テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

テレビ報道を考える!! 日本大学 藝術学部 放送学科 「放送特殊研究V」ブログ

開設:2006-05-25 (通年 4単位 3年以上 選択 江古田校舎 放送学科専門科目)

日本大学藝術学部放送学科「放送特殊研究V」(担当講師/坂本 衛)のブログ。2017年度のテーマは「放送・報道における日本語表現の研究」です。

2007年度授業で運用開始 2007-10-06

【受講生諸君へ】

●これまでこのブログは開店休業状態でしたが、2007年度の授業用として運用を再開します。まず、以下のようにしてください。

●受講生は左リスト「カテゴリ別の記事」のうち、「受講生は必読★」「坂本から連絡★」の記事を熟読すること。

●その他、過去の記事にざっと目を通し、興味をもった記事について熟読すること。

●いま読んでいるこの記事に対して、コメントを付けること。
その際、ブログ全体を目を通しての感想、「興味をもった記事」に関する感想を、200字程度にまとめて書き込むこと。締め切りは10月11日。

●受講生は実名を使用のこと。特別な理由がある場合は、ペンネームを用いてよいが、その場合は本名とペンネームを事前に坂本まで連絡せよ(坂本宛メールは、坂本サイトから打つことができる)。

【このブログをお読みの皆さまへ】

●当ブログは2006年度授業用に開設し、もっぱら同年11月まで使いました。その際、「受講生は1週間ぶっ続けで7回、本文記事を書く」ルールにしたところ、「生まれて初めてこんなに長時間テレビを見た」「生まれて初めてこんなに長時間ニュース(または報道系番組)を見た」「生まれて初めてこんなに長文を書いた」(卒論は書く前)という者が続出しました。何時間以上テレビを見よとも、何文字以上書けとも一切言っていないので、私は結構驚きました。

●ほかの教員がどういうやり方か、まるで興味がなく、一切関知もしていませんが、日大放送学科では「(番組を指定せず)テレビを見て、(文字数を指定せず)文章を書く」という授業を、あまりやったことがないのでしょう。平均的な大学3~4年生にとっては「テレビを見てブログを書く」という課題そのものが、過重な負担であることに加えて、2007年度は受講生が少なかったこともあって、前期は「放送とは何か」という原理的な部分を講義し、折に触れてテレビ報道の問題点を指摘する授業に切り替えました。で、9月末からの後期に入って、前年度よりもが負担にならない方法でブログを使い始めることにします。

●学外の方の閲覧やコメントは、前年度と同様、自由にしていただけます。書き込みの日が空いたり、コメントへの返信が遅れたりするかもしれませんが、上記のような事情を踏まえていただければ幸いです。

2007年10月6日

坂本 衛
スポンサーサイト



表紙(最新ページ)へ

月めくり

≪≪ 2007-10 ≫≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

年月別の記事

内容別の記事

3.11巨大地震発生から

最近の記事10

最近のコメント10

主宰者から

日本大学藝術学部放送学科

●このブログは、日本大学藝術学部(日芸またはNGと略)放送学科の授業の一環として設置しています。学外の方も自由に閲覧やコメントしていただけます。学生らの活動を厳しく、ただし温かく見守っていただければ幸いです。学生には「ブログ炎上も授業のうち」といってあります。

●ブログ開設は2006年ですが、1999年からマスコミ演習、マスコミII、放送特殊研究Vといった授業を担当しており、2005年以前のレジュメなど古いものも置いてあります。(坂本 衛)