テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストという仕事 2007-10-14

奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕と読売新聞。情報源を秘匿できず、情報提供者を守れないジャーナリストは、その点では失格。単純に、信用を失い、今後は危なくてその者に大事なことを話せなくなるから。出所が限定される(あいつかこいつかと絞めていけば特定できる)資料はダイレクトに使うべきではない。法律違反に問われる可能性がある場合は、情報をくれとメールを打つべきではない(証拠が残らないよう)し、書類は手袋をしてコピーすべき(指紋が残らないよう)。基本がなってない

●そのことと、ジャーナリストの仕事に社会的な意味があるかどうかは別。「情報源はバレるかもしれないが、敢えてこの問題を明るみに出す」というジャーナリストの判断はありうる。そのときは、情報源に「覚悟してくれ」というべきで、情報源が「あんな形で使うとは思っていなかった」と漏らすようではお粗末。私ならば、ある子どもにもその父親にも長時間話を聞かず、当局が取ったその子どもの供述調書とその他の周辺取材だけに基づいて、「ある子どもが自分の父親を殺そうと決断した」(本のタイトルはその意味)という結論を出すことは、絶対にしない。単純に、その手法で事実に迫ることはできないから。その手法では、まったく犯罪に関与していない者が無罪かどうかすら判別できない。富山の冤罪事件で、同じ手法で「俺は女を犯そうと決めた」という本を書けば、これはただのバカ。子どもは何をやったかすら、夢のようにわからなかったかもしれないのに、事件直後、子どもの専門家でもない当局担当者がキリキリ追いつめて取った調書に、どれほどの意味があるかは、当の子どもに(信頼関係を構築したうえで、長時間、慎重に)話を聞かなければ判定不能。そう思わない者に子どもの問題がわかるはずがない。だから私は、問題の本をもちろん読んでいません

●表現の自由は、以上と密接に関わるが、また別の問題

以上、テレビ報道を考える際にも参考になるはず。

【すべてを疑え!! MAMO's Site<日録メモ風の更新情報>2007-10-14から】 坂本 衛

コメント

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。