テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オリンピック (市川崑)その1 2008-10-03

●東京オリンピック/Tokyo Olympiad

●監督/市川崑
●音楽/黛敏郎
●脚本/市川崑、和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎
●撮影/宮川一夫、林田重男、中村謹司、田中正
●ナレーション/三國一朗

●1965年(カンヌ国際映画祭国際批評家賞)

●170分

●1964年10月10日~24日、日本で開催された第18回夏季オリンピック東京大会の公式記録映画。1940年にオリンピック東京大会が予定されていた(ベルリン大会の次)が、第二次世界大戦の勃発で中止。この大会が、日本初と同時にアジア初のオリンピックとなった。

●黒澤明が予算の関係で断り、今村昌平はじめ複数の監督に打診するもダメで、最終的に市川崑が引き受けたとされる。国内配給収入は12億2321万円を記録。各地で上映会が開かれ、戦後復興を果たした日本を象徴する映画として、広く歓迎された。芸術性の高い作品としても評価されたが、河野一郎が「記録性に欠ける」と批判し、「記録か芸術か」の論争を招いた。

●当授業の受講生にとっては一目瞭然である通り、レニ・リーフェンシュタール「オリンピア」から甚大な影響を受けており、ほとんどレニへのオマージュと受け取ることができる映画だと、坂本は思う。1965年当時、もっと多くの人びとが「オリンピア」を見ていれば、(ヒトラー礼賛映画に似すぎているという理由から)タダではすまなかったのではないか、とすら思う。

●当然、「オリンピア」同様の、創作、過剰な演出、いわゆる「やらせ」スレスレの映像が多い。詳しくは次回。


コメント

美の祭典の続編?

日本の映画界に誇る撮影監督、宮川一夫さんの《キャメラも芝居するんや》という本を読んだことがあります。
そこに宮川さんが『東京オリンピック』の撮影に関わったということが書かれていたので、
その時からこの作品はぜひ一度見てみたいと思っていました。

見る前から『東京オリンピック』は『美の祭典』を参考にしたという先生のヒントもあってからでしょうか、
別に見なくても良い VS  いや、どういうふうに参考にしたのか見たい!、
という両極端の気持ちがありましたが。

見てから。
やはり似ている、でした。
数十台のカメラで撮る大規模な撮影の迫力やカメラアングル、
構成やモンタジュ技法まで、まるで『美の祭典』の続編みたいだ、と思いました。

スポーツ観戦をそんなに好んでない私としては永遠と続く各競技場面に、
時には眠りに誘われたりもしましたが。
しかし撮影や編集の過程を考えるだけでも、凡人の私は頭がくらっとします。
世の中、すごい人本当に多いですね。


▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。