テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15分ニュース 2006-11-12

こんばんは。日曜担当の神田です。
書き込みが遅くなってしまいましたが、日曜の日付で更新させてください。(追記:誤ってタイトルなしで送信してしまったので訂正しました)


日曜日は平日に比べると朝以外短時間のニュース番組が多く、今回は23時から15分間のNHKニュースを視聴しました。
15分間で6つのトピックを放送していて、全国・関東地方の天気予報もあるので結構盛りだくさんでしたが、キャスターが落ち着いているせいかあまり慌しく感じませんでした。主なニュースは、


・福島知事選で無所属新人の佐藤氏が当選確実
・新潟市長選、熊本市長選、新宿区長選
・北九州市で、同級生が多額の現金を要求するようないじめが発生していた小学校の校長が自殺


今日は各地で選挙があったために、選挙の話題がほとんどを占めていました。
注目度の高い福島知事選の報道では福島放送局の記者と中継をつなぎ、今回の選挙のポイント整理や知事の選挙活動の様子が映し出されていました。他は全てにおいて同じ映像(当選者、支持者が万歳三唱し、花束をもらい、抱負を述べる)でしたが、地域のニュースとして放送された新宿区長だけは開票結果の発表の映像で大きな顔写真がでていました。(地域への配慮?)

毎回選挙報道の度思うのですが、当選者が喜んでいる様子よりも、今後の抱負やプロフィールの紹介にもう少し重きを置いて放送して欲しいと思いました。万歳三唱は、必ず放映しなければいけないのでしょうか・・・。15分番組なので当選を伝えるには分かり易い映像構成なのでしょうが、立て続けに何回も見るとたまには違うことをやる議員はいないものかと思ってしまいました。

それから、北九州市の小学校校長の自殺についてですが、校長のすべきだったことは命を絶つことで責任を取ることではないと思います。
自殺すれば解決する、という見本を見せてしまっているようなものです。確かにいじめを隠していたのが発覚し、相当周りから責められ、精神的苦痛も受けたと思います。しかし、これから命の大切さを教えるべき大人が自殺してしまっては元も子もないのではないでしょうか。

また、教師も何か問題が起きた時に1人の責任にせずに全職員で解決していくという姿勢、協力体制をもっと作った方がいいのではないかと思いました。



≪番組データ≫
番組タイトル:NHKニュース
放送局:NHK総合
放送時間:23:00~23:15
キャスター:塩屋紀克


【神田絵里】

コメント

>万歳三唱は、必ず放映しなければいけないのでしょうか・・・。15分番組なので当選を伝えるには分かり易い映像構成なのでしょうが、立て続けに何回も見るとたまには違うことをやる議員はいないものかと思ってしまいました。

万歳の図ってほんとにひたすら放送されますよね(笑)もうあれは儀式的になっているんでは・・・(^^;)


以前小学生がサッカーゴールが倒れてきて死亡してしまったという事件がありましたが、その学校の校長先生も自殺してしまいました。周りに責められたり、また本人も自分をかなり責めたんでしょう。命の大切さを教える立場の人間が簡単に命を絶つようでは、子供達には伝わらないですよね。

確かに「当選しっ放し」

万歳をしなかったのは、沖縄県の当選者でバンザイ嫌いの県民性(沖縄戦を思い起こさせるから)に配慮した場合と、昭和天皇が危篤になって以降亡くなるまでとのケースしか知らないですね。
 バンザイを放送局が流すのは、本人を中心に会場全体が沸くというオイシイ絵だからでしょう。全国一斉の国政選挙でもバンザイが生中継できるようにセッティングする局ばかりです。
 でも神田さんのおっしゃる通りだと思います。

儀式的なものですが・・・

>鮎川さん
そうですよね・・・儀式的ですよね。

>以前小学生がサッカーゴールが倒れてきて死亡してしまったという事件がありましたが、その学校の校長先生も自殺してしまいました。

その事件は知りませんでした。それこそ自殺してどうするんだ、という話ですよね。おそらく、子供の親にかなり言われたのだと思いますが・・・


>かじかさん

>万歳をしなかったのは、沖縄県の当選者でバンザイ嫌いの県民性(沖縄戦を思い起こさせるから)に配慮した場合と、昭和天皇が危篤になって以降亡くなるまでとのケースしか知らないですね。

なるほど、そういうケースがあったのですね。逆にそれ以外はやっているというのもすごい話ですが。上のレスにも書きましたが、もう「儀式」になってしまっているのですね。

>バンザイを放送局が流すのは、本人を中心に会場全体が沸くというオイシイ絵だからでしょう。

喜びが分かり易いということなのかもしれないですね。みんなでやることによって「一致団結して当選しました」というアピールができるとか。まあ本人達は無意識にやっていると思いますが。

でも外国人から見たらおそらくもっと異様な光景でしょうね。

今日のバンザイ

そうそう、神田さん。一度だけフジテレビ・・・いやFNNが、衆参ダブル選挙の開票速報(投票日の翌日の月曜にやってました)をバラエティ化したことがあります。朝日系でニュースステーションが始まって間もなくですから、1985年か86年のことです。
 このときフジテレビは、いつもの「プロ野球ニュース」の時間55分間をまるごと、当時のコーナー企画「きょうのホームラン」(当日出たホームランを映像の数珠つなぎとBGMだけで紹介する)になぞらえて、「今日のバンザイ」を放送したんですよ。ここまでくると何というか・・・。

バンザイ報道

>神田さん
>喜びが分かり易いということなのかもしれないですね。みんなでやることによって「一致団結して当選しました」というアピールができるとか。まあ本人達は無意識にやっていると思いますが。
でも外国人から見たらおそらくもっと異様な光景でしょうね。

アメリカの場合ですが日本の選挙報道と同様万歳はしませんが祝杯は儀式的に放送されます。とても分かりやす画ですからね。

どの民主主義国家も当選時この手の放送はあるのではないでしょうか?

こんにちは。
コメントをしていたヴィーナスと申します。
最近はこちらのブログも坂本先生の日記も
更新がストップしているようです。
少し早いですが、学生さんの皆様も
坂本先生も良いお年をお迎え下さい。
有難うございました。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-06 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。