テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

靖国神社(戦時下の映像その1) 2010-04-24

【4月23日に見せた映像その1】
-----------------------------
『靖国神社』
1939(昭和14)年 20分 皆川芳造/謹製 指導監修/陸軍省情報部
-----------------------------

●皆川芳造は、アメリカのトーキー(フィルム端のサウンドトラックに音声を録音した音付き映画)技術を導入し、1927年から「ミナトーキー」なるトーキー映画を製作開始。1929年には発声映画株式会社を設立。戦後は、日本で最初にテレビ放送を導入しようとした人物の一人(正力松太郎らと組んだ)。

●鳥羽伏見の戦いが出てくる。靖国神社には、当時の官軍(政府軍)側の死者だけが祀られていることに注意。たとえば会津若松や函館五稜郭で幕府軍側として戦って死んだ者は「逆賊」。靖国には、彼らを殺傷した後に戦死した者を祀ってある。ということは、靖国神社で頭を下げると、自分の曾爺さんや曾々爺さんをブチ殺した者を神様として拝むことになってしまう日本人が、この国には少なからず存在する。西南戦争も同様。西郷隆盛は逆賊で、西郷や彼に従った者を殺傷してから戦死した者が祀られている。

●日本軍による空爆映像が出てくる。空襲はアメリカの専売特許と思っている人が多いかもしれないが、もちろん日本軍のほうが先に中国大陸でやった。1938年の重慶爆撃ね。それより前にやったのはドイツ軍で、37年のゲルニカ空爆。ピカソの絵は、これを描いたもの。当時、米英ともまだ参戦すらしていないが、結局は日独とも、メッタクソに空襲された。ドレスデン、東京、広島、長崎。

●昭和14年秋の段階で「英霊14万」としていることに注意。靖国神社の神様は246万柱の兵士などの霊だが、昭和15~20年までの6年弱で、232万人の霊を追加したわけだ。台湾と朝鮮半島を植民地とし満州国まで作ったのに要した戦死者が10万。それをパーにした(全部失った)戦争に要した戦死者が230万なのだから、太平洋戦争をやったのはバカだと、私は思う。

●なお、昭和20年8月までは朝鮮も台湾も「日本国」の一部であるから、246万柱の兵士などの霊には、朝鮮人や台湾人で日本軍に属し戦死した者の霊も含む。彼らの遺族が、たとえばキリスト教の信者で「自分の家族(夫、父、祖父など)の霊を、靖国神社の神様にするのはやめてほしい」という場合もあるが、靖国神社は「一度神様にしたものを神様でなくすることはできない」という立場。

●私の母の兄は、靖国神社に祀られている。ただし、この伯父は、敗戦後、軍を離れしばらく中国にとどまって働いた(かくまってくれた中国人があり、石炭袋をかつぐなどしていたそう)後に引き揚げてきた。その過酷な労働がたたって胸を病み、昭和23年だか24年だかに亡くなったが、戦病死ということにして靖国に祀られ、その妻に遺族年金も出たと。私の祖父・深澤銀蔵は静岡選出の国会議員(後に厚相)・神田博と親しかったから、そんな(政治的)ルートを使ったのかも。ようするに誰を神様とし、誰を神様にしないかは、かなりいい加減。神様になる基の名簿を作ったのは、復員省・庁(のち厚生省)の役人なので。社保庁見りゃ、いい加減さが想像できるというもの。

●映画の内容を詳しく紹介しているサイトがあった。難解というか、耳慣れない言葉などもわかるから読んでみよう。
国策映画ってどんなもん?
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2010-04 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)