閣問題は今や少し前の出来事ですが、政府は民主の代表戦などに始まり、尖閣のごたごた、そして柳田法務大臣の追及など、政策以外のトピックが何故か盛り上がり、足踏み状態を見せ続けられました。先生の、酔っ払いの為に日中関係を崩すのがどれだけ不利益か、という言葉にも考えさせられ、考えてみれば本当にあらゆる過程に無駄ばかりの問題であることに気付かされました。政府はいつまで妙な行事に時間を費やしているのだろう。ここまでくると、負の思いよりも先に何故?と疑問ばかりが残ります。

とは言え、動画の流出問題自体は、今後の機密漏洩や知る権利を巡る法の問題等を含み、一種のモデルケース・判例になるのではないかと思います。動画データ流出は、政府関連以外の問題時でも、いずれ大きなものが起こり得るものだったと思っています。現段階で国民が政府の情報公開に関する考えや、情報に対するリテラシーの程を確認し、議論の場が生まれたという点では意義あるものだったとも言えるのかもしれません。

広まる早さ

尖閣映像はニュースで何度か目にしましたが、現在YouTubeで検索してみると結果が何件も出てきます。元の映像の投稿は投稿されてから9時間程度で消されているのに、ものすごい勢いで拡散された様子が伺えます。私はこの情報の広まる早さに驚き、少し怖く感じました。

ネットの時代

映像が流出して、次の日の朝
どの放送局もYoutubeの動画を使って
ニュースに流していたのに驚きました。
これで日本のほとんどの人が映像を見て、
またこのニュースがYOUTUBEにアップされて
また見てない人が見る。
そういった事によってどんどん映像は
見られていくのかと改めて実感しました。
ネットの怖さを感じた人は多いと思います。
この問題は日中関係、また国民の政府に対する
不信感を大いにあおったと思いました。

最速お届けインターネット

ニュースで、インターネット動画サイトによると…と繰り返し言われているのを見て、時代は変わったな と感じた。

どこまでの力があるのだろう

インターネット上に公開された流出動画。
確かにこれは衝突していること、事実の一端を提示するには丁度いいし、国が曖昧にしていた事をはっきり見せてくれて正直嬉しかった。けれど、予測していた事を「ああ、やっぱりね」と思わせたくらいの意味合いしかない気もする。
どうせ中国の言う事だから、きっとこんなトコだろうと見当をつけていた範疇を越えるものではなかったような気がするのです。ただ、どちらかといえばこの動画そのものよりも、これを事件として報道したメディアの扱い方の方に問題があるように思います。
結局、「こうである」ことは自明の理であったはずなのですから、マスコミはこのことを踏まえて行った政府の奇妙な対応の方を痛烈に批判するべきだったでしょう。
事実はこうだった、けれど、もう少し総括的な視点が、当時のマスコミに足りなかったように感じました。

日本政府への不信感

現場の緊張感が映像を通して伝わった。
これがyoutubeに流出したときは、簡単に機密が世間に流れ出すのかと本当にショックだった。

また、この事件で、日本の外交の弱さ、そして政府の政治的スタンスのブレ具合が露呈した。
こんな事では国民に不信感を抱かれて当然だと思う。

先進国 or 発展途上国?

尖閣・漁船衝突映像を観て、日本政府はなぜ公開しなかったのか不思議に思いました。映像ではあちら側からぶつかってきているのは一目瞭然だったからです。
そして一番思ったことが、中国政府はとても汚いなということです。
船長が捕われたから、こっちも日本人を捕らえようという考え方や、大事な時に「自分達はまだ発展途上国だ」と言ったり……

大国としての責任と自覚を持って欲しいし、日本ももっと強気な外交をして欲しいと思いました。

ネットのすごさ

YouTube、ネットによる情報が広がる早さには驚きました。しかしその情報の内容は全部あるうちの数十分。隠す方もいかがなものかと思うが、隠された断片をちょっと見つけただけで騒ぎ立て全てみたように討論をし視聴者を煽るマスコミ、マスコミの誘導に簡単に乗り事件や政府を見極めようとする視聴者。何もかも残念。この事件から、こんな世の中に隠す事はマイナスにしかならないなと思いました。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。