テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

WikiLeaksに関して見ておけ! 2010-12-05

●いま、ウィキリークスに関して、米公電25万件が流出した、その中には米外交官がどの国のトップをどう評したなんて話が満載だと、問題になっているね。当授業では、尖閣問題のYou Tube流出映像を見せたが、次の映像も欠かせないと思うので、紹介しておく。

Collateral Murder

●以下は記事の要約(坂本のいい加減な訳だ。間違いがあれば指摘せよ)

2010年7月6日更新。合衆国陸軍バグダッド勤務の情報分析担当官ブラッドリー・マニング上等兵(22歳)(注:Privateは上等兵または一等兵・二等兵) は、このビデオを公開したかどで告発された(伝えられるところでは売国的なジャーナリストに話した後に)。 ペンタゴン文書事件(71年)の背後にいた内部告発者ダニエル・エルスバーグはマニング氏を「英雄」と呼んだ。彼は現在クウェートで収監されている。このビデオが示す米攻撃ヘリ「アパッチ」乗務員と彼らをかばう者は、いまだ告発されていない。マンニング上等兵支援のためbradleymanning.orgを見てほしい。

bradleymanning.org

WikiLeaksは東部時間2010年4月5日10時44分、イラクの新バグダッド郊外で、ロイター通信社ニューススタッフ2名を含む1ダース以上の人々を無差別殺戮したことを示す米軍の機密ビデオを公開した。

ロイター社は、攻撃時から情報公開法によってビデオを入手しようとしたが、できなかった。アパッチヘリの銃眼から撮影されたビデオからは、負傷したロイター社員と救助する者が何も挑発していないのに殺されたことは明らかだ。救出に関与した二人の子どもも重傷を負った。

軍はどのようにロイタースタッフが殺されたか明らかにせず、また、子どもが負傷した理由も知らないと述べた。

要求の後にロイターの要求後、事件の調査が行われ、米軍は米兵の行動が武力紛争に関する法律とその交戦規則どおりであったと結論づけた。

したがってWikiLeaksは、この殺戮の以前、間、以後のルールを明らかにするために、機密であった2006、2007、2008年の交戦規則を公開した。

WikiLeaksは、オリジナルの38分ビデオと短いバージョンの両方を当初の分析付きで公開した。通信記録から字幕を付け加えた。

WikiLeaksは、軍の多くの内部告発者からサポート書類を得たように、このビデオを得た。 WikiLeaksは得た情報の信憑性を確認するためにあらゆることをする。私たちはさまざまな基礎資料から事件についての情報を分析した。私はたちは直接事件に関係した目撃者やジャーナリストとも話した。

WikiLeaks は、すべてのリーク情報が、それが値する注意を得ることを望む。とくに今回の事件で殺された何人かは、ただ自分の仕事をしていただけのジャーナリストだった。その仕事は、戦争についてレポートするために命を危険にさらすことだが。イラクはジャーナリストにとって非常に危険な場所だ。2003~2009年に139人のジャーナリストが殉職した。

●現時点(2010年12月5日)までに、WikiLeaksサイトは、某米国政府その他がサイバー攻撃をかけて閲覧できないようにしているほか、サーバー管理会社にWikiLeaksを排除するよう強く働きかけている。

●You Tubeで「Collateral Murder」と検索しても同じ映像が出てくるが、全世界844万人が見たものは、アカウント・年齢認証が必要。

●【参考記事:共同通信 2010/07/30 10:37】

(見出し)流出源は22歳上等兵か アフガン文書、報復懸念も

(写真キャプション)米軍のブラッドリー・マニング上等兵=撮影日不明(AP=共同)

 【ワシントン共同】アフガニスタン駐留米軍などの機密文書9万点以上がウェブサイト「ウィキリークス」に流出した問題で、米紙ウォールストリート・ジャーナルは29日、国防当局者の話として、イラク駐留米軍情報部門で勤務経験のあるブラッドリー・マニング上等兵(22)が文書を入手した証拠を米軍当局がつかみ、流出源との見方を強めたと報じた。

 文書には、反政府武装勢力タリバンなどの情報を米軍に提供した多数のアフガン人氏名が含まれていることも判明、報復の恐れを指摘する声が上がっている。

 ゲーツ国防長官は同日の記者会見で、流出によってアフガン側との信頼関係が揺らいだと指摘し「戦場への影響は深刻」と表明。連邦捜査局(FBI)に捜査協力を依頼したと述べた。ウィキリークスに対する捜査を視野に入れているとみられる。

 マニング上等兵は、米軍ヘリコプターがバグダッドでイラク民間人らを誤射する場面の機密映像などをウィキリークスに提供した容疑で、今月逮捕された。使用していたコンピューターを調べた結果、今回の機密文書をダウンロードした証拠が見つかったという。

●どう思う? イラク戦争は2003年3月20日に開戦して、4月9日頃にバクダッド陥落、5月はじめにブッシュ米大統領が大規模戦闘の終結宣言を出した。それから4年たってなお、イラクで望遠カメラ(RPGとか言っているのが、肩乗せのロケット砲と誤認? RPG-7は映画『ブラックホーク・ダウン』に出てきた。北朝鮮不審船も積んでいた)とかカメラバッグ(三脚バッグは確かに銃が入るけどね)なんか持っていて、徒党を組んでいると、いきなりヘリから攻撃されると。子どもも容赦しないぞ、と。もちろん補償なんか一切出ないし、謝罪もない。交戦規則通りの、アメリカ軍としての通常業務であると。──というのはまずいんじゃないか、という内部告発(機密漏洩)なわけだ。これは、ほんとうに(アメリカ首脳がいうように)ただの盗人で犯罪者の仕業なのか?

⇒【参考:こんなページも】WikiLeaks が公開した"Collateral Murder"を確認してみた

⇒【参考:坂本サイト】Four More Years!! うーん、またこのお方と4年間も……

●この前、Googleがそんなにすごいのか?って話をしただろう。Googleに「Four More Years」って入れて、何が出るかやってみな。何万件中の検索結果かも見てみ。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-12 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)