テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告放送は必要か? 2011-12-16

【広告放送は必要か?】

●民間放送(民放)とは?

・受信料で運営される「公共放送」NHKの存在を前提として、NHK以外の放送を指す用語。
・事実上は、商業放送または広告放送(前者のほうが意味が広い。広告があまり入らない有料放送は広告放送とは呼びにくいが、明らかに商業放送)。
・現在では、公共放送に放送大学が入る。民間放送に、第三セクターによるCATVやNPO法人によるコミュニティ放送が入る。ボーダーライン上での定義は、やや曖昧。

●民放の公共性とは?

・現在の民放は、東京キー局を中心に全国ネット体制を敷いており、広域圏放送や県域放送という「ローカル放送」でありながら、「全国放送」的な存在。当然、公共的な放送であって「公共」と大いに関係していることに注意。

●実態は、営利企業による広告つきの放送

・主として広告収入によって運営されている。

・多くの人が見れば見るほど、収入が上がる。

「どのくらい多くの人が見ているか」の指標(ものさし)が「視聴率」しかない。

民放は視聴率にこだわる。

●視聴率至上主義をめぐって

・「番組づくりにおいて(NHKや放送大学以外の)放送局が1%でも高い視聴率を取ろうとする」ことを「視聴率主義」と呼ぶとすれば、視聴率主義は、良し悪しの問題ではなく、民間放送・商業放送・広告放送にとって当たり前の話。それは民放テレビの原理。
・この意味の視聴率主義は、批判すべき対象ではない。それは、八百屋が大根を1本でも多く、トヨタ自動車がクルマを1台でも多く売ろうとするのと同じ。それを批判する者は「どうかしている」。

・視聴率主義と似ているが、「番組づくりにおいて放送局が1%でも高い視聴率を取ることを至上の題として、なりふりかまわず、手段を選ばずに視聴率upを図ろうとする」ことを「視聴率至上主義」と呼ぶとすれば、これは批判の対象。それは、八百屋が腐った大根を売りつけたり、自動車メーカーが欠陥車を売りつけたりするのと同じ。
・視聴率upを図るあまり、公共的な役割を忘れたり、過度に刺激的・扇情的な表現を使ったり、事実をねじ曲げたりすれば、これは徹底的に批判しなければならない。

・以上の「視聴率主義」と「視聴率至上主義」を混同し、的ハズレの主張をする人々が多い。
・テレビ局にも、混同する者がいる。たいていは、視聴率が取れないことの言い訳。
・現行の視聴率調査に問題があることは、また別の話(例 若者むけ番組の視聴率はハッキリ実態より低く出る)。

【この項は、授業で言わなかった追加】
・ドキュメンタリーの中には、「どうせ視聴率は取れないから」と、よりおもしろく、より視聴率を稼ごうとする努力を放棄しているものが、少なからずある。戦争・原爆・差別(部落・在日・ハンセン氏病)・病気(老い・痴呆・障害者)・貧困を取り上げさえすればドキュメンタリーになると思っている者が多すぎ、パターン化しすぎていてつまらない。
(ギャラクシー賞報道活動部門委員長を4年間やった者がいうのだから、間違いない!)

●「テレビは視聴率にこだわるから低俗になる」のウソ

・低俗=趣味・考え方・傾向などが下品で程度の低いこと。下品で俗っぽいこと。程度が低く、趣味の悪いこと。
・過去の高視聴率番組100や1000をチェックすればわかる。低俗な番組は、ほどんど含まれていない。低俗では高視聴率を取ることはできない。
・当たり前! ベストセラーも同様。マンガは俗っぽく、専門書よりは程度が低いとしても、何千万部も売れているマンガが、下品だったり趣味が悪かったりするわけではない。エロ・グロ・ナンセンスマンガの発行部数は、手塚治虫・鳥山明・井上雄彦といった作家たちのマンガより、はるかに少ない。

●視聴率が下がってきた→広告収入が減ってきた

・30%超えのドラマは、ほとんど見かけない。
・視聴率がくるのは国民的なイベント、大事件。ドラマでは、少なくなってきた。
・日本の広告費(電通)を調べよ。
・ひところ(1997~2006年の10年間)のテレビ広告費はざっと2兆円、GNPの0.3~0.4%などと言われた。それが落ちている。

06年2兆0161億円▲1.2%……番組0.8% スポット▲2.9%
07年1兆9981億円▲0.9%……番組8773億円▲0.6% スポット1兆1208億円▲1.1%
08年1兆9092億円▲4.4%……番組8656億円▲1.3% スポット1兆0435億円▲6.9%
09年1兆7139億円▲10.2%……番組7596億円▲12.2% スポット9543億円▲8.6%
10年1兆7321億円△1.1%……番組7132億円▲6.1% スポット1兆0189億円△6.8%

・番組広告費(「この番組は××の提供でお送りしました」と出るCM収入)の大きな落ち込みに注意。番組内容と関係ない、CM告知だけを狙った(新聞に入るチラシ的な)CMが増えている。

日本の広告費の推移

・↑テレビ・ラジオとインターネットの広告費を単純に比較してはダメ。ネット広告には、エロ、風俗、ギャンブル、貸し金、飲食など、放送で流れない広告もすべて入っているため。

・ものが売れない時代(成熟化、少子高齢化)
・IT化やグローバル化によるデフレ(物価安)
・不景気・円高
→テレビは、商品名の連呼と、インターネットに客を呼ぶためだけの広告メディアに?

●テレビで告知しなくても売れている商品を調べてみよう。

・口コミやネットで評判になり、在庫切れの人気商品(お米パン製造器)
・高級品(ベンツ、高級化粧品、億ション)
・ネット販売が定着しているもの(DELLパソコン)
・訪問・対面販売が定着しているもの(クルマ、医薬、老舗の保険)
・クルマCMは「新車が出た!」か「安い軽自動車」以外、あまり見かけなくなった。なぜか?

●やたらとテレビCMを打っている商品を調べてみよう。

・携帯、携帯ゲーム
・ゲーム機、テレビゲーム
・ビール(季節限定)
・永谷園、ハウス食品、缶コーヒー、カップ麺、まろにーちゃん的なもの
・洗剤、香取線香(季節限定)、消臭剤、大衆薬(風邪薬、胃薬、肩こり湿布、栄養ドリンク)
・若者むけのもの、安いもの、どうでもいいもの、季節限定で売りまくるものが多い。なぜか?

●積極的に「買ってくれ」と言っていないように見えるCMの意味を考えてみよう。

・ユニクロ、ナイキ

●企業は、テレビCMを打たなくてもものが売れることに気づきはじめた。

・北米トヨタの新車販売
・パナソニックの石油ファンヒーター探し

●民放テレビは、明らかに長期低落の道をたどり始めた。

・15~20年後には、存在しないテレビ局があるはず。
・ただし、影響力は削がれるが、なくなるとか、ネットに置き換わるとかいうことはない。

【坂本 衛】
 
スポンサーサイト

公共放送NHKに期待する役割 2011-12-09

●本日の授業は、放送学科助手の鈴木渡さんが代行してくれます。

●授業開始時に現れ、原稿用紙を配ってくれますので、以下のテーマで小論文を書いてください。

【テーマ】公共放送NHKに期待する役割
【文字数】400字詰め原稿用紙3枚以上(2枚と1行なんてケチなことをせず、たくさん書こう!)
【説 明】授業で話したこと、参考リンク先の内容その他を踏まえ、現在の自分のテレビ視聴を前提として、NHKに期待する役割を自由に論じる。何も期待しないなら、それはそれでかまわないが、なぜそうなのかを論じること。期待する役割を果たすためにNHKに必要なことなんかも、書くとよいかも。
【注 意】1行目にテーマ、2行目下のほうに名前、3行目下のほうに学年と学籍番号を書くこと。

●鈴木助手は授業終了直前に再び現れるので、原稿を提出してください。

●どうしても授業時間内に仕上がらなかった者は、可及的速やかに鈴木助手に提出のこと。

★★★成績に関係する論文については、2011-11-27記事をチェック!!★★★

【坂本 衛】

【番外篇】立命館大学 報道ジャーナリスト養成塾 公共放送NHKとはなにか?【オマケ】 2011-12-08

────────────────────
立命館大学(びわこ・くさつキャンパス)
報道ジャーナリスト養成塾

公共放送NHKとはなにか?

2011年12月8日 坂本 衛(ジャーナリスト)
────────────────────

0.自己紹介(略)

・すべてを疑え!! MAMO's Site→http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/profile.html
・1996~『放送批評』編集長、1997~2004『GALAC』編集長、2005~『オフレコ!』副編集長
・2007~2010放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門委員長、2009~田原総一朗ノンフィクション賞審査員(映像部門)、2010民放連賞審査員(東京地区、報道番組)など
・坂本衛『「地デジ化」の大問題』(イースト・プレス刊、6月)
・山田法胤『ブッダに学ぶ とらわれない生き方』(同、7月)
・堀江貴文+田原総一朗『ホリエモンの最後の言葉』(同、7月)
・辛坊治郎+高橋千太郎『放射能の真実』(アスコム刊、9月)
・竹中平蔵+中田宏『告発 ニッポンの大問題30!』(同、9月)
・古賀茂明+田原総一朗『決別!日本の病根』(同、11月)
・榊原英資『「通貨」から読み解く世界同時恐慌』(同、12月22日)

1.公共放送NHKとは?

●NHK(日本放送協会)とは?
・NHKについて、どんなことを知っているだろうか?
・NHKのイメージを話し合おう。そのイメージをもたらしたものは何だろう?

●公共放送とは?
・「公共放送NHK」という。では、日テレやフジは公共的な放送ではないのだろうか?
・少なくとも「国営放送」ではない。では、「公共放送」とは何だろう?

2.日本の放送導入を振り返る

●放送は86年前にラジオでスタート
1925(大正14)年 社団法人東京放送局が初のラジオ放送。大阪放送局・名古屋放送局が続く。
 放送の機能は「文化を国民に均分」「慰安によって家庭生活を革新」「国民の教養を養う」「経済機能を敏活にする」
1926年 逓信省指導下に3放送局が統合され、日本放送協会(NHK)が誕生。
 放送を規律したのは「無線電信法」(さらに逓信省令「放送用私設無線電話規則」、「放送用私設無線電話監督事務処理細則」)

●放送導入時のラジオの位置づけ
逓信省(政府)→無線電信法(電報や電話など公衆電信を政府の一元管理統制下に)→ラジオ放送(公衆電信の一つという位置づけ)→実際の担当はNHK(独占)

・ラジオ設置者は逓信局長の「聴取無線電話私設許可書」が必要。受信料(聴取料)は月1円。
・国営放送でないかたちでNHKを官僚統制下においた狙いは何だろう?
・放送の歴史と戦争の歴史を重ね合わせ、気がつくことをまとめてみよう。
 (表づくりが極めて有効。左に放送史・右に戦争史を書き、関連を探る)

3.戦後の放送改革を振り返る

1950(昭和25)年 電波三法(電波法、放送法、電波監理委員会設置法)
 特殊法人日本放送協会が発足→「公共放送」
1951年 正力松太郎「日本テレビ放送網」構想→「民間放送」
1952年 電波監理委が日本テレビに予備免許を出し、廃止
1953年 2月にNHK、8月に日本テレビが放送開始

・第二次世界大戦の終結(日本の敗戦)後、アメリカがやったことは何か?
 日本にとってどんな意味があったかを考えよう。
・日本の民主化を強く要請・主導したアメリカ(GHQ)は、放送をそのツールとして使った。
・放送の仕組みはアメリカが教えた。例)15分刻みの編成、ラジオ欄、ラジオドラマ。
・日本の独立(の回復)は1951年。電波三法が占領中に成立したことに注意。

【参考】放送の歴史「放送法制定までの経緯」1945~50
    http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/data/hoso1945.html

●放送法
・日本の放送を規律する法律。同時にNHK設置法。
・第1条がきわめて重要。よく吟味し、その意味を考えること。第1条「放送の不偏不党」と第3条2「政治的に公平」の違いを理解しよう。
・第15条 協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送(国内放送である基幹放送をいう。以下同じ。)を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い、あわせて国際放送及び協会 国際衛星放送を行うことを目的とする。

・第64条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

4.NHKの役割が変わってきた

・「あまねく」目的の達成、形骸化
・多チャンネル多メディア化
・インターネットの登場、その高度化
・モバイルメディア(ノートPC、携帯)の発展
・漠然とした「負担金」「準税金」から「対価」としての受信料へ

【参考】テレビの原理と放送局
    http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/tvtoha.html

5.公共放送の危機とNHKの暴走

【参考】NHKに政治介入。政府高官が圧力・干渉、番組内容を改変。受信料問題に影響も。ETV「裁かれた戦時性暴力」で http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/nhk2.html

【参考】NHK受信料問題とは? 曖昧・受信料をどうする? NHK不祥事と「受信料不払い」(支払い拒否)拡大の経緯 http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/nhk.html

【参考】NHKはどこへ行く? ~放送メディア・公共放送の危機~
    http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/nhkdoko.html

・「受信料を払わなければ裁判沙汰に」とNHKの暴走が始まった。
・受信料滞納の裁判。
・受信未契約の裁判。
・これが望ましい公共放送のあり方といえるだろうか?

6.質疑応答

以 上

公共放送(NHK)は必要か?(つづき)、広告放送は必要か? 2011-12-02

【公共放送(NHK)は必要か?(つづき)】

●公共放送NHKは、「公共放送」としての役割を果たしているか?

・長く続いた自民党一党支配の時代は、少なくとも政治的にはハッキリ「御用放送」の役目を果たしていた。
・NHKのみならずNHK・民放テレビ、郵政省は、自民党田中派の支配下にあった。
・田中角栄とは何か?

放送事件史「田中角栄」≪前編≫――大量免許でマスコミ支配(坂本衛の執筆記事)

放送事件史「田中角栄」≪後編≫――メディア支配構造の完成(同上)

・NHKの果たすべき(NHKに期待される)役割が、50年前とは違ってきた。どう違ってきた?
・受信料問題とは? 公共放送の危機とは?

NHKに政治介入。政府高官が圧力・干渉、番組内容を改変。受信料問題に影響も。ETV「裁かれた戦時性暴力」で(同上)

NHK受信料問題とは? 曖昧・受信料をどうする? NHK不祥事と不払い(支払い拒否)拡大の経緯(同上)

NHKはどこへ行く? ~放送メディア・公共放送の危機~(2008年2月8日に日本放送労働組合[NHKの組合]中国支部で坂本衛がおこなった講演レジュメ)

・「受信料を払わなければ裁判沙汰に」と暴走しはじめたNHK
波動(11年10月28日執筆の某新聞コラム)

坂本 衛

 NHKが、静かなる〝暴走〟を始めた。
 一つは、受信料滞納の裁判沙汰だ。簡易裁判所に申し立てた支払督促は、06年11月から始まり、11年9月末までに1986件。
 中には少数だが、地裁への強制執行手続き申し立てもある。
 強権で知られた海老沢勝二元会長すら、かつて筆者に「公権力による罰則は採らない。国民との信頼関係だけをよりどころにする」と断言した。その信頼関係をNHKの側から破った暴挙だ。
 そもそも何万円も受信料を滞納するのは、高所得者ではない。職員の平均年収が1200万円近いNHKが、貧乏人を裁判所に訴えて見せしめにする性根が、おぞましい。
 未契約者はタダで見放題だから、不公平は度を越している。受信料より大切な支払いと思える税金、健保、年金などを滞納したときの役所の対応と比べても、NHKの乱暴狼藉ぶりは目に余る。
 暴走のもう一つは、自分で10%と約束した受信料収入の還元を、7%でごまかそうとしていることだ。
 震災被災者の受信料免除は、阪神・淡路でも実施した公共放送として当然の責務。震災後の緊急投資も、公共性の高い会社はみんなやっている。「以上を加えれば10%」とは、詭弁もはなはだしい。
 自分に入るカネを払わない者を裁判沙汰にする一方で、自分が出すと公言したカネを値切ろうとは……。
 しかもNHKは、地デジが映らない世帯をBSに誘導して衛星契約を結ばせ、史上最大の受信料収入6598億円(10年度決算)を上げた。この不景気に5年連続の増収だ。
 コストが増えず受信料だけ増えるBSはNHKには濡れ手に粟。それを見ざるをえない人が多いのは、準備が整わないまま地デジ移行を強行したからだ。
 これは焼け太りというのか、火事場泥棒というのか。
 NHK職員に「やりすぎでは」とか「恥ずかしい」という感覚はないのだろうか。
 静かでも暴走は暴走だ。暴走を止めなければNHKは早晩、国民から見放され、衰退し始めるだろう。これが筆者の見立てである。
 (さかもと・まもる ジャーナリスト)

●公共放送NHKは、どうあるべきか。議論しよう。


【広告放送は必要か?】

●民間放送とは?

・「商業放送」「広告放送」のほうが、より実態に即した用語。「民間放送」はNHKあっての言葉。
・昔は「国鉄・私鉄(民鉄)」といった。国鉄がJRとなって(民営化して)からは、あまりいわない。
・「民放」がNHKとセットの存在であるならば、役割分担があり、民放のNHKとは異なる果たすべき役割があるはずだろう。それは何か? 以下、次回。

≪緊急告知!!≫
 12月8日夜に滋賀県出張が入り(遅くまで会合があり京都泊)、9日14時~前米国務省日本部長(3月まで沖縄総領事)ケビン・メア氏取材が東京であるため、9日の授業はキツい。
 そこで、授業はやりますが、以下のテーマで授業時間内に小論文を書き、鈴木助手に提出してください。

 【テーマ】公共放送NHKに期待する役割
 【文字数】400字詰め原稿用紙3枚以上

 授業で話したこと、参考リンク先の内容その他を踏まえ、現在の自分のテレビ視聴を前提として、NHKに期待する役割を自由に論じてほしい。何も期待しないなら、それでかまわないが、なぜそうなのかを論じること。

★★★成績に関係する論文については、2011-11-27記事をチェック!!★★★

【坂本 衛】

続きを読む »

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2011-12 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。