テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22歳女性殺害事件 2006-09-24

今日も朝からバイト、明日もバイト・・・なぜこんなにバイトをしているのか自分でもよくわからないという・・・(笑)肌寒くなってきたし秋服でも買おうかな!と思ったら俄然テンション上がってきました鮎川です。こんばんは。

さて、今月20日未明に大阪府豊中市で22歳の女性が自宅で殺害された事件がありました。
今日も別のところで殺人事件があったみたいですが、最近若い女性が殺される事件をやたら耳にする気がします。

今日私は「とくダネ!」と「NNN Newsリアルタイム・サタデー」を観ました。

「とくダネ!」での内容をざっと紹介します。
●事件から3日たったせいかニュースの冒頭が「交際相手と思われる男性の行方を追っています」から始まる。
●被害者22歳の女性の中学の卒業文集を紹介
●事件の内容
●中学時代も交際していた現在行方不明の男性との現在の関係(事件前日も口論していた)
●事件後の男性の足取り。(4箇所のコンビニと銀行で総額100万をひきおとす)
●スタジオで再び中学の卒業文集を紹介(名前・生年月日・ニックネーム・10年後の自分をかくページでの、交際相手の男性の部分が名前以外の部分が未記入になっている.3年間の思い出という欄も未記入)
●とくダネが入手した男性の服装等の特徴を紹介
●スタジオでのコメント(未成年者でもないのに顔写真がまだ公開されていないということはまだ警察も断定していないのか・・・お金もおろしているし、警察にも名乗りでてこないということはどう考えてもおかしい・・・等)

まず感想として、あのスタジオでのやりとりを聞く限り交際相手を犯人だと決め付けて話していように思えた。
私かに個人的に私も彼がかなりあやしいと思う。ただどうしても納得できないのはやはり警察も断定できていない状態での、あのいかにもその男が犯人なのでは!?と何も知らない視聴者にも強く思わせるような番組の流れだ。
ただ現実を紹介していくだけでは番組にならないのだろうか。個人的に意見を述べるコメンテーターがいる限りどうしてもこういう現象が起こってしまうのは仕方がないことなのかもしれないが。

スタジオで中学の卒業文集を映し出しながら、「ほかの人は名前の部分以外にもちゃんと書いていますが、この交際相手の男性だけは名前以外未記入になっています!」というようなことを言った。でもよくみると、ほかの生徒も書いていない部分があったのを私はみた。なんというか「彼が犯人だ」と言いたくてしょうがないだけじゃないか。と思ってしまう。もちろん、「3年間の思い出」を書く部分も白紙だったという事実もあるようで、そういう部分から男性の人間像や人間関係を読み取ろうとしていてそれも重要な手がかりになるとはおもうけれど、それがどうしても強引なことのよう見えた。

ただスタジオ全員がみなそう言っているのではなくて、さんざん男が犯人だと決め付けたような発言をしたあと、「しかしまだ断定してない時点で警察は顔写真等を公開するのはまずいと思う。もしかすると男がおろした現金は逃走資金ではなくてまったく別のことにつかっているかもしれない」とぎりぎりのところでブレーキをかけるように発言していた。番組的に保険をかけているというか・・・(曲がった見方かもしれないけれど)

この番組が朝7:59~9:55の間の放送だ。
そのあとの「NNN News リアルタイム・サタデー」が17:59~18:30に放送されたが、この番組で交際相手の男性の顔写真も名前も公開された。
警察が彼を殺人の容疑で指名手配したのだ。自宅での二人のトラブルや防犯カメラにうつる二人が確認されていることなどから、警察は彼が犯行に及んだ可能性が高いとして逮捕状をとった。

以前、8月13日山田健人さんがとりあげていた「顔写真と事件報道」についてのブログを引用させてもらいますが、
『容疑者や被害者の写真は、かつては警察から配られていたが、人権配慮から現在はマスコミが独自で入手している。写真は記者の能力、努力の結果として評価される。』とあります。

今回のこの事件では警察の指名手配が出る前までの公開をぎりぎり防げたのかなと思います。いやもしかするとどこかで早くも公開されていたのだろうか・・・!?ちょっとそこらへんはわかりませんが、なんというかほんとに顔写真や名前の公開というのは際どいところで常に人権侵害に繋がる一歩手前にある。結果として犯人であったならよいが、下手をすればその人の一生を台無しにしてしまう。
だからこそ警察も指名手配まで踏み切るために慎重で、充分な状況証拠を集めようとするわけだが、そこにマスコミという存在がどこまで加入していいものか。
実際に警察ではつっこめない部分(でも大衆が求めている)をグイグイと解き明かしてくれることもあるが、事件に関してあくまで素人である者が真実を追究するといいながら人権を侵害しかねない危険を冒すのはやはり違う気がする。

《番組情報》
番組名 とくダネ!
放送局 フジテレビ
時間帯 7:59~9:55
キャスター 小倉智昭 笹井信輔 佐々木恭子

番組名 NNN News リアルタイム・サタデー
放送局 日本テレビ
時間帯 17:59~18:30
キャスター 鷹西美佳 後藤俊哉

【鮎川ゆき】

コメント

報道される量が違う。

>まず感想として、あのスタジオでのやりとりを聞く限り交際相手を犯人だと決め付けて話していように思えた。

今の報道では、怪しい人物を犯人扱いするような報道が多いと思います。ただ、スタジオでのやりとりは特に犯人を決め付けかねないようなトークになったりしますね。
しかし、この間の高専で起きた未成年の殺人事件では、犯人視されていて逃亡した少年はあんなにも報道され続けていたのに、今回の話題は犯人視されている人物が逃亡しているのにも拘らず、あまり報道されていないような気がします。未成年と青年では何か違いがあるのでしょうか・・・。

そして鮎川さんが指摘したように、中学の卒業文集も一体何を表したいんでしょうか。このような殺人事件が起きた時、必ず文集が出てきますよね。「将来の夢」とかいろいろ出しては、被疑者の人間像を否定しているような報道に見えます。ああいった報道は止めた方がいいのではないでしょうか。

矛盾

あの、誰も指摘されないようですけど、「とくダネ!」と「NNNリアルタイム・サタデー」って、同じ日に放送されるわけがないと思うのですが。23日にVTRで「とくダネ!」をみているのならまだ話は分かりますが、そうなると「事件から3日たったせいか」も「そのあと」といった表現jもおかしいと思います。

森さんコメントありがとうございます。
>この間の高専で起きた未成年の殺人事件では、犯人視されていて逃亡した少年はあんなにも報道され続けていたのに、今回の話題は犯人視されている人物が逃亡しているのにも拘らず、あまり報道されていないような気がします。未成年と青年では何か違いがあるのでしょうか・・・。

あの山口の事件は確かに今回のこの事件よりもかなり報道されていた気がしますね。言い方は悪いけど派手に取り上げられていたというか。未成年と青年ではやはり同じ殺人事件にしても衝撃が違うというのは多少あるのかもしれないです。つまり大衆の食いつきがよいと思われる事件こそそれだけたくさん取り扱われてしまうのかもしれませんね。今回の22歳の事件も同じ歳ということもあって充分に驚いたんですが・・・

>「将来の夢」とかいろいろ出しては、被疑者の人間像を否定しているような報道に見えます。ああいった報道は止めた方がいいのではないでしょうか。

無理に取り上げてまで紹介するべきではないですね。何か犯罪を犯すとその人の人生を全てあらわれて、なんでも誇張して非難されてしまうというのは、どんな人間にとってもつらいことですね。 


かじかさんご指摘どうもありがとうございます。
私はどれも録画してみていたのですが、確かにとくダネ!は22日金曜日の朝、そしてNNN News リアルタイム・サタデーはその名のとおり23日の土曜日夕方の放送でした。同時に見たというのもありつい同じ日に観たと混同してしまいました。
間違った書き込みをしてすみませんでした!!!

▼ コメントをどうぞ!! すぐ上(既存コメントの末尾)に追加します。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-07 ≫≫
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。