テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休講ご免。地上デジタル放送関連シンポジウムの告知 2008-10-17

●メディア総研から、シンポジウム開催のお知らせ

アナログ放送「終了」まであと1000日
公開シンポジウム「地デジ『完全移行』への道」


11月25日(土)、下記の要領でシンポジウム『地デジ「完全移行」への道』を開催します。テレビのアナログ放送終了・地上デジタル放送「完全移行」の予定日である2011年7月24日まで、あと1000日余りとなる10月25日に、アナログ終了に向けた取り組みの検証と展望を、さまざまな立場から議論する企画です。これからの放送における重要な問題でもあり、ぜひ多くの方々にご参加いただきたくお知らせいたします。

◆日時:2008年10月25日(土)13:00~17:00

◆会場:日本青年館 中ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町7-1 
TEL:03-3475-2550 会場案内図

入場無料

◆主催:民放労連・メディア総合研究所

◆プログラム第1部:講演・冒頭発言
(1)上瀬千春(フジテレビ技術開発局役員待遇技師長)
(2)坂本 衛(ジャーナリスト)

◆プログラム第2部:パネルディスカッション
パネリストは上記2名に加えて、吉井 勇(月刊ニューメディア編集長)、
荒川顕一(ジャーナリスト)、赤塚オホロ(民放労連中央執行委員長)、
岩田 淳(テレビ朝日編成局)、コーディネーター/須藤春夫(メディア総研所長・法政大学教授)

●シンポジウムのA4チラシ(pdf)はこちら
日大マスコミII・放送特殊研究Vの受講生も、参加していいよ。

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。