テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米、「不適切な放送」の罰金10倍に  2006-06-16

朝、TBSを見ていて気になったニュースがあったので載せておきます。
 今日は調べる時間がとれないので、詳しいことはまた後で調べて載せます。


 アメリカのブッシュ大統領は15日、社会通念上、不適切な放送を行ったテレビ局などに対する罰金を現在の10倍に引き上げる改正法案に署名しました。

 「不幸なことに近年、放送番組は上品さの境界を踏み越えがちだ」(ブッシュ大統領)

 これまで、「不適切な放送」の罰金額は3万2500ドル、日本円で370万円余りでしたが、一気に10倍の32万5000ドル、およそ3700万円に引き上げられました。

 これは保守系のキリスト教団体などが規制強化を求めていたもので、宗教票の支持を固めたい共和党が中心となり、改正が実現したものです。(16日08:28)


 「不適切な放送」というのはいったいどういったものを指すんでしょうか?


               【十河 亜弥】

コメント

法案について

テレビ局だけではなく不適切な報道を放送したラジオ局にも適応されるみたいです。ケーブル局と衛生放送は適応外。

どうやら2004年にスーパーボール(アメフトの決勝戦みたいなもの)で行われたハーフタイムショー中に歌手のジャスティン・ティンバーレイク氏が共演していたジャネット・ジャクソン氏の胸を露出した事件がこの法案の発端みたいです。不適切だったのは朝6時~夜10時、子供が見ている時間帯にその内容を放送したかららしいです。

放送事故でもこういった法案が通るのにびっくりです。やはりアメリカはキリスト教の力が強いですね。

ブッシュ大統領のマスコミ牽制?

上で座間君が挙げた内容に加えて・・・
国内だと、TBSが法律に触れる可能性のある行為を一般的なものとして紹介してしまい、「不適切な放送だった」として謝罪した件があったようです。

他に僕の知るところでは、仔細は忘れてしまいましたが、
さして珍しくもない魚介類を「幻の~」などと大袈裟に表現し、それの捕獲に成功した!というVTRが「ヤラセで不適切な内容だ」と非難されていました(漁師にも表現を誇張するように頼んでいたとかで)。
局側は謝罪していたかと。

「不適切な放送」に、明確な基準は無いように思います。
一般良識で、これはまずいんじゃないの?と判断されるものが該当するのでは。

ブッシュ大統領の基準で、彼を批判したマスコミが「不適切だ」と糾弾されることもあるのでしょうか。そうなったらちょっと怖いですけどね。

-補記-
本日は、体調が悪くて授業を欠席しました。

十河さんのおっしゃる意味は

たぶん十河(これって「とかわ」でいいのでしょうか)さんのおっしゃりたいことは、いったいアメリカでの「不適切な基準」って具体的にどういう基準があるんだろう、ということではないかと思うのですが。一歩間違うと政府がマスコミを都合のいいように縛りかねないですからね。
 しかし思うのですけど、常識でいいとか、4年に1回の祭典だからいいんじゃないのとか、進んで報道をスポイルする人々が多いことがこのサイトでよく分かりました。たぶん、例えば今回成立した医療法案で影響を受けるような、「マスコミがきちんと取り上げてれば状況は変わってたかも」と思ってる人々からは恨まれるでしょうね。

不幸のもとは、あんたでしょ!

> 「不幸なことに近年、放送番組は上品さの境界を踏み越えがちだ」(ブッシュ大統領)

「あんたにいわれたくない。不幸なことに近年、アメリカもアメリカ政府もアメリカ軍も上品さの境界を踏み越えて、世界で乱暴狼藉をやりすぎだ」と思っている人が、全人類の過半数を占めるだろうと私は思う。

アメリカ国民だけに限っても、過半数がそう思っているだろう。

参考:全米の諸君が全世界にむけて自分なりの「ごめん」をしているサイト(ブッシュ再選直後に「こんなのを選んじゃってごめん」との趣旨で開設)

Sorry Everybody
http://www.sorryeverybody.com/

Four More Years!!(坂本サイト参考ページ)

2004米大統領選★George.W.Bush記念アルバム
Four More Years!!
うーん、またこのお方と4年間も……

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/bushape.html

調べてみました!

もう座間さんが書いてくれていますが一応・・・

 「不適切な放送」といわれる発端になった事件があります。2004年に行われたスーパーポウル(世界最大のスポーツイベントと言われている)のハーフショーでジャネット・ジャクソンが胸を出してしまうという事件です。このイベントはハーフショーのビックなアーティストが出るというのでも有名な祭典だそうです。
 服を脱ぐというパフォーマンスを予定していたジャネットですが、誤って胸まで見せてしまいました。生放送だったので、これを放映していたCBSテレビは対応しきれずそのまま放送してしまい問題となりました。FCC調査結果次第では最大2万7500ドル(約290万円)になると言われていまいした。
 
 今回の件についてですが、ブッシュ大統領の支持母体で現在アメリカ中のラジオ局やテレビ局を買収しているクリアチャンネルが実質的な言論統制しているそうです。大統領に批判的なDJやキャスターを次々にクビにして、ジョン・レノンのイマジンを始め反戦色の強い歌の放送を禁止させました。以前マドンナが公然とブッシュ大統領のアフガニスタン侵攻を批判した後クリアチャンネル傘下のラジオ局は軒並みマドンナの曲の放送を取り止めました。メデイアのリベラル派は一掃されブッシュに批判的な人間は「解雇」されています。
 他にもイラク戦争や大型ハリケーンに襲われた被災地の現状、ニューオリンズ警察の職務放棄、銃撃事件なども報道管制されているそうです。
 よりメディアをコントロールするため、罰金を10倍に上げたのでしょうか。
 なんかおかしい感じがします。そんな偏った考え方ありえないと思うのですが。
 日本では考えがたいです。どちらかと言えば小泉政権を叩いているイメージが日本のメディアは強いです。

かじかさんへ

ソゴウと読みます。

十河さんありがとうございます。そういえばあの百貨店のそごうも十河という名前の人が創業したようですもんね。
 さて、メディア規制の話を聞いて、「規制に具体的基準と透明性がないとどんどん内容が権力に都合のいいものになってしまうじゃないか!」と思ったのですが、既に、しかも想像以上に実際にそうした方向へ進んでいてびっくりしました。米国のジャーナリズムは日本以上に敢然と戦うイメージがあったのですが。でももしかすると、日本の戦前のように、「売れる」メディアを目指した結果が迎合的になっただけなのかも。

本題と関係ないんですが

百貨店のそごうは十合では…
1830年(天保元年)に十合伊兵衛(そごう いへえ)が、大阪坐摩神社(陶器神社)近くに古手屋(古着屋)「大和屋」を開業したのがはじまりみたいです。
私のURLからそごうHPの会社沿革にジャンプします

それから十河さん、おせっかいかもしれませんが、コメントにもパスワードを入れないと、人になりすまされたり勝手に編集されちゃいません?(それとも記事を書く権限がある人はコメントにパスを設定しなくても大丈夫なようになってるのかな…)

勝手に編集されちゃうことはないですが

受講生は、
http://htkv.blog68.fc2.com/blog-entry-2.html
ページの「●いくつかのお約束(コメント記入者編)」を熟読のこと。

勝手に編集されることはないが、なりすましはありうる。

誰が、どんな基準で、不適切と判定する?

> 「不適切な放送」に、明確な基準は無いように思います。
一般良識で、これはまずいんじゃないの?と判断されるものが該当するのでは。(村瀬一路さん)

そんないい加減なことで、アメリカでは放送局から3700万円取り上げてもいいと、本当に思うんですか?

では、あなたのやったことが、一般常識からしてまずいんじゃないの? と世間が思えば、あなた罰金100万円とかいわれて、あなたは喜んで払う? 世間の一般常識があの女は人殺しだと判定すれば、もちろん逮捕してもいいね?

世間は、松本サリン事件のとき河野義行さんを犯人に間違いないと信じ込んでいた。ならば「真犯人は別にいる」という報道は、当時の世間一般常識とは180度反対である。そのとき、「世間常識とはずれる放送は不適切だ、罰金取れ」と政府関係者がいったら、あなたは賛成する?

そもそも誰が不適切と判定するの? アメリカでは大統領? サルが判定するのか? 日本では総務省? 総務大臣? 誰? これだけ官僚のデタラメが横行しているときに、官僚まかせにする? 誰と決めて、次に問題なのは判定基準。それは世間の常識? 法律に明確に書き込まなくてもよいの? 

坂本先生へ

>そんないい加減なことで、アメリカでは放送局から
>3700万円取り上げてもいいと、本当に思うんですか?
ブッシュ大統領は、それに近い事をやろうとしているのではないでしょうか?政府側が適切、不適切かを判断して、支持母体を動かす。
良いか悪いかは、全くの別問題です。勿論、いいとは思いません。

>ならば「真犯人は別にいる」という報道は~
>~と政府関係者がいったら、あなたは賛成する?
賛成は・・・出来ないです。
僕は局毎に異なった主張を展開すべき、というのが持論なので。

>法律に明確に書き込まなくてもよいの? 
やはり、明確には無いのですね?
『放送法』でどこまで定めらているか調べきれなかったので・・・

>「不適切な放送」に、明確な基準は無いように思います。
これが、先日僕の書いた内容ですが、
「法律などで特に決まっては無さそう」という趣旨で書きました。
(十河さんの、「不適切な放送とはどういったものを指すのか」という質問に対する返信でもあります)
上記以上の意味合いは含めていません。もし、誤解を与える内容であったなら謝罪します。

僕は、法律で明確にすべき事項だと思います。
*「不適切な放送」とはどういったものを指すのか
* 誰が、どのような基準で判定するのか

ただ僕には、良い具体案はまるで浮かびません・・・

それは失礼した。

ようやく、わかりました。村瀬さんの書いたのは、「ブッシュのいう『不適切な放送』に、明確な基準は無いように思う」という意味ですね。それなら賛成だ。ブッシュが嫌いな放送は、ブッシュにとっては不適切な放送なわけだ。

「『不適切な放送』一般に、明確な基準は無いように思う」という意味ではなくてね。そう思ってんのかと思って、突っ込んでみたわけですが。それは失礼した。

なお、放送法の該当箇所は以下を参照。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/odoshi.html#notes34
(参院選直前 政治の「テレビ脅し」を 許すな!!)

なぜ、そういうことが放送法に盛り込まれているかは、以下。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/mamorou.html
(まもろう!放送法――元政府高官の番組干渉はなぜダメか?)

NHKへの政治介入がらみでは、たとえば以下。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/nhk2.html#housou

(国内放送の放送番組の編集等)
第三条の二 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

ようするに、以上に反する番組は放送法上は「不適切な放送」と一応は考えられる。しかし、たとえば政治的公平は、一番組だけで判断すべきものではないわけだ。サンプロのゲストが安倍晋三の回と小沢一郎の回では、前者が自民党よりで後者が民主党よりなのは当たり前だからね。

で、
> *「不適切な放送」とはどういったものを指すのか
> *誰が、どのような基準で判定するのか
の具体案を考える前に、

現在の日本では、もっぱら誰が何を不適切な放送といっているか、
現在の日本では、もっぱら誰が、どのような基準で判定しているか

を調べるべきだと思います。それが偏っていれば、ちょっと具合が悪いから別の手を考えよう、という話になるのでね。

それと、法律には原則的なことしか書けないということにも注意が必要ですね。事例を全部挙げることは物理的にできないし、そうすることはかえって不適切な場合がある(具体例に入ってないからいいのか? てな話が持ち上がる)。

私は、現行放送法の規定でよいと思います。運用の仕方が無茶苦茶だから、これは改めるべきだけど。

追加の資料(官僚が判定する悪しき実例)

政治家は、ある番組の主張が自分の主張と相容れないとか、ある番組の批判が自分に向けられているという場合、その番組を不適切なものと見なしがちです。そのとき「政治的に公平でないから不適切だ」という主張がしばしばなされます。

そこで追加の資料。
「政治的公平」の議論は番組で深めよ
(政治介入・公平中立・政治とテレビ)

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/rvw/kouhei.html

このページの資料には、ある番組について「1番組だけを見れば、政治的公平を欠くから不適切」、また別の番組について「全番組を見れば、政治的公平を欠くとはいえないから適切」と郵政省官僚が恣意的に判断した事例が載っています。

不適切な放送かどうかの判断を官僚がした例ですが、その判断そのものも、官僚に判断させるシステムも、私は民主主義国には不適切であると思います。もちろん、官僚は政治家におべっかを使い、その言うとおりにインチキをするからです。

すみません・・・(坂本先生へ)

正確にしておくべきだと思うので、書いておきます。

「ブッシュのいう『不適切な放送』と、
『不適切な放送』一般、
 どちらにも明確な基準は無いように思う」

というのが、僕の考えです・・・。
一般がそうであろうし、ブッシュ大統領ならばもう尚更、と。
つまり、坂本先生の読みは間違ってないです。
お時間をとらせてしまい、謝るのは僕のほうです。

不適切な放送だと判断する基準・仕方が曖昧である(これを『明確な基準は無い』と表現しました)以上は、
内外の「まずいんじゃないの?」といった声に放送が左右される事は実際あると思います。
僕は、そんな事態でも良い とは決して考えません。

坂本先生からのコメントをお読みしていて、
『明確な基準は無い』ことを、僕が楽観視(もしくは肯定)していると判断されているのかな?と感じ、上のように書いた次第です。重ね重ね、申し訳ございません。

坂本先生にご用意して頂いたページはとても参考になります。
思えば、どういった勢力が放送を動かすのか、法律の弱点などもあまり考えた事は無かったです。今回は僕、基準という言葉を繰り返しましたけど、全てに対して用意できるものでもないですね。思い知らされました。

坂本先生、いつもありがとうございます。

6月16日の授業メモ

雨の中、授業お疲れ様でした。6月16日の授業記録です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆
6月16日(金) 雨 
放送特殊研究Ⅴ 11:00~12:10
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆

●授業冒頭の注意●

1 6月9日〆切の課題小論文の提出は受付を終了した。
提出していない者は前期の成績がつかない。したがって年度の成績がつかず、単位が出せない恐れもある。
単位を落とすとまずい者は授業にて坂本に相談せよ。

2 なお1週間ブログを担当しさえすれば、単位認定するかといえば、そんな保証はないのでよろしく。
======================================

≪本日の議題≫
3 3週間ほど経過した時点での、受講生の感想

(1)勉強になる、有益だ→7人中7人(全員が賛成)

<受講生より>
・普段なかなかブログに書き込むことが少ないので、書き込むこと自体が勉強になる。
・ブログにコメントするには、ただ賛成・反対するだけではなく理由も書き込まなければならず、その為に知識が必要になってくるので、勉強になる。
・色々な人の意見が聞けるので、有益だ。
・リサーチ力がつく(自分で調べるきっかけになる)。
・学生以外の色々な人(専門家含む)の意見も聞ける。
・公に発信しているので、それなりの書き方を学ぶことができる。
・普段は見逃すようなことを考えるきっかけになる。

<坂本先生より>
・ブログで問題を取り上げ、公開することはいいことだ(例えば、綿井健陽さんのように現場で活躍するジャーナリストがご自身のブログで取り上げてくれることもある)。
・しばらくしたら知人にメールしてもっと広めていく。重要なことが書いてあれば書き込みはもっと増えるが、その分責任は重いのでよろしく。

●!注意!●
1 担当者は1週間7回書くこと。
2 書き込みを休んだ場合、理由を書き込むこと。
3 積み重ねて決まってきたことは、守ること。

(2)外部からの書き込みは難しい→7人中2人

<受講生より>
・外部からのコメントに出てくる単語が難しくてわからない。
・何の話なのかわからない。
・1つわからなくなると(次々コメントがつくので)さらにわからなくなる。

<坂本先生より>
・ブログは途中で急に違う話題になることがあり、コントロールは難しい。雑談がはさまれることもある。
・明らかに難しい話については、他の人が解説してくれるので、しっかり読んでほしい。
・わからなくなったら話の途中でもいいので、聞けばいい。
・例えば「サッカー戦争」の話は、「サッカーはきっかけにすぎない」ということ。歴史上ではそれぞれ事件が発端のように教科書には書かれているが、原因はもっと前から作られていた。

~先生が地図を描いて歴史のお勉強~
1894年日清戦争
1904年日露戦争
1914年第一次世界大戦(10年きざみ)
上の3つの年号くらい覚えておけ!日韓間の問題を知るためには歴史を理解しておかなければダメだ。

(3)コメントしにくい→7人中7人(全員が賛成)

<受講生より>
・わからない単語などがあると、入っていきにくい。

<坂本先生より>
・無理して入っていかなくてもいい。あまり深く気にせず、どんどん発言しよう。
・あらゆる掲示板(例えば2ちゃんねるも)は書き込みしにくく、見ているだけの人が多数いる。

(4)つまらない→7人中1人

<受講生より>
・テーマが週ごとに統一されてしまっている気がする。1つのテーマでずっと書くのはつらいのではないか。

<坂本先生より>
・発信者によってテーマを変えられるので、コメントで違うテーマを発信するのも良い。
・記事をさかのぼって、自分の書き込みたいテーマに書き込んでもいい。

(5)その他の意見→なし

======================================
5 本日の出席者

正留英一
座間康平
高谷絵理
荒川貴子
十河亜弥
山田健人
神田絵里

計7人 【文責・神田絵里】

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。