テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2012年度の授業テーマは「[実践!]ネットは放送を殺すか?──ネットを理解することで、放送をより深く知ろう」。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オリンピック(Tokyo Olympiad) 2010-06-25

【今週と次週はこれ↓】
-----------------------------
『東京オリンピック』(Tokyo Olympiad)
1965年 日本 170分 カンヌ国際映画祭国際批評家賞
監督/市川崑
撮影/宮川一夫、林田重男、中村謹司、田中正
音楽/黛敏郎
脚本/市川崑、和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎
ナレーション/三國一朗
協力/日本大学芸術学部ほか
-----------------------------

●1964年10月10日~24日、日本で開催された第18回夏季オリンピック東京大会の公式記録映画。ベルリン大会の次、1940年予定されていた東京大会が、第二次世界大戦の勃発で中止に。この大会が、日本初と同時にアジア初のオリンピックとなった。

●黒澤明が予算の関係で断り、今村昌平はじめ複数の監督に打診するもダメで、最終的に市川崑が引き受けたとされる。国内配給収入は12億2321万円を記録。各地で上映会が開かれ、戦後復興を果たした日本を象徴する映画として、広く歓迎された。芸術性の高い作品としても評価されたが、河野一郎が「記録性に欠ける」と批判し、「記録か芸術か」の論争を招いた。

●当授業では、まだ戦前のドキュメンタリーを見せている最中だが、本作は『オリンピア』から甚大な影響を受けている(そのパクリや真似といってもよいシーンもあり)。『オリンピア』を見た記憶が鮮明なうちに見せたほうがよいと判断し、おおよその年代順を無視することに。『オリンピア』同様の創作、過剰な演出、いわゆる「やらせ」スレスレの映像に注意しながら見よ。

●坂本がコメントを八つ書き込んだ。名指しされている者は、すみやかに反論や説明のコメントを書き込んでください。なお、「スパムと判定されてしまった」と申し出た者があったが、坂本のコメントも一部そうなった。

●パスワードを間違えて正しいパスワードで同じ文章を書き込もうとする、あるいは修正を加えようとしてパスワードを間違える、というようなことを何度か繰り返す場合に、スパム判定が起こるようだ。長文コメントを書き込もうとすると不都合があるかもしれない。また、何らかの事情で、正しいパスワードを入れているのにトリップが狂うことが、稀に起こるかもしれない。そのような場合は、翌日改めて書き込む、長文を分割して書き込む、別の場所(同じ映像を2~3回に分けて上映したときは、コメントを書く場所が2~3か所ある)に書き込む、などを試してごらん。

●坂本が授業で話すことは、坂本サイトでより詳細に触れている場合が多い(ブログはほぼ毎日、授業は週一だから、書いてから話すことが多い)。受講生はしっかりチェックのこと。
「すべてを疑え!! MAMO's Site」表紙
「すべてを疑え!! MAMO's Site」日録メモ風の更新情報
スポンサーサイト

美の祭典(オリンピア第二部)つづき 2010-06-18

【前々回のつづき、これ↓の後半を見せた】
-----------------------------
『美の祭典(オリンピア第二部)/FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II』
1938年 ドイツ 138分
監督/レニ・リーフェンシュタール
撮影/ウィディ・ジールケ
音楽/ヘルベルト・ヴィント
-----------------------------

※以下、全面的にネタバレです。ご注意ください。

【坂本の暗闇メモ(君らもメモ取っているわけだよね?)と意見(★印)】

●ホッケードイツ対インド。大歓声はアフレコだろう(スローモーション映像にかぶる)。
★当時のインドは独立国ではないよ、念のため。

●ポロ。軽快な、ユーモラスな音楽。どこのチームの誰が戦っているのか一切不明。ナレーションもなし。
★レニは、ゲームより駆けている馬が好きなのだろう。

●サッカー決勝戦。イタリア対オーストリア(2対1)。
★背番号をつけていないのに気づいたか? 気づけ! ボールがあまりはずまない。ドリブルしてセンタリングしヘディング以外、これといった組織戦術、組織的守備というのは、なかったように見える。

●自転車団体ロードレース100km。自転車整備、車輪アップ、足の筋肉をほぐすなどの準備映像から入る。いけいけの音楽。最初のうちは団体・集団としてしか描かない。「どこそこが出てきた」とナレーションで盛り上げ、次第に「より」の映像に。
★フランス3選手のアップ。第一部のマラソンと同じような映像(飛んでいく風景や選手の再現映像。風景は別撮りだよ。レースを撮っているとき、あんなの撮る余裕はないだろ)。前からの選手のアップは、競技中には撮影できない。選手に、大会役員だかコーチだかが、地図を見せながらコースを説明しているところから、コース説明画面にいく場面があった。試合前に、あんなふうにお気楽に説明しないね、普通は。再現映像だよ。
★フランス国歌「ラ・マルセーユズ」が(前半ナレーションがかぶるものの)全曲流れる。第二部で全曲流れたのはこれだけ。第一部では「君が代」だけが全曲流れた。ナチの、ヒトラーの宣伝映画だって、ドイツ国歌を全曲流すわけではないことに注意。

●総合馬術。馬の足のアップから入る。バロン西の勇姿も。過酷なレースで急坂になっている水壕では落馬続出。最後の水壕では、馬の突っ込み、落馬、水しぶきや広がるうねり、馬や落馬後の選手の挙動などを、勝敗そっちのけで描く。スローやアップを多用。落馬した日本選手は水の中から馬に乗ったが、欧米の選手はみな馬を水たまりから出してから乗っていた。ヤル気をなくして動かない馬、スタスタ自分で水から上がろうとする馬など、馬それぞれでおもしろい。勝ったのは個人も団体もドイツ。
★西竹一は爵位があった。1932年のロサンゼルス大会で、愛馬ウラヌス号を駆って金メダル。その後、戦車第26連隊長を務め、硫黄島で戦死。クリントの映画[渡辺謙、二宮和也、中村獅童らが出ていた]『硫黄島からの手紙』に出てきただろ。米軍は「バロン西、あなたを失いたくない。投降せよ」と繰り返し呼びかけたが、西は応ぜず

●ボート、フォア。「ドイツ、ボートで五つ目の金メダルです」とナレーション。

●ボート、エイト。コックス(舵取り。漕ぐピッチをコントロールする)が、かけ声をかけ、オールのきしむ音や水音まで聞こえる映像。各国の言葉を、各国のボートにかぶせてある。ドイツが勝ちそうなナレーションだが、結局米伊につぐ3位。疲れ切った選手の表情。喜ぶアメリカ勢。
★当然、別録音のアフレコ。レース中のあんな音は録れない。艇上で漕いでいる選手のアップ、コックスのアップもありえない映像(川岸からしか撮影しておらず、ボート上のカメラなんて映ってない)。再現。

●競技場、旗、観衆、背後に青空に浮かぶ雲。その雲の下で、水泳飛び込み女子(★そこまでのもっていき方がオシャレ)。「米独日の争い」とナレーション。日本の大沢選手のアップと水中の映像。別の日本選手も。
★あの日本女子の大活躍、いまじゃ大騒ぎのはず。

●男子200m平泳ぎ決勝。日本人は小池、葉室、伊藤の3人が決勝進出。優勝は葉室で2分42秒5は五輪新。小池も3位に。エラい!
★水中のありえない映像は再現。ゴールシーン、バタフライやってたヤツがいたような。いいのか、あれ)なお、男の水着は海パンでなく、いまでいう女子のスクール水着の形。中村光輝が指摘したのは、ターンが旧式だと。

●男子100m自由形。「本命の日本選手に対抗できるか」とナレーション。遊佐が銀で新井が銅だった。
★表彰式で月桂樹の冠をもらうも、二人ともあまり喜んでいないのが印象的。金を取れなかったのが、悔しいというより、御国に申し訳ないという気持ちでは。いまなら大喜びのはず。

●女子100m自由形。
★水泳は、コース幅がいまより広いような。選手がいまより小柄だからそう見えるのか。誰か調べてくれ。

●男子飛び込み。日本人も盛んにアップに。心配そうな日本人女性の顔アップも。音楽のみでナレーションナシ。国名・選手名・順位一切紹介なしで、ひたすら肉体美、ジャンプ(中の姿勢)のおもしろさ、飛び込む瞬間の水はねを追う。
★ありえない映像が、だんだん増えていく。ジャンプ台の上にカメラがいる! ほぼ真下から撮っている!

●飛び込み映像はガンガン、エスカレート。空中の回転シーンだけの切り取り映像。宙を舞う、その連続。レニが大好きな、逆光の中のシルエット。ばんばん飛び込む。
★もはや、「オリンピック競技」「スポーツ」を撮っていない。宙を舞う人間から、太陽、雲へ。

●その雲、夕空の表現から、夕闇の中の競技場へ。例の鐘がガランガラン映像とかぶる。競技場の周囲から天に向かう光の柱(多数配置された、いわゆる「探照灯=サーチライト」の光。バットマンなんかのあれ)。鐘のアップ。聖火らしき火(ただし、聖火台のではなく、別の小さな台に移した火)。各国の国旗がお辞儀をし、ポール先端に月桂樹の冠をかける。五輪旗。背景にスモーク。火が立ち上っていく。荘厳な音楽。光の柱に囲まれて立ち上っていく火、煙。ファンファーレが鳴り響くなか、光の柱が上へ、空へ、天へと昇っていく。天が明るい。その光が消えていき、THE END!
★あんな強烈な光の柱は、いくら強烈なサーチライトを並べたって、ない。先にいくほどだんだん暗くなるはずの光が、天上でもっとも明るくなるのも、現実ではない。つまり合成映像。作った映像。このエンディングは、第一部の導入部に対応しているのだと思う。天からもらったものを天に返すイメージ。

【その他、話したこと】
・このとき、競泳女子200m平泳ぎで前畑秀子が金メダルに。NHKラジオの実況で河西三省アナが「前畑がんばれ。がんばれ、がんばれ……。前畑勝った勝った」と絶叫したことで有名。日本人も大興奮。映画にチラリとも出てこないのは残念。

・最後の50mの実況は以下(日本放送協会編「放送」昭和11年9月号、第6巻・第9号より。米=メートル)
「ターンしました、ターンしました、たゞ今ターンしました、一と掻き僅かにリード、前畑がんばれ!前畑がんばれ!がんばれ!がんばれ!あと四〇、あと四〇、あと四〇、あと四〇、前畑リード、前畑リード、ゲネンゲルも出て居ります、ほんの僅か、ほんの僅かにリード、前畑僅かにリード、かんばれ!前畑がんばれ!かんばれ!かんばれ!あと二五、あと二五、あと二五、僅かにリード、僅かにリード、僅かにリード、前畑!前畑がんばれ!がんばれ!がんばれ!ゲネンゲルも出て居ります、がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!前畑、前畑リード、前畑リード、前畑リードして居ります、前畑リード、前畑がんばれ!前畑がんばれ、リード、リード、あと五米、あと五米、あと四米、三米、二米、あッ、前畑リード、勝つた!勝つた!勝つた、勝つた!勝つた!勝つた!前畑勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!勝つた!前畑勝つた!前畑勝つた!前畑勝つた!前畑勝ちました、前畑勝ちました、前畑勝ちました、前畑の優勝です、前畑の優勝です、ほんの僅か、ほんの僅かでありましたが、前畑優勝、前畑日章旗を揚げました、前畑さんありがたう!ありがたう!優勝しました、女子競泳で初めて大日章旗が揚がるのです」

・とにかく日本の水泳というのは強かった。戦後の1949年、古橋広之進がロサンゼルスの全米水泳選手権大会で3種目に世界新で優勝し「フジヤマのトビウオ」と言われ、日本人を大いに元気づけた。⇒スポーツと放送の興亡年表(1945~2000)
だが、戦前からムチャクチャ強かったわけ。やっぱり日本は大国だった。だからこそ英米と激突した。

・オリンピックは1936年。この映画の製作は38年。その翌39年9月1日、ヒトラーのドイツはポーランドに電撃作戦で侵攻し、第二次世界大戦が勃発。ドイツはヨーロッパを席巻し、フランスを占領し、ソ連まで攻め込んだ。ナポレオンと同じだ(同じように冬将軍にやられた)。そのころ日本も英米に対して開戦し、徹底的に負かされてしまう。

話だけで終わっちまった 2010-06-11

【美の祭典(オリンピア第二部)の後半を見せるつもりが、話だけで終わっちまった。覚えていることだけ書く】
※「こんな話も出た」というのをメモしていた人は、コメント欄で補足してくれ。そして、自分の意見をコメント欄にお書きなさい。

「メディア」とはどういう意味か?

もともとの意味は、途中にあるもの、媒介するもの。

私は中高と油絵を描いていたんだけど、チューブから出した油絵の具を溶くのに、テレピン油とかペトロールとか、小瓶入りの油(溶剤)を使う。とくに描き始めは、おつゆにして描く。この油を「メディウム」というが、語源は同じよ。で、森を描くのに緑色やら黄色やらをパレットの上に出して薄めるとき、油に極端な色がついているとマズい。緑を赤で溶いたら黒(グレー)になるからだよ。

それと同じで、「メディアは無色透明であるべきだ。右で誰かが言ったことを、そのまま、左に伝えるのがメディアの役割だ」と思っている記者やらメディア企業やらが多い。どう思う? それは全然ダメだと、私は思う。それでいいなら、メディアは要らない。存在理由がない。政府がホームページで、企業がホームページで、直接大衆なり消費者なりに伝えたいことを伝えればいいんでね。

メディアは、誰かの発言や起こった事件について、本当は白なのに黒だとウソをついてはもちろんダメ。この点では無色透明でいいが、それに加えて、発言や事件の「意味」や「問題点」を伝えなければ。バカな発言だと思ったら、その発言を伝えると同時に、「バカだと思う」と伝えるべき。それをやらないのが、日本のメディアだ。

後からの参考

平凡社『世界大百科事典』で「メディア」と引くと、「コミュニケーションを参照せよ」となっていて、【コミュニケーションの前提】という項目に、次のように書いてある。

【引用ここから】
[メディア]
 人間が社会的に意味ある情報を伝達したり受け入れたりするためには,いくつかの条件がある。心の中の印象や意図は無媒介的に受け手には伝わらない。謝意の贈物,身ぶり,音声,あるいは文字などの事物的パターンを媒介にして表出されるほかない。これらの媒体がメディアmediaであり,この語は人間と神との媒介者である霊媒の英語名medium,さらにその複数形の media に由来する。現代では,身ぶりや音声ばかりでなく,文字とさらにその担体である印刷物や電波など,その幅はきわめて広くなっており,そのうち新聞,雑誌,ラジオ,テレビなど,マス・コミュニケーションの媒体をマス・メディアという。

[メディアの歴史]
 その語源でもあるように,人間が神や霊魂などと意思を交流するためには,特別の資質や才能をもった仲介者が必要である。 シャーマンshaman,呪医 magic‐doctor,巫女,古代中国の天子,あるいは殷 (いん) (前17世紀ころ~前11世紀) の時代に亀甲を焼いて天意を占った卜人などが超自然的コミュニケーションのメディアであった。

 人間のコミュニケーションにおいては言語がきわめて重要な役割を担うが,言語の成立以前から,人間は表情や身ぶりで意思や感情を伝え合ってきた。すなわち肉体が非言語的メディアとして活躍していた。また音声も重要なメディアであったが,これはやがて言語へと発達していく。送り手と受け手の距離が広がると,太鼓,旗,のろしなどが,信号・合図のメディアとして用いられるようになった。

 人間のコミュニケーションの最初の革命は, 文字の発明である。前30世紀ともいわれる古シュメールで楔形文字が生まれた。粘土板を細い棒でひっかいて干し固めたものである。その後は石,パピルス,木,竹,羊皮紙,紙などが,文字を書きしるすメディアとして用いられた。文字によって人間のコミュニケーションは,共時的により広い範囲まで可能になったし,通時的にもずっと正確で容易になった。文字につづく第2の革命は,1450年ごろのJ.グーテンベルクの時代の印刷術の発明である。ヨーロッパではほぼ同時に紙の生産方法も進歩したので,紙に活字で印刷した書籍,雑誌,新聞などのマス・メディアが大量に普及し,識字率の向上とあいまって人類の文明の急速な発展をもたらした。第3の革命は,マス・コミュニケーションの登場と発展である。
【以下略。引用ここまで。筆者は稲葉三千男。放送批評懇談会会員でもあった故人】

たとえばイラク戦争で

イラク民衆が何人死んだか、知っているか?
(一人も知らなかったので、ブチ切れ気味に、次のように話す)
十数万人以上とされている。兵士を除いても、非戦闘員は10万人やそこらが殺された。日本人であり、日本の大学(日本大学って名前じゃねえか!)に通う君らは、その数を知っていなければ、全然ダメだ!

なぜか? 日本政府はイラク戦争を、戦争を始めた英米を除き、主要国では世界最速で支持したからだ。そして、イラクを空爆したイージス艦も航空母艦も、日頃から(現在ただいま、この瞬間も)日本を事実上の母港とし、私たち日本人がその存在を支え、佐世保や横須賀から出撃していったからだよ。

さらに言えば、ベトナム戦争ではベトナム人が200万人やそこら死んでいる(このカッコ内は言わなかった追加。ベトナム戦争で使われた爆弾の量は、第二次世界大戦の全空襲で使われた爆弾の量より多い)。誰が落としたか? 米軍の戦略爆撃機B52が、だ。どこから出撃した? 沖縄の嘉手納空軍基地からだよ。当時は米占領下だが、日本はベトナム戦争における米軍側の最大の拠点だった。朝鮮戦争における国連軍(ほぼ米軍)の最大の拠点も、日本だ。それを知らずに、あるいは議論せずに、普天間をどこに持っていくのがいいって、バカだろ?

メディアは、そういうことを伝えているか?

伝えるには「歴史的視点」が不可欠だね。メディアはそれを意識して伝えていると思うか? 日々の記事やレポートに、歴史的視点があると思うか?
(以下、長くなるので略)

美の祭典(オリンピア第二部) 2010-06-04

【授業で驚いたこと】
鳩山辞任にからんで、公務員の天下り云々《うんぬん》の雑談をしたとき、BSデジタルの話になった。で、私が驚かされたのは、諸君はBSデジタル放送を誰がやっているか(放送局の名前を)知らないわけね、全員が。

日本に「放送学科」を持つ大学は、確か二つしかなくて、日大藝術学部と大阪芸術大学であると。そのうち一つの、3~4年生が取る授業に、20人弱くらいが出ていて、BSデジタル放送局の名前を一人も言えないなんてことが、あってよいのか?

あんまり驚いたので、講師室に帰って兼高聖雄教授に「こんなのありか?」と聞いたら、「ありです」だと。「1~2年で放送制度とか教えないんか?」と聞いたら、「教えている」と。兼高と上滝徹也が教えているというから、そこで話をやめたんだけどねえ。頼むぜ。


【一部だけ見て二部を見ないのもどうかと思うので、今週と次週はこれ】
-----------------------------
『美の祭典(オリンピア第二部)/FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II』
1938年 ドイツ 138分
監督/レニ・リーフェンシュタール
撮影/ウィディ・ジールケ
音楽/ヘルベルト・ヴィント
-----------------------------

※以下、全面的にネタバレです。ご注意ください。

【坂本による内容メモ(暗闇の中でメモった。君らもメモ取っているわけだよね?)と意見(★印)】

●森の中、スパ(浴場、温泉?)、川で泳ぐ若者たち。
★レニは自然大好き、裸大好き、若者(若い男)大好き。ちょっとホモっぽいタッチも。光のきらめき、逆光、シルエットも大好き。一般的にいって、逆光の中で顔を撮ると、輪郭や髪の毛から光が漏れる(にじむ)ような表現になって、きれいだ。スナップ写真を撮るときに覚えておくといい(顔が暗くなるのは、フラッシュを焚くか、レフ板を使って防ぐ。白紙一枚でもレフの代用になる)。

●選手村。選手たちのコミカルな動き。それにコミカルな音楽をつけている。
★第一部の公式版に対して、とても自由に、ラフに撮っている印象。「あっちはカッチリやったんだから、こっちはあたしの自由にさせなさいよ」(レニ)という感じ。

●体操競技場。選手入場。当時の体操競技は屋外だった。鞍馬《あんば》でスローモーションを多用。相変わらず、顔に興味なし。吊り輪。
★真下から撮っていると思われる映像あり、選手落下の可能性がある本番では無理で、再現では。鞍馬、吊り輪とも後ろから撮影する場合が多く、顔の表情やどこの国かなんてどうでもいい。

●平行棒。スロー映像。カメラがものすごく対象に近い。穴でも掘ったか。鉄棒も近すぎ、再現かも。
★ここまでナレーション一切なし。選手紹介・所属国・国旗・得点・勝負などに関する情報ゼロ。それが満載だったのは「民族の祭典」で、こちらは「美の祭典」。

●ヨット競技。初めてナレーションはいる。はためくマストの旗。ヨットはどこの国のものか不明。
★ここでも勝負関係なし。「優勝はオランダ」とそっけないナレーションのみ。海軍艦艇や提督らしき人物映像がはさまるのは、レニのヨイショか。

●スタートの号砲、合図の場面がおもしろいと思ったらしく、繰り返し。きらめく波のアップも大好き。

●6m級ヨット競技。帆のホワーンと開くおもしろさ、美しさ。
★レース参加艇の船上から撮った映像は、本番中ではなく、後からの再現映像。カメラや撮影クルーを乗せたらレースにならない。

●フェンシング。「影」によるおもしろい表現。
★選手だけじゃない、観客まで影だけという遊び心。レニはしつこい。こうと思い込んだら、とことんやってみるたちだ。

●フェンシング決勝。
★試合前の選手の顔アップは、たぶん別撮りの再現映像。光線の具合などが人工的すぎ、観客も映っていないので。

●近代五種。選手はみな軍人(各国ともそれが当然という時代。選手は軍装で敬礼なんかするし、競技スタッフもドイツ軍人)。馬術のゴールシーン。
★観客数に比べて歓声大きすぎ、アフレコ。

●射撃。マトがもろ人形《ひとがた》なのが「時代」。4000mクロカン。ナチ式の敬礼。
★近代五種はドイツ軍人が優勝候補で、国の威信がかかっていると見え、得点経過も懇切丁寧。

●ダンスする女たち。棍棒によるマスゲーム。最初はアップの画角を段階的に引いていき、ムチャクチャ広い競技場全体でやっているとわかり、オオーッとなる。★北朝鮮よりすごい!

●ファンファーレ。第一部でおなじみのベルリンの競技場。陸上十種。アナがナレーションをつけ、話し終わると双眼鏡を覗くシーンも、第一部でおなじみ。わざとらしすぎ。

【つづきは次回】





表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-06 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。もちろん学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。