テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマチックな報道は不必要 2007-11-28

書き込みが遅くなりまして、すいません。
4年の成井真梨子です。
香川・坂出、3人行方不明事件について記事を投稿したいと思います。

昨夜、今回の事件で3人の殺害を認めた犯人が逮捕された。
事件発覚から12日も経過してしまっていた。

フジテレビの朝の報道番組「とくダネ」でもトップニュースとして報じ、約50分間もの時間を割
いた。

◆番組の内容
・事件の急展開に驚く現場や出演者たち。
・今まで報じられなかった義弟と被害者の祖母との関係。
・父親の心境。
・これからの捜査の行方。

などで構成される。

◆報道の疑問点

・警察は事件発覚直後からマークしていたのに、報道はされなかったのはなぜ?

・いままでのマスコミ報道はなんだったの?
これにつきる。
 
一連の報道を見ていると、誰もが「秋田小1殺害事件」とダブらせて今回の事件をとらえていたのではないかと思う。被害者の父親は執拗にマスコミからインタビューを求められ、それに困惑したり、イラだつ様子はいかにも事件に関係している人物かのように画面に映し出されていた。
映像だけならまだしも、「事件現場に押し合った跡や、悲鳴も聞こえなかったので、身内の犯行可能性がある」の、台詞も必ず登場するものだった。
さらに、ニュース番組で見る被害者の家族相関図には被害者と父親の顔写真だけがでている。(これは犯人逮捕後の今でも)

悲劇の母親を装っていた畠山鈴香被告の言動が記憶に新しい人なら、「オヤジさんが怪しいのかな・・・・」と、推理しても仕方がない報道だった。

ところがどっこい。

逮捕されたのは被害者の義弟。今までの報道では登場しなかった人物だった。
(とくダネでは25日に義弟の息子に取材をしているがオンエアされたかは不明)
思わぬ急展開と番組では報じていたが、そう思ったのはマスコミや私たちだけで

今朝の番組では
小倉氏「警察は当初から怪しいという風に睨んで捜査を順調に続けてたとみていいんですかね」

現場の岸本氏「そうですね。やはり金銭トラブルがあったということと、川崎容疑者が事件発覚後に行方があまりつかめなかったことから、浮上したんじゃないでしょうか」

え、そうなの??
事件発覚後から警察は父親ではなく、他に睨んでいる容疑者がいた。
報道で取りだたされたのは父親だけ。
どんな身内がいるかぐらい簡単に調べることが出来るのに。

犯人が逮捕され、初めての今朝の番組では「共犯がいる可能性もある」と報じ、まだまだ父親へのマークを続ける姿勢のようだった。

◆どうあるべきだったか
マスコミは事実の報道ではなく、ドラマになる画を報道にしていたように思う。
事件のシナリオを演出して、それに当てはめるように取材して編集して、
視聴者を飽きさせないことを重視しているようだ。

裏付け取材を徹底していれば、容疑者の可能性をもっと広められたはずで、疑いの目が父親一人に集中することもなかった。
それだけでなく、報道番組の性質(ドラマチックに事実を創作する性質)そのものが変わらなければ裏付け取材をしてもオンエアされないということになるだろう。
そして、その性質を生んだのは、私たち視聴者であることも忘れてはならない。


《番組情報》
番組名 とくダネ!
放送局 フジテレビ
時間帯 7:59~9:55
キャスター 小倉智昭 笹井信輔  笠井 信輔 佐々木恭子

【成井 真梨子】



コメント

明らかにテレビのせい

書き込みが遅れてゴメン。このところバタバタしていたもので。

香川の事件、「犯人は絶対に××」とわかるようにブログに書いて炎上、1年間の謹慎を余儀なくされた若い女優だかタレントだかがいた。この者のようにブログで露骨に書かないまでも、「おそらく犯人は××」というような言葉を、家族や友だちとの会話、近所の井戸端会議、職場や飲み屋の雑談で交わした人は、少なくないはず。

で、彼らがなぜそう思ったかという原因を考えれば、それは新聞、雑誌、ネットのせいではなく、テレビのせいであることは明らか。これが出発点ですね。

すぐ思い浮かぶのは「岡っ引きジャーナリズム」という言葉だが、この事件に関してテレビがやったことは、本当にくだらなかった。もっと分析を深めていこう。他の者は、どう思うんだ?

いくつかの注意と質問

【1】成井真梨子の記事、冒頭の3行は不要。

【2】「昨夜」というような相対的な時の表現は、その瞬間だけに有効で一瞬のうちに消えていくテレビでは許されるが、ブログでは不適切。「今日」読まれるかどうかわからないからで、来年読まれるかもしれない。だから時を指し示すには、相対的な表現でなく、絶対的な表現(2007年11月27日夜)を使わなければならない。

【3】「一連の報道を見ていると、誰もが」の「誰もが」は、どういう人びとすべての意味? 作り手全員と視聴者全員という意味なの?

【4】「現場の岸本氏」って誰? 何者? 初出の人名は必ずフルネームで。現場の記者やレポーターなら、そう書く。

【5】人名に誤りがある。抹消線で訂正すべし。

【6】ここから本筋の話。「ドラマチック」は「劇的、波瀾に富むようす」といった意味だが、報道がドラマチックでは、絶対にいけないの? いけないならば、なぜなの? また、「ドラマチックに事実を創作する」と書いているが、今回どんなところが創作(=ないものを作り上げること)なんですか? 100%事実に即していて、創作は一切なく、正しく物事を伝えていて、しかもドラマチックな報道というのは、世の中に絶対に存在しないし、してはならないと思うわけ?

コメントありがとうございます。


>報道がドラマチックでは、絶対にいけないの? いけないならば、なぜなの?

視聴者が注目するような、演出やコメントをするのは悪いことではないと思いました。事実だけを淡々と伝える工夫のない番組を見ていてもつまらないし、テレビの存続に関わることなので。
でも、それを理由にテレビは希望的観測で報道を繰り広げているようだったので、それは違うんじゃないかと思いました。

>また、「ドラマチックに事実を創作する」と書いているが、今回どんなところが創作(=ないものを作り上げること)なんですか?

今回マスコミは、特定の人物がまるで容疑者かのような扱いをしていた。
していたと言っても過言ではなかった。
確証するものもなしに、平気で特定の人物を殺人者扱いしていたこと、重大な創作行為だったと思います。

つまらない報道は見たくない。
→事実だけの工夫のない報道ではダメ。

おもしろい報道は見たい。
→おもしろい報道って何?

どうあるべきなのかの答えはまだでないのですが、それは犯人を推理したり、疑ってみたりすることではないはずです。

具体的な検証が必要

成井さんは「今回マスコミは、特定の人物がまるで容疑者かのような扱いをしていた。していたと言っても過言ではなかった。 」と書く。

そのマスコミって誰? どの放送局、あるいは新聞? そんな扱いなどしていないというマスコミ関係者には迷惑な話では。

テレビであれば、「どの放送局のどの番組の、放映日時で何年何月何日何時何分~何分までの部分が、どのような映像・音またはどの出演者のコメントその他によって、容疑者かのような扱いをしていた」と指摘しなければ、上記のように書いても全然無効だと思いますが。ビデオを録ってあるなら、きちんと指摘のうえ、批判してください。

※コメントにもタイトルをつけよう(Subject欄)。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-11 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。