テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメンタリー青春「おれはガンじゃない! 片腕の俳優 高橋英二の1年半」(田原総一朗、1970年) 2008-10-24

●ドキュメンタリー青春「おれはガンじゃない! 片腕の俳優 高橋英二の1年半」

●東京12チャンネル(現・テレビ東京)で、1970年3月6日放送

●ディレクター/田原総一朗

●約25分

●概要

役者・高橋英二は、片腕をガンに冒された。手術で片腕を切り落とす前日の、高橋の独白から、ドキュメンタリーは始まる。そこから、全身を癌に冒されて高橋英二が息絶えるまでの1年半が、“高橋本人の語り”(何じゃそれ!)によって構成され、描かれていく超異色・衝撃ドキュメンタリー。こんなもん、よくテレビで流したもんだと、きっと驚くはず。映画・演劇学科も含めて必見の映像!

●田原総一朗談(2008年10月23日夜、田原が電話してきたので、ついでに聞いておいた)

田原「高橋英二が『演技とは、演技とは、演技とは……』と身もだえしするシーンの後、週刊現代が、高橋はガンではない、偽のガン患者だと書いた。すると活字というのは恐いね。高橋が、自分は偽のガン患者だ、自分は本当はガンではないのだと思い始めた。そして、田原と一緒にいると、自分はガンにさせられてしまうと思って、僕から逃げ出した。だから、しばらく撮影が中断した。それから5か月。高橋の芝居仲間の榎本陽介(後、TBS「調査情報」、故人)が、もう高橋が危ない、今日か明日かの命だと、僕のところへやってきた。亡くなる2日前、二人で病院に見舞いにいった。そこで、高橋は歌を歌った。テープで音だけ録り、撮影はしなかった。この歌を最期のシーンに入れてくれと高橋英二はいった。それが霊柩車のシーンだよ」

田原「実は、撮影したが、使っていないシーンがある。高橋が亡くなって、彼のお母さんが、彼を抱きしめるシーンを撮った。しかし、死体を抱いているからね。テレビでは使えないと思って使わなかった」

田原「原一男は、これに衝撃を受けて、僕のテレビのアシスタントをしばらくやった」

坂本「作り手が、被写体の生にずけずけ踏み込んでいって、その生き方や行動に関与し、いわば共同作業でドキュメンタリーを撮る。作り手と対象の『共犯』関係を取り結ぶと、田原さんや原一男もいう。そういうドキュメンタリーが、いまはないでしょう。対象と距離を置いて、対象に影響を与えないように、客観的に撮るというか」

田原「そうだね。ない。テレビでできないよね。高橋英二、おもしろいでしょ」

坂本「おもしろい。こういうドキュメンタリー、田原さん、何本も持っているんですか。20本とか持っている?」

田原「そんなにないよ。何本か。だってもとはフィルムで、会社に内緒で自分で持ち出して、自分でVTRにしてもらったんだから」

坂本「じゃ、ほかのも貸してください。上映会やりましょう」

田原「わかった」
スポンサーサイト

休講ご免。地上デジタル放送関連シンポジウムの告知 2008-10-17

●メディア総研から、シンポジウム開催のお知らせ

アナログ放送「終了」まであと1000日
公開シンポジウム「地デジ『完全移行』への道」


11月25日(土)、下記の要領でシンポジウム『地デジ「完全移行」への道』を開催します。テレビのアナログ放送終了・地上デジタル放送「完全移行」の予定日である2011年7月24日まで、あと1000日余りとなる10月25日に、アナログ終了に向けた取り組みの検証と展望を、さまざまな立場から議論する企画です。これからの放送における重要な問題でもあり、ぜひ多くの方々にご参加いただきたくお知らせいたします。

◆日時:2008年10月25日(土)13:00~17:00

◆会場:日本青年館 中ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町7-1 
TEL:03-3475-2550 会場案内図

入場無料

◆主催:民放労連・メディア総合研究所

◆プログラム第1部:講演・冒頭発言
(1)上瀬千春(フジテレビ技術開発局役員待遇技師長)
(2)坂本 衛(ジャーナリスト)

◆プログラム第2部:パネルディスカッション
パネリストは上記2名に加えて、吉井 勇(月刊ニューメディア編集長)、
荒川顕一(ジャーナリスト)、赤塚オホロ(民放労連中央執行委員長)、
岩田 淳(テレビ朝日編成局)、コーディネーター/須藤春夫(メディア総研所長・法政大学教授)

●シンポジウムのA4チラシ(pdf)はこちら
日大マスコミII・放送特殊研究Vの受講生も、参加していいよ。

東京オリンピック (市川崑)その2 2008-10-10

●東京オリンピック/Tokyo Olympiad

●監督/市川崑

●1965年(カンヌ国際映画祭国際批評家賞)

●170分

●以下は、2回に分けての上映中に、暗がりの中で坂本が書き留めたメモから。駆け足のメモなので、思い違いなどもあるかも。気づいた人は訂正して。

・破壊と建設、高度成長のイメージ。
・ギリシャで聖火の採火。「ボッ」て音は、アフレコの効果音。あんな音、するわけない。
・広島の空撮。レニを連想させる雲のシーンあり。レニそっくり。
・聖火を見物する群衆。後ろからの映像。足下アップのジャンプ。レニ(「意思の勝利」でヒトラーを待つ若者たちの映像)そっくり。
・京都? 瓦屋根の上からの映像は、日本画風でおもしろい。
・富士山の裾野を行く聖火。有名な「やらせ」シーン。現実の聖火ではなく、煙を大量にはく特別製トーチによる「再現映像」。
・有楽町の旧都庁。
・選手入場。名調子はNHKアナ、実況中継時のもの。
・ドイツの足下アップ。カメルーン、コンゴも二人だけ。ソ連の赤いハンカチ……。
・聖火入場、点火。「ボッ」て音は、アフレコの効果音。あんな音、するわけない。
・太陽を背にする聖火台。同じ映像がレニにもあった。そっくり。
・鳩の飛ぶ音うるさすぎ。むろん効果音。
・100m男子決勝。部分のアップ映像はレニ的。スローモーション映像にナレーションがピタリ合う。つまりアフレコ。
・走り高跳び。背面跳びが、この時代にはない。米ソの仲良し対決。
・男子砲丸投げ。玉をこねくり回すコミカル映像。早回し?
・女子砲丸投げ。一瞬顔のアップで止める瞬間あり。
・棒高跳び。スロー映像。さまざまな方向、角度から。わざとらしい応援シーン。全体を通じてとてもレニ的。
・ハンマー投げ。雨。モノクロ。スロー。ハンマーを回収する裏方を描く。
・やり投げ。
・三段跳び。
・女子80mハードル。
・400mリレー。
・プレスセンターの様子。
・男子幅跳び。
・女子ハードル。日本選手に注目。効果音(口笛、でんぐりがえしする音)は全部アフレコ。
・チェコ女子体操チャフラフスカの有名なシーン。(踊りの)バレーか何かのような美の追求。
・体操の床運動などで、あり得ない音(手をついたドスッ、足のキュッキュ、体を回すときの音、着地の音など、過剰なアフレコ)
・吊り輪のキュッキュッという効果音。
・山下跳び、遠藤幸雄の活躍。鉄棒で大回転の風きり音。ありえん。
・チャド選手。唐傘を持たせる演出。足音(効果音)。※2004年のディレクターズカット(市川崑の再編集)では、創作がすぎたとの理由でチャド選手のエピソードを丸ごと削除。
・選手村風景、練習風景。
・選手村の夜。レストラン。コカ・コーラ。
・水泳(男子100m自由形、女子背泳ぎ決勝、400mメドレーリレー。アンカー映像は早回し?)
・女子100m自由形決勝。
・重量挙げ。足下のアップ、重さ調整の様子。
・レスリング男子。音楽の効果。映像との連動。
・ボクシング(フェザー級決勝)。ボクシングは全編モノクロ。なぜか? 長い廊下を歩く選手とセコンド。ボクシング物語の1シーン風。
・フェンシング。
・柔道、ヘーシンクの無差別級優勝。顔のアップ。
・フリーライフル。
・自転車。八王子の山の中の風景。東京郊外と思えないのどかさ。
・サッカー決勝。キック音はアフレコ。
・乗馬、バスケ、水球。
・このあたり、とりあえず種目だけ駆け足でぶち込んでおくという印象大。各種競技団体の要請があって、まったく触れないわけにも行かず、とりあえず触れました、盛り込みましたという感じ。※2004年のディレクターズカットでは、仕方なく入れた競技を省いてある由。
・インド・パキスタン宿命の対決。
・女子バレーボール。東洋の魔女。追い上げるソ連。繰り返されるマッチポイント。優勝決定後の、大松監督の孤独な姿。「俺についてこい」
・相模湖のカヌー。レニの冒頭の1シーンを思わせる、きらめく水面。
・ボート。
・ヨット。
・競歩。ユーモラスな尻の動きを強調。笑う子ども。
・近代五種。モノクロスチール写真での紹介。
・肩を痛めた一人の選手。ナレーション「4日目の水泳、この選手だけは平泳ぎで泳いだ」
・マラソン。アベベの力走。給水所のユーモラスな風景。レニとよく似ている表現。ゴール後、ピンピンして体操するアベベ。円谷、ラストで三着落ち。意識がほとんどないのではという、ギリギリのゴール。
・閉会式。感動的なエンディング。
・聖火のボーッと燃える効果音が小さくなっていき、消える。



東京オリンピック (市川崑)その1 2008-10-03

●東京オリンピック/Tokyo Olympiad

●監督/市川崑
●音楽/黛敏郎
●脚本/市川崑、和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎
●撮影/宮川一夫、林田重男、中村謹司、田中正
●ナレーション/三國一朗

●1965年(カンヌ国際映画祭国際批評家賞)

●170分

●1964年10月10日~24日、日本で開催された第18回夏季オリンピック東京大会の公式記録映画。1940年にオリンピック東京大会が予定されていた(ベルリン大会の次)が、第二次世界大戦の勃発で中止。この大会が、日本初と同時にアジア初のオリンピックとなった。

●黒澤明が予算の関係で断り、今村昌平はじめ複数の監督に打診するもダメで、最終的に市川崑が引き受けたとされる。国内配給収入は12億2321万円を記録。各地で上映会が開かれ、戦後復興を果たした日本を象徴する映画として、広く歓迎された。芸術性の高い作品としても評価されたが、河野一郎が「記録性に欠ける」と批判し、「記録か芸術か」の論争を招いた。

●当授業の受講生にとっては一目瞭然である通り、レニ・リーフェンシュタール「オリンピア」から甚大な影響を受けており、ほとんどレニへのオマージュと受け取ることができる映画だと、坂本は思う。1965年当時、もっと多くの人びとが「オリンピア」を見ていれば、(ヒトラー礼賛映画に似すぎているという理由から)タダではすまなかったのではないか、とすら思う。

●当然、「オリンピア」同様の、創作、過剰な演出、いわゆる「やらせ」スレスレの映像が多い。詳しくは次回。


表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2008-10 ≫≫
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。