テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送特殊研究Vの掲示板がスタート 2012-07-26

●放送特殊研究Vの掲示板がスタート

放送特殊研究Vの掲示板

どんどん書き込み、議論を進めてください。

7月20日当ブログ記事を読み、坂本にメールを寄越した者にのみ、
折り返しパスワードを送信します。

【坂本 衛】

スポンサーサイト

サイト(ホームページ)をつくる(その2)【ネットの実践02】 2012-07-20

【ネットの実践02】サイト(ホームページ)をつくる(その2)

●こんなサイトをつくりたい……受講生たちのアイデア
※順不同。( )は提案者名。「自分のアイデアはいまいちなので、降りて他の者に乗る」選択もあり。二番目以降の名前は乗った者。

・地デジ化で番組はおもしろくなったか?(小野)
・発見!おじさん録(河野)
・ゆとりがしゃべる場(小堀)
・組織図.com(佐藤)
・おすすめアルバイトfor日藝(横井)
・300歩の景色in江古田(長濱)
・ドラマレビューby日藝生(星野、上田)
・江古田MAP(森、小平)
・放送なんでもレポート(中島)
・江古田てけてけ(金)
・江古田キャンパスガイド学生版(小倉)
・日藝EXPO(白)

●坂本意見、寸評
・地デジ……重要な視点で、やる意味はある。だが簡単ではない。サイトをつくるまでもなくいえることは、(1)横長・高精細度画面がプラスに作用する番組は、たいていおもしろくなった(同じか、少しはよくなった)。スポーツ、映画、アート、音楽、紀行など。(2)横長・高精細度画面がプラスに作用しない番組は、たいていつまらなくなった(ダメになった)。地デジ化コスト増が番組コスト減を招いたため。報道、情報バラエティ、クイズ、ドキュメンタリー、低コストドラマなど。ただし、問題は不況やテレビ離れによる番組コスト削減と、地デジコスト増による番組コスト削減の区別をつけにくいこと。なお、NHKの収入は不況やテレビ離れと関係が薄く、しかも地デジコストを受信者に押しつけている(受信料収入を増大させている)ため、民放と同列に論じることができない。たとえば地方局は、地デジの準備期間中に(10年以上前から)地デジ情報を取るため、現場のリーダー格の優れた社員を東京支社に配置した。これだけでも地方局の制作力は落ちた(!)と思うが、そのようなことを調べるのは容易ではない(放送担当の新聞記者すら、ほとんど知らない話なので)。
・発見!……男子学生は、共感しづらいのでは。
・ゆとり……「ゆとり世代」の掲示板的なもの。今回のサイトづくりでは、入れ物だけつくる掲示板は外したい。【参考】2ちゃんのひろゆきと2~3度飲んだことがある。新宿や神楽坂で切り込み隊長も一緒だった。ひろゆきは、掲示板をつくった理由を「コンテンツをつくるのが面倒くさいから。掲示板ならば、それはみんながつくってくれる」と言っていた。今回は、コンテンツをつくりたいわけよ。
・組織図……大津の自殺事件で大騒ぎだが、教育委員会やPTAの組織って、みんなよく知らない。おもしろいと思うが大変だ。世の中こうなっている式の組織図本は、いくつも出ているが。たったこれ1枚(郵政出世街道)つくるのに、現役新聞記者が3日かかった。今回は諦めよう。
・おすすめ……雑多な(地域・時間その他バラバラな)バイト情報がたとえば100件あって、役に立つかな。しかも情報集めも更新も大変そう。「放送学科むけテレビ関連バイト情報」というように絞るべきでは。
・ドラマ……このサイトは必要。放送批評懇談会でも、こういうものが必要だ、と十数年前から話している。面倒くさいから、誰もつくらないけどね。報道レビューは、2006年度のこのブログがそう。受講生の担当は1週間だけだったのに「自分の一生で、こんなにテレビを見て、こんなに字を書いたのは初めて」という者が続出した。
・放送なんでも……テーマをさらに絞るべきでは。
・日藝EXPO……このサイトはあっていい。だが、8学科全部は大変では。逆に、放送学科のキミらは、展示するものがあるのか。
--------------------
・以上を除くと、「江古田の街情報」っぽいものが4本(提案者5名)となる。時間もないことだし、ひとまずそれらしいサイトをつくることに決定したいが、どうか?
→異議なし、ということで決定。

●今後の進め方
・夏期休暇を有効に使いたい。ついては、当授業用に会員限定の掲示板がすでに用意されているので、これを議論や打ち合わせの場とする。
・受講生は、まず次のことをすべし。
【重要な連絡】
1)全受講生は坂本宛にメールを打ってください。
2)すべてを疑え!! MAMO's Site<ジャーナリスト坂本 衛のサイト>のどのページからでも、ページ最下部の封筒マークをクリックすれば、坂本宛のメール作成画面が開きます。
3)件名は必ず次のように(氏名が日本大介である場合の例)。
   放特研V2012(日本大介)
4)本文はテキトーに、何か1~2行書いておいて。
5)署名またはそれに類するもの(名前と自分のアドレス)は必須。
6)自分のアドレスは、パソコンのものが望ましいが、ネットに接続できるのであれば、携帯アドレスでもかまいません。ただし、携帯の場合は、パソコンから打つ坂本のメールを受け取ることができる設定になっていることを必ず確認してください。
7)準備が整い次第、折り返し掲示板のアドレスと閲覧用パスワードを送信します。ただし、到着は7月いっぱい待ってくれ。7月31日になっても坂本からメールが届かない者は、もう一度問い合わせメールを打ってください。

・当ブログと掲示板を使って、8月いっぱい、次のようなことをします。
1)どんなサイトをつくるかという議論
 a)中身について
 b)デザインについて
 c)サイトの対象・お客さんについて
 d)その他
2)情報の収集
 a)似たような(中身の)サイトの収集
 b)参考になりそうな(デザインとか中身とか)サイトの収集
 c)サイトに掲載したい情報の収集
 d)その他
3)しばらくしたら、担当者を決めて、あるいはグループ分けをして作業を進める。
4)掲載したい情報が定まってくれば、デジカメを持って実際に街を歩く、先輩・友だち・先生方などにおススメの店情報を取材する、てな作業が始まる。
5)国や郷里に帰る者は、江古田を歩きまわることができないが、代わりにネットを駆使して情報収集などを頑張る。
じゃ、そーゆーことで。水の事故、山の事故、交通事故、その他事故や事件に合わないよう、気をつけて。有意義な夏を過ごしてください。ちゃんと生きながらえて、江古田に帰ってくるように。

【坂本 衛】

サイト(ホームページ)をつくる(その1)【ネットの実践01】 2012-07-13

【ネットの実践01】サイト(ホームページ)をつくる(その1)

●サイトをつくる
・ガタガタいってないで、みんなで一つサイトをつくってみよう。
・問題は、どんなサイトをつくるか。
・各自、手渡したA4紙に次のことを書け。
 (1)氏名・学年・学籍番号
 (2)つくりたいサイトのタイトル
 (3)サイトの説明(140~200字)

→各人の意見・構想を聞いた。いまいち考えがまとまっておらず、思いつきの域を出ないものも少なからずあった。
・よって発表は次回とする。次回までに自分の考えをブラッシュアップしておくこと。
・前期最終回の7月20日には、無理にもサイトのテーマを決めてしまう。
・本格的な制作は9月以降だが、夏休み中に制作の準備をする。

●いくつかの注
・サイトの構想を発表するとき、「タイトルは未定」という者が多かった。これはマズい。理由は以下。

《なぜタイトルが重要か》
 ・タイトルとは、読んでくれるかもしれない(まだ読むかどうか決めていない)人に対する、最初の、そして唯一のメッセージだ。
 ・タイトルで、ピンときて「何かな」と思わなければ、その人は140字の説明すら読んでくれない。もちろん、サイトに何十ページあったとしても、読んでくれるはずがない。
 ・だから、タイトルとはキャッチコピーそのものだ。しかし、露骨で下品なセールコピーではダメ。もっとタイトルに悩み、練りに練る癖をつけなさい。小論文の題名、卒論の題名、レポートの題名、全部同じことだ。
 ・どうタイトルをつけるか? とりあえず100個くらいタイトル候補を書き出し、ダメなものを落としていけ。
 ・受講生諸君が当ブログに書き込むコメントでも、タイトルについて2度注意した。つまらないタイトルはダメ、タイトルは宛先ではない、の2点だ。読み直しなさい。

「みんな」でつくるサイトであることに注意。自分一人の極端な、オタク的興味から、サイトをつくりたいと思っても、その興味を受講生全員で共有できなければ、共同作業ができない。
「みんな」のスキルも大事。たとえばデジカメ写真100枚のトリミングや色補正くらいならなんとかなるが、ビデオ映像1分×100本の編集はどうか、と検討しなければ。
「みんな」の知識も大事。たとえばネットやパソコンの基本を勉強中の身で、ネットやパソコンに関して世間をなるほどと思わせるようなサイトをつくれるか、と検討しなければ。
誰に見せる/読ませるサイトか、考えよ。
・一人ひとりが手分けして、3ページずつとかつくるわけだ。自分が考えている構想を実地に移すとき、その3ページをつくる作業がイメージできるか、よく考えよ。
・小野紘子の意見……この授業(放送特殊研究V)で学んだことに関係し、それをさらに深めるような内容のサイトをつくるべきだと思う。
・上記意見に対する坂本意見……それも悪くない。ただし、部分的にせよ当ブログ以上の中身があるサイトをつくらなければ意味がないから、たいへんかも。
【坂本 衛】

「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)は本日休講  2012-07-06

「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)は本日休講

この授業は、受講生諸君のノートよりもブログに記載した授業内容のほうが、はるかに分量が多く、しかも詳しい。どうでもいいが、そんな授業ってほかにあるのかね。

だから、受講生諸君は、コメントくらい言われた通りに書き込んだほうがいいんじゃないかと思う。老婆心ながら付記すれば、7月20日までに最低限必要なコメント数は

10

のようだ。
すでに繰り返し警告したように、出席状況が悪い者や指示通りコメントを書き込まない者に単位は出ない(または出ない恐れが大きい)から、そのつもりで。

●本日の代わりの補講は7月13日。よろしく。

【坂本 衛】

テレビの現在と今後──ネットに食われてオシマイか?【番外/立命館大特別授業のレジュメ】 2012-07-05


 立命館大学 報道最前線講座~社会情勢を知る~
 テレビの現在と今後──ネットに食われてオシマイか?
 2012年7月5日 坂本 衛(ジャーナリスト)


0.自己紹介(略)

・すべてを疑え!! MAMO's Site→http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/profile.html
・1996~『放送批評』編集長、1997~2004『GALAC』編集長、2005~『オフレコ!』副編集長
・2007~2010放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門委員長、2009~田原総一朗ノンフィ クション賞審査員(映像部門)、2010民放連賞審査員(東京地区、報道番組)など
・坂本衛『「地デジ化」の大問題』(イースト・プレス刊、2011年6月)
・堀江貴文+田原総一朗『ホリエモンの最後の言葉』(アスコム刊、7月)
・辛坊治郎+高橋千太郎『放射能の真実』(同、9月)
・竹中平蔵+中田宏『告発 ニッポンの大問題30!』(同、9月)
・古賀茂明+田原総一朗『決別!日本の病根』(同、11月)
・榊原英資『「通貨」から読み解く世界同時恐慌』(同、12月)
・ケビン・メア+田原総一朗『自滅するな日本』(同、2012年3月)
・紀藤正樹『マインド・コントロール』(同、5月)

1.「テレビの現在と今後」を、諸君はどうイメージしているか?

●テレビを見ている?(平日平均、N=   )
 1時間未満   / 1~2時間未満   / 2~4時間未満   / 4時間以上  

●テレビは、自分にとってもっとも重要な情報ツールだと思う?
 思う   / やや思う   / なんともいえない   / やや思わない   / 思わない  

●やがてネット(パソコンやスマホ)が放送(テレビ)を凌駕する、置き換わると思う?
 思う   / やや思う   / なんともいえない   / やや思わない   / 思わない  

2.ネットと放送は、似ている

●ネットと放送は、同じような画面で見る。似ていることは確か。
・「みんな融合すると言ってるから、放送と通信は融合するのだろう」(奥田碩・元経団連会長)
・「最終的にはすべてインターネットになる」(堀江貴文・元ライブドア社長)
・「同じパソコンの画面で見ているのに、ネット(経由)で見るのと地上波(のテレビ経由)で見るのは、何が違うのか。(放送と通信を)分けている意味がない。いずれ融合するのでしょう。二十年先なのか五年先なのかはわからないが」(三木谷浩史・楽天社長)

3.ネットと放送は、似ているが違う。どこが違うか、考えよう

●トラとネコは、似ているが違う。違いを、次のように書き表すことにする。左右に注意。
・大きさ(大/小)、体表面の模様(黄と黒の縦縞/いろいろ)、噛む力(強/弱)、
 動物園(いる/いない)、ペット(不向き/向き)……etc.

●ネット(パソコンやスマホ)と放送(テレビ)でも、同じことをやってみよう。
・          (       /       )
・          (       /       )
・          (       /       )
・          (       /       )
・          (       /       )
・          (       /       )
・          (       /       )

●いま、30項目の違いを指摘できたとする。なかには似たような項目があるはず。技術の発展や資金の投入によって違いが解消していく項目もあるはず。
→違いを分析・整理する。
→大きく5項目の違いに整理できたとすれば、それが「ネットと放送の五つの違い」だ。

●違いをハッキリさせれば、次のようなことがいえる。
・違いが解消されない限り、両者は将来も存続する。
・違いは、両者の利点・美点・得手、得意技などを示すと同時に、その逆も示す。

【情報の受け手、利用者は】
・ネットと放送を得手・不得手に応じて使い分けるのが、賢い利用法だ。
・メディアを不得手な部門で使うときは、つねにその弱点や限界に留意し、必要に応じて他の メディアを参照すべきだ。

【情報の送り手、制作者は】
・得意技を最大限発揮できるコンテンツをつくり、それで勝負するのが、賢い制作法だ。
・不得手な部門に投資するのは、ムダやロスが多い。
・不得手な部門では他のメディアと提携し、弱点を補うことを考えるべきだ。

4.テレビ放送の現状

・NHKは、受信料収入の過去最高を更新中で「一人勝ち」状態。
・民放は、広告収入の低落傾向に歯止めがかからない。
・テレビ全体の視聴率は、長期低下傾向。
・「くだらない」「つまらない」「役に立たない」番組が多い。
・とくに民放で、低コスト番組が増加中(ひな壇バラエティ、クイズ、手抜きロケetc.)。
・若い世代を中心に「テレビ離れ」が進行中。
・3.11とフクシマで露呈した既存メディアの限界、無力、無責任
・地デジ化(2011年7月24日)で露呈した視聴者軽視、無視、身勝手

→テレビ放送は、没落への急坂を転がり始めた。
→このままでは、テレビの影響力は失われる一方だ。

5.テレビは、わかっているのか?

・ネットとの違いや、テレビの得手・不得手をわかっていない者が多い。
・わかっていても、得意技を発揮できない。
・わかっていても、得意技を求めるニーズに充分応えない。

6.質疑応答

以 上

カルト: 大学生狙う 12大学2380人調査 約2割、疑いある勧誘経験(毎日記事)だと【番外】 2012-07-01

毎日jp(毎日新聞)サイト記事から

カルト: 大学生狙う 12大学2380人調査 約2割、疑いある勧誘経験
2012年07月01日

 大学生の約2割がカルトなどの疑いがある不審な勧誘を受けた経験があるとの調査結果を立正大学の西田公昭教授(社会心理学)らの調査チームがまとめた。うち3割超が大学構内で誘いを受けていたが、学校側の対策はパンフレットを配布するなど一方的な情報提供にとどまっているケースが多かった。【福島祥】

 多くの若者が集まる大学キャンパスはカルト勧誘の標的になりやすい。調査は昨年10~11月、東京▽大阪▽愛知--など8都府県の公・私立大学計12校の学生を対象に実施し、2380人から回答を得た。

 勧誘の方法別では大学構内で呼び止め(31・1%)が最も多く、自宅などを訪問(27・3%)、街角で呼び止め(19・3%)が続いた。勧誘を受けた学生の約半数は活動内容の説明を聞いただけでやり過ごしていたが、団体の行事や合宿に参加(9・3%)したり、氏名や電話番号など個人情報を提供した(8・3%)学生もいた。

 大学側の対策について尋ねたところ、不審な勧誘に注意を呼び掛けるパンフレットを受け取った学生が約半数に上り、最も多かった。一方で、「何もない」と回答した学生も約1割いた。

 西田教授は「大学は文書配布や掲示による情報提供だけでなく、授業などで学生に自分自身の問題として考えさせる機会をつくるべきだ。学生がいつでも相談できる窓口を整えておくことも必要だ」と指摘している。

※引用ここまで。

いろいろと事情を抱える毎日らしい記事といえる。立正大学の西田公昭さんという人は、マインド・コントロールについて書いている人。日大では、どんな様子なのかな。マインド・コントロールといえば、最近、次のような本も出たゾ。参考まで。

マインド・コントロール(紀藤正樹著 アスコム刊)

【坂本 衛】

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2012-07 ≫≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。