テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップのマスコミ報道について 2006-06-13

書き込みが遅くなってすみませんでした。今週担当の十河亜弥です。

 今話題のワールドカップのマスコミ報道について注目したいと思います。

 最近テレビどこをつけてもワールドカップのことばっかりのように思います。
 日本中がサッカーで盛り上がるのはいいことだと思いますが、そのほかのニュースがそれに埋もれてしまっているように感じます。
 昨日は22時から日本の初戦であるオーストラリアとの試合がNHKで放送されました。
 日本は惜しくも1対3で負けてしまいました。が、その後どのチャンネルをつけてもその試合のハイライトなど、やはりワールドカップのことで盛り上がっていました。

 今朝、読売新聞の一面を見たところ、昨日の日本対オーストラリア戦のことが大きく取り上げられていました。そして同じ一面でしたが、シンドラー社が謝罪をしたというニュースも取り上げられていました。本来ならシンドラー社の件についてのほうが大きく一面に載っていいように思いました。しかし敗戦してしまってもワールドカップのほうが大きく取り上げられていたことに少しワールドカップの盛り上がり方に疑問を持ちました。
 世の中の重要な報道が軽薄に扱われているのではないかと感じました。

 日にちが前後しますが、日曜に私は「スタ☆メン」を見ました。
 オープニングから「明日はいよいよ日本初戦ですね」というワールドカップの話から始まりました。コメンテーターの一人がユニフォームを着ていて、ワールドカップに向けて盛り上がっていこうという感じが伝わってきました。次のニュースは秋田県で起きた殺人事件のことについてでしたが、とてもニュースの重さの違いにとても違和感がありました。他にもシンドラー社や村上ファンド、北朝鮮の拉致問題などを取り上げてはいましたが、途中オーストラリアと日本の監督についての特集が挟んであったり、最後はジーコ監督の記者会見で締めくられているなど、メインはサッカーについてでした。

 新聞もテレビもワールドカップのことに集中しすぎだと思いました。
 それに他の事件がのみ込まれてしまうのはマスコミ報道としてどうなんでしょうか。

              【十河 亜弥 】


 《番組データ》「スタ☆メン」フジテレビ系 日曜22時~
  司会者 爆笑問題 阿川佐和子 

コメント

W杯関連、そしてシンドラー

はい、お疲れさま。この調子で頑張ろう。

W杯関連でニュースが埋め尽くされている、いいのか、という話ね。テレビの放送時間には限りがあり、番組の放送時間にも限りがある。新聞のページ数も文字数も限りがある。その限られた枠の中で、何をどう伝えるかというバランスが問題なわけですね。

で、十河亜弥さんは、W杯ウェイト大きすぎというんだが、どうだろう。私は、これだけ日本の人びとの期待が大きいならば、このくらいは許せるんじゃないかという気がする。というのは、メディア、とりわけテレビにはエンターテインメント機能・娯楽機能・癒し機能が大きく求められ、各局はそれによく応えているともいえるので。みんなはどう思っているのかな。

それと、シンドラー社の謝罪の一件だが、これも「取り上げればいいってもんじゃない」という視点は必要です。三菱自動車の欠陥隠しが問題になったとき、三菱自動車が火を吹いたというニュースが盛んに流れた。以下は、当時(2004年夏頃)三菱の技術者の奥さん(実名も住所もわかっている)から坂本が受け取ったメール。

**************************************************

三菱のことを、何か話すと「開き直るな」「反省していない」と言われますので、これはこの場だけの独り言です。
リコール隠しと隠蔽体質で事故が起こり、元社長まで逮捕されるという会社の経営のあり方については、弁解のしようがない最悪の組織だったと思います。
その上、何億も退職金もらって平気な顔をしているほんとの悪者には「金返せ!こっちはボーナスも出ないんだぞ!」と私は怒っています。

しかしその後続いている、三菱車火災については、あまりにも
報道が偏っているのではないか。

日本の車両火災は年間7000から8000件あるそうです(フジTVのワイドショーでも言っていました)。車両火災の割合は、各社の販売台数の割合とほぼ同じ。各社と取引をしている部品屋さんによると、三菱車の割合はむしろ低いぐらいだそうです。
しかし、今のような状況になると「またパジェロ炎上!」と、民放からNHKまでいっせいに流す。

石原親子は「走る凶器」と言い、中川氏は「国民は三菱のマークを見るだけで道を歩くのがこわいんだよ」という。
「民間のくせにつけあがるな」という嫌悪がむき出し。
報道も「燃えた燃えた」と、袋だたき。
車両火災の各社の割合はどのくらいなのか? ほんとうに三菱車だけが危ないのか? どこも報道しません。

**************************************************

石原親子は、石原慎太郎と息子。中川氏は中川昭一。

いいね。日本で走っているクルマで走りながら出火したもののメーカーを調べると、トヨタ車がいちばん多い。なぜならトヨタ車がいちばん多く走っているから。でも、マスコミはその事実をほとんど報道しなかったわけ。

エレベータによる死亡事故、負傷事故、あるいはどちらにも至らないトラブルを、全メーカーについてきちんと調べた人はいないんですよ。そして、トラブル件数だけ見れば、日本でいちばん数多く使われているエレベータ製造メーカーのそれがいちばん多いことは、たぶん間違いないですよ。

「シンドラー社が、日本のビルにエレベータを供給しているメーカーの中でもっとも悪い」は、まだ、確定した事実でも何でもない。このことは踏まえなければダメ。ある意味、秋田小1殺人事件のマスコミ報道とと、似たところがあるともいえるね。

賛成

僕も、今はワールドカップ報道に熱を入れていいんじゃないかと思います。

ワールドカップはサッカーの祭典。国同士のめったにない、一大イベントですから。

(余談)シンドラー社のマスコミ対策

シンドラー社、初期のマスコミ対策に失敗したんで、今回はアドバイザーの指導のもと、ずいぶん慎重に考えて登場したようだ。西洋人は通常、あんなお辞儀はしないものね。

「4万人の全従業員に事故を伝えた。全従業員が悲しんでいる」なんてコメントも、明らかに宣伝のプロが書いた文章と思える。一部幹部が形だけ謝罪しているのではないと示しつつ、4万人(記憶だけで書いているんで間違ってたらスマソ)の大企業よという情報をさりげなく埋め込んで信頼性をPR。

なんとなく、そんなに悪い会社じゃないぞと思えてきた人もいるのでは。それがテレビの力というものです。

米大統領のクリントンだったかな、何かで釈明・謝罪会見をしなければならなくなったとき、100人だかのモニターの前で、何通りか言葉を変えて釈明・謝罪のリハーサルをし、いちばんウケがよかったものを選んで、本番の記者会見をしたという話がある。

それは別に悪いことではないが、あなた方の見ている映像は、そのように周到に準備されたものである場合も、そうでない場合もある。実際にやってしまったことよりも、謝罪の仕方の映像で、謝罪しているヤツがどのくらい悪いヤツかという世間の評価が決まるケースもよくある。覚えておこう。

4年に一度

のバカ騒ぎ。(こんな言い方してすみません。)
だからこそ今はW杯で盛り上がって良いのではないかと
思います。

このところ、小学生の殺人事件や親が子供を殺したり、
考えられないような悪質な殺害事件が起きている
暗い世間であると私は感じるからこそ、
W杯のようなめでたいニュースではお祭り騒ぎで
盛り上がって欲しいと思います。

ニュースのバランスが偏ってしまうのはある程度は仕方のないことだと思います。報道番組だって視聴率が取れなければ困るはずだし、視聴者の興味をひく話題を多く盛り込むのは、当然のように思います。競争のある民法では特に。
ワールドカップについては多くの人が試合の結果を知りたいと思っているのは間違いないと思うし。求められる情報を与えるのは報道として間違ってはいないんじゃないかな。

初戦は負けてしまったけど

個人的にはサッカーが好きなのでワールドカップのニュースが多いのは悪い気はしないです。
逆に、せっかくの大舞台に日本も出場しているのにW杯のネタが少なかったら違和感があるんじゃないかな?と。

同じニュースを他の報道機関が同じように取り上げるのは自然なことだと感じます。個人的にはサッカーなどはスポーツコーナーで取り上げ、硬派、軟派ニュースなどと別にしてもよいとは思います。

ワールドカップ

これはやっぱり世界的なイベントだしテレビでも取り上げ、盛り上げていくのは当然あるべき姿な気がします。
日本を代表して頑張っている23人がそこにはいるわけですから。
十河さんの薄くなっていると感じる気持ちもわからなくはないですが、この時期は仕方ないですよね。
だからって視聴者は秋田の事件、シンドラー社の事件どうだっていいなんて思ってはいないはずだから。
現に私達は気にしているわけだし…
人間1つのことしか考えられないわけじゃないから、その辺は大丈夫なんじゃないかな、と思います。

コメントありがとうございます!

あ!もちろんワールドカップで盛り上がるのはいいことと思います。私もバイト先のサッカー中継ではしゃいだにわかファンの一人です。

 今回の全てがワールドカップ色になってしまうことに、なんか違和感を持ったのです。それは他のニュースでも言えると思いますオリンッピクとか。
 普段は絶対サッカーを見ないような私ですら、「ワールドカップだ!」と感心を持つくらいなので、テレビ報道や新聞の影響力は本当に大きいんだなと思います。
 でもこの時期どこのテレビ見てもワールドカップでしょ?と思ってしまうのも事実です。だから違う切り口から見ることができる報道があってもいいのでは?と思いました。

 坂本先生の三菱自動車の件も別の見方があったいうことですよね??事件の背景とか。

 
 シンドラー社についてはもっと考えます!


 

盛り下がってる・・・?

確かに十河さんが言うようにやり過ぎな部分もあるのではないかと思います。テレビをつければW杯。NHKの一番目のニュースもW杯。新聞もW杯。私もサッカーは好きですが、いくらなんでも報道しすぎなような気がします。考えれば、こんなに熱が上がっている時に報道しないのも変ですが、どこもかしこも同じ報道・同じ中継・うるさいアナウンサーでは、見ている視聴者の方が疲れそうです。

その上、負けた時と勝った時の報道の差が酷いと思います。昨日のTHE ワイドでは都電の衝突事故が1番最初のニュースになっていましたが、勝った時はどうなっていたのだろうと思います。 

ニュース番組ではやる必要なし!!

スポーツニュースを拡大しようが,特番を組もうが,かまいはしません。ワイドショウは視聴者の関心事を取り上げるために存在している。

だけど,ニュース番組の中で伝えるべきではないと思います。オリンピックもしかり。ただでさえ放送時間が限られているのに,そしてニュース性などなくなった段階で(13日夜に「オーストラリア戦」の話題),報道局制作のニュースで伝える必要がどこにあるんでしょうか。

4年に一度の祭り? 94年以前は,日本には祭りが存在しなかったんでしょうか。えーえー,存在しませんでしたよ。そんな「にわか仕立て」の祭りにニュースの時間を奪われるのは納得できません(理屈じゃなくて感情です)。

ワールドカップ,ワールドカップって,2007年にもワールドカップはあるんだぞ。4年に一度の祭りだぞ。日本代表も出場するぞ。なのに,どうせスポーツニュースでさえ取り上げないんだから。

って,フットボールといえば第1が「ユニオン」という人間の僻みです。聞き流してください。「アソシエーション」だけがフットボールだと思ってらっしゃる方々。

感情に流される報道

シンドラー社は見事に日本のメディアを逆手に取りました。「謝れ!」「説明会に出ろ!」などと,感情に流された報道をするものだから,彼らがPR会社のアドバイス通りに,「謝罪に始まる日本の儀礼的事故対応」を完璧にやってのけると,二の矢三の矢を放てません。

11日の『報道特集』(TBS)は,シンドラー社叩きとは無縁で,日本のエレベータ業界の特異な構造に踏み込んだ取材をしていました。(1)独占禁止法違反が常態化している業界である,(2)独立系保守管理会社がダンピング競争をしている,(3)メーカーが「保秘」のために技術資料や部品を出し渋る,(4)日本のメーカーの技術情報はなんとか入手できても,シンドラー社製は手に入らない――など。

坂本さんが三菱自動車を例に指摘したように,国内メーカー4社も含めて事故情報を収集したら,意外な数字が出る可能性はあります。この問題でも,シンドラー固有の問題として片付けるのではなく,国土交通省が動かなくても,報道機関は腰を据えて,長期戦覚悟で調査報道に取り組むべきだと思います。

『きょう発プラス』の潔さ

ワイドショウもワールドカップ一色のなか,『きょう発プラス』(TBS)の独走(暴走)ぶりは要注目。1時間を「秋田事件」に費やしています。その集中ぶりは潔くさえあります。

14日も弁護士会見への疑問点,彩香ちゃん事故死の検証など盛りだくさん。姫路の事件で活躍した元・刑事が独自捜査をもとに暴論を吐きまくり。番組の論調はすでに「彩香ちゃんも殺された」になっています。死亡保険金とか被害者給付金とかで借金を完済するためらしい(おやおや)。

よくテレビ見てますねえ

赤尾さん、よくテレビ見てますねえ。ホント、感心するわ。
いや、それだけの話なんですけどね。

ところで、三つ上の赤尾さんコメントの最後3行、意味わかる学生が何人いることやら。

かじか

サッカーって正式名称を「アソシエーション・フットボール」というのだと、37歳の私は中学のとき保健体育の教師(畠山という苗字ですが岩手出身)から教わりました(ちなみに彼の専門もサッカーです)。幸い、私の出身地岐阜県では、テレビ愛知開局前でも「ダイヤモンドサッカー」が見られ、サッカーファンは多かったと思います。後にJリーグが始まった頃「We Are The Champ」でフットボールという言葉が出てくるのも、MXTVの「フットボール・ムンディアール」といういわば世界サッカーニュース番組のタイトルも、ハハァ、正式名称にフットボールがつくからか、と思いましたよ。ちなみにドイツ語ではサッカーのことをフースバルといいますが、これは英語でいうフットボールです。小学生の頃、子どもにサッカーと言っても通じないという話を読んだのを思い出します。
 さて、重要問題よりワールドカップ、というのは私は疑問です。四年に一度の祭典だから、というのなら、この間に起きたことは全てスルーですか? 私の知人など、きのうの医療法案の強行採決に「ウソォ!」と言ってましたよ。常日頃医療業界には関心を持ってる医療関係者(臨床検査技師)にもかかわらず。もしワールドカップ偏重「報道」(ニュース番組だけでないのでカッコ書きにしときます)がなければもっと大きく取り上げられたはずです。小泉首相のこと、そういう計算くらいはしてることでしょう。
 それと、赤尾さんも指摘されてますが、四年に一度の祭典ったって日本代表が注目されてるからこれだけ大きく報じられるんですよ。1990年の西ドイツ大会(私はこのとき大学生)まではホント扱いが小さかったですもん。ちょうど前年にイギリスで1ヶ月ほどいたときご一緒したドイツの方がいらして、中継してたNHKに合わせたのですが、鳥取市の平野部にもかかわらず私のアパートではNHKの映りが悪く(難視聴は諸離島だけじゃない)、まあいいや、と英語でいわれてしまいました。世界の祭典というのなら、日本偏重でない伝え方をしてほしいもんです。
 余談ですけど、赤尾さん、上記で私が申したイギリスというのは、イングランドでなくウェールズなんです。イギリスイコールイングランドイコールロンドンみたいな感じにしてしまう(なんちゅー歴史認識や)日本マスコミの中、私は何となくウェールズびいきになってしまいました。おかげで、興味のなかったラグビーにもちょこっと興味を持つようになりました。数年前に早稲田の代表とウェールズとが試合をやったときは、思わずにわかウェールズ応援団(団員一人)になってしまいました。以前はゲーセンのサッカーでも自軍をウェールズに設定してたっけ。

日大なら

「ア式」じゃないですか!今はてんで弱いけど。
2007年、日本でワールドカップ開催ですよ。
しかも、過去2連覇。
それが決まったときには「過去2回は強豪のアメリカが出場しなかった影響などもあり、日本が2連覇しています」
と冷静な報道をしたニュース番組め!
サッカーじゃなけりゃ、ちゃんと物事見られるんじゃねーか、おい、と思いましたよ。

第1回のときは紛争が起きていたコソボに近い地域で行われたために、危ないから、とアメリカが派遣をやめ、1度は日本も辞退したのですが、選手たちの懇願で再度出場、優勝したんですよ!
あのときの選手たちの涙は忘れられません。

ま、マイナースポーツファンもいるんだよ、ということで。

ワールドカップ熱

確かに日本のテレビはすぐひとつの盛り上がっている話題にくいつきがちだと思う。

それはブームのようなもので、どんな事件であれ、その時期が終わればまるで何もなかったかのようにそれに触れることすらなくなる。旬じゃない話題はもういらないと言わんばかりに使い捨てられていくような印象がある。

ワールドカップに関しては4年に一度ということもあるし、スポーツを通して世界中の選手が交わることができる最高に熱いイベントだと思う。だから自然にマスコミにも熱がはいるのではないだろうか。

これほどまでに日本国民がひとつになれることはそうそうないし、みんな楽しくなれるのであればよいと思う。

ただやっぱりその盛り上がりに埋もれてしまう真剣なニュースを、私たちは見逃してはいけないと思う。

やっぱりなー,なナショナリズムのコメント

そうか,「ア式」もあるよね。

ありふれた話題で恐縮ですが,自発的なようでいて実はメディアに動員されている「ナショナリズム」に,どれだけの視聴者が自覚的なんですかね。

14日の『NEWS23』は(よくテレビは見てるけど,ほとんどが“ながら”),教育基本法改正案の議論を通じて「愛国心はどう論じられたか」。ま,愛国心を法的に強制するのはよくない,という論調です。「強要されてまで国を愛する必要はないですよ」が視聴者に対するメッセージ(国旗・国歌もか)。

その後のスポーツ・コーナーに,当然のごとくワールドカップ情報。「がんばれ! ニッポン!」と久保田智子(筑紫はモゴモゴ)。このコーナーでは「日本人ならば日本代表を応援しましょう!」という隠れたメッセージ。つまり「愛国心の発露」を「強要」してます(笑)。サッカーやオリンピックだからといって,愛国心は免責されるでしょうか(さらに笑)。90年以前に日本に愛国心はなかったのか。

『NEWS23』は視聴者(あるいはブロガー,あるいは2ちゃんねらー)に「ネタ」を与えるために番組(特集)を構成しているとしか思えません。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。