テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

ゆきゆきて神軍(原一男)後半 2010-12-03

●3日に話し、学内に掲示した成績の件は、12月4日の記事を参照のこと!!


【先週と今週はこれ↓】
-----------------------------
ゆきゆきて神軍
1887年 疾走プロダクション作品
122分
製作/小林佐智子(原一男の奥さん)
監督・撮影/原一男
録音/栗林豊彦
編集・構成/鍋島惇
日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ映画賞、日本映画ペンクラブベスト1位、毎日映画コンクール監督賞ほか
-----------------------------

●ドキュメンタリー青春『おれはガンじゃない!片腕の俳優 高橋英二の1年半』を撮った頃(1970年前後)の田原総一朗や、その後の原一男がよく使った言葉に”対象との共犯関係”(対象とはカメラの。カメラに撮られる者)というのがある。カメラを向ける主体と向けられる対象、取材者と被取材者なんてものが、こっち側とむこう側というようにハッキリ区別できるのか。被取材者はカメラを向けただけで、いつもと違う者になる。取材者もカメラが映す対象によって、どんどん変質していく。映像はそんな相互作用で作られていく。撮す者と撮される者の間に一種の共犯関係が成立している。客観なんてウソだ。テレビカメラは、その関係を生み出す暴力的装置ともいえる。そのことを認識しない映像作品てのは、これは違うだろう──てな考え方だ。これは、互いに共犯であることを強く自覚した典型的なドキュメンタリーともいえる。

●日テレ電波少年が「アポナシ」って言葉を流通させた。でも、そんなのは昔からあるわけ。

●この映画に出てくる『岸壁の母』は、坂本が聞いた中でいちばん感動的な『岸壁の母』だな。昭和20年代の末頃、菊池章子(昭和22年の『星の流れに』で有名)が歌って大流行した。70年代以降は二葉百合子が浪曲調で歌い、いまでも懐メロ番組ではこの人が歌う(菊地章子は故人)。

●奥崎のキャラがものすごくとんでもないので見過ごされがちだが、奥崎がたずねる日本兵たちも、それぞれ個性的でおもしろい。みんな普通の人だが、普通でない。人間の肉を食い、生死の境をさまよい、その過去を封印して戦後を長く生き、子どもを育て、家を持った。奥崎が責任追及するのは勝手だが、みなそれぞれ立派なものだ。きみらの爺さん婆さんや、きみらのひい爺さんひい婆さんも同じで、それぞれが立派に戦ったのよ。

●坂本は、とくに山田吉太郎という人に惹かれる。自宅に小さな祠《ほこら》を作って拝んでいたと。記録を書き残したが「何から何まで全部食った」と書いたことで察してもらうしかないのだと。太平洋戦争は、山田さんのような兵士を生んだしょうもない戦争だったということは、繰り返し語られてよい。奥崎と山田は「天罰だ」「断じて違う」と言い合う。奥崎の天罰論は「誰かのせい、何かのせい」論に聞こえる。山田のは自己責任論で、ただし封印させておくれよ、と。私は山田の言い分に共感する。

●ところで、靖国神社に英霊246万柱が祀られていることは知っているだろう。その数十万以上は、弾に撃たれたり砲弾や爆弾で吹き飛ばされて死んだのではない。マラリアのような病気で死んだか、飢え死にしたかのどちらかだ。靖国の神様(出雲大社の神様は大国主命というのと同じ意味で、靖国神社の神様は246万の兵士その他の霊だ)の中には、戦友を食った者も、戦友に食われた者もいる。もちろん兵站《へいたん》を無視したトンデモ作戦計画を立て、捕虜になるならば死ねと命じ、兵士たちを無駄に死なせた軍幹部たちも神様だ。ついでにいえば、明治新政府側で幕府軍側の日本人を殺した者たちも神様だ(新政府側だったが後に逆賊とされた西郷隆盛なんかは、靖国には入れてもらえない)。もちろん靖国神社にお参りするのもしないのも自由だが、そういうことは知っておいたほうがよい。会津や鹿児島出身者は、靖国神社で拝むと、自分のひいひいじいさんとかばあさんを殺したヤツを拝むことになってしまうからだよ。

●ニューギニア方面でこんなことがあったと示す映像は、日本には極めて少ない。NHKスペシャルなんかでは、絶対にやらないネタ。その意味でも貴重な映像だ。ただし、日本人はなんて野蛮なの、とか間違えないように。「アンデスの聖餐」というのがあるが、極限状態ではヒトはヒトの肉を食いますよ。人間だけが残酷なんじゃない、チンパンジーだって同じ(余計な話だが、アメリカで最近、脱走チンパンジーがヒトを襲って食った。アメリカではチンパン観が一変し、チンパンと遊ぼう式のテレビ番組が一斉に打ち切られ、本を書いてた研究者なんかがヤバいことになっているそう。友人のサル学者の話による)。

●見終わって、後味が悪い人は少なくないはず。田原の昔のドキュメンタリーもそう。”共犯”とは、対象者と撮影・取材者をごたまぜにする(それが基本)だけでなくて、演技と本気、主観と客観、シナリオとハプニング、経過と結論、冷徹な観察と熱い感情移入、マジと冗談といったものを全部ごたまぜにして、そのまま提示することになる(突き詰めるとそうなるでしょ)。そのもやもやというか、何一つ解決しない感じが、不快感や後味の悪さに直結する。しかも、それを提示することで、映像を見る観客をも”共犯関係”に引っ張り込もうとしている。そんなのはゴメンだ、と観客が言っても、たとえば映画館でおカネを払った、あるいはDVDを買ったあなた、そのおカネの何%か監督・原一男はいただきましたから、知ってか知らずか、とっくの昔に”共犯”ですよ、と。

●さまざまな感想があるだろうが、一言でいえば、やっぱり傑作というしかないと思うね。ただ、最後のほうは、グジャグジャだ。詳しい話は忘れてしまったが、どこかで奥崎との関係が悪くなり、映像が撮れなくなったんじゃなかったかな。これも『高橋英二』に似ているわけね。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-12 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)