テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【補講】ボウリング・フォー・コロンバイン 2010-12-17

【先週と今週はこれ↓】
-----------------------------
ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine
2002年、アメリカ
カンヌ国際映画祭55周年記念特別賞、シカゴ映画批評家協会賞最優秀ドキュメンタリー賞、アメリカ脚本家組合最優秀脚本賞(2002年)、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞(2003年)など
120分
監督/マイケル・ムーア
製作総指揮/ウォルフラム・ティッチー
製作/チャールズ・ビショップ、ジム・チャルネッキ、マイケル・ドノバン、キャサリン・グリン
音楽/ジェフ・ギブス
編集/カート・イングファー
-----------------------------

●本日が2010年内の最後の授業です。1月にも後期の残り授業あり(4年は成績に関係ないが、もちろん出席してもかまわない)。

●4年はかならず「受講生へ(【超重要】成績の件) 101204」記事を熟読のこと!
スポンサーサイト

ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine 2010-12-10

【今週と来週はこれ↓】
-----------------------------
ボウリング・フォー・コロンバイン/Bowling for Columbine
2002年、アメリカ
カンヌ国際映画祭55周年記念特別賞、シカゴ映画批評家協会賞最優秀ドキュメンタリー賞、アメリカ脚本家組合最優秀脚本賞(2002年)、アカデミー賞長篇ドキュメンタリー賞(2003年)など
120分
監督/マイケル・ムーア
製作総指揮/ウォルフラム・ティッチー
製作/チャールズ・ビショップ、ジム・チャルネッキ、マイケル・ドノバン、キャサリン・グリン
音楽/ジェフ・ギブス
編集/カート・イングファー
-----------------------------

●概要
1999年4月20日のコロンバイン高校銃乱射事件を中心に、銃社会アメリカを描き、告発するドキュメンタリー映画。インタビューで登場するのは、事件の被害者遺族、コロンバイン市民、犯人二人が心酔していたマリリン・マンソン、全米ライフル協会会長の俳優チャールトン・ヘストン、『サウスパーク』製作者マット・ストーン、銃弾を売る全米2位のスーパーチェーン・Kマート広報担当など。アメリカの歴史、アメリカ以外の先進諸国の事例、銃普及率が高いが犯罪発生率が低い隣国カナダの検証なども重ねていく。

●参考
○受賞した四つを紹介したが、これ以外にも受賞多数。2002~03年には、主なドキュメンタリー映画賞の多くを受賞している。
○興行収入が全世界で4000万ドル(ざっと50億円)といわれ、ドキュメンタリー映画では、おそらく過去最高のヒット作と思われる。
○これは銃社会アメリカを告発するキャンペーン映画。ある意味で宣伝映画、プロパガンダ映画と言ってもよい。監督は、アメリカは銃規制をすべきだと思っているから、もちろん政治的に中立・公正な映画ではない。というか、本講座で流したドキュメンタリーで、政治的に中立・公正なものがあったっけ? あるいは、これこそが客観報道だなんてものが、あった?
○マイケル・ムーアは日本の原一男を高く買っているようで、対談などしている。

●課題
ごく大雑把にいうと、最近(ここ10年ばかり)のドキュメンタリー映画の世界的傾向は、環境関連の自然ものと、本作のマイケル・ムーアや『The Cove』のような告発キャンペーンものに大きく分かれる。で、それ以外のもの(たとえば歴史もの、記録もの、一人の人間に迫るものなど)のウェイトが小さくなっている。その理由を考えてみよう。

●坂本は、9日20時まで立命館大学「報道ジャーナリスト養成塾」講義@びわこ草津キャンパスがあり、朝10時40分までに帰ってくることができない。なので、すまんけど、よろしくね。17日は補講があります。単位(ひいては卒業の可否)に関係するので、受講生は必ず出席のこと(とくに4年生)。

●4年はかならず「受講生へ(【超重要】成績の件) 101204」記事を熟読のこと!

WikiLeaksに関して見ておけ! 2010-12-05

●いま、ウィキリークスに関して、米公電25万件が流出した、その中には米外交官がどの国のトップをどう評したなんて話が満載だと、問題になっているね。当授業では、尖閣問題のYou Tube流出映像を見せたが、次の映像も欠かせないと思うので、紹介しておく。

Collateral Murder

●以下は記事の要約(坂本のいい加減な訳だ。間違いがあれば指摘せよ)

2010年7月6日更新。合衆国陸軍バグダッド勤務の情報分析担当官ブラッドリー・マニング上等兵(22歳)(注:Privateは上等兵または一等兵・二等兵) は、このビデオを公開したかどで告発された(伝えられるところでは売国的なジャーナリストに話した後に)。 ペンタゴン文書事件(71年)の背後にいた内部告発者ダニエル・エルスバーグはマニング氏を「英雄」と呼んだ。彼は現在クウェートで収監されている。このビデオが示す米攻撃ヘリ「アパッチ」乗務員と彼らをかばう者は、いまだ告発されていない。マンニング上等兵支援のためbradleymanning.orgを見てほしい。

bradleymanning.org

WikiLeaksは東部時間2010年4月5日10時44分、イラクの新バグダッド郊外で、ロイター通信社ニューススタッフ2名を含む1ダース以上の人々を無差別殺戮したことを示す米軍の機密ビデオを公開した。

ロイター社は、攻撃時から情報公開法によってビデオを入手しようとしたが、できなかった。アパッチヘリの銃眼から撮影されたビデオからは、負傷したロイター社員と救助する者が何も挑発していないのに殺されたことは明らかだ。救出に関与した二人の子どもも重傷を負った。

軍はどのようにロイタースタッフが殺されたか明らかにせず、また、子どもが負傷した理由も知らないと述べた。

要求の後にロイターの要求後、事件の調査が行われ、米軍は米兵の行動が武力紛争に関する法律とその交戦規則どおりであったと結論づけた。

したがってWikiLeaksは、この殺戮の以前、間、以後のルールを明らかにするために、機密であった2006、2007、2008年の交戦規則を公開した。

WikiLeaksは、オリジナルの38分ビデオと短いバージョンの両方を当初の分析付きで公開した。通信記録から字幕を付け加えた。

WikiLeaksは、軍の多くの内部告発者からサポート書類を得たように、このビデオを得た。 WikiLeaksは得た情報の信憑性を確認するためにあらゆることをする。私たちはさまざまな基礎資料から事件についての情報を分析した。私はたちは直接事件に関係した目撃者やジャーナリストとも話した。

WikiLeaks は、すべてのリーク情報が、それが値する注意を得ることを望む。とくに今回の事件で殺された何人かは、ただ自分の仕事をしていただけのジャーナリストだった。その仕事は、戦争についてレポートするために命を危険にさらすことだが。イラクはジャーナリストにとって非常に危険な場所だ。2003~2009年に139人のジャーナリストが殉職した。

●現時点(2010年12月5日)までに、WikiLeaksサイトは、某米国政府その他がサイバー攻撃をかけて閲覧できないようにしているほか、サーバー管理会社にWikiLeaksを排除するよう強く働きかけている。

●You Tubeで「Collateral Murder」と検索しても同じ映像が出てくるが、全世界844万人が見たものは、アカウント・年齢認証が必要。

●【参考記事:共同通信 2010/07/30 10:37】

(見出し)流出源は22歳上等兵か アフガン文書、報復懸念も

(写真キャプション)米軍のブラッドリー・マニング上等兵=撮影日不明(AP=共同)

 【ワシントン共同】アフガニスタン駐留米軍などの機密文書9万点以上がウェブサイト「ウィキリークス」に流出した問題で、米紙ウォールストリート・ジャーナルは29日、国防当局者の話として、イラク駐留米軍情報部門で勤務経験のあるブラッドリー・マニング上等兵(22)が文書を入手した証拠を米軍当局がつかみ、流出源との見方を強めたと報じた。

 文書には、反政府武装勢力タリバンなどの情報を米軍に提供した多数のアフガン人氏名が含まれていることも判明、報復の恐れを指摘する声が上がっている。

 ゲーツ国防長官は同日の記者会見で、流出によってアフガン側との信頼関係が揺らいだと指摘し「戦場への影響は深刻」と表明。連邦捜査局(FBI)に捜査協力を依頼したと述べた。ウィキリークスに対する捜査を視野に入れているとみられる。

 マニング上等兵は、米軍ヘリコプターがバグダッドでイラク民間人らを誤射する場面の機密映像などをウィキリークスに提供した容疑で、今月逮捕された。使用していたコンピューターを調べた結果、今回の機密文書をダウンロードした証拠が見つかったという。

●どう思う? イラク戦争は2003年3月20日に開戦して、4月9日頃にバクダッド陥落、5月はじめにブッシュ米大統領が大規模戦闘の終結宣言を出した。それから4年たってなお、イラクで望遠カメラ(RPGとか言っているのが、肩乗せのロケット砲と誤認? RPG-7は映画『ブラックホーク・ダウン』に出てきた。北朝鮮不審船も積んでいた)とかカメラバッグ(三脚バッグは確かに銃が入るけどね)なんか持っていて、徒党を組んでいると、いきなりヘリから攻撃されると。子どもも容赦しないぞ、と。もちろん補償なんか一切出ないし、謝罪もない。交戦規則通りの、アメリカ軍としての通常業務であると。──というのはまずいんじゃないか、という内部告発(機密漏洩)なわけだ。これは、ほんとうに(アメリカ首脳がいうように)ただの盗人で犯罪者の仕業なのか?

⇒【参考:こんなページも】WikiLeaks が公開した"Collateral Murder"を確認してみた

⇒【参考:坂本サイト】Four More Years!! うーん、またこのお方と4年間も……

●この前、Googleがそんなにすごいのか?って話をしただろう。Googleに「Four More Years」って入れて、何が出るかやってみな。何万件中の検索結果かも見てみ。

受講生へ(【超重要】成績の件) 2010-12-04

【超重要】成績の件

●放送特殊研究Vの成績は、授業への出席回数、授業での発言(回数と内容)、当ブログへのコメント(回数と内容)を総合的に判断してつけます。

●2010年11月13日の〈報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会〉への出席は成績をつける際の必須条件です(欠席事由を書面にて申し出た者のみ考慮する)。

●著しく出席回数が少ない者、および当ブログへのコメント回数が少ない者に、そのまま単位を与えてしまうと、まじめにやっている者の不満が大きい。なので、出席・コメント回数が少ない者には、以下の課題を与えます。この課題をクリアした者には、少なくとも単位がつきます。

【課題】……単位を与える最低の条件(全員共通)

【1】当ブログのコメント欄に、少なくとも15件のコメントを書き込むこと(授業冒頭の自己紹介コメントを含めて15件)。欠席して映像を見ていない者は、You Tubeその他で映像を探して見てからコメントする、映像以外の関連事項につきコメントする、などせよ。

【2】4年生は12月17日(金)の記事に、3年生は2011年1月28日(金)の記事に、1年間の授業全体をふり返ってのコメントをつけること。その際、各自、自分が書き込んだコメントの件数を数えて、それが20件であればコメントの末尾に【20】というように、忘れずに書き込むこと。これが最低【15】でなければアウト!! 残念!! わかった?

【締め切り】

4年生……2010年12月19日夜24時(20日0時) ※20日昼までに成績を付け、21日16時までに教務課に提出しなければならないので。
3年生……2011年1月31日夜24時(2月1日0時)

●卒業を予定する4年生は、とくに注意のこと。授業を取っているのに出席したのをあまり見たことがないという友だちには、ちゃんと伝えるように。

●坂本が今年度、当ブログに書いた記事の件数は30近い(左の「月別の記事」のカッコ内の数字を足す)。その半数のコメントしか書き込まない受講生に単位を与えるのは、いくらなんでもヒドい、甘やかしすぎだという気もするが、まあ、オマケしておく。若年層の失業率10%近い状況にも鑑みて。

ゆきゆきて神軍(原一男)後半 2010-12-03

●3日に話し、学内に掲示した成績の件は、12月4日の記事を参照のこと!!


【先週と今週はこれ↓】
-----------------------------
ゆきゆきて神軍
1887年 疾走プロダクション作品
122分
製作/小林佐智子(原一男の奥さん)
監督・撮影/原一男
録音/栗林豊彦
編集・構成/鍋島惇
日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ映画賞、日本映画ペンクラブベスト1位、毎日映画コンクール監督賞ほか
-----------------------------

●ドキュメンタリー青春『おれはガンじゃない!片腕の俳優 高橋英二の1年半』を撮った頃(1970年前後)の田原総一朗や、その後の原一男がよく使った言葉に”対象との共犯関係”(対象とはカメラの。カメラに撮られる者)というのがある。カメラを向ける主体と向けられる対象、取材者と被取材者なんてものが、こっち側とむこう側というようにハッキリ区別できるのか。被取材者はカメラを向けただけで、いつもと違う者になる。取材者もカメラが映す対象によって、どんどん変質していく。映像はそんな相互作用で作られていく。撮す者と撮される者の間に一種の共犯関係が成立している。客観なんてウソだ。テレビカメラは、その関係を生み出す暴力的装置ともいえる。そのことを認識しない映像作品てのは、これは違うだろう──てな考え方だ。これは、互いに共犯であることを強く自覚した典型的なドキュメンタリーともいえる。

●日テレ電波少年が「アポナシ」って言葉を流通させた。でも、そんなのは昔からあるわけ。

●この映画に出てくる『岸壁の母』は、坂本が聞いた中でいちばん感動的な『岸壁の母』だな。昭和20年代の末頃、菊池章子(昭和22年の『星の流れに』で有名)が歌って大流行した。70年代以降は二葉百合子が浪曲調で歌い、いまでも懐メロ番組ではこの人が歌う(菊地章子は故人)。

●奥崎のキャラがものすごくとんでもないので見過ごされがちだが、奥崎がたずねる日本兵たちも、それぞれ個性的でおもしろい。みんな普通の人だが、普通でない。人間の肉を食い、生死の境をさまよい、その過去を封印して戦後を長く生き、子どもを育て、家を持った。奥崎が責任追及するのは勝手だが、みなそれぞれ立派なものだ。きみらの爺さん婆さんや、きみらのひい爺さんひい婆さんも同じで、それぞれが立派に戦ったのよ。

●坂本は、とくに山田吉太郎という人に惹かれる。自宅に小さな祠《ほこら》を作って拝んでいたと。記録を書き残したが「何から何まで全部食った」と書いたことで察してもらうしかないのだと。太平洋戦争は、山田さんのような兵士を生んだしょうもない戦争だったということは、繰り返し語られてよい。奥崎と山田は「天罰だ」「断じて違う」と言い合う。奥崎の天罰論は「誰かのせい、何かのせい」論に聞こえる。山田のは自己責任論で、ただし封印させておくれよ、と。私は山田の言い分に共感する。

●ところで、靖国神社に英霊246万柱が祀られていることは知っているだろう。その数十万以上は、弾に撃たれたり砲弾や爆弾で吹き飛ばされて死んだのではない。マラリアのような病気で死んだか、飢え死にしたかのどちらかだ。靖国の神様(出雲大社の神様は大国主命というのと同じ意味で、靖国神社の神様は246万の兵士その他の霊だ)の中には、戦友を食った者も、戦友に食われた者もいる。もちろん兵站《へいたん》を無視したトンデモ作戦計画を立て、捕虜になるならば死ねと命じ、兵士たちを無駄に死なせた軍幹部たちも神様だ。ついでにいえば、明治新政府側で幕府軍側の日本人を殺した者たちも神様だ(新政府側だったが後に逆賊とされた西郷隆盛なんかは、靖国には入れてもらえない)。もちろん靖国神社にお参りするのもしないのも自由だが、そういうことは知っておいたほうがよい。会津や鹿児島出身者は、靖国神社で拝むと、自分のひいひいじいさんとかばあさんを殺したヤツを拝むことになってしまうからだよ。

●ニューギニア方面でこんなことがあったと示す映像は、日本には極めて少ない。NHKスペシャルなんかでは、絶対にやらないネタ。その意味でも貴重な映像だ。ただし、日本人はなんて野蛮なの、とか間違えないように。「アンデスの聖餐」というのがあるが、極限状態ではヒトはヒトの肉を食いますよ。人間だけが残酷なんじゃない、チンパンジーだって同じ(余計な話だが、アメリカで最近、脱走チンパンジーがヒトを襲って食った。アメリカではチンパン観が一変し、チンパンと遊ぼう式のテレビ番組が一斉に打ち切られ、本を書いてた研究者なんかがヤバいことになっているそう。友人のサル学者の話による)。

●見終わって、後味が悪い人は少なくないはず。田原の昔のドキュメンタリーもそう。”共犯”とは、対象者と撮影・取材者をごたまぜにする(それが基本)だけでなくて、演技と本気、主観と客観、シナリオとハプニング、経過と結論、冷徹な観察と熱い感情移入、マジと冗談といったものを全部ごたまぜにして、そのまま提示することになる(突き詰めるとそうなるでしょ)。そのもやもやというか、何一つ解決しない感じが、不快感や後味の悪さに直結する。しかも、それを提示することで、映像を見る観客をも”共犯関係”に引っ張り込もうとしている。そんなのはゴメンだ、と観客が言っても、たとえば映画館でおカネを払った、あるいはDVDを買ったあなた、そのおカネの何%か監督・原一男はいただきましたから、知ってか知らずか、とっくの昔に”共犯”ですよ、と。

●さまざまな感想があるだろうが、一言でいえば、やっぱり傑作というしかないと思うね。ただ、最後のほうは、グジャグジャだ。詳しい話は忘れてしまったが、どこかで奥崎との関係が悪くなり、映像が撮れなくなったんじゃなかったかな。これも『高橋英二』に似ているわけね。

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-12 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。