テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日いづる國、血染めのスケッチ、戦ふ女性ほか(戦時下の映像その4) 2010-05-14

【5月14日、急な都合により坂本は欠席。すまん。米山明李助手に頼んで、以下の映像を見せてもらう】

-----------------------------
『日いづる國』
1929(昭和4)年 19分 文部省製作
総指揮/池永浩久 監督/長倉祐孝 撮影/酒井健三
-----------------------------
●【DVD付属の紹介文】文部省の『教化映画利用状況(昭和5年)』に「昭和四年十月、教化動員ノ趣旨ヲ闡明《せんめい》スル為映画「日出づる國」「覚めよ国民」「二つの世界」ノ三種ヲ製作シ道府県及び六大都市ニ交付ス」とある作品の一つで、いわゆる皇國史観に基づいて建国、蒙古襲来、黒船来航、明治維新、日清、日露戦争を劇映画仕立てでふり返るスケールの大きなスペクタル史劇。この映画の総指揮者、池永浩久は当時の日活京都撮影所長。後に東宝の重役として東宝國策映画をとりしきり、文字通りの國策映画『皇道日本』『大乗の國』を製作した。


-----------------------------
『血染めのスケッチ』
1937(昭和12)年 22分 振進キネマ社製作
製作/井上麗吉 解説/静田錦波
録音/岩谷サウンド電気研究所
-----------------------------
●【DVD付属の紹介文】町の子供たちに愛されていた紙芝居の青年が戦死。遺品は子供たちのために描いた戦争紙芝居の下絵であった。青年の妹が兄の遺志を継いで紙芝居を完成させ、子供たちに演じて見せるというストーリー。製作会社「振進キネマ社」の主宰者・井上麗吉は新派の出身、映画の語り口も新派的な色合いが感じられる。


-----------------------------
『国策短編シリーズ~八十億圓』
1938(昭和13)年 10分 聯合映画社製作
製作/加納千吉 指導/大蔵省國民貯蓄奨勵局
構成/大島 屯
-----------------------------
●【DVD付属の紹介文】日中戦争下の昭和13年度の国の総予算は、戦費48億5千万円、一般会計31億5千万円を合わせて80億円。これをまかなうために銃後の暮らしからムダとゼイタクをなくして、貯蓄に励み聖戦完遂に協力せよと呼びかける貯蓄奨励PR映画。

●戦争するときは、政府は戦時公債・戦時国債というものを発行して借金するわけだ。日露戦争のときはアメリカにカネを借りた。いまと同じね。鳩山政権の10年度予算は92兆円規模で、うち国債による借金が44兆円。つまり半分が国民に対する借金だ。「ん? 自分は国債なんて買った覚えはないけど」と思うか? 国債を買うのは郵貯、銀行預貯金、生保、年金など。つまり貯金したり生命保険に入ったりする人(たとえば君らの両親)は、間接的に国債を買っていることになる。日本の国債の9割5分は、以上のような日本人(日本企業)が買う。外国政府は、こんなヤバいものには手を出さない。ギリシャ国債を買った欧米銀行がヤバいわけだが、日本国債では同じことは起こらない。最初から買ってないからね。

●言えることは、日本国はもはや大規模戦争ができないってことだ。借金漬けだから、戦費が調達できない。イラク戦争なんてやらかすと、「10~20兆円×何年」という規模のカネがかかるからね。もちろんアメリカの戦費合計(一説には300兆円)でイラク全国民を買収したほうが、安上がりに決まってるじゃん。

●【追記】坂本の手元に『昭和十八年版 日本國勢圖會』(昭和18年12月20日発行)という本がある。それによると「支那事変勃発前の我が国債現在高は百億を少しく超える程度のものであったが、大東亜戦争の直前には之が約三百六十億円になってゐた。然るに昭和十七年十二月には遂に五百億円を突破」した。宣伝映画は、この100億くらいのときに、80億円貯蓄して国債を引き受けよ(銃後国民が消化せよ)って話。同時にこの本は「国債で財政を賄うことは之を経済的に云へば其の決済を将来の負擔に残すことであり、従つて将来に望を懸け得るならば相當多額の国債を出して決して危険な譯がなく」と書く。実際には、危険どころか、敗戦で全部紙切れになっちまった。「将来の負担」もその通りで、2010年度の国債44兆円のツケは、君たちや、君たちの子どもたち、そのまた子どもたちが払う。まだ、選挙権もないのに(なにしろ生まれてないからな)、日本政府の借金を返さなければならないことが、いまから義務づけられていると。私は、自分の孫には「こんな政府とは、おさらばせよ」と言うつもり。


-----------------------------
『内閣情報部選定 愛國行進曲』
1938(昭和13)年 11分 鱗映社製作
編集/増田和弘 録音/アサカ幸二
-----------------------------
●【DVD付属の紹介文】日中開戦の年、昭和12年9月に内閣情報部が募集し、5万8000編近くの応募作から選定した『愛國行進曲』(作詞 森川幸雄 作曲 瀬戸口藤吉)の歌唱指導映画。日本の四季の風景や、日中戦争の戦闘シーンなどの画面の上に曲のリズムに合わせて歌詞を示していく手法は、当時としては画期的なものであった。

●募集というのは歌詞。それに軍艦マーチの作者・瀬戸口藤吉が曲をつけた。とりわけ放送メディアがラジオしかない時代、音楽や歌は国策宣伝や戦意高揚のきわめて重要なツールだった。


-----------------------------
『戦ふ女性』
1939(昭和14)年 22分 朝日映画社製作
脚本・監督/永富映次郎 
撮影/田畑 雅 録音/近藤健郎 音楽/福田宗吉
指導/陸軍軍醫中将 広岡道明 後援/日本赤十字社
-----------------------------
●【DVD付属の紹介文】『日本文化映画年鑑(昭和15年)』の作品紹介には「皇軍の陰に、白地に赤の十字章の下、一死報国将兵に劣らぬ働きを続けている日本赤十字社救護看護婦の養成及び彼女たちの病院船に活躍の実際を示したもの」とある。

●朝日映画社は、もちろん朝日新聞社系。

コメント

双方的な4作品と一方的な『八十億圓』

確実に意味を伝えなければならない部分には文字を使用している『日出づる國』は、サイレントであるのに話している言葉が聞こえてくるような気がしました。
それは、モノクロ映像であるからだと思います。
カラーでサイレントという映像は見たことがありませんが、きっと物足りない映像となってしまうでしょう。
サイレントの長所は、視聴者を真剣にさせるところです。
音がないため、画面に集中しなければストーリーが全くわかりません。
画面に2つの異なる映像を同時に出すという技術が、昭和初期にもあったことには驚きました。

『血染めのスケッチ』は、今では懐かしい紙芝居や、明らかにミニチュアだとわかるビルなど、原始的な映像に温かみを感じました。
口の動きと声が合っていない部分が多く、また画面に映っているのは女性であるのに声が男性であったりというように、笑ってしまうようなシーンもあります。

『八十億圓』を見て、無駄はどんどん省いていくべきだと共感しました。
しかし、必死に働いたのに贅沢が許されないことには嫌気がさします。
この映画は、無駄と贅沢を同等に捉えているように思いますが、それは違うのではないでしょうか。
贅沢とは頑張った人へのご褒美であり、その人が更に頑張るために必要なものであると私は考えます。
国が借金だらけであるからといって、税金をどんどん上げようとする政治家に多くの不満があります。
税金を上げる前に、天下りを完全になくしてほしい。
そして、国会議員の数も減らしてもいいのではないでしょうか。

非常に覚えやすいメロディーの『愛國行進曲』は、最後には歌詞を見て歌えるようになっていました。
右上から左下に画面が消えていき、その下には次の画面があるというように、凝った映像の作り方にも感心しました。

懸命に働く大和撫子の姿を映した『戦う女性』は、特に見たいと思っていた作品でした。
私は、強くて美しい女性に憧れを抱いています。
映し出された女性は皆、ひたむきに働き、輝いていました。
強いだけではなく、女性として美しさを追求していくことが真の女性であると思います。

『八十億圓』だけは、見ていて共感できる部分があまりありませんでした。
国民に押し付けている映像、このように感じてしまいます。

時代を物語る作品たち

日出づる國が、わたしにとって初めてのサイレントムービーでした。
昔の映画は音がなかったということは、なんとなく知っていましたが、実際見たことがなかったので、まったく感覚が分らなかったし、どうやって画面だけでストーリーを伝えるんだろうかと思っていました。すると、途中で文字が出てきたり、画面の構成などでストーリーが展開されていて、サイレントムービーも非常に興味深い物であるということを発見できました。

血染めのスケッチは、なぜでしょう、どこかNHKの連続テレビドラマを思い出すような演出方法を取り入れていたように思います。今までの暗い映像ばかりの他の映画とちがって、どちらかというとフィクション感が一番漂っているような映画に感じました。

愛國行進曲は、今でいう、カラオケの発端なのではないか?と思わせるような映像でした。
あの文字の上を走る「●」は、どうやって動かす技術を行っているのか、また、誰がそれを発想したのかという所に興味がわきました。また、最後に「歌ってみましょう」という練習用の演奏もあったりして・・・。
でも、そもそもこれは歌唱指導映画。
日本の四季の風景や、日中戦争の戦闘シーンなどが、歌詞に合わせて軽快なリズムと共に映し出される所に、「時代」を感じます。
まして、タイトルが「愛國行進曲」。その時代を物語る一作品です。何が何でも愛国心!そんな政府の政策が見えてくるようで、当時それに従わざるを得なかった国民を思うと、非常にやりきれない思いになります。
戦争は人の心をも奪ってしまう、変えてしまうものだとよく言いますが、まさにこのことだと思いました。

貴重なVTRを沢山見ることができるので、毎授業、非常に楽しみにしております。

遊びで終わるか訓練になるか

「戦ふ女性」を見て。

序盤の包帯を巻いたり、ノートをとる姿、薙刀や茶道に取り組んでいる様子は高校時代以前の記憶に結び付くものがあり、彼女達の幼さの残る顔も関係してか、特に深い理由もなく微笑ましい目で彼女達の学ぶ姿を見ていました。

ですが映像の終盤で、それが如何に浅い見方だったかと思い知らされました。彼女達の学んでいることは歴とした国家の為の技術修練であり、
前半で「ごっこ遊び」に見えたカリキュラムは、負傷した兵士達に
実際の医療行為を施すことで「訓練」に昇華される。

現在の大学は職業訓練施設ではなく、あくまで学術を研究する場所だという意見の違いはありますが、この学校に限らず、今の日本の学校で学ぶことが生きる上で「訓練」になることがどれ程あるのでしょうか。
勿論それを知る術はありませんが、学習内容を抜きにしても今の日本の
大学生には、米国のように自分から学ぶ姿勢が不足しているように思えます。演出の効果もあるとは思いますが、作中の彼女達は学び実践する
という姿勢において、現代の日本人が失ったものを持っていたのではないか
と感じました。時代が違うにしろ、これに近い気概を持てる人材をどれ程
輩出出来るかが、今後の日本を左右するのではないかと思います。

国策映画でも立派な作品

日いづる国を見て、音の無いサイレントムービーの魅力を感じることが出来ました。
音が無い分、映像にのめり込めることができるし、想像力もかきたてられました。
私はラジオ制作専攻でラジオドラマを授業で作っていますが、想像力をかきたてられた点では、サイレントムービーも共通していると思いました。

血染めのスケッチは当時の街の様子や紙芝居を楽しみにしている子供達の姿が印象的でした。
ただ、登場人物の男性や女性、子供の声も男性がやっていたせいか、あまり話に入り込めなかったです。
動く紙芝居みたいな印象を受けました。


愛國行進曲は驚きました!曲のリズムに合わせて動く○は、ほんの少し遅れているとはいえ、しっかりと歌のリズムをきざんでいたし、お手本の後に一緒に歌うように出来ている構成も、丁寧で親切と言われる日本人ならではの構成で、私も見ながら歌えるようになってしまいました。

カラオケが日本発なのも納得してしまいました。

3つの作品どれもジャンルは違いますが、映像作品としては完成度の高い物だと感じました。
また当時の技術の高さにも驚きました。

音がないってすごい

 サイレントムービーを見たのは初めてでした。映画は音があるから楽しめるとずっと思っていました。映像を引き立てるのも音だし、音がない演出をすることによってまた引き立つとばかり思っていました。だけど!!授業で見た映像は飽きることなくずっと見ることができました。
 また、戦ふ女性を見て思ったのは、みんな真剣そのもの。国のために戦っている人を全力で救おうという気持ちがなければ、できないこと。あの女性たちの中に、こんなことやりたくないなって思ってる人も絶対いるはずなのに、そんな様子はまったくない!!もし、今の時代でこんな看護の勉強をやるとなっても、何人の人が参加するのだろう・・・いやいややって、やらない人も出てきそうだし・・・と現代と昔を比べてみてしまいました。
 昔と今とで違うこと。それはひとりひとりの責任感・やる気があるかどうかなんだなと、改めておもいました。

サイレント映画

音のない映画は動く小説のようだな、と感じる部分もありました。
音と映像があって映画は人を引きつけるはずなのに、映像だけで人を虜にするのだから、
昔の映像監督はたくさんの工夫を生み出していたんだろうと思いました。
紙芝居を楽しみにする子どもたちの姿を見て、今の子どもたちにはこのような楽しみを知らないんだろうなと思いました。
紙芝居を読んでくれるお兄さんを奪った戦争は、
今でいうと、
親を遅くまで拘束する会社とか、そんなのに例えられるかもって思いました。

戦時下の厳しいメディア規制の中でもしっかり放送人のスキルは向上していたのだと感じました。
「学徒出陣」にはあまりストーリー性を感じることはありませんでした。
「ドキュメンタリーだから」「記録映像だから」とういう意見は尤もだと思いますが・・・

「日いづる國」では技術力・「血染めのスケッチ」ではストーリー性が印象に残りました。
最近のB級映画でも上記2作品と同じ様な手法・脚本の映画はいくらでも製作されていると思います。

・・・と考えると。私たちメディア人の力は戦時下からあまり向上していないんですかね?
技術は格段と進歩しましたが、個人のスキルというのは何十年も前に限界に達してしまったのでしょうか。。。

ストーリー性

今の時代サイレントムービーを作ったとしても、テロップをたくさんつけたり、映像に効果をつけたりして飽きさせないように作ると思います。しかし「日いづる國」は特に効果もなかったのですが、飽きずに見ることができ、興味深かったです。
「血染めのスケッチ」は紙芝居というものでの人と人との関係性がとても描かれていたと思いました。
上の2作品は今まで授業でみた映像と違い、ストーリー性というものをすごく感じました。
「愛國行進曲」は「●」の動きがとても気になりました。私は、あれは後ろで人が動かしていたのではないかと思いました。
しかし見ているうちに覚えていき、最後の練習では私も口ずさんでいました。

そんなに素直で大丈夫かよ

へえ、『日いづる國』なんて稚拙で退屈でしょうもないと、みんな感じるかと思ったんだけど、そうでもないわけか。

「愛國行進曲」も、押しつけがましいというよりは、もう覚えちゃいましたと。みんな素直なので、ちょっと感心したね。そんなに素直で大丈夫かよとも、思うんだけどね。

> ・・・と考えると。私たちメディア人の力は戦時下からあまり向上していないんですかね?(本田裕也)

というのは、最近のB級映画と戦前の国策映画2本が似たようなものだから、メディアに関わる個人のスキルは向上していないのではないか、という説か? そりゃまた乱暴というか、あまりに飛躍した話では? あと「私たちメディア人」と書いているが、日大放送学科の学生はみんな「メディア人」なの?

戦う事ができてるか

戦争で医療する為に真剣に学んでいた女性達。
今の自分に、ある物事を成すために学び行動できているのか不安になりました。

愛國行進曲

愛國行進曲が、苦しい戦争状況や軍人を励ますためか、曲調がやけに明るかった気がします。あと、「長期抵抗」って書いてあるポスターが確かあった気がするんですが、勝っていることを思わせるんなら「抵抗」っていう言葉より「侵略」みたいな言葉のほうが正しいんじゃないかって思ってしまいました。

精神の気高さ

戦ふ女性を観て感じたのは、当時の人々は皆健気だったのだなということです。(もちろん映像の全てが事実かは分かりませんが)

また、招集状が届くと、戦地に赴かなければならない。状況が状況であるとはいえ、有事の時には国の為に身を粉にして働く当時の人々の精神の気高さが垣間見えた気がしました。

正直に言ってしまうと・・・

サイレントムービーは私にとって退屈そのものでした。
音が無いから臨場感みたいなものが感じられず、淡々と進んで行くような気がしました。
ただ、音が無いがために「見る」ことに集中は出来ると思い ます。見ないと内容が全くつかめないですし。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-07 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。