テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

民族の祭典(オリンピア第1部)/FEST DER VOLKER-OLYMPIA TEIL I その1 2008-05-09

●民族の祭典(オリンピア第1部)/FEST DER VOLKER-OLYMPIA TEIL I

●ドイツ、1938年(ヴェネツィア国際映画祭金賞)

●監督:レニ・リーフェンシュタール

●撮影:ウィディ・ジールケ、 ハンス・エルトル 、ワルター・フレンツ、グツィ・ランチェナー、クルト・ノイバート、ハンス・ミシャイブ

●音楽:ヘルベルト・ヴィント

●138分

●「美の祭典」と合わせて「オリンピア二部作」をなす。1936年オリンピック・ベルリン大会の記録映画。こちらが前編・第1部。

以下、「GALAC」2000年11月号の坂本巻頭言

シドニー直前、NHKが放映した
オリンピック映像を見て――

●シドニー・オリンピックの開幕直前、NHKはBS第2で、映画「東京オリンピック」(1965年、市川蓖監督)、ベルリン・オリンピックを描いた「民族の祭典」「美の祭典」(1938年、レニ・リーフェンシュタール監督)を立て続けに放映しました。

●映像としてのスポーツソフトの「見せ方」の原形は、すべてこの映画3本に凝縮されて入っていると思えます。そしてスポーツを描く一級品は、歴史や社会を描いても一級のドキュメンタリー。これは制作者の問題意識の高さや視点の確かさを示します。NHKは本当によいものを見せてくれたと思いました。

●ただ、疑問や注文があります。著作権料や契約の問題があるのかもしれませんが、せめて地上波のNHK教育で、もっと早い時間に放映してほしかった。何より子どもたちに見せたい映像だからです。また「民族の祭典」の字幕スーパー処理は、いかにもNHK的なことなかれ主義。映画のクライマックスはマラソンで、日の丸をつけたソンとナンが金銀を独占する。しかし、実況は「ヤーパンのソン」でも、字幕は国名なしの「ソン」だけ。占領下の朝鮮や中国は日本ではないといいたいらしいが、実に馬鹿げた発想です。

●占領下の朝鮮や満州は純然たる「日本国」の一部。その歴史は隠さずに正面から見詰めないと、過去の精算などしようがない。字幕は「日本のソン」として、放映前後に「当時は軍事的に占領し、強制的に日本国としていた」とでも注釈をつけるのが本当でしょう。買ってきた映画を流すだけでも、放送局の姿勢はつねに問われるのです。

●9月15日「東京オリンピック」のナレーションを務めた三国一朗さん逝去。合掌。
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2008-05 ≫≫
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)