テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

阪神・淡路大震災の関連映像 2009-12-04

●見せた阪神・淡路大震災報道は、大阪の読売テレビが教材などで役立ててもらうために作ったもの。あまり刺激的な映像はなかったね。

●坂本サイトに参考になりそうな話が書いてある。たとえば、

阪神大震災報道の記録<後編>NHK&東京キー局

阪神大震災報道の記録<前編>神戸局・大阪局

検証!阪神大震災テレビ報道戦争の現場

テレビ50年 あまりになおざりな 回顧ものに唖然


●授業で言った、「南関東が引っかかる直下型地震は今後50年ほどで、ほぼ100%起こる」とは、以下のようなこと(坂本が以前に書いたある報告書の一節)

 首都直下地震は、首都圏で200~300年ごとに起こるマグニチュード8クラス(関東大震災級)の地震の合間に数回発生するとされるマグニチュード7クラスの地震である。
 現在、関東平野北西縁断層帯、神縄・国府津―松田断層帯、伊勢原断層帯、立川断層帯、三浦断層群などの断層が知られているが、都心部では厚い沖積層に覆われて断層の存在が確認できず、しかも歴史的に動いた記録のない断層が2000~数万年に1度動くことがありうる。したがって首都圏では、ほとんどの場所で、直下型地震が発生する可能性を否定できないのだ。図6に、現在までに知られている関東地方の活断層を示しておく。
 政府の地震調査研究推進本部・地震調査委員会の長期評価(2004年8月)も、次のように述べている。
 「南関東直下でM6.7~7.2の地震が、10年以内に発生する確率30%程度、30年以内に発生する確率70%程度、50年以内に発生する確率90%程度」
 つまり首都・東京は、近い将来、必ず巨大地震に襲われるのである。そして、地震のマグニチュードは、阪神・淡路大震災を引き起こした1995年兵庫県南部地震(M7.3)に匹敵する可能性が大きい。繰り返すが、その被害想定は、国の予算を大幅に上まわることすら否定できない想像を絶する規模なのである。

※坂本がじゃない、日本政府がそう言っているわけ。なお政府報告書が90%というときは、ほぼ100%と同義と思っていい(「100%」という表現は使わないので)。

●ついでにこれも必ずみておきな!

在来木造住宅震動台実験

木造3階建て軸組構法住宅の震動台実験

実家がこの映像の倒れたほうに似た作りで、耐震補強工事をしていない場合は、すぐやったほうがいい(行政の補助制度あり。数十万円といった金額でできるはず)。やらないのであれば、2階に寝ることを強く推奨する。2階にいれば死ぬことはない。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2009-12 ≫≫
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)