テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

単位をくれるなら書かなくていいやと思うやつ 2009-12-26

●日大放送特殊研究Vの受講生は、単位はくれるのかというメールを寄こすヒマがあれば、さっさとコメントをつけなさい。授業で言ったとおり、その心配はいらない。単位はつけた。ただし、単位をくれるなら書かなくていいやと思うやつは、天罰が下ることを覚悟しなさい

●なぜか、ということを教えておこう。たとえば就職のとき、企業は最終選考段階で、入社させたいと思うやつの名前をGoogleに入れて調べるということを、すでにやっている。アメリカでもGoogleやMySpaceやFacebookでやっている。オバマが子どもたちに「書き込みはくれぐれも慎重に」とメッセージを出したほどだ。放送特殊研究Vブログは、授業の初めに全員に実名コメントを書かせたから、その後に書き込みをせずサボったやつが誰かは、企業側にわかるわけ。その結果、最終選考で落とされるかもしれないが、そのとき悔やんでも、もう遅い。それは坂本のせいではなく、自分が悪い。天罰とはそういうことです

●そうと知っていれば、この授業は取らなかったって? 取ってくれって頼んでないぜ。それどころか、シラバスに「映画学科など他学科も含めて、授業を取らない学生も、映像を見て構わない」という意味のことを書いたはず

●わかった? 大学内限定のブログでちまちまうじうじやっているシーラカンス教授(1月か2月にアスコムから出る茂木健一郎+田原総一朗の[もちろん仮タイトル→]『ええっ!? マジで? 脳って、そういうことだったのかよ!』みたいな対談本を御参照。まとめは坂本)連中とは、最初からやっていることが違うの。深海に生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処《どこ》にも光はないわけよ。わかったら、さっさと書き込め!

【すべてを疑え!! MAMO's Site  日録メモ風の更新情報 12-26より】

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)