テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

ニュースのあとにニュース 2006-09-29

※タイトルを入れ忘れたのと、番組情報が間違っていたので書き直しました。

29、30日と私用で更新できなかったので、今10月1日ですが日付を変えて更新します。

28日(木)放送のNHK「首都圏ネットワーク」を見ました。
●京葉線配電盤トラブルで運転一時ストップ(8分)
●埼玉交通事故・重体の女の子死亡(1.5分)
●東京大気汚染訴訟・高裁和解促す(1.5分)
●特集・高齢者の食生活(8分)
●気象コーナー(4分)
●皇宮警察護衛官拳銃で自殺か(1分)
●千葉・鉄パイプ落下で女性顔にけが(1.5分)
●埼玉・火渡り(1分)
●文化流行最前線・フォークブーム(10分)
●世界最大級の豪華客船横浜に入港(3分)
●京葉線ダイヤ乱れ続く(1分)
●今日のニュースラインナップ(2分)
●気象情報(1.5分)

NHKでは午前10時から午後6時まで1時間ごとに約10分のニュースが入ります。特に午後6時~午後7時30分までは10分間の「ニュース」、続いて「首都圏ネットワーク」「ニュース7」と報道を含む番組が並んでいます。録画してみて単純に疑問に思ったのが、1つの番組にしてもいいんじゃないの?ということです。
「ニュース7」は録画していないので、なんとも言えないのですが、「首都圏ネットワーク」の前のニュースの構成はこんな感じ

●京葉線8時間余不通
●テレビ朝日"所得隠し"関係者を処分
●消防士長"飲酒"免許取り消し後無免許運転
●臨時国会開会式
●コメ作況指数3年ぶり平年下回る
●国民新党、新党日本との統一会派解消へ
●アルカイダ新たなメンバー勧誘

特にかぶってる情報もないし、といってそれぞれの番組に特色があるかっていうとそうでもないんですよ。京葉線のニュースに関してはほとんど同じ原稿読んでいますし、VTRだって同じだし。なんで「首都圏~」というニュース番組の前にもニュースをやるんでしょう?「ニュース7」の前にはやらないのに…なぜ??


NHKニュース
チャンネル :NHK総合
放送日 :2006年 9月28日(木)
放送時間 :午後6:00~午後6:10(10分)

首都圏ネットワーク
チャンネル :NHK総合
放送日 :2006年 9月28日(木)
放送時間 :午後6:10~午後6:52(42分)

【山本 彩子】

コメント

考えてみました

>1つの番組にしてもいいんじゃないの?ということです。
・最低限、これだけの数の番組は作らないといけない・・・
・契約上、ここの番組制作スタジオで何か作らないといけない・・・
といった感じの事情があるのでは。

ニュース7の前に無いのは、ニュース7は主力だから
それを引き立たせるため?でしょうか。
前座なんていらない
本物は一人でいい、みたいな。

以上、全てただの憶測でした

18時台の歴史

確か18時台の総合テレビって、かつては録画番組等がたくさん並んでました。ところが1986年に「にっぽん列島ただいま6時」という生の情報番組が始まったとき、「情報番組なんだからニュースも入れよう。全国ニュースまで1時間あるんだし」とばかりに始まったのが18時のニュースです。88年に始まったNHK各局のローカルニュースワイド(これが関東では現在、首都圏ネットワークになったわけで)にも引き継がれて現在に至っております。始めはローカルワイドに配慮して18:01スタートでしたが、兵庫県南部地震をきっかけに18:00スタートの独立番組となりました。
 これだけでは説明にならないですね。なぜローカル番組は独立させる必要があるのでしょう? 私の推測ですが、ローカルニュースというのは70年代に青森放送がローカルワイド番組を始めるまでの10年強の間は、10~25分の全国ニュースにくっついた5分くらいの枠しかなかったうえ、今でもニュースといえば全国ニュースのほうがが主流ですし視聴者の関心も高いです。だから、ローカル枠はローカル枠できちんと前面に打ち出さねばならない、という考え方が民放関東広域局(キー局)「以外」の全放送関係者に根強いのだと思います。
 NHKの夕方ローカルは、民放に歩調を合わせるように70年代、「○○640」(○○には局名が入る)で始まりました。もともとは7時のニュースにくっついてたんです。その後時間枠拡大で「630」になり、88年から「イブニングネットワーク」になり(一部地域の一部時期を除く。関東ではあの池上彰さんがキャスターでした)、90年代後半にタイトルが各局設定となったうえ、17時台をはじめ時間を前倒しできるようになりました(北海道なんて15時台からローカルにしてました!)。時間枠拡大につれてストレートニュースでない度合いが高まったのはいうまでもありません。現在は放送枠を縮小したところもありますが、最低でも18:10~19時前はローカル主体です。なお一部地域では18時のニュースをネット受けしてない局もあります(その局が全国ニュースを自前でやります)。
 18時というのはまだニュースが出続けている最中なのだそうです(プラス1開始の頃、局アナ時代の徳光さんが言ってました)。社会の高度化もあって、19時にニュースやるから18時はやらなくていい、というわけにはいかなくなったのでしょう。独立させることで、全国ニュースが何時から何時まで放送されるかも視聴者には分かりやすいわけで。ワイド化したために核となる部分が分かりづらくなった民放とは対照的ですね。

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-08 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)