テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

どうなの? 2007-12-07

書き込みが遅くなりました。
佐藤 香里です。
成井さんに引き続き、ツッコミどころの多い
とくダネ×香川坂出3人殺害事件について書き込みます。

12月7日に放送された、山下清さんのコメントで川崎容疑者
は三浦さんに好意を持っていた。とされる発言があった。
川崎容疑者の奥さんが入院して寝ている側で、川崎容疑者
が三浦さんを口説いていた、と言う話だった。

川崎容疑者の動機が金銭トラブルから交際をめぐるトラブル、
そして三浦さんのご両親の遺産を狙ったトラブルにまで展開
した。

だけれども、一日に13時間もパートで働いて、家賃を滞納して
夜逃げをし、借金をして回っていた三浦さんのご両親の遺産って。。。
そんなのあるの?と見ていた人の多くが思ったはずだ。

動機が金銭トラブルによるものとされると、めぐりめぐって、山下清
さんも原因の一つとされてしまう見方もあり、このコメントを出すこと
によって、事件を交際トラブルに持っていけば、自分の周囲が楽に
なる。と思っての発言ととらせるか。

それとも、自分から事件を遠い所にやることによって、事件が単独
犯ではないとされる見方が強い中、今だ消えないあの疑惑を再度
否定しているようにとらせるのか。。。

この事件でバツの悪い思いをしてしまったマスコミはこの事件から
撤退していく中、今この事をとりあげたとくダネ、
山下清さんという人はカメラの前ではあんなにマスコミ的にいい(?)
リアクションをしているが、実際カメラが回ってない所ではどんな人
なのだろう。

山下清さんの役者がかってきたコメントとそれをもてあましてきた
とくダネ。。この両者にどうなの?と思ってしまった。



《番組情報》
番組名 とくダネ!
放送局 フジテレビ
時間帯 7:59~9:55

佐藤 香里

コメント

そんな簡単に人の気持ちがわかる?

【質問1】5番目と6番目の段落は、佐藤さんが、二人の子どもを殺された父親の発言の狙いを推測しているわけですね。

で、見ている者にそのように思わせるのは、被害者の父親もいかがなものか、そしてその発言を報じるテレビ局・番組側もいかがなものか、と言っている。

そうかね。二人の子どもを殺された父親が何を言っても、私は批判する気には全然なれないけれども。二人殺された親が、この程度のことで「自分の周囲が楽に」なんて考えると思う? それって、どういう「楽」なの? 「事件を遠い所にやる」とも書いているが、二人殺された親が、こんなことで事件を遠ざけられる? 毎日、子どもの顔や声が頭から離れないんじゃないのか?

『とくダネ!』のインタビューが何分だったか知らないが、それを見て、その発言から、子ども二人を殺された親の気持ちを簡単に推し量れるということが、私には到底ありえないと思えるんだけど、この点はどう考えますか?

【質問2】「マスコミ的にいい(?)リアクション」「役者がかってきたコメント」を、もっと具体的に指摘、分析してください。本人にその気持ちがなくても、自然そう見えてしまう人もあり、カメラがそうさせてしまう部分が小さくないと思うが、この点はどう思いますか?

以上、ほかの者はどう思う?

【そのほか】「と言う話だった。」「今だ消えない」の箇所は、抹消線で訂正して。あと、「ご両親の遺産って。。。」のようにマルを三つ並べる表記は、次回からこういう場所では使わないように。余韻や言いさし表現として定着しておらず、小学校の作文で書けば直されてしまう。普通の日本語では「ご両親の遺産って……。」のように記号「三点リーダ」を二マスぶん続けて書く。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)