テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきゆきて神軍(原一男)前半 2010-11-26

【今週と次週はこれ↓】
-----------------------------
ゆきゆきて神軍
1887年 疾走プロダクション作品
122分
製作/小林佐智子(原一男の奥さん)
監督・撮影/原一男
録音/栗林豊彦
編集・構成/鍋島惇
日本映画監督協会新人賞、ベルリン映画祭カリガリ映画賞、日本映画ペンクラブベスト1位、毎日映画コンクール監督賞ほか
-----------------------------

●疾走プロサイトの惹句

87年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。
天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー。
神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、・神軍・の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。
生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる…。
平和ニッポンを鮮やかに過激に撃ち抜いた原一男渾身の大ヒット・ドキュメンタリー

●あらすじ(注意 ネタバレあり)

神戸市でバッテリー商を営む奥崎謙三は、ニューギニア戦線の生き残り兵士。かつて、死んだ戦友の怨念を込め、「ヤマザキ、天皇を撃て!」と叫びつつ、天皇にパチンコ玉4発を撃った。映画は、奥崎が新左翼過激派の結婚式に立ち会うシーンから始まる。

奥崎はニューギニアに埋葬した島本一等兵の母を訪ねた。島本の母は墓の前で「岸壁の母」を歌う。奥崎は、母をニューギニアに行こうと誘う。

奥崎の所属した独立工兵第36連隊では、終戦後20日以上たってから「敵前逃亡」で兵士二人が銃殺された。奥崎は、吉沢徹之助の妹・崎本倫子、野村甚平の弟・寿也とともに、処刑に関与した上官らを訪ね、当時の状況を聞き出そうとする。

語りたくない、決して語ってはならないという者、処刑の様子を語り空砲を撃ったという者、上官の命令は絶対と述懐する者……。極限状況のなか人肉を食べたとの証言まで飛び出す。ときに下手に出てなだめすかし、ときに恫喝し、ときに激高しブチ切れ、暴力をふるう奥崎謙三。あるとき吉沢の妹・野村の弟は奥崎と絶縁する。

奥崎は、妻と知人に遺族役を演じさせ、古清水・元中隊長を訪ねて真相を質す。また、山田吉太郎・元軍曹を再び訪ねて、悲惨な体験を証言せよと迫る。

1983年12月15日、奥崎は古清水宅を訪ね、居合わせた息子に拳銃を発射して逮捕された。3年後には妻・シズミが死亡。87年1月28日、奥崎は徴役12年の実刑判決を受けた。映画は、以上を新聞見出しや字幕で告げる。

●原一男は、田原総一朗の著書『青春 この狂気するもの』(三一新書 1969年)を読んで、大きな影響を受けたという。田原総一朗監督「あらかじめ失われた恋人たちよ」の助監督を志望したが、かなわなかった。その後、テレビの仕事で田原のアシスタントをした。「ゆきゆきて神軍」の公開直後、坂本は田原総一朗とともに原一男に会った(企画・高橋良典、担当編集・阿部博も同席)。ホテルの一室にテレビ・VTRを持ち込んでベッドの上に置き、映画を見ながら、田原が原一男にインタビュー。その原稿は、月刊誌「潮」に田原名義で載った(書いたのは坂本)。誰か、図書館ででも探してみて。

「原一男ブログ」や「疾走プロ」サイトものぞいてみよう。
スポンサーサイト

本日はお休み 2010-11-19

本日は、全学が休み、または芸術学部(江古田キャンパス)全体が休みらしい。また来週。

ところで、13日の特別授業に書面で欠席事由を提出した者は、今井沙織、桑島美奈、林実季、本田裕也、滝文絵、有馬穂奈美の6名(有馬は事後提出)。13日当日に受付で氏名を記入した者は、26日に米山明李助手に確認してもらったところ、渡邉優人、瀬戸口将史、須貝裕太朗、高橋慧人、小林将大、青木達也、渡邊裕一、中島麻里、中竹留梨(以上4年)長曽我部洋、藤原香弥、冨田奈央子、宮嶋楠人、冨岡海翔、福田浩大、中村光輝、濱田桃子、上原彩子、久田智志、秋田尭律の20名。

以上6名と13日の出席者20名以外は、成績がつかなくてよいわけね。

それでは困るという者(とくに4年)は、授業のあとに坂本まで名乗り出ること。授業に出ないでメールかなんかで済まそうってのはマズいよな、いくらなんでも。

報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会 2010-11-13

-----------------------------
報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会
----------------------------
※どなたでも入場できます。坂本担当の日大芸術学部放送学科「放送特殊研究V」受講生は出席必須(出席した者または書面にて正当な欠席事由を提出した者以外には、成績をつけない)
◆日時:2010年11月13日(土)13:00~17:00(開場12:30)
◆場所:日本大学藝術学部江古田キャンパス(西武池袋線各駅停車にて江古田駅下車 北口より徒歩3分) 東棟2階 E207教室
◆入場無料(定員100名) ※事前申込み不要。どなたでも入場できます。
◆主催:放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門委員会(委員長/碓井広義 副委員長/市村元 委員/今村庸一 小田桐誠 加来由子 兼高聖雄 鈴木典之 鈴木嘉一 中村正敏 堀木卓也 宮前周司)
◆後援:日本大学藝術学部放送学科
【プログラム】※局から来ていただいた6名以外は、放送批評懇談会の報道活動部門選奨委員(ただし2010年6月に任期が終わり退任した者を含む)
12:30 開場/受付開始
13:00~13:05 開会あいさつ
13:05~14:15(part1)
◆北海道テレビ「議会ウォッチ」上映
◆札幌テレビ「聴覚障害偽装事件における一連の報道」上映
◆ディスカッション《終了後10分休憩》
北村稔(北海道テレビ)、眞鍋浩史(札幌テレビ)、麻生千晶(作家)、山田健太(専修大学)
14:25~15:35(part2)
◆伊那ケーブルテレビジョン「上伊那の戦争遺構シリーズ」上映
◆朝日放送「NEWSゆう+ 追及!終わらない年金問題」上映
◆ディスカッション《終了後10分休憩》
伊藤秀男(伊那CATV)、天本周一(朝日放送)、露木茂(東京国際大学)、坂本衛(ジャーナリスト)
15:45~16:55(part3)
◆AMラジオ災害問題協議会「関西発いのちのラジオ 災害への備え」試聴
◆鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE~オンナたちの小さな挑戦・20年」上映
◆ディスカッション
谷五郎(ラジオ関西)、石神由美子(鹿児島テレビ)、鈴木典之(放送批評家)、小田桐誠(ジャーナリスト)
16:55~17:00 閉会あいさつ
----------------------------

以下、坂本サイト「日録メモ風更新情報」2010年11月14日付の記事を転載

●13日は、日大江古田校舎までカメラバッグを転がしていく。控室にて、放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門・前委員長として一言ご挨拶。「遠路はるばるありがとうございます。私たちが、2009年度、日本でいちばんすばらしい報道活動だと6本を選ばせてもらったのが、今日お出でいただいたみなさんの作品です。改めて見て活発に議論し、楽しい集いにしたいと思います。よろしくお願いします」とかなんとか

●で、part1で早速トラブル発生。北海道テレビさんのDVDが認識できず、札幌テレビさんのDVDがカクカク一瞬止まりつつの上映(終わりのほうで止まっちまった)。現・委員長で司会の碓井広義が「生放送みたいですね。よくあることです」とつなぎ、ディスカッションに移行。現・委員の兼高聖雄・日大教授とスタッフ学生が汗だくで、異なるプレーヤー二台とPCに接続を換えて試すも、北海道テレビDVDは認識不能。あとで別のDVD(応募時の1時間もの)を流すことに

●part2は私も登壇したので、やや詳しくレポしておきましょう。伊那CATVの伊藤秀男「戦争関連の報道といえば、とかく終戦の8月15日や東京大空襲の3月10日にからめてとなるが、そういうものではないだろうと。毎週1人を取材し番組にしていった」。朝日放送の天本周一「きっかけは年金の不正免除(収納成績を上げるため勝手に免除世帯にしてしまう)の取材。それを進めるうち、年金受給の窓口で『記録が消えている』という人が多いとの話をつかんだ。5~6回放送した後、テレビ朝日・報道ステーションが伝えて大反響に。これが2007~08年。その後、政権交代があっても問題は依然として解決していないから報道を続けた。東京キー局に言っても『年金じゃ、数字取れないからなぁ』といわれる」。露木茂「東京キー局と地方局の違いが如実にわかる。東京では『A面・B面』という。A面は全中(全国中継)の大きなネタで、キー局はそれを全国発信し、数字を取ろうとする。伊那CATVも朝日放送の報道は、そうではないからこそ貴重であり、高く評価できる」。坂本「いま露木さんが、キー局の大きく強い反省を込めて解説されたことに、あまり付け加えることもない。伊那CATVは小さい。どのくらい小さいですか?」。伊藤「2万6000件加入」。「東京では町の人口にすぎない。しかし、戦争責任の問題は、そんな地元にこそある。65年前に日本人は平和主義だったが、軍部によって戦争に巻き込まれたみんな被害者だ、なんてバカな話はない。日本人一人ひとりが戦争をやった。長野の教育界は戦争協力者どころか戦争推進者だ。そんな問題を地域で一つひとつつぶしていくことが重要だろう。それを伊那CATVはやろうとした。キー局は『折折の報道』以外、やっていない。たとえば差別問題。新宿で学区撤廃をしたとき特殊学級(若竹学級)のある小学校に子どもを通わせたくないという親たちによって、小学校が一つつぶれた。差別は厳然といま、ここにある。しかし、これを報道した東京の放送局は一つもない。伊那CATVの報道は、昔のエラい人の責任を追及することになるから、地元ゆえの難しさもあっただろう。それに挑戦した意欲を買う。大阪朝日も消えた5000万の年金記録問題を、まだ3000万は消えたままではないかと、しつこく報じた。海保映像流出報道を見ても、キー局は『集中豪雨型報道』『瞬間湯沸かし器的報道』で、ワーッと過熱しスーッと冷めてしまう。そうではない、しつこい報道を高く評価する」。例によって、ICレコーダを聞き直すなんて面倒なことはしてないので、こんな感じの話だったということで

●part3は、照明を落とし、まずラジオを聴く。阪神・淡路大震災のときの現場レポートで記者「どうされました?」「いま家から逃げてきた。自宅は丸焼けだ」「たいへんな目に……」「息子が家の下敷きになった。足を引っ張ったが出せなかった。息子は『オヤジ、逃げてくれ』と言った」「えっ!? 息子さんが下敷きに? おいくつですか」「30、ええと38かな(←30代は間違いないが、聞き直していないので、34だったかも。オヤジさんはちょっと考えて年を言った)。火が回ってきて」「……(絶句)」。まさに言葉を失う生中継です。これもキー局には絶対、報道できない。テレビにもできず、機動力あるラジオにしかできない。記者側も何と言ってよいかわからず、かろうじて年齢を聞いた。なお、この息子を亡くされたオヤジさんは、このラジオ中継をまったく記憶していないそう。余談ですが、NHKラジオは震度5以上だとラジオ・テレビともに同じ全国向け総合放送になる(ラジオでテレビの音を流す)ので、神戸市長田区でラジオを聞きながら逃げ惑う人に役立つ情報を伝えることができない(いまもその体制かどうかは調べていません。私はこのことを繰り返し批判的に書いています。教育テレビの安否情報もクソの役に立たないから止めるべきだとも、繰り返し書いている。当時のNHK経営企画室の若手は「あれはただの視聴者対策。実効性は皆無で役に立たない」と断言した。いつかNHKの災害報道は反省が足りないとGALAC巻頭で書いたら、NHK広報が「取材せずに、何てことを書くんだ」と抗議電話を寄こしたので、「ふざけんな! あんたが広報に来る前に、さんざん広報を通じて取材した」と怒鳴りつけたことがある。海老沢会長時代の話ですけれども)

●最後に、北海道テレビDVDをしばらく流し、質疑応答。朝日放送・天本周一(32)の学生向けコメントを紹介しておきます。「みなさん、放送局に入って一緒にやりましょうよ。『自分はこういうことをやりたい』と『自分は放送局に就職したい』という人では、気持ちが全然違う。何かやりたいという強い気持ちがあれば大丈夫。東京の記者は夜討ち朝駆けばかりでドキュメンタリーなんて作れない。大阪なら作れる。テレビの将来がどうといろいろ言われますが、全然大丈夫です。あと15年は大丈夫。自分の嫁にもそういっています。20年後はわからないけど(笑)。大阪まで受けに来てください。お願いします」

●終了後、江古田駅南口、郵便局そばのカフェテリア「レガロ」で懇親会。感慨深かったのは各局のみなさんから、ギャラクシー賞をもらったのは名誉なことでうれしかったという以上に、局内で番組や報道活動への評価が高まり、番組見直しの声を抑えたり、企画を通しやすくする効果があってありがたかった、という声を聞いたこと。この現場の声は、審査員に対する最大のねぎらいの言葉で、皆やっててよかったと思ったはずです。今日はお台場で泊まるという伊藤秀男と飯田橋で別れ、もー吉。小林英美も来る。矢来町の長崎ちゃんぽんで26時まで。赤ワインを飲み過ぎ、久しぶりに酔っぱらいました

尖閣漁船衝突映像を考える 2010-11-12

2週間、諸君の顔を見ていなかったので、今日は話・議論をしよう。

●配布資料に関して

○報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会(案内チラシ)

→テレビ部門があるのに、なぜ報道活動部門なのか。
→13日に江古田に来る、つまり2009年度に高く評価された報道活動は地方局ばかりだ。なぜか。一昨年、昨年と同様の催しをやっているが、見た学生はみな「おもしろい」という。だから、諸君も見なさい。で、東京で見る報道とどこが違うのか、考えてみよう。

○毎日新聞2010-10-25記事

→見出し「情報途絶、許されない 実態調査の手法に問題点」の例は、たとえば……(以下略)。
→興味のある人は、次のページを読むとよい。
「地上デジタル放送完全移行の延期と現行アナログ放送停止の延期を求める」記者会見・提言発表

●尖閣漁船衝突映像を考える

○先週11月5日の授業では「みずきとの衝突」(3分32秒)を流した。その前日4日午後9~10時頃にYou Tubeにup、朝にはアカウントが消えていた。それを午前10時40分からの授業で流すてのは、なかなかエグい。日本の大学でほとんど最速だぜ。もう一度見てみよう。

「よなくに」船尾にぶつけた最初の衝突(11分25秒)
「みずき」右舷にぶつけた二度目の衝突(3分32秒)

→十数人の受講生中、この映像を見たことのある者がほとんどで、ネット(You Tube)で見た者とテレビ(ニュースなど)で見た者がほぼ半々。この授業で初めて見た者が二人(感想A:もっとドーンと衝突したと思っていたので、それよりは大したことのない衝突だ。感想B:黒煙が上がったので、思っていたよりヒドい衝突だ)。なお、黒煙はディーゼルエンジンからで、加速して離脱を図ったためだと、別の受講生の指摘あり。

○これは「事実」を撮影した映像だが、この映像だけで、感情的に反応したり、判断したり、行動を起こしたりすることは危険だ。次のような考え方が必要だろう。

→流出したのは、十数時間分ほどあるとされる映像のうち44分だけ。これがすべてではない。たとえば、中国漁船(映像音声中の「該船」)船長を逮捕するとき、ぶん殴ったりしていないとも限らない(撮影中はやらないのが普通だが)。そういうことはありうると思っていたほうがよい。
→ぶつけてきたのは中国漁船側。逮捕は当然だ。日本の領海外(公海上)でも、ぶつけてくれば逮捕する。この教室内で誰かがナイフを振り回したら、俺やほかのみんなでぶん殴って逮捕してよいのだ(現行犯人は、逮捕状なしに誰でも逮捕できる)。日本の領海に海上保安庁にぶつけたら、暴走族がパトカーにぶつけるのと同じで、逮捕されて当然だ。逮捕どころか、相手が軍艦なら、撃沈されても文句は言えない。問題はその先である。
→逮捕されて当然の中国漁船のしょうもない行動を、どう処置するかは、この映像(が伝えていること)とは別の話である。たとえば、

・過去の同じまたは似ている事例と比較して、どうすべきか。(2004年上陸事件の対応は?)
・他の領土問題の事例と比較して、どうすべきか。(北方領土、竹島と比べてどうか?)
・日中関係全般と事件を比較して、どうすべきか。(互いに世界1位の輸入先、互いに米に次ぐ世界2位の輸出先というような日中関係は?)

などを考慮して対応するのは、当たり前。「映像を見れば明らかに悪辣な漁船だから、船長を逮捕、勾留、起訴、有罪に持っていくのは当然」なのではない。その政治判断をするのは内閣だ。外務省(外交の事務方)ですらなく、首相以下の官邸の判断だ。ところが、今回はそれがブレた。最初は起訴しようとし、中国が猛反発すると、船長を釈放した。で、衝突映像を見せないことにした。だから、そんなのあるかいと、海保職員が流出させた。
映像はつねに主観的、一方的、断片的なものだ。断片的とは、空間的(視覚的)・時間的にだ。どんな映像を見るときも、「その映像だけ」で映像の意味や価値を考えたり、判断材料にしてはいけない。

多くの政治家も、マスメディアも、多くの国民大衆も、以上のことがまるでわかっていないか、ほとんど忘れているように、私には見える。

→(以下は、授業ではハッキリとは言わなかったが)私は、別に親中派でも何でもないが、想像力を働かせれば、彼らが次のように考えたことは間違いないと思う。すなわち、

小泉政権は、2004年に7人の中国活動家が尖閣に上陸したとき、逮捕の後すぐに強制退去(送還)とした。6年後の菅政権は、2010年に酔っぱらいの船長が船を海上で日本のコーストガードにぶつけたとき、逮捕の後、勾留・起訴・有罪に持ちこもうとしているように見える。前原外相は対中批判を繰り返し、問題をことさら大きくしようとしている。なんでだ? 活動家の上陸と酔っぱらいの衝突、どっちが大事件なのだ? 日本政府は6年間に、対中政策をどう変えたのだ? 船長が有罪になれば、われわれの面子は丸つぶれ。国内の反日ナショナリズムを抑えられなくなったら、どうしてくれるんだ。

──日中間に非政府の太いパイプがあれば、そのルートでこれに近いことを言って寄こしたかも。それがなく、面子だけは気にする大国だから、在北京の日本大使を夜明け前に叩き起こしたりしたわけだろう。

→「外交というのは、相手があることだから『100対0』という結果はない。それを目指すと必ず失敗する」と田中均が、7月に琵琶湖塾に呼んだとき言っていた。その通りだろう。こっちが100のときは「60対40」くらいを落としどころにして、相手の逃げ道を作ってやるのが常道。ブッシュはイラクに対し「100対0」をやって失敗した。アフガンも失敗は明らか。日本の対北朝鮮政策が全停止中なのも「100対0」を求めているから。

尖閣漁船衝突映像、前週つづき 2010-11-05

受講生諸君へ

                    2010-11-05 坂本

【1】申し訳ないが、本日もどうしてもはずせない急用あり。坂本は欠席ですが、授業は、米山さんに頼んで映像を流します。

 1)海上保安庁撮影の尖閣・漁船衝突映像(3分32秒)

流出させた者のYou Tubeアカウントは、本人が消去した模様。国会が政府に提出を要求し、一部議員に限って見せた7分弱映像の半分近くは、これと同じだった可能性がある。それをネット上で見ることができる状況、この映像の意味、この映像が引き起こすだろう問題について、考えてみる。【追記 坂本サイト「日録メモ風更新情報」に詳しい記事あり。読んでごらん。たぶん諸君の考えていることとはかなり違うだろうから、反論してくれ】

 2)先週見せたDVDのうしろ80分。先週は時間切れだったので。

【2】来週半ばにはブログに記事をupするので、コメントを書き込むように。すぐ書きたい人は、自分のワープロなどで書いておき、あとでupしてください。

【3】11月13日に江古田キャンパスで、別紙チラシのように報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会があります。坂本授業の受講生は出席必須です。どうしても出席できない者は、当日までに欠席理由を明記した書面を坂本宛て(学科事務室・米山さん経由で可)提出すれば、単位・成績については配慮します。

-----------------------------

報道活動部門ギャラクシー賞受賞「報道活動」を見て、制作者と語る会

●日時:2010年11月13日(土)13:00~17:00(開場 12:30)
●場所:日本大学藝術学部江古田キャンパス(西武池袋線各駅停車にて江古田駅下車 北口より徒歩3分) 東棟2階 E207教室
●入場無料(定員100名) ※事前申込み不要。どなたでも入場できます。
●主催:放送批評懇談会ギャラクシー賞報道活動部門委員会
●後援:日本大学藝術学部放送学科

【プログラム】※氏名の次に(所属)がないのは、放送批評懇談会の報道活動部門選奨委員
12:30  開場/受付開始
13:00~13:05  開会あいさつ

13:05~14:15(part1)
●北海道テレビ「議会ウォッチ」上映
●札幌テレビ「聴覚障害偽装事件における一連の報道」上映
●ディスカッション《終了後10分休憩》
北村稔(北海道テレビ)、眞鍋浩史(札幌テレビ)、麻生千晶、山田健太

14:25~15:35(part2)
●伊那ケーブルテレビジョン「上伊那の戦争遺構シリーズ」上映
●朝日放送「NEWSゆう+ 追及!終わらない年金問題」上映
●ディスカッション《終了後10分休憩》
伊藤秀男(伊那CATV)、天本周一(朝日放送)、露木茂、坂本衛

15:45~16:55(part3)
●AMラジオ災害問題協議会「関西発いのちのラジオ 災害への備え」試聴
●鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE~オンナたちの小さな挑戦・20年」上映
●ディスカッション
谷 五郎(ラジオ関西)、石神由美子(鹿児島テレビ)、鈴木典之、小田桐誠

16:55~17:00  閉会あいさつ

表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-11 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。