テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine 2010-12-10

【今週と来週はこれ↓】
-----------------------------
ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine
2002年、アメリカ
カンヌ国際映画祭55周年記念特別賞、シカゴ映画批評家協会賞最優秀ドキュメンタリー賞、アメリカ脚本家組合最優秀脚本賞(2002年)、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞(2003年)など
120分
監督/マイケル・ムーア
製作総指揮/ウォルフラム・ティッチー
製作/チャールズ・ビショップ、ジム・チャルネッキ、マイケル・ドノバン、キャサリン・グリン
音楽/ジェフ・ギブス
編集/カート・イングファー
-----------------------------

●概要
1999年4月20日のコロンバイン高校銃乱射事件を中心に、銃社会アメリカを描き、告発するドキュメンタリー映画。インタビューで登場するのは、事件の被害者遺族、コロンバイン市民、犯人二人が心酔していたマリリン・マンソン、全米ライフル協会会長の俳優チャールトン・ヘストン、『サウスパーク』製作者マット・ストーン、銃弾を売る全米2位のスーパーチェーン・Kマート広報担当など。アメリカの歴史、アメリカ以外の先進諸国の事例、銃普及率が高いが犯罪発生率が低い隣国カナダの検証なども重ねていく。

●参考
○受賞した四つを紹介したが、これ以外にも受賞多数。2002~03年には、主なドキュメンタリー映画賞の多くを受賞している。
○興行収入が全世界で4000万ドル(ざっと50億円)といわれ、ドキュメンタリー映画では、おそらく過去最高のヒット作と思われる。
○これは銃社会アメリカを告発するキャンペーン映画。ある意味で宣伝映画、プロパガンダ映画と言ってもよい。監督は、アメリカは銃規制をすべきだと思っているから、もちろん政治的に中立・公正な映画ではない。というか、本講座で流したドキュメンタリーで、政治的に中立・公正なものがあったっけ? あるいは、これこそが客観報道だなんてものが、あった?
○マイケル・ムーアは日本の原一男を高く買っているようで、対談などしている。

●課題
ごく大雑把にいうと、最近(ここ10年ばかり)のドキュメンタリー映画の世界的傾向は、環境関連の自然ものと、本作のマイケル・ムーアや『The Cove』のような告発キャンペーンものに大きく分かれる。で、それ以外のもの(たとえば歴史もの、記録もの、一人の人間に迫るものなど)のウェイトが小さくなっている。その理由を考えてみよう。

●坂本は、9日20時まで立命館大学「報道ジャーナリスト養成塾」講義@びわこ草津キャンパスがあり、朝10時40分までに帰ってくることができない。なので、すまんけど、よろしくね。17日は補講があります。単位(ひいては卒業の可否)に関係するので、受講生は必ず出席のこと(とくに4年生)。

●4年はかならず「受講生へ(【超重要】成績の件) 101204」記事を熟読のこと!
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-12 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)