テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 報道に必要な日本語表現とは、なんだろう? 2017-05-19


●おさらい

日本語とは? > 放送/テレビとは? > 報道とは?
それぞれの概要、おおまかな特徴、歴史的な変遷を思い出す。それが今回のテーマの前提。


●報道に必要な日本語表現を考える

報道は[A          ]であるから、[a           ]の(ような)日本語表現が必要なはずだ。

以上「Aとa」(ここではラージAとスモールaと呼ぼう)の組み合わせを、Aとa、Bとb、Cとc、Dとd、Eとe……と、できるだけたくさん(少なくとも五つ六つ以上)考える。
さらに、そのそれぞれについて言葉を足し、なぜそうなのかという確固たる主張・立場の構築をする。


1)Aとa:報道は[A          ]であるから、[a           ]の日本語表現が必要


2)Bとb:報道は[B          ]であるから、[b           ]の日本語表現が必要


3)Cとc:報道は[C          ]であるから、[c           ]の日本語表現が必要


4)Dとd:報道は[D          ]であるから、[d           ]の日本語表現が必要


5)Eとe:報道は[E          ]であるから、[e           ]の日本語表現が必要


----------


●以上のような日本語表現が、現実のテレビや新聞で充分なされているといえるだろうか?


【坂本 衛】
スポンサーサイト

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2017-05 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。