テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

改めて鑑賞してみて

以前個人的にこの作品を観たことがあったのですが、その当時はなんの予備知識もないため競技の様子をドラマチック描いた映画とだけだと思っていました。
しかし今回、「民族の祭典」を元ネタとして構成されているというお話を聞き、前回とは別の映画に見えました。
カラー映画になって民族の違いが鮮明となり、異なる民族同士を映すことでオリンピックの国際化がさらに印象付けられたのではないでしょうか。
最後に、この映画を当時見た人々はどこまでが「やらせ」でどこまでが真実なのかを理解していたのだろうかと、ふと考えてしまいました。 

観客

選手の競技に一生懸命な姿を、一生懸命見つめる観客たち。選手ひとりひとりに当然ドラマがあるのですが、あの膨大な数の観客一人ひとりにもドラマを感じました。それを個性的な手法で描いている市川監督は偉大だと思いました。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。