テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

テレビ、その「強さ」の研究 レジュメ13──テレビ・バラエティをめぐって (2004-10-29) 2004-10-29


1)バラエティとは何か?

○広辞苑から
バラエティー【variety】①変化。多様性。「―に富む」②変種。③レビューで、歌謡・舞踊・寸劇などの幕なしの続演。バリエテ。④落語・漫才・曲芸など諸種の演芸をとりまぜた演芸会。また、その種の放送番組。
バラエティー‐ショー【variety show】バラエティー④に同じ。

エントロピー【entropy】
(ギリシア語の trope(変化)に由来)熱平衡にある系で、準静的に加えられた熱量をその系の絶対温度で割った値をエントロピーの増加分と定義する。可逆変化ならエントロピーは一定、不可逆変化では必ず増大する(熱力学第二法則)。クラウジウスが命名した熱学上の概念。拡張されて情報理論などでも用いられる。
→エントロピーは、不確定性、乱雑さ、無秩序の度合い

○もっともテレビらしいテレビ(番組)
・テレビ草創期に、バラエティはない
・テレビが「独自」の発展を遂げはじめると、広義のバラエティ番組が登場する
・視聴者はもともと多様で多数。それが近年さらに多様化(思考、嗜好、行動)する
・テレビの根本原理「視聴率up」=すべてをターゲットにする
 →1番組内で多様化する
 →コーナー分割し、多くの要素を盛り込む=バラエティ化する

○あらゆる番組はバラエティ化する!?(とりあえずの、しかし有力な仮説)
・作品性から情報性へ
・重厚長大から軽薄短小へ
・テレビが何かを作り出せず、もっぱら何かを増幅するのは、バラエティ化と関係がある

2)急増したいくつかの番組群(ちかごろのバラエティ)

○ドキュメンタリー的な笑い
・芸の解体、芸なきことの芸、芸より裏側
――たけし、さんま、タモリ、とんねるず、ダウンタウン、うっちゃんなんちゃん、ナイナイが本来持っていた(デビュー当時の)芸を見せているのではないことの意味を、よーく考えてみよう
・ヒトの笑いから企画の笑いへ
・プロデューサー主導、ディレクター主導(ドラマにも、この言葉が出てきたことに注意せよ)
・フジの笑いから日テレの笑いへ――「元気が出るテレビ」「電波少年」「ウリナリ」

○「VTR放映+リアクション」構成の番組群――「野々村真」とは何か?(これで卒論1本書けるぞ)
○ワイド情報バラエティ――「王様のブランチ」

○「参加」から「いじり」へ

○ドラマの「情報化」、「トレンディ化」
物(ブランド品、主人公OLの室内)、場所(田園都市線沿線、お台場、流行りの店)が主人公化する

3)テレビ・バラエティの「強さ」

○正統、権威、歴史といったものを壊す
○物事をわかりやすく、身近な存在として提示する(人びとの欲望に忠実)
○雑多なものをぶち込む→伝わり方が広がる

4)テレビ・バラエティの「弱さ」

○企画の貧困――横並び、モノマネ(パクリ)番組の横行、柳の下にドジョウは5匹?
○ヒトの貧困――吉本とジャニーズに「おんぶにだっこ」
○カネの貧困――安易なつくり、いわゆる「やらせ」
→人びとの欲望に忠実すぎ、おもねる

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)