テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

テレビ、その「強さ」の研究 レジュメ11──テレビ報道の「強さ」 (2004-10-01) 2004-10-01

1)前回の補足

・朝鮮戦争について
(誰か「1910年ころ?」とかいってたと思うので)

2)放送の「王道」「正統」――テレビ・ニュースについて

企画段階
・「慎重な配慮」「自主規制」から扱わない(扱えない)ネタ
 NHK……政治
 民放……スポンサー・監督官庁・系列(親会社)
・横や上からの押しつけ企画
・局による報道は、何よりも局を優先する

取材段階
・体制(人の問題)
・制作費
・時間
・「絵」になるか、ならないか

編集段階
・時間
・ニュースの価値判断
・チェック機能
・編集の余地がない……それこそテレビの「強み」であり「弱み」

3)バラエティ化

・得たもの
・失ったもの

4)視聴者の責任

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)