テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ、その「弱さ」の研究 レジュメ10──後期の進め方ほか (2003-09-26) 2003-09-26


1)参考

・GALAC2003年9月6日発売号「地上デジタル放送現行計画すでに破綻の理由10」
・10月9日(木)夜8時15分~55分朝日ニュースター「ニュースの深層」(CS256chかCATV) に生出演し、葉千栄と30分対談予定。テーマは地上デジタル放送。これまでテレビでは 放送されたことがない話をする。

2)後期の進め方について

(授業は今日を含め13回。26は25の最後へ、29はナシの予定)
16 後期ガイダンス
17 テレビ報道の「弱さ」(1)
18 テレビ報道の「弱さ」(2)
19 テレビドラマの「弱さ」(1)
20 テレビドラマの「弱さ」(2)
21 テレビバラエティの「弱さ」(1)
22 テレビバラエティの「弱さ」(2)
23 テレビへたれの歴史(1):「弱さ」ゆえの不祥事史
24 テレビへたれの歴史(2):「弱さ」ゆえの中止事件史
25 テレビへたれの歴史(3):「弱さ」ゆえのハード迷走史
 (26 1年間の総括(1):ノートを提出してもらう。)
27 テレビ、その「弱さ」の克服(1)外部講師を交えての講義や討論会をおこなう。
28 テレビ、その「弱さ」の克服(2)同上
 (29 テレビ、その「弱さ」の克服(3)同上)
30 1年間の総括(2)1年間で学んだことを総括する小論文を書いてもらう。

3)小論文「テレビの弱さについて」

・この授業中、20分程度で書く。
・前期の受講を踏まえて、現時点で思うこと、解き明かしていきたいこと、疑問などを簡 潔に書く。
・400字原稿用紙1枚。約300字~400字で。最初の1行に適当なタイトルを書く。
・原稿用紙の右半分の上余白に、番号・名前・名前のふりがなを横書きで書く。
・終了時に回収、次回に講評する。

【参考】小論文のやっつけ方

1)構成を考える――起承転結 序破急 羅列……
2)下書きする――思いのままに書きなぐれ!
3)「バカか、こいつは?」と思いながら客観的に読み、直せ。そのうえで清書せよ。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-10 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。